ヤマレコ

記録ID: 1220754 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走支笏・洞爺

樽前山 山頂外周でスーパーマンに出会う。

日程 2017年08月11日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り、時々小雨、気温は低い。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
5・60台駐車可能な7合目登山口駐車場はほぼ満杯。相変わらず人気の山です。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間42分
休憩
41分
合計
3時間23分
S樽前山7合目登山口11:2812:11東山分岐12:20樽前山神社奥宮12:2412:49樽前山 西山ピーク13:2014:05932m峰方向分岐14:25932m峰14:3114:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

天然記念物の山頂の熔岩円頂丘 苫小牧で生まれ育ったので「ドーム」と呼んでいた。中学時代のお茶らけた友達は「天然危険物」と言っていた。この他にも色々なジョーク・物まね、冴えてるヤツだったなあ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天然記念物の山頂の熔岩円頂丘 苫小牧で生まれ育ったので「ドーム」と呼んでいた。中学時代のお茶らけた友達は「天然危険物」と言っていた。この他にも色々なジョーク・物まね、冴えてるヤツだったなあ。
1
7合目から登って山頂部外周を時計周りで歩き出す。小さな樽前山神社のお社のあたりから細かい雨が降り出してきた。
西山ピークがまだ遠い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目から登って山頂部外周を時計周りで歩き出す。小さな樽前山神社のお社のあたりから細かい雨が降り出してきた。
西山ピークがまだ遠い。
西山ピーク到着。風不死岳が大きく見える。ここから見るとニセピーク2ケがはっきり見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山ピーク到着。風不死岳が大きく見える。ここから見るとニセピーク2ケがはっきり見える。
西山ピークよりドーム・東山ピークを望む。どちらもてっぺんはガスがかかっている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山ピークよりドーム・東山ピークを望む。どちらもてっぺんはガスがかかっている。
1
花鳥風月には余り興味がないが珍しくきれいな色のコケ(?)と小さな花の取り合わせがいいなあと思い写真を写してみた。花を写すのは初めてのような気がする。
珍しいことをしたせいか、このすぐ後にスーパーマンのような人に出くわした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花鳥風月には余り興味がないが珍しくきれいな色のコケ(?)と小さな花の取り合わせがいいなあと思い写真を写してみた。花を写すのは初めてのような気がする。
珍しいことをしたせいか、このすぐ後にスーパーマンのような人に出くわした。
2
何度か登ろうとしたが未だに行っていない932峰に今日こそ登ろうと思う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度か登ろうとしたが未だに行っていない932峰に今日こそ登ろうと思う。
1
いよいよ932峰と向き合う。歩きにくそうに見えるが、さてどうなるか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ932峰と向き合う。歩きにくそうに見えるが、さてどうなるか。
932峰到着。風不死岳への分岐から思ったほど高低差は無かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
932峰到着。風不死岳への分岐から思ったほど高低差は無かった。
932峰ピークの風不死岳側にいかにもいけそうな道があるが、トラロープでとうせんぼされている。もしかしたらこれは、しばらく前に勝手に登山道を作って書類送検された変な・困ったおじさんの作品だろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
932峰ピークの風不死岳側にいかにもいけそうな道があるが、トラロープでとうせんぼされている。もしかしたらこれは、しばらく前に勝手に登山道を作って書類送検された変な・困ったおじさんの作品だろうか?
さて932から東峰に行こうと歩き始めようとした時、東峰方面の雲が厚くなっていて降り続いている雨も強くなってきた。ということで東峰はパスして7合目登山口に戻ることにする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて932から東峰に行こうと歩き始めようとした時、東峰方面の雲が厚くなっていて降り続いている雨も強くなってきた。ということで東峰はパスして7合目登山口に戻ることにする。
932を下り出してすぐ見覚えのある人がグングン登って来るのが見える。西山ピークで別れ自分とは逆回りで外周を回るスーパーマンさんではないか! ざっと計算すると自分の2倍くらいの速さでここまでやってきたようだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
932を下り出してすぐ見覚えのある人がグングン登って来るのが見える。西山ピークで別れ自分とは逆回りで外周を回るスーパーマンさんではないか! ざっと計算すると自分の2倍くらいの速さでここまでやってきたようだ。
2
全く疲れた様子のないスーパーマンさんとすれ違った時にお互いの無事の下山をと声を掛け合う。こうして見るとザックを下げて背負っている。重たい荷物がない、走り・早歩き主体の登山にはこれが適しているのだろうか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
全く疲れた様子のないスーパーマンさんとすれ違った時にお互いの無事の下山をと声を掛け合う。こうして見るとザックを下げて背負っている。重たい荷物がない、走り・早歩き主体の登山にはこれが適しているのだろうか。

感想/記録
by k163

 先月末羊蹄に登った後、体調不良や用事・悪天候で山に行けず結構登山意欲が溜まっていた。しかしどの山も天気が良くなさそうなので札幌から行きやすい、登山道がほぼガレているので多少雨が降ってもズボンが濡れにくい樽前山に行くことにした。雨にならなければ、もしくは多少の雨でも外周を一周するつもりで。
 駐車場はほぼ満杯だが、遅い時間にスタートしたので静かな山行になるなあと思いながら登り始めると山頂外周の樽前山神社の手前あたりから小雨が降り出し、少し冷たい風も出て来た。とても8月とは思えない。でも北海道の夏の寒冷地苫小牧だからこれは当たり前かな。

 すこすこ歩いて、余り雨に濡れたくないので緩い下りは早歩き・小走りで西山ピークに付き、ここでタバコ・行動食タイム、柄にもなく花の写真なんぞを写したりして眺望を楽しんでいると、登山道と反対側の斜面(太平洋の方から)若くて筋骨たくましげなソロの男性がグングンと登って来るのが見えて驚く。目が合うと挨拶してくれて写真撮ってくださいと言われた。
 どこから来たんですかと聞くと、案の定、樽前ガロウのあたりから2時間くらいで来たとのこと、以前樽前ガロウ方面の海岸からスタートしてこの樽前西山へ登った人の記録をネットで見たことがあるが相当な時間がかかっているハズ。それを2時間で疲れた様子は全くなしでとは、、、恐れ入りました。思わずスーパーマンですねと言ってしまう。
 彼のタブレットを受取り山頂標識のそばに立つ写真を何枚か撮りながら話をしていると「ヤマレコ」をやっている、逆立ちした写真で・・・と言うので今まで見たヤマレコの記事で何か思い当たるものがあったのでユーザー名を聞いておいた。

 このレコを書く前にこの方shimachan-さんのプロフィールを見させてもらうとその凄いこと、登山もさることながら、市民ランナーのグランドスラム達成(フルマラソンサブスリー、ウルトラマラソンサブテン、富士登山競走完走)、詳しくはわからないが多分これが出来る人は道内でもそんなにいないと思う。
 プロフィールの冒頭にマラソンの体力作りで登山を始めたと書いてあったが、この調子でマラソン、トレラン、登山を続けていったら凄いことになるだろうなと思う。多分彼の登山についてはヤマレコに掲載されていくだろうから、それを見させてもらうのもこれからの楽しみになると思う。嬉しいことである。

 さて自分の樽前山行の後半は、初めて932峰に登って妙な登山道チックなものを見てしまったり、雨足が強くなってなってきたので東山ピークには行かずに小走りで途中コケることもなく無事にスタート地点に戻った。早歩きや小走りをしたので自分としては相当早いペースの周回だった。来月末には新潟や東北の山旅に出るが、その時期には日没がどんどん早まることへの対応として、下山の速度をコケない程度に早くする練習をこれからも続けようと思う。
 




訪問者数:209人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ