ヤマレコ

記録ID: 1196566 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

修行となった月山

日程 2017年07月16日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候曇りのち雨
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク、 ケーブルカー等
山形まで新幹線で行き、そこからレンタカーで月山志津温泉のつたやさんで前泊。
翌朝レンタカーで月山スキー場のリフト乗り場へ行きました。帰りはその逆ですが再びつたやさんで冷えた体を温めてから帰りました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間16分
休憩
44分
合計
5時間0分
S月山リフト山頂駅09:0009:30牛首下09:3910:09牛首10:1211:17月山11:4012:42牛首13:12牛首下13:35月山リフト山頂駅13:4414:00月山リフト山麓駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
複数箇所ある雪渓はアイスバーンになっており軽アイゼンあった方が安心です。自分は結局登りも下りつけずに乗り切りましたが、何人か滑って転んでました。
また、山頂近くはこの日は雨に加えて16、17メートルくらいの強風で子供や体重が軽い人は危険な状態でした
その他周辺情報前泊も下山後の温泉もつたやさんにお世話になり感謝です

また、当然出羽三山制覇せねばと、羽黒山と湯殿山は月山の前日巡りました。湯殿山の御神体は珍しくて楽しかったです。

そして月山下山の後は銀山温泉に泊まりに行きました。宿は藤屋です。外観や内装は噂通りの目立ちぶり。食事もお風呂も楽しめた上、外国人の仲居さんも楽しい人でしたし、お酒も一部サービスしてくれたりおもてなしたくさん感じられる宿でした。おすすめ
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ 軽アイゼン
備考 メンバー中1名は完全な初心者でこの日のコンディションでは振り返ると登るべきでは無かったと思います

写真

登りは初めはこのような天気
2017年07月16日 08:41撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りは初めはこのような天気
1
ガスの中雪渓を登ります
2017年07月16日 09:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中雪渓を登ります
暴風雨に耐え山頂神社到着
2017年07月16日 11:40撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暴風雨に耐え山頂神社到着
1
登頂の記録
2017年07月16日 18:15撮影 by iPhone 6 Plus, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登頂の記録

感想/記録

記念すべき百名山20座目は修験の山月山です。思えば知人に紹介されて読み始めた森敦の月山・鳥海山と言うスピリチュアルな作品を、あまりの退屈さに読了まで一年かかったと言う、自分にとってもいわくのある山。
20座目に相応しいでしょうと、悪天予報の中登ってきました。
スキー場のリフトに乗り登山道をスタートしたところまでは、ガスガスでしたが風もほどほどで雨も小粒、なんとかこの程度でと祈りながら登って行きました。
前泊したつたやでは、姥ヶ岳コースを勧められたのですが、やはり悪天予報で出来るだけ早く往復できる方が良いだろうと牛首下分岐を往復するルートにしました。
しばらくすると雪渓が現れ最初のうちはワクワクしながら登っていたのですが、だんだんと強風に雨足も強くなり、本当に登り続けて良いのかと迷いながら足を進めて行きました。
下山者からすれ違い時に、山頂近辺は更に強風で大変だと聞かされ、さすがに登る人がいなくなれば自分たちも諦める気持ちでしたが登山者に混じる修験者や参拝者も登り続けており、釣られてなんとか山頂に到着できた感じです。
山頂では月山神社でお祓いをしてもらい、今回の登山が無事終えるようお祈りして時間がおしかったので昼食も摂らず下り始めました。
しかし、そこからの折り返しでは更に風雨が強くなり、時折飛ばされそうにるので耐風姿勢を取りながら一歩一歩進むのですが、今回メンバーの中に初心者がおり、恐怖で動けなくなるようで、その者をフォローしながらゆっくりと進んで行きました。
なんとか強風エリアをやり過ごして、雪渓エリアまで到達し、雪渓も慎重に下っていったのですが、その途中でも時折強風となり、あるところで初心者は滑って転んでしまってました。幸いどんどん落ちていくような箇所では無かったので良かったですが、場所が違ったらと思うと怖いものがありました。
疲労困ぱいしてリフト駅に着くと、今度は土砂降りとなり、とどめを刺されながらリフトに乗り駐車場にたどり着きました。この時ほど時間を長く感じたことはありません。
日頃の行いなのか、記念すべきが修行となった20座目の百名山。初心者はしばらく山にはいかないと宣言しておりましたがこんな中でも皆無事で良かったです。
帰りは、前日宿泊した客はお風呂使って良いとのことで、変若水の湯のつたやさんで冷えきった心と体を温めて行きました。
訪問者数:416人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ