ヤマレコ

記録ID: 1211732 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山

日程 2017年07月31日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
瑞牆山荘から100m離れた無料駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間20分
休憩
1時間10分
合計
5時間30分
S瑞牆山荘08:3009:10富士見平小屋09:2009:50天鳥川11:00瑞牆山11:5012:50天鳥川13:20富士見平小屋13:3014:00瑞牆山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
瑞牆山荘から富士見平小屋までの登山道は歩きやすい。富士見平小屋から登山道に石が多くなる。天鳥川を渡ると、石がもっと大きくなり歩きにくいです。また、沢の水が登山道も流れているため、石が滑りやすくなるため、注意が必要です。
その他周辺情報増富の湯にて入浴。温度は低いため、この時期でも長く湯につかることが出来ます。入浴後は温度が低い湯に入っていたにもかかわらず、体がポカポカと暖かく感じられました。
過去天気図(気象庁) 2017年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ
備考 水を凍らせて持っていけば良かった

写真

瑞牆山荘前の登山口から登山開始
2017年07月31日 08:31撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瑞牆山荘前の登山口から登山開始
1
林道から木の階段の登山道になる。
2017年07月31日 08:50撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から木の階段の登山道になる。
里宮さん
2017年07月31日 08:57撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
里宮さん
富士見平小屋下の湧き水。冷たくておいしいです。テント泊をされる場合は、非常に心強いです。
2017年07月31日 09:10撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋下の湧き水。冷たくておいしいです。テント泊をされる場合は、非常に心強いです。
1
富士見平小屋。ここで瑞牆山と金峰山に行く登山道が分かれます。テントを張っている人がいるか期待をしていましたが、いませんでした。
2017年07月31日 09:15撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋。ここで瑞牆山と金峰山に行く登山道が分かれます。テントを張っている人がいるか期待をしていましたが、いませんでした。
富士見平小屋から天鳥川に向かうところで、瑞牆山が見えました。
2017年07月31日 09:37撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平小屋から天鳥川に向かうところで、瑞牆山が見えました。
1
天鳥川。水が多かったです。帰りはもっと水が多くなっていました。
2017年07月31日 09:46撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天鳥川。水が多かったです。帰りはもっと水が多くなっていました。
二村さん慎重に川を渡ります。
2017年07月31日 09:47撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二村さん慎重に川を渡ります。
ところどころで大きな岩が見られました。横の階段を登って行きます。
2017年07月31日 09:49撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころで大きな岩が見られました。横の階段を登って行きます。
1
2,000m付近でシャクナゲが咲いていました。登山道には多くシャクナゲがあります。時期が合えば、シャクナゲの花を楽しむことが出来ます。
2017年07月31日 10:30撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2,000m付近でシャクナゲが咲いていました。登山道には多くシャクナゲがあります。時期が合えば、シャクナゲの花を楽しむことが出来ます。
1
さらに登山道を進むと、大きな岩が空に向かって突きだしています。
2017年07月31日 10:39撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに登山道を進むと、大きな岩が空に向かって突きだしています。
1
山頂に到着。平日のもかかわらず、多くの登山者がいました。
到着してしばらくしたら、ガスで景色が見ることが出来なくなってしまいました。
2017年07月31日 11:06撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。平日のもかかわらず、多くの登山者がいました。
到着してしばらくしたら、ガスで景色が見ることが出来なくなってしまいました。
1
到着してすぐに金峰山を確認。五丈岩を見ることが出来ました。
2017年07月31日 11:06撮影 by Canon IXY 180, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着してすぐに金峰山を確認。五丈岩を見ることが出来ました。
1
撮影機材:

感想/記録

瑞牆山に19年ぶりに登山をしました。岩が突きだしている山という印象はありましたが、登山道がどのようだったかは忘れてしまっていました。富士見平小屋下の湧き水は冷たくておいしかったです。富士見平小屋に泊まれば、瑞牆山・金峰山を登山することが出来ます。テントサイトもあり、将来的にはテント泊もしたいと思いました。登山道を進むと、シャクナゲの木も多くあり、開花の時期が合えば多くの花も観賞出来ます。山頂付近には大きな岩がたくさん青空に向かって突きだしていて、とても素晴らしかったです。下山後は増富の湯で入浴しました。お湯の温度が低く、夏の暑い時期でも長くつかっていることが出来ます。お湯の温度は低いのですが、入浴後は体がポカポカと暖かく感じられ、いい温泉だと思いました。
訪問者数:397人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント ガス 林道 テン シャクナゲ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ