また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1192998 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

北高尾山稜(八王子城山→堂所山→陣馬山)

日程 2017年07月10日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行きバス:高尾駅北口→霊園正門
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
2時間1分
合計
8時間31分
Sスタート地点(八王子霊園正門08:1908:31八王子城跡バス停08:57八王子城山09:0109:03八王子城跡09:1809:35八王子城天守閣跡09:3709:54富士見台10:1010:14杉沢ノ頭(峰ドッケ)10:30高ドッケ10:46板当山10:52板当峠10:59狐塚峠11:07休憩地11:1011:25杉の丸11:3911:47黒ドッケ11:4811:51湯ノ花山11:5312:08大嵐山12:14休憩地12:2112:35三本松山12:3612:41関場峠12:47休憩地12:5913:25堂所山13:3913:54底沢峠14:02明王峠14:0314:10奈良子峠14:1314:24富士小屋山14:28南郷山14:45陣馬山15:0715:52栃谷尾根登山口15:5616:06栃谷16:23陣馬山登山口16:45藤野神社16:50藤野駅16:50ゴール地点(鮨ひろG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

出発は、八王子霊園正門。
霊園内を歩いて八王子城跡を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発は、八王子霊園正門。
霊園内を歩いて八王子城跡を目指す。
八王子城跡への道。
朝から暑い。日影を捜すけれど、ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八王子城跡への道。
朝から暑い。日影を捜すけれど、ない。
漸く木陰に入れそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く木陰に入れそう。
林の中を登る。木漏れ日はあるものの日差しは遮られて快適。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中を登る。木漏れ日はあるものの日差しは遮られて快適。
オカトラノオ。この後至る所で咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オカトラノオ。この後至る所で咲いていた。
1
クルマバナ?
他では見なかった。
花を見る余裕があったのはこの辺りまで。(^^)ゞ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマバナ?
他では見なかった。
花を見る余裕があったのはこの辺りまで。(^^)ゞ
登って、登って、漸く九合目。山城って、けっこう高いところにあるんだ。なめていました。(^^;)(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って、登って、漸く九合目。山城って、けっこう高いところにあるんだ。なめていました。(^^;)(^^;)
1
その先に展望地。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先に展望地。
山頂(?)の八王子神社。
でも、本丸はその上にある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂(?)の八王子神社。
でも、本丸はその上にある。
寄り道になるけれど、本丸へ。
今は何もないのはともかく、敷地も結構狭い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄り道になるけれど、本丸へ。
今は何もないのはともかく、敷地も結構狭い。
ちょっと下って、登り返すと、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと下って、登り返すと、
「詰めの城」。本丸が怪しくなった時の緊急避難所?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「詰めの城」。本丸が怪しくなった時の緊急避難所?
急な下りを下って、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急な下りを下って、
登る。この繰り返しが延々と。もう汗だく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る。この繰り返しが延々と。もう汗だく。
漸く富士見台。ここで、朝食。サンドイッチ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く富士見台。ここで、朝食。サンドイッチ。
木立の間から、かすかに富士山が見えた。 (^^)(^^)
肉眼では写真よりももう少し鮮明だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木立の間から、かすかに富士山が見えた。 (^^)(^^)
肉眼では写真よりももう少し鮮明だった。
ここからは、急降と、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、急降と、
急登の繰り返し。
暑くて暑くて、ペースが上がらない。
コースタイムの1時間が過ぎても杉の丸に着かない。
途中のピークで、表示に気づかなかったのかと思い始めるほど。(^^;)(^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の繰り返し。
暑くて暑くて、ペースが上がらない。
コースタイムの1時間が過ぎても杉の丸に着かない。
途中のピークで、表示に気づかなかったのかと思い始めるほど。(^^;)(^^;)
狐狷宗ここから35分で、杉の丸、という表示。
もう富士見台から50分もかかっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狐狷宗ここから35分で、杉の丸、という表示。
もう富士見台から50分もかかっている。
ここで休憩。こんな変哲もないところでの休憩の理由。
ひとつは、そろそろ急登になりそうなのでその前に一休み。
もうひとつは、水。今回、500ml2本かちかちに凍らせたものを持ってきたのだけれどこの暑さなのに予想外に溶けない。で、喉はからからなのだけれど、純分に水が飲めないまま歩いている。で、前から30分ほど経ったので、少し溶けたのを飲むため。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで休憩。こんな変哲もないところでの休憩の理由。
ひとつは、そろそろ急登になりそうなのでその前に一休み。
もうひとつは、水。今回、500ml2本かちかちに凍らせたものを持ってきたのだけれどこの暑さなのに予想外に溶けない。で、喉はからからなのだけれど、純分に水が飲めないまま歩いている。で、前から30分ほど経ったので、少し溶けたのを飲むため。
やっと、杉の丸に着いた。 (^^)(^^)
コースタイムから作成した予定時刻を大幅にオーバー。
焦っても仕方がない。しばしの休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、杉の丸に着いた。 (^^)(^^)
コースタイムから作成した予定時刻を大幅にオーバー。
焦っても仕方がない。しばしの休憩。
その後もアップダウンは続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後もアップダウンは続く。
高圧線鉄塔。太陽がぎらぎら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高圧線鉄塔。太陽がぎらぎら。
漸く堂所山到着。
ここまで来れば、あとは何度も歩いた道。
ここで、汗で絞れるような上着を乾いたものに着替え。
体全体が軽くなったよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
漸く堂所山到着。
ここまで来れば、あとは何度も歩いた道。
ここで、汗で絞れるような上着を乾いたものに着替え。
体全体が軽くなったよう。
でも、直射日光はきつい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、直射日光はきつい。
明王峠。富士山は雲隠れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王峠。富士山は雲隠れ。
奈良子峠。
ペットボトル1本が空になった。喉はからからのまま。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奈良子峠。
ペットボトル1本が空になった。喉はからからのまま。
最後は足が攣りそうになりながら、陣馬山到着。\(^o^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は足が攣りそうになりながら、陣馬山到着。\(^o^)/
富士山は見えない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は見えない。
直ぐに、清水茶屋に行って、ゆず坊サイダーとナメコ汁&おにぎり。でも喉の渇きは癒されない。で時刻は15時過ぎ。和田のバスは15:47。無理だ。(;_;)(;_;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐに、清水茶屋に行って、ゆず坊サイダーとナメコ汁&おにぎり。でも喉の渇きは癒されない。で時刻は15時過ぎ。和田のバスは15:47。無理だ。(;_;)(;_;)
和田はあきらめて栃谷尾根を下るべくもう一度山頂に行ったらかすかに富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田はあきらめて栃谷尾根を下るべくもう一度山頂に行ったらかすかに富士山。
栃谷尾根。登山道は快調に下れたんだけれど、下がアスファルトになり木立がなくなって直射日光にさらされたら、いっぺんにペースダウン。きついきつい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栃谷尾根。登山道は快調に下れたんだけれど、下がアスファルトになり木立がなくなって直射日光にさらされたら、いっぺんにペースダウン。きついきつい。
林道。暑いし、堅いしで、バテた体にも弱った足にも、とにかくきつい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道。暑いし、堅いしで、バテた体にも弱った足にも、とにかくきつい。
やっと、陣馬登山口着。この先のバス停近くの商店の自販機で天然水550mlを購入し、一気に半分飲み、その後藤野まで歩く間に、全部飲み干してしまった。更に藤野では、いつもの鮨ひろに入ったが、最初の生ビールジョッキ、ほぼ一気に飲み干してしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと、陣馬登山口着。この先のバス停近くの商店の自販機で天然水550mlを購入し、一気に半分飲み、その後藤野まで歩く間に、全部飲み干してしまった。更に藤野では、いつもの鮨ひろに入ったが、最初の生ビールジョッキ、ほぼ一気に飲み干してしまった。
1

感想/記録
by akuji

 とにかく、暑かった。水が足りなかった。富士見台からずっと、喉はからから状態。真夏の低山の暑さを甘く見たバチが当たった山行きだった。
 先週は日光の鳴虫山に行ったけれど、今週は、最終的に藤野の鮨ひろで生ビール&寿司を楽しみたいので、陣馬山を目標に、ほとんど木立の中を歩けるという北高尾山稜を選択。夏だから、水はペットボトル3本必要かなと思いながら、陣馬山まで行けば茶屋があるからと思い、2本にし、かちかちに凍らせて持って行くことにした。
 ところが真夏の猛暑になったのに、水は思ったほど溶けてくれない。途中から溶けた分を飲むだけ、という状態になった。一方汗は半端じゃない。足も体もどんどん重くなる。しかし、水を凍らせたのはむしろ良かったのかも知れない。溶けていたら途中で全部飲み干してしまったかも知れない。凍らせておいたおかげで、なんとか、陣馬山まで持ってくれた。
 北高尾山稜、なかなかのものである。今度、秋、さわやかな気候の時に再挑戦しよう。 (^^)(^^)
訪問者数:179人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 林道 山行 オカトラノオ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ