ヤマレコ

記録ID: 1218871 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

蔵王山 最高峰熊野岳へ観光ハイク のつもりが急遽風雨ハイク

日程 2017年08月11日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ハイラインの中の刈田岳駐車場は、通常道路の通行量とセットで有料ですが、夜間(16時から8時)は通行無料です。
この駐車場のトイレはハイラインとレストハウスが営業開始する時間まで閉鎖されています。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間48分
休憩
12分
合計
2時間0分
S刈田岳駐車場13:4013:51刈田岳13:5614:02お釜展望スペース14:0614:37馬の背分岐14:44熊野十字路分岐14:4614:56蔵王山14:5715:05馬の背分岐15:40蔵王レストハウスG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
昭文社コースタイム:1時間40分
コース状況/
危険箇所等
刈田岳駐車場〜刈田岳
平坦でなだらかで広い坂道を登ります。

刈田岳レストハウス〜馬の背(お釜側)
遊歩道から少し下ると、ガレた道が手すり沿いに続いています。
その手すりから先はお釜へは立ち入り禁止になっています。

馬の背〜馬の背分岐〜熊野岳避難小屋
なだらかで広い遊歩道が続きます。分岐以後はガレた斜面を登ります
ガスが濃くても高い木柱が立ててあるので迷うことはありません。

熊野岳避難小屋〜熊野岳
稜線上のなだらかで広い道を進みます。
こちらも木柱があるので迷いません。

熊野岳〜馬の背分岐(巻き道)
少しだけ石がゴロゴロした坂道を下ります。

馬の背〜刈田岳レストハウス
木柱のあるなだらかで広い遊歩道を進みます。
その他周辺情報レストハウス駐車場〜刈田岳
よく整備された土のなだらかな坂道を登ります。

刈田岳〜熊野岳
お釜を過ぎるまでは平坦で安定した路面を進みます。
稜線へ上がる道は少し石がザレた傾斜のある斜面ですが数分で登れます。
熊野岳への稜線上は広くなだらかな道になります。

写真

蔵王ハイラインを通って、駐車場に着きました。
ガスガスの中でもたくさんの車が駐まっています。
2017年08月11日 13:40撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王ハイラインを通って、駐車場に着きました。
ガスガスの中でもたくさんの車が駐まっています。
増築中のレストハウスの横を通って遊歩道に出ます。
2017年08月11日 13:43撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
増築中のレストハウスの横を通って遊歩道に出ます。
まずは右側に進みます。
2017年08月11日 13:49撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは右側に進みます。
ゆるやかな坂道を登ると、刈田岳山頂に着きました。
2017年08月11日 13:50撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆるやかな坂道を登ると、刈田岳山頂に着きました。
展望台から少し下がったところで、かすかにお釜が見えました。
今日はこれしか見えないかと思いましたが、
2017年08月11日 13:59撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望台から少し下がったところで、かすかにお釜が見えました。
今日はこれしか見えないかと思いましたが、
少し北に進んでいるうちに、ガスが晴れてきれいな湖面が見えました。
2017年08月11日 14:05撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し北に進んでいるうちに、ガスが晴れてきれいな湖面が見えました。
さらに北に進むと見事な丸いお釜も見ることが出来ました。
2017年08月11日 14:09撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに北に進むと見事な丸いお釜も見ることが出来ました。
1
もう少し大きめに。
2017年08月11日 14:09撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し大きめに。
1
まだ雨とは言えない細かいガスの霧の中を進み、馬の背分岐に到着しました。
2017年08月11日 14:37撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ雨とは言えない細かいガスの霧の中を進み、馬の背分岐に到着しました。
熊野岳避難小屋の分岐点に着きました。
稜線上は風が強くなります。
2017年08月11日 14:44撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊野岳避難小屋の分岐点に着きました。
稜線上は風が強くなります。
蔵王の最高峰、熊野岳に到着しました。
2017年08月11日 14:56撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蔵王の最高峰、熊野岳に到着しました。
1
山頂側には神社があります。
2017年08月11日 14:56撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂側には神社があります。
巻き道ルートで馬の背分岐に帰って来ました。
2017年08月11日 15:05撮影 by SH-08E, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道ルートで馬の背分岐に帰って来ました。

感想/記録
by esprit

今回の蔵王山は宮城県最高峰である屏風山への尾根歩きがメインでしたが、当然百名山の山頂となる熊野岳へも、屏風岳へ向かったのと同じ刈田岳駐車場から楽々ハイキングとして向かうことを計画していました。

しかし、予定していた12日は朝から雨予報ということで、軽く濡れた月山から直接移動して同じ日に歩くことで、濡れながら歩くのを1日にまとめてしまいたいという意向を受けて、ガスガスの中午後から登り始めました。

まだ雨は降っていないガスの中まずは刈田岳に登り、その後展望台に下りましたが、お釜はまったく見えません。観光客がたくさん集まっている方へ下るとガスの中にうっすらとお釜が見えていましたが、少し待っている内にガスが晴れ、今日はこれくらい見れたら満足かなと思っていましたが、そのままお釜の崖沿いを熊野岳へ向けて北に歩いていると、バッチリとガスが晴れ、とてもきれいな丸いお釜の湖面が見れました。

その後は遊歩道に戻って避難小屋へ登り、西の山頂へ稜線を向かいました。
馬の背分岐頃から段々と霧雨を感じ、稜線に出ると濃いガスと強い風に吹かれ、下山を始めるとはっきりとした雨粒になってきましたが、少し寒いながらも短い歩行ですので、レストハウスまでさっさと歩いてしまいました。

車に戻った後は、入浴と買い物のため一旦下界の蔵王温泉と上山市街に下りて再度トイレのあるリフトの駐車場まで登ってきて車中泊しました。
訪問者数:92人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ