ヤマレコ

記録ID: 1206762 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走アジア

台湾 大覇尖山(3492m) 3日間で60kmのロングトレイル ~ 最高の景色

日程 2017年07月22日(土) 〜 2017年07月24日(月)
メンバー , その他メンバー2人
天候1日目: 快晴、2日目: 午前快晴 - 午後雷雨、3日目: 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
観霧國家公園ビジターセンター駐車場まで、台北から車で約3時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間27分
休憩
1時間26分
合計
9時間53分
S観霧國家公園ビジターセンター駐車場06:3907:07大鹿林道東線 1 km07:20大鹿林道東線 2 km07:34大鹿林道東線 3 km07:48大鹿林道東線 4.2 km07:58大鹿林道東線 5 km08:10大鹿林道東線 6 km08:34大鹿林道東線 7 km08:49大鹿林道東線 8 km09:03大鹿林道東線 9 km09:15大鹿林道東線 9.9 km09:2509:41大鹿林道東線 11 km09:55大鹿林道東線 12 km10:08大鹿林道東線 13 km10:31大鹿林道東線 14 km10:54大鹿林道東線 15 km11:08大鹿林道東線 16 km11:22大鹿林道東線 17 km11:3211:47大覇尖山登山口12:4513:160.6 km13:391.0 km13:591.5 km14:282.1 km15:162.5 km15:483.0 km16:043.5 km16:1216:294.0 km16:32九九山荘
2日目
山行
9時間40分
休憩
1時間51分
合計
11時間31分
九九山荘 (2699m)03:1404:40加利山分岐点 (3050m)06:17伊澤山分岐点06:35中覇山屋(避難小屋)06:4007:15大覇尖山絶景ポイント07:2507:33大覇尖山07:5909:12小覇尖山 (3418m)09:5410:42大覇尖山11:11大覇尖山絶景ポイント11:29中覇山屋(避難小屋)11:45伊澤山分岐点11:54伊澤山 (3297m)12:2212:29伊澤山分岐点14:45九九山荘
3日目
山行
7時間43分
休憩
18分
合計
8時間1分
九九山荘04:3104:403.8 km04:593.1 km05:341.9 km05:3905:591 km06:110.4 km06:27大覇尖山登山口 大鹿林道東線 19km06:3706:54大鹿林道東線 18 km07:14大鹿林道東線 17 km07:37大鹿林道東線 16 km07:53大鹿林道東線 15 km08:08大鹿林道東線 14 km08:32大鹿林道東線 13 km08:47大鹿林道東線 12 km09:01大鹿林道東線 11 km09:17大鹿林道東線 10 km09:45大鹿林道東線 9 km10:01大鹿林道東線 8 km10:17大鹿林道東線 7 km10:48大鹿林道東線 6 km11:04大鹿林道東線 5 km11:19大鹿林道東線 4 km11:31大鹿林道東線 3.2 km11:3411:51大鹿林道東線 2 km12:11大鹿林道東線 1 km12:21大鹿林道東線 0.4 km ゲート12:29大鹿林道東線 0 km12:32観霧國家公園ビジターセンター駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
台湾の高山は、事前に申請し許可が得られないと登山できません。先着順又は抽選。
大覇尖山は1か月前申し込みの先着順。
簡単に登山出来ないデメリットの反面、許可が得られていざ入山すると人が少なく渋滞するようなことがなく日本と比べてゆったりしているのはメリット。

大鹿林道東線の入り口に事務所があり、そこで登山許可書を提出。

観霧國家公園ビジターセンターから大覇登山口まで 19km の大鹿林道東線は歩きやすいが、とにかく長い。
その後も全体的に整備されており、ほぼ 100m毎に標識があり、迷う恐れは少ない。
大覇尖山側面のトラバースがちょっと危険。大覇尖山は危険なため登頂できない。
小覇尖山の登頂時、岩場を登る際に注意が必要。

九九山荘の宿泊費は1泊200元(約720円)と安い。サービスは寝る場所とトイレとキッチンと水だけと聞いており、シュラフ、食糧、調理器具などを持って行く。水はそのままでは飲料水にならないので一度沸かす必要あり。2日目と3日目の行動用飲料水と昼食用水は自分で沸かして作らなければならない。
なお、事前予約すれば800元(約2900円)で夕飯、朝食、飲料水を提供してくれることが到着後わかった。
さらに100元(約360円)でシャワーが浴びれるのは驚き。
その他周辺情報観霧國家公園ビジターセンターまで車で1時間ほどの場所に雲上民宿あり。前泊に便利。
下山後、竹東に安くておいしい牛肉麵屋さん (荘記牛肉麵)あり。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ シェラフ
備考 虫除けスプレーを持って行ったが蚊はあまりいなかった。

写真

観霧國家公園ゲート。一般車はこれより先には入れない。
2017年07月22日 06:58撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観霧國家公園ゲート。一般車はこれより先には入れない。
大鹿林道東線。昔は一般車も入れたそうで歩きやすい林道
2017年07月22日 06:59撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大鹿林道東線。昔は一般車も入れたそうで歩きやすい林道
100m 毎に標識がある。
2017年07月22日 09:28撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
100m 毎に標識がある。
爬虫類発見.
2017年07月22日 09:46撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爬虫類発見.
林道を 15km 歩いて、あと 4 km。
2017年07月22日 10:54撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を 15km 歩いて、あと 4 km。
林道 17km 地点から 19 km 地点まで山を下るショートカットあり。結構急な道。途中迷いそうな箇所あり。
2017年07月22日 11:33撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道 17km 地点から 19 km 地点まで山を下るショートカットあり。結構急な道。途中迷いそうな箇所あり。
19 km 歩き、約 200 m 下って大覇尖山登山口到着。ランチ休憩。
2017年07月22日 12:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
19 km 歩き、約 200 m 下って大覇尖山登山口到着。ランチ休憩。
さてここからいよいよ登り。
2017年07月22日 12:47撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さてここからいよいよ登り。
最初はつづらおりの登り。
2017年07月22日 13:12撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初はつづらおりの登り。
木のステップ
2017年07月22日 13:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木のステップ
石のステップ
2017年07月22日 14:18撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石のステップ
まだまだ登り
2017年07月22日 15:16撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ登り
ようやく九九山荘 (2699m) に到着。
2017年07月22日 16:33撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく九九山荘 (2699m) に到着。
ウレタンマットが敷いてあり、直接シュラフでもそれほど痛くない。夜になり、動く度にギシギシ音がなり、他人の音が気になる。
2017年07月22日 16:44撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウレタンマットが敷いてあり、直接シュラフでもそれほど痛くない。夜になり、動く度にギシギシ音がなり、他人の音が気になる。
持ってきた食材で夕飯。
2017年07月22日 17:24撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
持ってきた食材で夕飯。
2日目: 2am過ぎ起床、朝食準備、食べて、3am 過ぎに九九山荘 (2699m) 出発。
2017年07月23日 03:19撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目: 2am過ぎ起床、朝食準備、食べて、3am 過ぎに九九山荘 (2699m) 出発。
大覇尖山まで 7 km. 山荘出てからいきなり急登。
2017年07月23日 03:31撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大覇尖山まで 7 km. 山荘出てからいきなり急登。
間もなく夜明け。
2017年07月23日 04:20撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく夜明け。
加利山 (3112m) との分岐点 (3050m). 帰りに登頂する予定が、激しい雨と雷のため断念。
2017年07月23日 04:41撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
加利山 (3112m) との分岐点 (3050m). 帰りに登頂する予定が、激しい雨と雷のため断念。
おー、大覇尖山と小覇尖山が見えてきた。しかし、まだぐるっと稜線を回って行かなければいけない。
2017年07月23日 04:48撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おー、大覇尖山と小覇尖山が見えてきた。しかし、まだぐるっと稜線を回って行かなければいけない。
1
朝焼け
2017年07月23日 05:11撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝焼け
1
遠くには、朝日が当たる雪山が見えてきた。右奥の山が雪山主峰
(3886m)
2017年07月23日 05:25撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くには、朝日が当たる雪山が見えてきた。右奥の山が雪山主峰
(3886m)
1
大覇尖山 (3492m) と小覇尖山 (3418m). まるで山の上にあるモニュメントバレー
2017年07月23日 07:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大覇尖山 (3492m) と小覇尖山 (3418m). まるで山の上にあるモニュメントバレー
2
大覇尖山 (3492m) と小覇尖山 (3418m)
2017年07月23日 07:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大覇尖山 (3492m) と小覇尖山 (3418m)
1
大覇尖山 (3492m)
2017年07月23日 07:30撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大覇尖山 (3492m)
1
大覇尖山 (3492m). 残念ですが山頂への登頂は許されないそうです。
2017年07月23日 07:50撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大覇尖山 (3492m). 残念ですが山頂への登頂は許されないそうです。
1
大覇尖山直下を巻くルート。落石がないか怖い。
2017年07月23日 08:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大覇尖山直下を巻くルート。落石がないか怖い。
1
小覇尖山
2017年07月23日 08:17撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小覇尖山
1
小覇尖山登頂には岩場あり。
2017年07月23日 08:48撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小覇尖山登頂には岩場あり。
直角な岩場登りもあり。
2017年07月23日 09:03撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直角な岩場登りもあり。
小覇尖山 (3418m) からの景色。雪山山系
2017年07月23日 09:16撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小覇尖山 (3418m) からの景色。雪山山系
2
品田山 (3524m)。なんか魅力的なシェープ。登りたい山がまた増えた!
2017年07月23日 09:16撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
品田山 (3524m)。なんか魅力的なシェープ。登りたい山がまた増えた!
1
小覇尖山 (3418m) 登頂!
2017年07月23日 09:21撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小覇尖山 (3418m) 登頂!
1
大覇尖山直下を巻くルート。落ちたらやばい。
2017年07月23日 10:16撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大覇尖山直下を巻くルート。落ちたらやばい。
大覇尖山直下を巻くルート。濡れた箇所もあり足場に気を使う。
2017年07月23日 10:37撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大覇尖山直下を巻くルート。濡れた箇所もあり足場に気を使う。
1
落石から身を守るものかもしれない。
2017年07月23日 10:41撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落石から身を守るものかもしれない。
伊澤山 (3297m) までピストン。登り 10分、下り 7分。
2017年07月23日 11:55撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊澤山 (3297m) までピストン。登り 10分、下り 7分。
雲行きが怪しくなってきて、この後激しい雨と雷。
2017年07月23日 12:59撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲行きが怪しくなってきて、この後激しい雨と雷。
九九山荘キッチン、食堂。
2017年07月23日 15:54撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九九山荘キッチン、食堂。
シャワー棟とトイレ。シャワーのお湯は薪で沸かしてる。
2017年07月23日 15:54撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャワー棟とトイレ。シャワーのお湯は薪で沸かしてる。
宿泊棟とキッチン棟
2017年07月23日 17:05撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊棟とキッチン棟
夜になったら、雨も止み雲も消えて、満天の星空
2017年07月23日 21:03撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜になったら、雨も止み雲も消えて、満天の星空
2
満天の星空。疲れてたけど 2時間以上星空を見続ける。
2017年07月23日 22:29撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満天の星空。疲れてたけど 2時間以上星空を見続ける。
1
3日目、4:30am 下山開始。5am 過ぎてだいぶ明るくなってくる
2017年07月24日 05:26撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目、4:30am 下山開始。5am 過ぎてだいぶ明るくなってくる
かなりの下り。よく登ってきたなあ。
2017年07月24日 06:16撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなりの下り。よく登ってきたなあ。
もう少しで登山口到着
2017年07月24日 06:22撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで登山口到着
まるで上高地のような景色
2017年07月24日 06:25撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まるで上高地のような景色
いよいよ大鹿林道東線 19km を歩き始める
2017年07月24日 06:40撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ大鹿林道東線 19km を歩き始める
梅の実が熟して落ちている
2017年07月24日 06:51撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅の実が熟して落ちている
1日目より増水
2017年07月24日 07:27撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目より増水
登りがきつく感じる
2017年07月24日 08:09撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りがきつく感じる
9km 歩いて、後 10km...
2017年07月24日 09:18撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9km 歩いて、後 10km...
台湾らしいでっかい葉っぱ。
2017年07月24日 10:51撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台湾らしいでっかい葉っぱ。
みんなザックが重い。
2017年07月24日 11:20撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
みんなザックが重い。
行きには感じなかったが緩やかなスロープでも辛い。
2017年07月24日 12:15撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きには感じなかったが緩やかなスロープでも辛い。
1
0km 到着!
2017年07月24日 12:29撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
0km 到着!
車に入れて置いたスイカがまだ冷たい。さすが南国台湾でも標高2000mでは車に入れていても痛まず冷えてる。下山後のスイカは最高!
2017年07月24日 12:45撮影 by ILCE-6000, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車に入れて置いたスイカがまだ冷たい。さすが南国台湾でも標高2000mでは車に入れていても痛まず冷えてる。下山後のスイカは最高!
1

感想/記録

観霧國家公園ビジターセンター(標高約2000m)から大覇尖山登山口(標高約1800m)までの大鹿林道東線 19km はアップダウンを繰り返しながら最終的に約200m下る。この林道に危険個所はないが長く辛い。まるで上高地<->横尾を往復するイメージ。19km 歩いた後に 4km 標高差 900m を一気に登り九九山荘(2699m)までが 1日目の行程。九九山荘までほぼ眺望はなし。
2日目、九九山荘 --> 大覇尖山(3492m) --> 小覇尖山(3418m) --> 大覇尖山 --> 伊澤山(3297m) --> 加利山(3112m) --> 九九山荘。18km と長い。あいにく午後雷と激しい雨となり加利山登頂は諦めることとなり残念。
3日目は、初日と逆ルートで下山。九九山荘から大覇尖山登山口まで 2時間で下山できるが、大鹿林道東線の 19km の緩やかな登りがかなり堪える。
大変タフな山行だが、素晴らしい景色に出会えるのが魅力。
訪問者数:121人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ