ヤマレコ

記録ID: 1217697 全員に公開 ハイキング甲信越

角田山弥彦山縦走

日程 2017年08月06日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れだが暑い!
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路はJRで巻駅まで。巻駅からバスで稲島まで移動。
復路は弥彦駅からJR利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間52分
休憩
5分
合計
6時間57分
Sスタート地点08:4508:50角田山稲島登山口09:26観音堂09:31角田山11:08樋曽山13:13多宝山13:1413:27大平公園13:2813:49弥彦山九合目分岐点13:58弥彦山13:5914:13弥彦山九合目分岐点14:1414:41弥彦山五合目分岐15:17弥彦神社15:1815:42弥彦駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報弥彦温泉は日帰温泉もあるようでしたが,また汗かくのでまたの機会に。
弥彦駅は靴洗い場や駅ホームのトイレ内に着替えスペースあり。

装備

備考 まさかの藪こぎ。長袖はあったが藪に耐えれそうもなく使わず。

写真

五ヶ峠をすぎた234m小ピーク。峠からは案内標識は極めて乏しくなる。角田山はこれでもかという位に盛夏でも人多いが,多宝山ののぼりにかかるまで誰とも出会わず。
2017年08月06日 10:32撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ヶ峠をすぎた234m小ピーク。峠からは案内標識は極めて乏しくなる。角田山はこれでもかという位に盛夏でも人多いが,多宝山ののぼりにかかるまで誰とも出会わず。
道路にでて,道路ではなく並走する山道に入るが,これが選択ミス。この後,踏み跡はなんとかトレースしたが,盛夏で夏草やつたが旺盛で藪こぎ状態で,体力とメガネをロスト。
2017年08月06日 11:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路にでて,道路ではなく並走する山道に入るが,これが選択ミス。この後,踏み跡はなんとかトレースしたが,盛夏で夏草やつたが旺盛で藪こぎ状態で,体力とメガネをロスト。
1
なんとか弥彦山頂の神社に到達
2017年08月06日 14:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか弥彦山頂の神社に到達
1
弥彦に続く尾根方向
2017年08月06日 14:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥彦に続く尾根方向
多宝山を振り返る
2017年08月06日 14:03撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多宝山を振り返る
2
新潟平野方向
2017年08月06日 14:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新潟平野方向
1
弥彦神社側に下山。掘立小屋?失礼茶屋でした。
2017年08月06日 14:59撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥彦神社側に下山。掘立小屋?失礼茶屋でした。
弥彦神社に参拝
2017年08月06日 15:17撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥彦神社に参拝
1
この後,弥彦公園を散策して駅に移動。
2017年08月06日 15:22撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後,弥彦公園を散策して駅に移動。
弥彦駅は立派。右側に靴洗い場あり。
2017年08月06日 15:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥彦駅は立派。右側に靴洗い場あり。
2

感想/記録
by yamkoi

新潟に単身赴任。最初は粟ヶ岳。この週末は新潟といえばということで角田山と弥彦山を企てるが,体の体液がそっくり入れ替えるような暑さ。五ヶ峠から多宝山取り付きまでは樹林帯の小さなアップダウンだが結構長い。最後の道路併走の山道の藪が大誤算。抜け出したものの消耗。メガネを探しに戻り気力もなく昼食にして,なんとか気を取り直して,多宝山へ。展望なくそのまま弥彦につなぎ,コカコーラでカロリー,水分,カフェインといっぺんに摂取して回復。くだりは途中の豊富な水場で体を拭いてリフレッシュ。メガネが遭難し冬前に捜索の宿題。公共交通機関でだいぶ楽しめることがわかったのは収穫。帰りの越後線は花火見物の若者で混雑も一興。
訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コーラ 水場 遭難
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ