ヤマレコ

記録ID: 1202261 全員に公開 ハイキング日高山脈

黒岳へ 層雲峡ロープウェイ、リフトを使って

日程 2017年07月21日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
層雲峡 黒岳ロープウェイ リフト使用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間27分
休憩
35分
合計
2時間2分
S7合目リフト乗り場09:3510:27黒岳11:0211:377合目リフト乗り場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 層雲峡 泊
 9:00 黒岳ロープウェイ乗車
<復路>
12:00 黒岳ロープウェイで下山
12:40 帯広に向かう 三国峠 石狩岳・ニペソツの林道偵察  
コース状況/
危険箇所等
問題ない
その他周辺情報層雲峡 元湯銀泉閣 日帰り湯、足湯は自由に使える
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

写真

層雲峡ロープウェイ乗り場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
層雲峡ロープウェイ乗り場
五合目から黒岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五合目から黒岳
リフトから黒岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リフトから黒岳
ニセイカウシュッペ山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニセイカウシュッペ山
ニセイカウシュッペ山・平山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニセイカウシュッペ山・平山
登山道にまだ雪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道にまだ雪
この方向に雄阿寒岳・雌阿寒岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この方向に雄阿寒岳・雌阿寒岳
エゾキンバイのお花畑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾキンバイのお花畑
大雪の山並み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪の山並み
黒岳山頂より大雪の山並み
一番奥に旭岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒岳山頂より大雪の山並み
一番奥に旭岳
3
一番奥が旭岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番奥が旭岳
エゾツツジと大雪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾツツジと大雪
層雲峡の足湯でリフレッシュ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
層雲峡の足湯でリフレッシュ

感想/記録

2017(平成29年)7月21日

黒岳へ

暑寒別岳、天塩岳と登り層雲峡で泊まった。
本来はカムエクの登山口へと向かう予定だったが、
天気が不安定でカムイエクウチカウシ山は、
ひとまず断念。

どうしようか考えた結果
層雲峡から気軽にハイキングできる
奇妙な山頂を持つ黒岳へと決めた。

層雲峡ロープウェイ、リフトを乗り継ぎ
七合目にある登山口から登り始めた。
七合目からはニセイカウシュッペ山が見えた。

岩がゴツゴツした登山道。
それに驚いたのは登山道にまだ雪が残っていたことだ。
それでもよく整備された道をどんどん高度を上げた。

山頂近くにはエゾキンバイの黄色の花の絨毯が広がった。
また美しい蝶が花から花へ舞っていた。

山頂に出る。
大雪の絶景がいきなり飛び込んできた。
大きくなだらかな山の重なりが目を引く。

山肌には残雪。
大雪の雄大さにアクセントをつける。
山頂にもたくさんの種類の花々が咲き競い
北海道の短い夏を象徴しているようだ。

大雪の最高峰旭岳も山頂部分を見せてくれた。
もう少し歩きたい気持ちもあったが
今日はここまで。
風の強い山頂を後にした。

これで3日続けて
暑寒別岳、天塩岳そして黒岳へと
順調に登っているようだが
天候が不安なことは、
次なるカムイエクウチカウシ山へ足踏みとなっている。

p.s.
カムイエクウチカウシ山について

今シーズンも多くの方が登られてはいるようだ。
天気が続けば私も決行したかもしれない。
しかし踏み切れる天気にならなかった。

そこで登山口だけでも見ておこうと
中札内から札内ヒュッテまで行って来た。

素晴らしい舗装道路をヒュッテまで行くと
札内ヒュッテのある「かつらトンネル」手前のゲートへ。
そこには「平成29年6月より、歩いて立ち入りも禁止」
とあるではないか。
えっ!

ますますカムイエクウチカウシが遠くなってしまった。
それでも林道2箇所の崩壊のためということなので
早期普及を願うばかりだ。

石狩岳、ニペソツへの林道も壊滅状態。
しばらくは軟弱な私には近づけない山になってしまった。
それに夕張岳への林道も使えない状態とのこと
ここは少し頑張れば行けそうな気もするが。

カムイエクウチカウシ山は今回あきらめ
神威岳、ペテガリ岳の麓浦河へ向かった。

ふるちゃん
訪問者数:105人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ