また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1213686 全員に公開 ハイキング北陸

999 雲谷山:石観音からピストン

日程 2017年08月03日(木) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク
石観音手前の広い駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間36分
休憩
1時間5分
合計
5時間41分
Sスタート地点09:2109:42第一展望台09:57第二展望台10:10第三展望台10:1910:36登山道取付10:3911:20大杉11:2412:05興道寺分岐12:10雲谷山12:4613:19大杉13:2313:54登山道取付13:5814:16第三展望台14:25雄滝・雌滝分岐14:3015:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ハイキングコース
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

雲谷山三方コースの登山口がある石観音の入口、岩の上の石の鶏が時を告げています。
2017年08月03日 09:21撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲谷山三方コースの登山口がある石観音の入口、岩の上の石の鶏が時を告げています。
石観音登山口、道標に従って私は遊歩道を第一展望所から登ります。
2017年08月03日 09:25撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石観音登山口、道標に従って私は遊歩道を第一展望所から登ります。
ちょっと下草が生えている遊歩道を登り始めました。
2017年08月03日 09:26撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと下草が生えている遊歩道を登り始めました。
やがて道はジグザグに高度を上げてゆきます。20回近く曲がりました。
2017年08月03日 09:27撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがて道はジグザグに高度を上げてゆきます。20回近く曲がりました。
第一展望台に着きました。
2017年08月03日 09:41撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台に着きました。
第一展望台は高度が200mと低いのと木が茂ってきているので三方五湖がかろうじて見える程度でした。
2017年08月03日 09:41撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一展望台は高度が200mと低いのと木が茂ってきているので三方五湖がかろうじて見える程度でした。
シダの茂る道を登って行きます。
2017年08月03日 09:46撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダの茂る道を登って行きます。
遊歩道の東側の木の間から、雲谷山方面を望みました。
どれが雲谷山かはわかりませんが。
2017年08月03日 09:53撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道の東側の木の間から、雲谷山方面を望みました。
どれが雲谷山かはわかりませんが。
第一より100m高い第二展望所からは、三方五湖も良く見えるようになりました。
2017年08月03日 09:57撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一より100m高い第二展望所からは、三方五湖も良く見えるようになりました。
北の端の日向湖?の向うに若狭湾も見えました。
2017年08月03日 09:57撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北の端の日向湖?の向うに若狭湾も見えました。
さらに松混じりの遊歩道を登って行きます。
2017年08月03日 10:02撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに松混じりの遊歩道を登って行きます。
第三展望所には、ログハウス風の展望小屋も建っています。
2017年08月03日 10:13撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三展望所には、ログハウス風の展望小屋も建っています。
第三展望所(370m)からは三方五湖のほぼ全域が見渡せました。とても良い気分です。
2017年08月03日 10:10撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第三展望所(370m)からは三方五湖のほぼ全域が見渡せました。とても良い気分です。
1
三方湖の向うに青葉山の双耳峰が、その右手前は久須夜ヶ岳と思われます。
2017年08月03日 10:13撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三方湖の向うに青葉山の双耳峰が、その右手前は久須夜ヶ岳と思われます。
さらに自然林の遊歩道を登り
2017年08月03日 10:27撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに自然林の遊歩道を登り
アカマツ林も過ぎ
2017年08月03日 10:32撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカマツ林も過ぎ
登って行くと
2017年08月03日 10:35撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って行くと
遊歩道が終わって直進の登りと右に下る道の分岐に。雲谷山へは道標に従って直進の山道を登ります。
2017年08月03日 10:35撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道が終わって直進の登りと右に下る道の分岐に。雲谷山へは道標に従って直進の山道を登ります。
今までの遊歩道よりは細くなりますが、しっかりとした登山道が続いています。
2017年08月03日 10:49撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今までの遊歩道よりは細くなりますが、しっかりとした登山道が続いています。
途中の木の間から雲谷山方向が望めました。このピークの向うが雲谷山でしょう。
2017年08月03日 10:54撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の木の間から雲谷山方向が望めました。このピークの向うが雲谷山でしょう。
コアジサイの下生えが現れました。花の時期は過ぎていますが、その時はコアジサイ街道なのでしょう。
2017年08月03日 10:56撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コアジサイの下生えが現れました。花の時期は過ぎていますが、その時はコアジサイ街道なのでしょう。
大きく存在感のある杉の大木も。
2017年08月03日 11:19撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく存在感のある杉の大木も。
ユズリハが下生えの所も登ります。
2017年08月03日 11:29撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユズリハが下生えの所も登ります。
松混じりの林相から、ブナが散見される林相に変化しました。
2017年08月03日 11:38撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松混じりの林相から、ブナが散見される林相に変化しました。
大好きなブナ林になりました。
2017年08月03日 11:50撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きなブナ林になりました。
ブナ林でテンションもアップです。気分上々で尾根歩きの長さも気になりません。
2017年08月03日 12:02撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林でテンションもアップです。気分上々で尾根歩きの長さも気になりません。
興道寺への分岐を過ぎると山頂まではもう一息です。道標が倒れてました。
2017年08月03日 12:05撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
興道寺への分岐を過ぎると山頂まではもう一息です。道標が倒れてました。
立派なブナの道を一登りすると
2017年08月03日 12:06撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派なブナの道を一登りすると
雲谷山の山頂です。二等三角点『雲谷』がありました。
2017年08月03日 12:09撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲谷山の山頂です。二等三角点『雲谷』がありました。
1
ブナや雑木が茂ってあまり展望は良くありませんが、かろうじて北東側は少し切り開かれて若狭湾と西方ヶ岳方面が望めました。
2017年08月03日 12:11撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナや雑木が茂ってあまり展望は良くありませんが、かろうじて北東側は少し切り開かれて若狭湾と西方ヶ岳方面が望めました。
野坂岳方面だろうと思います。
2017年08月03日 12:12撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野坂岳方面だろうと思います。
ズームアップしてみましたが山名は?です。
2017年08月03日 12:13撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズームアップしてみましたが山名は?です。
下山も登って来た道を辿ります。やはりブナの雰囲気がいいな。
2017年08月03日 12:48撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山も登って来た道を辿ります。やはりブナの雰囲気がいいな。
同じ道でも、下山はまた違った趣を発見できるのでピストンも良きかなです。第三展望所を下った所に日本庭園のようなところを発見♪。
2017年08月03日 14:21撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ道でも、下山はまた違った趣を発見できるのでピストンも良きかなです。第三展望所を下った所に日本庭園のようなところを発見♪。
雄滝・雌滝への分岐です。当初はこの道を下ろうかと思っていましたが、藪っぽくなってダニに取付かれるのも嫌なので右の登って来た道を下りました。
2017年08月03日 14:25撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄滝・雌滝への分岐です。当初はこの道を下ろうかと思っていましたが、藪っぽくなってダニに取付かれるのも嫌なので右の登って来た道を下りました。
松の実生が生える道です。
2017年08月03日 14:32撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松の実生が生える道です。
登山口の石観音に着きました。無事下山のお礼をしてから駐車地に戻りました。
2017年08月03日 15:00撮影 by NIKON D40, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口の石観音に着きました。無事下山のお礼をしてから駐車地に戻りました。
撮影機材:

感想/記録
by moguG

福井県若狭町の雲谷山に。
暑かったですが、風がかなり吹いて気持ちよく登れました。
途中の展望台からは三方五湖がしっかりと見え、山頂近くはブナ林が心地よく、地味ですがなかなか良い山でした。
これで999日目の登山、次回はいよいよ1000日目です
訪問者数:128人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

三角点 双耳峰 テン ブナ ピストン 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ