ヤマレコ

記録ID: 1196052 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

朝日山〜菜畑山〜今倉山東峰:暑さとブヨに翻弄されました

日程 2017年07月15日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー
往:京王相模原線の橋本駅から3本のバスを乗り継ぎます。
  1.橋本駅北口6:20→6:51三ヶ木(神奈中バス:毎日運行)
  2.三ヶ木6:55→7:38月夜野(神奈中バス:土休日運行)
  3.月夜野7:50→8:11竹の本(富士急山梨バス:休日運休)
  カッコ内の3条件を満たすのは、土曜日のみとなります。
復:道坂隧道バス停→(タクシー)谷村町駅
  下山後タクシーを呼びました(4,150円)
  (道坂隧道→都留市駅のバスは午後便がありません)
  (50分ほど歩くと
   菅野上15:20→御正体入口15:22→15:40都留市駅(土休日運行)
   が利用できますが、間に合いませんでした)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道・道標とも良く整備されており、危険個所等もありません。
〇竹の本バス停〜朝日山:入道山の登りは一本調子のキツイ登り、秋山峠への登りは更なる急坂です。何か所かお助けロープが設置されています。樹林帯ですので展望はありません。
〇朝日山〜菜畑山〜今倉山東峰:とにかくいやになるほどアップダウンが激しいです。一体どこまで下れば気が済むのかと思うくらい高度を下げ、登り返すのです。何度も・・・
今日は地元で一番の暑さだったそうです。いやそれ以上に、ブヨのすさまじい攻撃に体力と気力を消耗させられました。両手は常時彼らを払いのけるためにのみ存在しました。
それでも、両耳は熱をもってぷっくりと腫れ、耳の下、首、腕にも吸い口がありました。痒くてかゆくて・・・
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

月夜野バス停。左が三ヶ木から乗って来たバス、その右が長叉行のバスです。ここにはトイレがあります。
2017年07月15日 07:44撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月夜野バス停。左が三ヶ木から乗って来たバス、その右が長叉行のバスです。ここにはトイレがあります。
2
去年の秋もここに降り立ち、朝日山から縦走路を東進、赤鞍ヶ岳・ムギチロ・奥牧野と歩きました。今日は朝日山から縦走路を西進します。
2017年07月15日 08:13撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年の秋もここに降り立ち、朝日山から縦走路を東進、赤鞍ヶ岳・ムギチロ・奥牧野と歩きました。今日は朝日山から縦走路を西進します。
1
とりあえず朝日山までは前回と同じルートなので安心です。竹の本バス停から2分ほど長叉方向に進んだここで右折します。
2017年07月15日 08:19撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず朝日山までは前回と同じルートなので安心です。竹の本バス停から2分ほど長叉方向に進んだここで右折します。
右折して数分後、正面に富士山が忽然と姿を現すのです。
2017年07月15日 08:25撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右折して数分後、正面に富士山が忽然と姿を現すのです。
1
富士さ〜ん!
2017年07月15日 08:25撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士さ〜ん!
2
左手には雄大な大室山
2017年07月15日 08:26撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手には雄大な大室山
3
墓地の奥に見えるゲートを開閉して人界を後にします。
2017年07月15日 08:26撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
墓地の奥に見えるゲートを開閉して人界を後にします。
ヤマホタルブクロ(山蛍袋)。
2017年07月15日 08:32撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマホタルブクロ(山蛍袋)。
2
ゲートから数分の秋葉神社。ご利益は火防守護・安全登山。昨秋参ったご利益はまだあるのではと・・・
2017年07月15日 08:35撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートから数分の秋葉神社。ご利益は火防守護・安全登山。昨秋参ったご利益はまだあるのではと・・・
1
登山道入口。朝日山と赤鞍ヶ岳への標識があります。
2017年07月15日 08:39撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道入口。朝日山と赤鞍ヶ岳への標識があります。
入道山へは登り一辺倒の急坂です。樹林帯なので展望もありません。暑い日差しが体力と気力を奪っていきます。もう帰ろうかなあ・・
2017年07月15日 08:47撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道山へは登り一辺倒の急坂です。樹林帯なので展望もありません。暑い日差しが体力と気力を奪っていきます。もう帰ろうかなあ・・
1
入道山山頂が見えて少し元気が出てきました。
2017年07月15日 09:20撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入道山山頂が見えて少し元気が出てきました。
山頂で水分とエネルギーの補給をし、一息入れました。昨秋より15分ほど短縮しています。コースタイムで歩くと二十六夜山まで行けないので、頑張らないといけないのですが、この暑さにどこかで負けそうです。
2017年07月15日 09:20撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で水分とエネルギーの補給をし、一息入れました。昨秋より15分ほど短縮しています。コースタイムで歩くと二十六夜山まで行けないので、頑張らないといけないのですが、この暑さにどこかで負けそうです。
1
このコース、あまり花にお目にかかれません。マムシグサ(蝮草)。実は秋になると真っ赤になります。トウモロコシに似ていますが食べられません!
2017年07月15日 09:33撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコース、あまり花にお目にかかれません。マムシグサ(蝮草)。実は秋になると真っ赤になります。トウモロコシに似ていますが食べられません!
2
秋山峠まで急登が続きます。もうだいぶヘロ気味です。
2017年07月15日 09:44撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋山峠まで急登が続きます。もうだいぶヘロ気味です。
2
何か所かお助けロープが設置されています。
2017年07月15日 09:53撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何か所かお助けロープが設置されています。
1
やがて周囲が明るくなり、ササの中を登り切ると秋山峠です。ほうほうの体での到着でしたが、ここまで登り切れたことで安堵感もありました。
2017年07月15日 10:12撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やがて周囲が明るくなり、ササの中を登り切ると秋山峠です。ほうほうの体での到着でしたが、ここまで登り切れたことで安堵感もありました。
懐かしの朝日山。昨秋と同じ到着時刻となってしまいました。感慨に耽っているどころではありません。縦走路に入ってから激しくブヨに纏わり付かれているのです。
2017年07月15日 10:17撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懐かしの朝日山。昨秋と同じ到着時刻となってしまいました。感慨に耽っているどころではありません。縦走路に入ってから激しくブヨに纏わり付かれているのです。
2
山頂標識は赤鞍ヶ岳となっていますが、朝日山です。ここで昼食としましたが、困ったことにあまり食欲がありません。暑いし、ブヨがうるさいし、三重苦です。
2017年07月15日 10:18撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識は赤鞍ヶ岳となっていますが、朝日山です。ここで昼食としましたが、困ったことにあまり食欲がありません。暑いし、ブヨがうるさいし、三重苦です。
2
素敵な山頂標識ですね。
2017年07月15日 10:18撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な山頂標識ですね。
1
さあ、元気を出して未踏の山梨百名山菜畑山に向けて出発です。ここからは歩くにつれ赤線が延びるのです。う・れ・し・い・な!始めは素敵な尾根歩きでしたが
2017年07月15日 10:35撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、元気を出して未踏の山梨百名山菜畑山に向けて出発です。ここからは歩くにつれ赤線が延びるのです。う・れ・し・い・な!始めは素敵な尾根歩きでしたが
1
すぐに強烈なアップダウンが始まります。一体どこまで下れば気が済むのかと思うくらい高度を下げ、そして登り返しをさせられるのです。
2017年07月15日 11:04撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに強烈なアップダウンが始まります。一体どこまで下れば気が済むのかと思うくらい高度を下げ、そして登り返しをさせられるのです。
1
一気に下って本坂峠、戸渡への分岐です。
2017年07月15日 11:20撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に下って本坂峠、戸渡への分岐です。
ヤマブキショウマ(山吹升麻)?
2017年07月15日 11:26撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマブキショウマ(山吹升麻)?
2
樹林帯なので展望はありませんが、深緑がきれいです。
2017年07月15日 11:27撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯なので展望はありませんが、深緑がきれいです。
一気に登り返してブドウ岩ノ頭。展望はありません。両手は常にブヨ払いをさせられています。ここからは大きく下り、それ以上に登り返して菜畑山を目指します。
2017年07月15日 11:32撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に登り返してブドウ岩ノ頭。展望はありません。両手は常にブヨ払いをさせられています。ここからは大きく下り、それ以上に登り返して菜畑山を目指します。
1
途中、展望の開ける場所があります。左が菜畑山です。
2017年07月15日 11:56撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、展望の開ける場所があります。左が菜畑山です。
1
やっと行く手が開けてきました。今度こそ菜畑山でしょう!
2017年07月15日 12:37撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと行く手が開けてきました。今度こそ菜畑山でしょう!
私の見たレコでは素敵な東屋があったので、楽しみにしていたのですが・・・
2017年07月15日 12:37撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私の見たレコでは素敵な東屋があったので、楽しみにしていたのですが・・・
2
山梨百名山45個目ゲットです(山登りを再開してから)。
2017年07月15日 12:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨百名山45個目ゲットです(山登りを再開してから)。
2
ここには三等三角点がありました。
2017年07月15日 12:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここには三等三角点がありました。
南側に大きく展望があり、大室山(左)から畦ヶ丸(右)への甲相国境尾根が望まれます。
2017年07月15日 12:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側に大きく展望があり、大室山(左)から畦ヶ丸(右)への甲相国境尾根が望まれます。
3
残念ながら富士山は見えません。中央奥は御正体山、その手前は水喰ノ頭?
2017年07月15日 12:45撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら富士山は見えません。中央奥は御正体山、その手前は水喰ノ頭?
1
眼前の高みを目指します。ブヨも負けずと纏わり付いてきます。もうヘロヘロです。二十六夜山は無理です。道坂隧道に下ります。そうと決まれば急ぐこともありません。
2017年07月15日 13:20撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼前の高みを目指します。ブヨも負けずと纏わり付いてきます。もうヘロヘロです。二十六夜山は無理です。道坂隧道に下ります。そうと決まれば急ぐこともありません。
1
水喰ノ頭、展望はありません。
2017年07月15日 13:32撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水喰ノ頭、展望はありません。
1
途中、展望が開け、道の駅どうしと甲相国境尾根が望まれるところがありました。中央手前は鳥ノ胸山、山梨百名山です。バス三本乗り継いで登らねば。
2017年07月15日 13:37撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、展望が開け、道の駅どうしと甲相国境尾根が望まれるところがありました。中央手前は鳥ノ胸山、山梨百名山です。バス三本乗り継いで登らねば。
2
今倉山に向け本日最後の登りです。頑張らねば!
2017年07月15日 14:26撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今倉山に向け本日最後の登りです。頑張らねば!
1
行く手に山頂標柱が見えてきました!
2017年07月15日 14:37撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行く手に山頂標柱が見えてきました!
1
三等三角点のある今倉山東峰にへタレこみます。もう登らなくて良いのです。よくここまで頑張ったなと思いました。赤線も繋がりました。
2017年07月15日 14:38撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点のある今倉山東峰にへタレこみます。もう登らなくて良いのです。よくここまで頑張ったなと思いました。赤線も繋がりました。
2
道坂隧道バス停に向けて下山開始です。問題は下りてもバス便がないこと、菅野上バス停まで歩いても15:20のバスには間に合わない。谷村町駅まで歩くか、タクシーを呼ぶか、
2017年07月15日 14:41撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道坂隧道バス停に向けて下山開始です。問題は下りてもバス便がないこと、菅野上バス停まで歩いても15:20のバスには間に合わない。谷村町駅まで歩くか、タクシーを呼ぶか、
1
樹間越しに御正体山を眺めながら考えます。
2017年07月15日 15:05撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間越しに御正体山を眺めながら考えます。
道坂峠で右折。
2017年07月15日 15:11撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道坂峠で右折。
道坂隧道バス停到着!結局禾生タクシーさんに電話して迎えに来て貰うことにしました。着替えをし、駅に向かってタクシーに出会うまで歩きました。
2017年07月15日 15:24撮影 by DMC-TZ7, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道坂隧道バス停到着!結局禾生タクシーさんに電話して迎えに来て貰うことにしました。着替えをし、駅に向かってタクシーに出会うまで歩きました。
2

感想/記録

昨秋、朝日山から縦走路を東進、赤鞍ヶ岳・ムギチロ・平野峠・綱子峠を経て奥牧野まで歩きました。道坂隧道・今倉山・二十六夜山を経て赤坂駅、道坂隧道・御正体山・池ノ平を経て東桂駅、道坂隧道・西ヶ原・猿焼山・芭蕉月待ちの湯も歩いているので、今倉山〜朝日山の空白が気になっていました。
地元駅4:37の始発電車で→新宿駅→調布駅→橋本駅、ここからバス三本を乗り継ぎ、土曜日限定で竹の本バス停に降り立ちます。かなりの思い入れが必要でした。当初は二十六夜山を経て西川バス停まで歩くつもりでしたが、暑さとブヨ攻撃にたじたじ・ヘロヘロとなり、赤線繋ぎができればいいやということになりました。展望はいま一つでしたが、十分満足のいく山旅でした。
耳たぶはいまだ熱をもってぷっくり膨らんだままです。耳下や首筋の噛まれ跡も健在です。これからの時期、虫に悩ませられながらの山行が続くのでしょうか。防虫網使ってみようかな。腰に下げる蚊取り線香も買ってみたのですが、煙を吸い続けながら歩くのもどうかなと。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/5/23
投稿数: 53
2017/9/17 20:37
 バス乗り継ぎ、すごいですね
はじめまして。 橋本駅からのバスの乗り継ぎに感動しました。参考になります。
登録日: 2013/8/28
投稿数: 5
2017/9/17 23:35
 Re: バス乗り継ぎ、すごいですね
i-esprit さん、今晩は!
そうなんです。私もレコでこれを知ったときは本当に感動しました。
免許のない身、この妙手で、道志の山々を楽しませてもらっています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ