また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1215382 全員に公開 ハイキング京都・北摂

三国岳・経ヶ岳+北山友禅菊鑑賞(朽木桑原〜高島トレイル〜経ヶ岳西尾根〜久多)

日程 2017年08月05日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:
京都バス10系統朽木学校行き
出町柳駅前 (7:45) → 葛川梅の木 (8:44)
高島市営バス針畑線に乗り換え
梅の木 (8:52) → 桑原橋 (9:16)
\1100+\220

帰り:
京都バス10系統出町柳行き
葛川梅の木 (17:18) → 出町柳駅前 (18:17)
\1100
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
41分
合計
7時間13分
S桑原橋09:1610:44三国岳10:5612:03経ヶ岳12:1212:57見後谷出合い13:0714:13志古淵神社14:1514:28宮の町友禅菊畑14:3614:47志古淵神社16:29葛川梅の木G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
桑原からの三国岳登山道は今の時期草木が繁っているもののよく整備されています。そこそこの斜度が山頂直下までずっと続きます。
三国岳から経ヶ岳への縦走路は桑原からの経ヶ岳登山道と出合うまでは目印少なめ。P885を過ぎてからは方向転換に注意。
経ヶ岳西尾根は薄い踏み跡とテープが少しありました。一箇所ある尾根分岐では自然と南側へ誘導されます。滑りやすい急坂があるので歩行注意。
その他周辺情報久多の里では平成9年から独自に品種改良した野生菊を北山友禅菊として休耕田に栽培しています。例年7月末〜8月初頭が見頃。
詳しい情報はこちら
http://osamujirokichi0211.wixsite.com/kitayamayuzengiku
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

バスを乗り継いで朽木桑原橋からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスを乗り継いで朽木桑原橋からスタート
川を渡って林道を進んでいくと登山口の標識があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川を渡って林道を進んでいくと登山口の標識があります
道自体はしっかりしていますが、草木が登山道に張り出して暑い上に歩きづらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道自体はしっかりしていますが、草木が登山道に張り出して暑い上に歩きづらい
テングタケの仲間?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テングタケの仲間?
少し登ると良い道になってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登ると良い道になってきました
2
イワカガミ?の群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワカガミ?の群落
1
三国岳までひたすら登りですが、この辺りが一番の急登でした。草木も繁って暑さにうんざり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳までひたすら登りですが、この辺りが一番の急登でした。草木も繁って暑さにうんざり
イボカサタケと思われる。有毒
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イボカサタケと思われる。有毒
1
山中で花はほとんど見かけませんでしたが、一輪だけヤマジノホトトギスが咲いていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山中で花はほとんど見かけませんでしたが、一輪だけヤマジノホトトギスが咲いていました
3
山頂が近づくと斜度は穏やかになる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近づくと斜度は穏やかになる
山頂かと思ったら一つ手前の偽ピークでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂かと思ったら一つ手前の偽ピークでした
今度こそ三国岳山頂。京都府第三位の標高959.1m
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度こそ三国岳山頂。京都府第三位の標高959.1m
2
残念ながら展望は北にわずかに開けるのみ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残念ながら展望は北にわずかに開けるのみ
経ヶ岳への縦走路、前半部はとても心地よい稜線でした。風も吹いて涼しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ヶ岳への縦走路、前半部はとても心地よい稜線でした。風も吹いて涼しい
P885から経ヶ岳を望む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P885から経ヶ岳を望む
一番奥に双耳峰の桑谷山を遠望。手前にフカンド山が重なる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番奥に双耳峰の桑谷山を遠望。手前にフカンド山が重なる
桑原から直接経ヶ岳へ登る道と出合いました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桑原から直接経ヶ岳へ登る道と出合いました
尾根道はこのあたりで林道と何度も交錯しますが、ここでお別れして経ヶ岳へひと登り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道はこのあたりで林道と何度も交錯しますが、ここでお別れして経ヶ岳へひと登り
杉木立に囲まれて地味な経ヶ岳山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉木立に囲まれて地味な経ヶ岳山頂に到着
2
名のとおり経塚があるようです。碑文は読めず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名のとおり経塚があるようです。碑文は読めず
下山は山頂から西の尾根を使います。刈り払われていて踏み跡ができていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は山頂から西の尾根を使います。刈り払われていて踏み跡ができていました
所々急坂に注意しつつ下っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々急坂に注意しつつ下っていきます
最後は見後谷出合いに降り立ちます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は見後谷出合いに降り立ちます
暑いので久多川で涼をとって休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いので久多川で涼をとって休憩
1
後はずっと舗装路歩きです。久多上の町の集落まできました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後はずっと舗装路歩きです。久多上の町の集落まできました。
中の町の北山友禅菊畑にやってきました。実際には写真よりもっと紫が強く見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の町の北山友禅菊畑にやってきました。実際には写真よりもっと紫が強く見えました
3
ずっと曇りがちでしたがタイミングよく晴れてくれました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっと曇りがちでしたがタイミングよく晴れてくれました
2
中の町・宮の町の分岐地点にある志古淵神社
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中の町・宮の町の分岐地点にある志古淵神社
宮の町の友禅菊畑は茅葺屋根の家屋をバックに撮影できます。こちらでは有料で摘み取りも可能
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮の町の友禅菊畑は茅葺屋根の家屋をバックに撮影できます。こちらでは有料で摘み取りも可能
1
友禅菊畑をバックにトンボ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
友禅菊畑をバックにトンボ
2
帰りは葛川梅の木までひたすら苦行の舗装路歩きでした。交通が不便すぎる…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは葛川梅の木までひたすら苦行の舗装路歩きでした。交通が不便すぎる…
2

感想/記録

最近にわかに忙しくなったのと天気の都合で山に行けず、ヤマレコも碌に見ていませんでしたがようやく機会に恵まれました。京都市最北端・久多の里の最奥部に鎮座する三国岳は是非登ってみたかった山の一つです。今回は久多で栽培されている北山友禅菊が見頃を迎えたタイミングを狙って一緒に見物してきました。

登山としては暑いし舗装路歩きが長いしで微妙ではありましたが久々の山でやっぱりいいなと思った次第です。友禅菊も畑一面が紫で覆われて見ごたえがありました。次にこのエリアに来るとしたら、涼しい時期に天狗岳方面や三国峠方面へ繋いでいきたいと思います。
訪問者数:215人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ