また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1214517 全員に公開 講習/トレーニング丹沢

ナイトハイクトレーニング@丹沢・塔ノ岳

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候薄曇り。
暑くは無いが湿度は高かった。
アクセス
利用交通機関
電車
行きも帰りも、小田急小田原線 渋沢駅を利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間24分
休憩
22分
合計
5時間46分
S渋沢駅00:4700:47渋沢駅南口01:22大倉バス停01:28丹沢クリステル01:43観音茶屋01:55雑事場ノ平02:14一本松02:30駒止茶屋02:38堀山02:44堀山の家02:4903:05天神尾根分岐03:28花立山荘03:2903:38花立03:3903:42金冷シ03:4303:59塔ノ岳04:0604:17金冷シ04:21花立04:2204:27花立山荘04:2804:40天神尾根分岐04:4104:52堀山の家04:5505:01堀山05:07駒止茶屋05:18一本松05:27見晴茶屋05:2805:38観音茶屋05:49丹沢クリステル05:51大倉山の家05:52どんぐり山荘05:53大倉バス停06:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
「今回は『調整登山』。大事な遠征前に怪我は絶対したくない」との思いから、格好はトレランですが、トレイル部分は登りも下りも全く走っていません。
コース状況/
危険箇所等
メジャーコースで特に危険箇所なし。
ただ、夜露で岩や木道が滑りやすかった。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備ライト 予備電池 GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック ヘルメット 熊鈴
備考 ■北ア遠征の装備品チェックを兼ねての山行なので(新調したザックへの携行品の収容場所の割り振りとか、それらを全部背負ってロードを走ったり登った時の感じを試したかったので)、ストックやヘルメットや防寒着は全く使用しなかったが、持っていった。水分も2.5L持っていって半分も飲まず。
■そのくせ、虫除けを家に忘れてくるという痛恨のミス(苦笑)

写真

真夜中の渋沢駅に降り立ちました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真夜中の渋沢駅に降り立ちました。
1
駅前のバス停のベンチで支度。
今夏の北ア遠征のため導入したultimate directionのfastpack20。塔ノ岳では使うあてはありませんが、ストック、ヘルメット、防寒着等、遠征で使う予定の物は一式入れてきました。
足元はいつものmontrailトランスアルプス。今年もアルプスの頂を踏むぞ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前のバス停のベンチで支度。
今夏の北ア遠征のため導入したultimate directionのfastpack20。塔ノ岳では使うあてはありませんが、ストック、ヘルメット、防寒着等、遠征で使う予定の物は一式入れてきました。
足元はいつものmontrailトランスアルプス。今年もアルプスの頂を踏むぞ!
5
大倉のバス停。レコで良く見るヤツだ。
駅からここまでゆっくり走ってみましたが、新ザックは荷物の量の割りに揺れも無く、なかなか快適です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉のバス停。レコで良く見るヤツだ。
駅からここまでゆっくり走ってみましたが、新ザックは荷物の量の割りに揺れも無く、なかなか快適です。
1
西の空に沈みかけですが、月が明るい夜です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の空に沈みかけですが、月が明るい夜です。
2
青い細かい花。何だろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青い細かい花。何だろう?
見晴茶屋からの夜景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴茶屋からの夜景。
1
快適に走れそうな道も有りますが、今日は走るのは封印です。遠征直前に絶対に怪我したくないんで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快適に走れそうな道も有りますが、今日は走るのは封印です。遠征直前に絶対に怪我したくないんで。
1
急登の区間でヤマユリに癒される。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登の区間でヤマユリに癒される。
1
階段、いい加減疲れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段、いい加減疲れてきました。
今まで晴れていたのに、金冷やしの辺りでガスに巻かれる。イヤな感じ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで晴れていたのに、金冷やしの辺りでガスに巻かれる。イヤな感じ。
やっとこさ、塔ノ岳、登頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこさ、塔ノ岳、登頂。
6
町の夜景がガスに滲む…ちょっと残念な眺め(´・ω・`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
町の夜景がガスに滲む…ちょっと残念な眺め(´・ω・`)
3
東の空。明けてきました。
塔ノ岳で御来光を見るのも良さそうですが、家族が帰りを待ってます(※家事の労働力としてT_T)ので、少し休憩したらすぐ下山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空。明けてきました。
塔ノ岳で御来光を見るのも良さそうですが、家族が帰りを待ってます(※家事の労働力としてT_T)ので、少し休憩したらすぐ下山です。
5
ちなみにこの日朝4時の山頂は17℃。
暑くも寒くもなく、でも湿度が高くやや不快。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみにこの日朝4時の山頂は17℃。
暑くも寒くもなく、でも湿度が高くやや不快。
山頂で新作の『自作ナッツバー改・チョコ味』を食す。
これはいい!遠征にも持っていくの決定です。
食べ終わったらとっとと下山開始です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で新作の『自作ナッツバー改・チョコ味』を食す。
これはいい!遠征にも持っていくの決定です。
食べ終わったらとっとと下山開始です。
2
花立山荘の近くで。
西側にシルエットで浮かぶ富士。
そして写真には写らなかったが、山頂へ続くヘッデンの明かりの列が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花立山荘の近くで。
西側にシルエットで浮かぶ富士。
そして写真には写らなかったが、山頂へ続くヘッデンの明かりの列が。
7
東側。
朝焼けの雲海に浮かぶ大山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側。
朝焼けの雲海に浮かぶ大山。
4
夜明け。
周囲はヒグラシの大合唱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け。
周囲はヒグラシの大合唱。
マムシグサ?
しかも葉に斑いり?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサ?
しかも葉に斑いり?
こんな場所もあったけど、早歩き。今日は頑なにトレイルは走らない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな場所もあったけど、早歩き。今日は頑なにトレイルは走らない。
あっ!有名なあの人が。こんな所に居たんだ。
行きは気付かなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっ!有名なあの人が。こんな所に居たんだ。
行きは気付かなかった。
3
駅までジョグ。「気をつけてお帰り下さい」言われてるのに、駅まで一回道をまちがえました(´・ω・`)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅までジョグ。「気をつけてお帰り下さい」言われてるのに、駅まで一回道をまちがえました(´・ω・`)
2
渋沢駅。
これから丹沢に向かう登山者をしり目に帰宅です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋沢駅。
これから丹沢に向かう登山者をしり目に帰宅です。
2

感想/記録

梅雨明けしたのに暫く天気悪かったですね…。7月下旬に高地順応トレを兼ねて、甲斐駒か鳳凰三山に日帰りアタックをキメようと思っていましたが、見事に流れました、Nao3180です。

海の日の連休に赤岳に登って以来、3週間近く山に行けていませんが、今年最大の目標(エントリーの時点でダメだったハセツネを除く)である北ア・剱岳遠征の決行予定日が刻々と近づいてきています。
あまり遠出は出来ませんが、調整として、山の刺激を身体に入れておきたくなりました。本番では夜明け前から早月尾根を登り始める予定ですので、ナイトハイクで長い尾根を登り続けるようなトレーニングをしたい。
ということで、ナイトハイクで塔ノ岳の大倉尾根ピストンをやってみました。

真っ暗なので見るべきものも特に無く、あまり写真も撮らず、無人で静かな大倉尾根を黙々と登りました。正直あまり見るべき価値のないレコ(笑)になりましたが、単純にトレーニングとしてはいい登山になりました。

あと、今回のトレーニングは、北ア遠征の為に新調したザック、ultimate directionのfastpack20の柿落とし兼実戦テストという目的もありました。
トレラン用としては収納力が有りかなりの荷物を積める割りに揺れず、肩や背中も痛くならず、なかなか優秀なザックだと思います。そのうえでストックのくくり付け方の段取りだとか、各所のポケットのどこに何を収納するか?の割り振りだとか、色々テストと確認が出来て良かったです。

遠征前にやるべき事は一通り終りました。
さあ後は台風が抜けた後、北陸が晴天に恵まれる事を祈るのみです!
訪問者数:237人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ