また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1195671 全員に公開 ハイキング中央アルプス

越百山(思った以上に手強かった)

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道19号から案内標識に従って伊奈川ダム方面に向かい、ダムを過ぎて1キロぐらい行った所に数十台は停められるような大きな駐車場があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間5分
休憩
1時間5分
合計
9時間10分
S駐車場06:2006:55登山口07:35下のコル09:00水場分岐10:05越百小屋10:2011:15山頂11:5012:30越百小屋12:4513:30水場分岐14:30下のコル15:00登山口15:30駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
駐車場〜登山口
 長い林道歩き
 林道沿いに花が咲いています
登山口〜下のコル
 急な斜面をジグザグに登ります
下のコル〜越百小屋
 長い尾根道もありますが、危険な所はありません
 (1か所崩壊地の上を通る所は注意が必要です)
 水場分岐より下の方は花は咲いていませんが、ギンリョウソウが沢山ありました。
 そこから上は白い花が沢山咲いています。
越百小屋〜山頂
 石が崩れた砂の道
 山頂付近も沢山の花が咲いていました。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

上下2つの駐車場
上は一杯でしたが下はまだまだ余裕がありました
2017年07月15日 06:18撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上下2つの駐車場
上は一杯でしたが下はまだまだ余裕がありました
登山ポスト
2017年07月15日 06:20撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山ポスト
トリアシショウマ
2017年07月15日 06:23撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリアシショウマ
ヤマブキショウマ
2017年07月15日 06:34撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキショウマ
キバナノヤマオダマキ
2017年07月15日 06:39撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キバナノヤマオダマキ
3
この草むらを分け入って登ります
2017年07月15日 06:56撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この草むらを分け入って登ります
1
クガイソウかな
2017年07月15日 06:57撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クガイソウかな
ジグザグに
2017年07月15日 07:06撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジグザグに
僕のオヤジ?
2017年07月15日 07:31撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕のオヤジ?
下のコルを過ぎると尾根道になります
2017年07月15日 07:40撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下のコルを過ぎると尾根道になります
やっと開けて御嶽山が見えました
2017年07月15日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと開けて御嶽山が見えました
イワカガミ
2017年07月15日 09:54撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ
1
左側が越百山
2017年07月15日 10:06撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側が越百山
モミジカラマツ
2017年07月15日 10:23撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ
ツマトリソウ
2017年07月15日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
イワツメグサ
2017年07月15日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメグサ
南越百山
時間があったら行ってみてと言われましたが、今回はパスしました。
2017年07月15日 11:17撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南越百山
時間があったら行ってみてと言われましたが、今回はパスしました。
南アルプスが一望
2017年07月15日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスが一望
1
仙涯嶺と南駒ヶ岳
2017年07月15日 11:20撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙涯嶺と南駒ヶ岳
ツガザクラ
2017年07月15日 11:39撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツガザクラ
甲斐駒ケ岳
2017年07月15日 11:48撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳
1
たどってきた山々と越百小屋
2017年07月15日 11:51撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たどってきた山々と越百小屋
1
ハクサンシャクナゲかな
2017年07月15日 11:55撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲかな
上の水場ですが飲めるのでしょうか?
飲みましたけど(笑)
2017年07月15日 13:28撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の水場ですが飲めるのでしょうか?
飲みましたけど(笑)
展望台がどこにあるのかわかりません
2017年07月15日 13:47撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台がどこにあるのかわかりません
センジュガンピ
2017年07月15日 15:14撮影 by Canon PowerShot SX610 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
センジュガンピ

感想/記録

 以前から名前にひかれていた越百山
 みなさんのレコを見ると南駒が岳経由の周回コースがほとんどであるが、CTを見ると結構な時間がかかる。これを9時間ほどで回れるのかと心配だったので、とりあえずのピストンで計画。
 駐車場もスムーズに入れ、道もそれほど悪くない。CTを結構短縮しての登りだったのでこれはあわよくば周回ができるかと期待していたが、7合目付近ですでにバテバテになり、心が何度も折れそうになりながらやっとのことで越百小屋に到着。「ここから先は楽だよ」との小屋の奥さん?のお言葉を頂き、山頂までたどり着いた。
 当然周回はすでに諦め、下りの余力は残っているのかと心配しながらパンを口の中に押し込んでとりあえず景色を堪能。
 (登っているときは誰ともすれ違わなかったので先行している皆さん周回コースをとったようだ。)
 先週の木曽駒と違って今日は梅雨の晴れ間で南アルプスや中央アルプスが良く見え、苦労した甲斐はあったようである。
 重い腰を上げて下り始めたが、腿の裏側が攣り始め、こわごわ足をいたわりながらの下山となった。
 最近腿や膝の裏側が攣るようになり、どんどん自信(どんな?)がなくなってくる今日この頃である。
 しかしながら、この山は標高差が1500mもあり、道は悪くはないのだが結構体にこたえるコースであった。ここを周回している皆さんの体力はすごいなと改めて感じてしまった。周回するときは小屋泊にします。
訪問者数:294人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ