ヤマレコ

記録ID: 1226511 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

台風5号のバカやろぉ でもって大池巡り(白馬大池・風吹大池・白池)

日程 2017年08月09日(水) [日帰り]
メンバー
天候ガス・霧雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蓮華温泉駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
53分
合計
9時間11分
S蓮華温泉06:5007:55天狗ノ庭08:0010:15白馬大池山荘10:2510:47乗鞍岳10:5511:17風吹大池方面分岐11:2011:23山ノ神尾根方面分岐11:3512:45フスブリ山12:5013:20風吹山荘13:3016:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蓮華温泉駐車場のトイレに登山届

天狗原分岐以後の湿原の木道は破損箇所や修理のために板が外されている場所がある。

風吹大池方面(千国揚尾根、笹目尾根)は、登山者が非常に少ないが、危険箇所はない。

風吹大池から笹目尾根にとっついて間もないフスブリ山トラバースの湿原に「底なしの水たまり(泥沼)」が多数ある。膝上までの泥沼が最低1箇所、膝下までの泥沼が最低2箇所はある。雨天時には要注意。

装備

備考 樹林帯の「傘」は有効でした。

写真

蓮華温泉駐車場 いつか使う日があるかも…
2017年08月09日 05:48撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉駐車場 いつか使う日があるかも…
蓮華温泉ロッジ ここもいつか使う日があるかも…
2017年08月09日 06:53撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉ロッジ ここもいつか使う日があるかも…
なかなか見事な案内図だと感じました
2017年08月09日 06:53撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか見事な案内図だと感じました
露天風呂案内 これもまたいつか使う日があるかも…
2017年08月09日 06:55撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露天風呂案内 これもまたいつか使う日があるかも…
エゾアジサイ 青と赤を撮ったつもりが…
2017年08月09日 06:58撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾアジサイ 青と赤を撮ったつもりが…
シナノオトギリ 今回初めて認識した植物
2017年08月09日 07:10撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シナノオトギリ 今回初めて認識した植物
雨粒は写ってないけど…
2017年08月09日 08:17撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨粒は写ってないけど…
タマガワホトトギス 数日前に知って、今回初めて認識した植物
2017年08月02日 10:38撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タマガワホトトギス 数日前に知って、今回初めて認識した植物
ソバナ ハクサンシャジンと区別が初めてついた 
2016年08月06日 13:30撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ソバナ ハクサンシャジンと区別が初めてついた 
気泡 大きさがそろってキレイでした
2017年08月09日 08:19撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気泡 大きさがそろってキレイでした
シモツケソウ 好きな植物best3
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シモツケソウ 好きな植物best3
栂ノ森だと思われる場所
2017年08月09日 08:22撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂ノ森だと思われる場所
1回目の青空と虹 2分で消滅
2017年08月09日 08:40撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1回目の青空と虹 2分で消滅
ミヤマナデシコ
2016年08月31日 07:31撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマナデシコ
コキンレイカ 今回初めて認識した植物
2017年08月09日 08:52撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コキンレイカ 今回初めて認識した植物
ミヤマコゴメグサ
2017年08月09日 08:52撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマコゴメグサ
天狗の庭 下部の標識
2017年08月09日 08:54撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の庭 下部の標識
強風でガスが吹き飛ばされ、2回目の眺望 雪倉岳?
2017年08月09日 08:55撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風でガスが吹き飛ばされ、2回目の眺望 雪倉岳?
天狗の庭 上部の標識 どっちが正しいのか?
2017年08月09日 08:57撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の庭 上部の標識 どっちが正しいのか?
3回目の眺望 雪倉岳?
2017年08月09日 09:12撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3回目の眺望 雪倉岳?
イワイチョウ
2010年08月22日 14:13撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワイチョウ
オオバミゾホウズキ 今回初めて認識した植物
2017年08月09日 09:13撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオバミゾホウズキ 今回初めて認識した植物
ウスバスミレ? 今回初めて認識した植物
2017年08月09日 09:14撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスバスミレ? 今回初めて認識した植物
ゴゼンタチバナ
2017年08月09日 09:20撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
やっと自分の写真を撮る余裕?
2017年08月09日 09:33撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと自分の写真を撮る余裕?
4回目の晴れ間
2017年08月09日 09:41撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4回目の晴れ間
2回目の青空 でも4分
2017年08月09日 09:45撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2回目の青空 でも4分
ハクサンイチゲ
2017年08月09日 10:09撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
コイワカガミ
2017年08月09日 10:10撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
エゾシオガマ
2017年08月09日 10:15撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エゾシオガマ
白馬大池に流れ込む小川
2017年08月09日 10:20撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池に流れ込む小川
白馬大池 結構あっけなく到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池 結構あっけなく到着
休みたいけど、日和りたくなるから先を急ぎます
2017年08月09日 10:23撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休みたいけど、日和りたくなるから先を急ぎます
白馬大池山荘 雪のないときは初めて
2017年08月09日 10:25撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池山荘 雪のないときは初めて
白馬乗鞍岳の登り ここだけがこんな道でした
2017年08月09日 10:32撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍岳の登り ここだけがこんな道でした
白馬乗鞍岳 今回の最高到達地点
2017年08月09日 10:47撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬乗鞍岳 今回の最高到達地点
ミヤマダイコンソウ
2010年08月22日 13:40撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ
山の神尾根分岐手前 誰もいない静かな湿原
2017年08月09日 11:17撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神尾根分岐手前 誰もいない静かな湿原
タテヤマリンドウ
2017年08月09日 11:17撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
ヒオウギアヤメ アヤメとカキツバタの見分け方が生きました
2017年08月09日 11:21撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒオウギアヤメ アヤメとカキツバタの見分け方が生きました
山の神尾根分岐 標識は倒れ、木道は破損しているところあり
2017年08月09日 11:23撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神尾根分岐 標識は倒れ、木道は破損しているところあり
木道修理のために板を外しているのでしょう
2017年08月09日 11:38撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道修理のために板を外しているのでしょう
千国揚尾根のナナカマド
2017年08月09日 11:42撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千国揚尾根のナナカマド
1つ目の「棒状標識」
2017年08月09日 11:45撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1つ目の「棒状標識」
3・4・5の3つしか見つけられなかった標識 一体どこを現しているのやら…
2017年08月09日 11:52撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3・4・5の3つしか見つけられなかった標識 一体どこを現しているのやら…
2つめの「棒状標識」 なぜか角が削られている 人為的か? それとも熊為的か?
2017年08月09日 12:13撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2つめの「棒状標識」 なぜか角が削られている 人為的か? それとも熊為的か?
フスブリ山付近 5回目の眺望 
2017年08月09日 12:55撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フスブリ山付近 5回目の眺望 
笹目尾根分岐
2017年08月09日 13:01撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹目尾根分岐
風吹天狗原 ここも静かな湿原でした
2017年08月09日 13:05撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹天狗原 ここも静かな湿原でした
風吹山荘 こじんまりとした魅力的な山小屋です
2017年08月09日 13:28撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹山荘 こじんまりとした魅力的な山小屋です
風吹大池 これ以後ガスと霧雨が続く
2017年08月09日 13:31撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹大池 これ以後ガスと霧雨が続く
木の根に滑りながら… 気力を振り絞って下降している中でのサルンコシカケ
2017年08月09日 14:46撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の根に滑りながら… 気力を振り絞って下降している中でのサルンコシカケ
風吹大池登山口 これから地獄のロード30分
2017年08月09日 15:35撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹大池登山口 これから地獄のロード30分
蓮華温泉駐車場 ヘロヘロになって帰還
2017年08月09日 16:02撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華温泉駐車場 ヘロヘロになって帰還
白池 名の通り真っ白で何も見えません
2017年08月09日 16:45撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白池 名の通り真っ白で何も見えません
白池の証
2017年08月09日 16:45撮影 by C6 , SANYO Electric Co.,Ltd.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白池の証
撮影機材:

感想/記録

 平成29年夏、日本列島の南で迷走する台風5号に悶々・イライラさせられた。太平洋高気圧から離れた場所で発生した台風5号を移動させる風が弱かったことと、複数の台風が接近しているとお互いの風が干渉することで動きが変わる現象で迷走し、
結果的に長寿を保って日本各地に大きな被害を残した。自分にも大きな被害をもたらした。それは「行こうか? やめようか?」を悩ませられたこと。そして、消滅まで山に行くと「決断できなかった」こと。とどめは、「台風一過の翌日の山行が悪天だった」こと。ここ数年、何日間も快晴が続くことは少ないが、今年ほど青空が拝めない夏はなかった。過去最悪である。よって、結論は… 台風5号のバカやろぉ!!

 7月30日(日)には準備を完了していた。ただ、天候がいただけない。気持ちも萎えてくる…。でもって1日延期を決め、2日順延を決め… 8月2日(水)は五竜岳につながる遠見尾根にとりついた。標高1300m付近からガスがまとわりつき… 気持ちは萎える一方。ふ〜、でもって… や〜めた。ヒマラヤ山系から移植した「青いケシ」や「シモツケソウ」を観察して下山した。唯一の収穫は、アヤメとカキツバタの「見分け方」を知ったことだった。
 それ以後も仕事を時々入れながら天候の回復を待つ。今年はトレーニング不足を実感しており、太ももも気のせいか細くなって… 不安要素が大きい。そこで、ここまで待ったら快晴の尾根歩きができれば… 日帰りだけでもでも… になり、最終的には「大池巡り日帰りコース:蓮華温泉〜白馬大池〜風吹大池〜蓮華温泉」に落ちついた。しかし… このルートは… 湿っている。
 結局、台風一過の8月9日(水)、雨の中を9時間歩いた。元々しめっている山域に雨は降り続いた。この山行で、「樹林帯で傘を差しながら歩くのは結構楽しい」こと、「低山の霧雨は冷たくない」ことがわかった。負け惜しみではない。

 8月9日(水)午前3時起床。この日しかないのでばっちり目が覚める。自宅を午前3時40分に出発し、新潟県の蓮華温泉をめざす。新潟県平岩から山道に入るが、標高1000mあたりからガスが雨に変わる。予定通りの午前5時30分に標高1500mの蓮華温泉駐車場に到着した。予定と違うのは、雨が降っていることだけだった。蓮華温泉駐車場で九州・福岡から来られた単独行の男性、栃木から来られた女性2人と今後の展望について話す。話している中で、日帰りならずぶ濡れになっても… と思え、出発を決めた。
 午前6時50分、白馬岳蓮華温泉ロッジ出発。カッパの下だけを着て上半身はタンクトップ、傘を差して歩き始める。カッパを装着した下半身が 暑い&蒸れる&濡れる。覚悟はしていたが、やはり30年物のカッパに防水性はなかった。最初の休憩でザックにしまった。お疲れ様でした。8時55分、強い風の中、天狗の庭(標高2000m)を通過する。時折青空が拝め、虹も間近に見ることができた。
 10時15分、けっこうあっけなく白馬大池(標高2400m)に到着し、小休止でそのまま白馬乗鞍岳を目指す。大きな岩の上を飛び乗りながら歩を進め、10時47分に白馬乗鞍岳(ケルン)に到着した。ちなみにここが今回の山行における最高地点となる。35年前の冬、白馬大池の上を歩き、小屋のそばに雪洞を掘り、数日間の沈殿を経てから白馬岳に登った記憶をムリヤリ引きずり出す。
 天狗原の手前でパトロール隊員と会い、風吹大池方面の情報を得る。「木道が壊れている」、「ほとんど人が通らない」、「ぬかるんでいる」etc. 結論は「十分注意して欲しい」とのこと。登りでもヘルメットを被って登山の安全を訴える方の言葉は重い。11時17分、天狗原を通過し、山の神尾根分岐の誰もいない湿原で腹を満たす。その後、靴紐を締め直してヘルメットを装着し、気合いを入れる。
 ワタスゲやタテヤマリンドウ、イワイチョウ、チングルマが咲き乱れる湿原を一人で歩く。なんとも贅沢… と思っていると、パトロール隊員が語るように木道の破損が目立ってくる。修理の途中なのだろうが、土台から板が外され、高山植物の上を歩かざるを得ないところもある。
 千国揚尾根は地面も柔らかく歩きやすい。…な〜んて思っていると… 水たまりの泥沼が連続する。泥の付いたビブラムは、木道に対して決定的に弱い。注意して歩いても滑る・滑る・滑る。泥沼に渡された木道(板)に乗ると転ばないまでも滑って… 泥沼に落ちる。泥沼→木道→滑って泥沼… の繰り返し。ほとんどアップダウンがないルートなので、晴れて、乾いてさえれば気持ちイイかもしれないのに…。標識が2種類あり、棒状の地面に埋められているものは「天狗原〜風吹大池:5辧廚1劼瓦箸防充┐靴討△辰凸鬚卜った。ただ… 角が同じように削られており、人為的な物か? それとも熊為的な物か? ちょっと気になった。もう一つひし形の看板標識があり、「3/13」「4/13」「5/13」の3枚は確認できた。見落としならいいが、何を現す標識か分からず、何の参考にもならなかった。笹目尾根分岐を通過し、13時16分、風吹大池(標高1770m)に到着した。池畔の風吹山荘はこぢんまりとした山小屋で、太陽光パネルが工夫して張られていた。
 ここから先の笹目尾根はオップダウンがほとんどない尾根歩きと300mの下りになる。ガスが巻き、霧雨が絶え間なく降り注ぐ。フスブリ山のトラバース道は湿原となっていて、登山道は水たまりの泥沼が連続していた。全身びしょ濡れ、靴の中も水が入り込んでいたので、泥沼なんて気にせず直進した。左足のある一歩が… 地面の感触がなく… 膝上まで沈み込んだ。恐るべし、底なし泥沼。木道の他にも恐ろしいものが潜んでいた。それからは泥沼を避けようとしたが全部回避することはできず… 「右足1回」と「左足1回」はくるぶしまではまった。35年前の地図には書かれていない笹目尾根の登山道は、ルートとして整備されているが、雨のときには難路となる。二度と歩くことはないだろうが…。
 15時00分、エネルギーチャージしてから300mを一気に下り、15時35分に風吹大池入口の車道に到着した。むき出しの木の根で滑って転びながらも、気持ちが切れないことを意識した。ここからアスファルトの車道を3辧30分歩いて、16時01分、蓮華温泉駐車場に帰還した。この道路の歩きが一番辛かったかもしれない。「乗っていきますか?」と声をかけられたら迷わず乗せてもらっただろうし、タクシーでも乗り込んだかもしれない。結果的には、天狗原からは誰とも会わなかった。ヤッパリ、そんなルートだったのだ。
 トレーニング不足は明らかだったが、コースタイム通りに9時間で歩き通すことができた。気分が乗らなかったら白馬大池から引き返す気持ちもあったけど、結果的に予定通り歩き切れたことがなんとも言えず嬉しい。新潟県は湿度が高いイメージがあったが、今回で確信に変わった。
 蓮華温泉にはもう一度必ず来る。そのときは栂海新道を日本海:親不知まで歩ききる。
訪問者数:78人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/9/24
投稿数: 12
2017/9/3 17:01
 また蓮華においでませ
kumahigeさま、初めまして。
ようこそ、蓮華〜大池〜風吹コースへ。
翌々日、私も蓮華ルート(バス停から直接)で行きましたが、人がほとんどいません。
判別つかない野生動物はいましたが。
人が溢れる北アルプスとは思えない過疎・・もとい秘境オブTHE秘境ルート。
靴はドロドロになり可哀そうでした。
バス停から蓮華までは遠いですね。
誰か拾ってくれないかな・・・と私もブツブツ言いながら行きました。
そうです、新潟は降雨量はんばないです。
長野に行くと、カラッとしていてとても隣県とは思えません。
湿っていてお肌には良いので、ぜひまた蓮華においでくださいませ。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ