また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1231188 全員に公開 ハイキング葛城高原・二上山

大和葛城山 テント泊(北尾根コース〜葛城山〜櫛羅の滝コース)

日程 2017年08月19日(土) 〜 2017年08月20日(日)
メンバー
 H47A(記録)
 yamahiker(記録)
, その他メンバー1人
天候ハレ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
葛城山ロープウェイ駐車場に停めました。1回1000円(2日にまたがっても1000円です)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間17分
休憩
2分
合計
3時間19分
S葛城登山口駅13:2714:20北尾根道の展望ベンチ15:05自然観察路分岐15:0715:54葛城山上駅16:46宿泊地
2日目
山行
1時間40分
休憩
8分
合計
1時間48分
葛城高原ロッジ09:1710:54葛城登山口駅11:0211:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<1日目>
13:20 ロープウェイ駐車場
13:30 獣除けゲート
13:35 北尾根コースへの分岐
15:05 ダイトレ合流
15:55 山頂周回路合流
16:05 葛城山キャンプ場 16:50
16:55 葛城山山頂 17:00
17:05 葛城高原ロッジ 17:40
17:45 葛城山キャンプ場

<2日目>
9:10 葛城山キャンプ場
9:20 つつじ園入口
9:25 櫛羅の滝コースへの分岐
10:05 崩落橋
10:15 二の滝への分岐
10:35 櫛羅の滝への分岐
10:40 櫛羅の滝
10:45 櫛羅の滝への分岐
10:50 北尾根コースへの分岐
10:55 獣除けゲート
11:00 ロープウェイ駐車場
コース状況/
危険箇所等
コースは特に危険箇所はないと思います。
道標もあって、注意して進めば道迷いもないかと思います。
北尾根コースは、今回の荷物のせいかもしれませんが、最初は割と急に感じられました。
下りの櫛羅の滝コースに向かう分岐は分かりにくいかもしれません。
櫛羅の滝コースは階段多めです。
キャンプ場は使用料220円+テント1張り500円でした。
到着が16時を過ぎてしまい白樺食堂は閉まってましたので、葛城高原ロッジで受付てもらいました。
テント泊だとロッジのお風呂を250円で利用できます。シャンプー、ボディソープ等あります。(もちろん利用、さっぱりしました)
その他周辺情報葛城山ロープウェイ駐車場から車で20分ほどの橿原ぽかぽか温泉で汗を流して、昼食も食べて帰りました。
土日祝日は730円、もちろんシャンプーやボディーソープはあります。
食事は定食を食べましたが、ご飯おかわり自由、美味しかったです。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ
備考 初めてテント泊装備を担いで登りましたが、体力不足を痛感しました(慣れるもんなんでしょうかね?)。
また、元々得意ではないのですが、パッキング技術についてもまだまだ再考の余地ありと思いました。

写真

「テント泊に行こう!」ということで盛り上がりました。
初のテント泊は練習としてキャンプ場があって、風呂もあり、ビールも買える大和葛城山という事になりました。
メンバはH隊長、yamahikerさん、そしてワタシの3名。
いつもより重い荷物を担ぎ、夢の山頂宴会(?)目指して出発!
2017年08月19日 13:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「テント泊に行こう!」ということで盛り上がりました。
初のテント泊は練習としてキャンプ場があって、風呂もあり、ビールも買える大和葛城山という事になりました。
メンバはH隊長、yamahikerさん、そしてワタシの3名。
いつもより重い荷物を担ぎ、夢の山頂宴会(?)目指して出発!
1
ロープウェイ乗り場。
色々夢を膨らませすぎたためか、荷物が重くて身体が軋みます。
ワタシは歩きだしてすぐのこの時点で既に汗ダルマ状態。
ロープウェイ乗り場:「いらっしゃいませ。7分ほどで山頂ですが、どうすか?」
我々:「ゼーッ、ゼーッ(汗)、乗りたいかもっ!」
2017年08月19日 13:28撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ乗り場。
色々夢を膨らませすぎたためか、荷物が重くて身体が軋みます。
ワタシは歩きだしてすぐのこの時点で既に汗ダルマ状態。
ロープウェイ乗り場:「いらっしゃいませ。7分ほどで山頂ですが、どうすか?」
我々:「ゼーッ、ゼーッ(汗)、乗りたいかもっ!」
我慢して、文明の利器は利用せず、自らの脚で山頂を目指します。
獣除けゲートをくぐって、いざ葛城山へ。
2017年08月19日 13:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我慢して、文明の利器は利用せず、自らの脚で山頂を目指します。
獣除けゲートをくぐって、いざ葛城山へ。
1
ロープウェイ:「行ってきまーす」
我々:「ゼーッ、ゼーッ(汗)、乗りたいかもっ!」
2017年08月19日 13:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ:「行ってきまーす」
我々:「ゼーッ、ゼーッ(汗)、乗りたいかもっ!」
2
コースを確認。(するふりをして休憩)
登りは、階段の多い櫛羅の滝コースを避けて、北尾根コースをチョイスしました。
2017年08月19日 13:31撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースを確認。(するふりをして休憩)
登りは、階段の多い櫛羅の滝コースを避けて、北尾根コースをチョイスしました。
北尾根コースへの分岐です。
道標:「ささ!北尾根コースはこっちでっせ!」
2017年08月19日 13:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根コースへの分岐です。
道標:「ささ!北尾根コースはこっちでっせ!」
えっ?この荷物担いでここ登るの?的な取付き。
気力を振り絞って(まだ始まったばかりですが)レッツゴー!
2017年08月19日 13:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっ?この荷物担いでここ登るの?的な取付き。
気力を振り絞って(まだ始まったばかりですが)レッツゴー!
1
なれない重さの荷物、軽い物は下、重いものを身体に近く上の方にとパッキングしましたが、上の方にし過ぎたのか、ややふらつきます。
ゆっくりと登っていきます。
2017年08月19日 13:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なれない重さの荷物、軽い物は下、重いものを身体に近く上の方にとパッキングしましたが、上の方にし過ぎたのか、ややふらつきます。
ゆっくりと登っていきます。
それほど狭くもない道なんですが、外付けしたマットは結構引っかかります。
慣れない重さなので、本当に登り切れるか心配になります。
2017年08月19日 13:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それほど狭くもない道なんですが、外付けしたマットは結構引っかかります。
慣れない重さなので、本当に登り切れるか心配になります。
ちょっと休もうという事で、ほどなく休憩に。
いつもはザックを下ろしませんが、今回はザックを下ろさないと休憩になりません。
いきなりガッツギアを補給しました。
2017年08月19日 14:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと休もうという事で、ほどなく休憩に。
いつもはザックを下ろしませんが、今回はザックを下ろさないと休憩になりません。
いきなりガッツギアを補給しました。
休憩を終えて再び登りだしますが、身体が登っていきません。
ちょっとした段差に苦しみながら少しずつ身体と荷物を持ち上げていきます。
2017年08月19日 14:24撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩を終えて再び登りだしますが、身体が登っていきません。
ちょっとした段差に苦しみながら少しずつ身体と荷物を持ち上げていきます。
なんとか少しでも楽にならないかと、肩ひもや腰ベルト、チェストバックル等、色々調整しつつ歩きますが、重いものは重いです。
これはたまらんとの事で、休憩適地でもないところで再び休憩。
本当に登っていけるのか、不安になります。
2017年08月19日 14:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか少しでも楽にならないかと、肩ひもや腰ベルト、チェストバックル等、色々調整しつつ歩きますが、重いものは重いです。
これはたまらんとの事で、休憩適地でもないところで再び休憩。
本当に登っていけるのか、不安になります。
歩き出しからおよそ1時間40分、なんとか少し平坦なところまで登ってきました。
2017年08月19日 14:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出しからおよそ1時間40分、なんとか少し平坦なところまで登ってきました。
1
ダイトレと合流します。
2017年08月19日 15:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレと合流します。
鬱蒼とした道になりました。足元がよく見えません。
この荷物で谷側に踏み外したら、バランスを立て直すことが難しく、滑落してしまいますので、気をつけて歩きます。
2017年08月19日 15:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鬱蒼とした道になりました。足元がよく見えません。
この荷物で谷側に踏み外したら、バランスを立て直すことが難しく、滑落してしまいますので、気をつけて歩きます。
沢が出てきました。
2017年08月19日 15:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢が出てきました。
既に滴り落ちるほどの汗を吸い込んだタオルを洗います。
ワタシ:「なん・と・か・・・生き・還る・かも・・・」(既に瀕死)
沢:「おえーっ!汗くさーっ!!」
2017年08月19日 15:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に滴り落ちるほどの汗を吸い込んだタオルを洗います。
ワタシ:「なん・と・か・・・生き・還る・かも・・・」(既に瀕死)
沢:「おえーっ!汗くさーっ!!」
一歩ずつ高度を勝ち取り、少しづつ積み上げて、ようやく頂上周回路に飛出しました。
2017年08月19日 15:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一歩ずつ高度を勝ち取り、少しづつ積み上げて、ようやく頂上周回路に飛出しました。
1
重さと高度障害(そらない)にやられ、霞む眼で道標を睨みます。
我々:「キャ・・・キャ・・・キャンプ・ジョウ・ハ・・・」
道標:「ひっ!葛城山山頂はあちらでおますっ!」
2017年08月19日 15:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重さと高度障害(そらない)にやられ、霞む眼で道標を睨みます。
我々:「キャ・・・キャ・・・キャンプ・ジョウ・ハ・・・」
道標:「ひっ!葛城山山頂はあちらでおますっ!」
山頂方面に向けて歩を進めます。
この時点で15:55を過ぎて、キャンプ場受付の白樺食堂の営業時間の16時には、遅刻確定。
(16時を過ぎると、葛城高原ロッジで受付です)
2017年08月19日 15:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面に向けて歩を進めます。
この時点で15:55を過ぎて、キャンプ場受付の白樺食堂の営業時間の16時には、遅刻確定。
(16時を過ぎると、葛城高原ロッジで受付です)
白樺食堂の少し手前にキャンプ場の入り口を見つけました。
受付に行く前に、とりあえずこのクソ重い荷物を一旦下ろすべく、キャンプ場へ向かいます。
2017年08月19日 16:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺食堂の少し手前にキャンプ場の入り口を見つけました。
受付に行く前に、とりあえずこのクソ重い荷物を一旦下ろすべく、キャンプ場へ向かいます。
すぐにキャンプ場。
デッキがいくつかあり、どこにするかを思案。
どのデッキもそれなりに傷んでいて、状態のいいデッキは限られます。
直射日光を避けれる樹林帯の中にもデッキがありましたが、傷みがひどいのか、立ち入り禁止のロープが張られていました。
2017年08月19日 16:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにキャンプ場。
デッキがいくつかあり、どこにするかを思案。
どのデッキもそれなりに傷んでいて、状態のいいデッキは限られます。
直射日光を避けれる樹林帯の中にもデッキがありましたが、傷みがひどいのか、立ち入り禁止のロープが張られていました。
1
使用料は事前の調査では利用料とテント持込料で1200円ほどかかると思っていましたが、持込料が500円と、少し料金が下がっていました。
テントサイトにも水道はありますが、そのまま飲むには適さない様です。飲料水は白樺食堂か葛城高原ロッジで分けてもらえます。
2017年08月19日 16:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
使用料は事前の調査では利用料とテント持込料で1200円ほどかかると思っていましたが、持込料が500円と、少し料金が下がっていました。
テントサイトにも水道はありますが、そのまま飲むには適さない様です。飲料水は白樺食堂か葛城高原ロッジで分けてもらえます。
こちら、高級住宅街方面。
結局、受付に行く前にテントも張ってしまいました。
H隊長は天下のアライ・エアライズ1、yamahikerさんは好日山荘MGP2と、いずれも高級住宅。
高級住宅を担ぎ上げたザックは、H隊長はワタシも当初狙っていたアコンカグア、yamahikerさんはグレゴリー。
2017年08月19日 16:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちら、高級住宅街方面。
結局、受付に行く前にテントも張ってしまいました。
H隊長は天下のアライ・エアライズ1、yamahikerさんは好日山荘MGP2と、いずれも高級住宅。
高級住宅を担ぎ上げたザックは、H隊長はワタシも当初狙っていたアコンカグア、yamahikerさんはグレゴリー。
1
で、我が家。中華製激安テント。
さんざん悩んで数年前に購入、側面に割と大きな中国語で「飛拓!」とか書かれている事は、商品が届くまで全く知りませんでした。
一度家の中で試し張りしたのみで、今日の出番を待ち続けていました。
ショッキング映像なので、心臓の悪い方のためにモザイクをかけときます。
2017年08月19日 16:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、我が家。中華製激安テント。
さんざん悩んで数年前に購入、側面に割と大きな中国語で「飛拓!」とか書かれている事は、商品が届くまで全く知りませんでした。
一度家の中で試し張りしたのみで、今日の出番を待ち続けていました。
ショッキング映像なので、心臓の悪い方のためにモザイクをかけときます。
うそです。
ワタシ:「モザイクオープン!出でよっ!我が家っ!」
激安中華テント:「どーんっ!」
激安な我が家。
グランドシートが少しはみ出していたり、テントロープの処理が超いい加減なところは、今晩の天候等を考慮して見て見ぬふりとすることに。(ちゃんと張ってください)
ちなみに、いるもん・いらんもん一杯詰め込んで、肩紐ギシギシいわしながら担いできたザックも、ワタシは超激安中華製。
なんとか肩紐ちぎれることなく荷物を担ぎ上げることができました。
2017年08月19日 16:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うそです。
ワタシ:「モザイクオープン!出でよっ!我が家っ!」
激安中華テント:「どーんっ!」
激安な我が家。
グランドシートが少しはみ出していたり、テントロープの処理が超いい加減なところは、今晩の天候等を考慮して見て見ぬふりとすることに。(ちゃんと張ってください)
ちなみに、いるもん・いらんもん一杯詰め込んで、肩紐ギシギシいわしながら担いできたザックも、ワタシは超激安中華製。
なんとか肩紐ちぎれることなく荷物を担ぎ上げることができました。
苦労して担ぎ上げたビール(もちろん第3ですが...)を飲みながら慣れない手つきで中華安テントを張りました。
1本目は焼け石に水を掛けた様に瞬時に蒸発。2本も飲んでしまいました。
2017年08月19日 16:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苦労して担ぎ上げたビール(もちろん第3ですが...)を飲みながら慣れない手つきで中華安テントを張りました。
1本目は焼け石に水を掛けた様に瞬時に蒸発。2本も飲んでしまいました。
1
キャンプ場利用者は250円でロッジの風呂に入れるという事で、着替えを持って、いざ受付へ。
キャンプ場すぐの白樺食堂は既に閉店。葛城高原ロッジに向かいます。
ちなみに、白樺食堂の外の自販機にはビールはありませんでした。
(白樺食堂閉店後はロッジに行けばビールが手に入ります)
2017年08月19日 16:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場利用者は250円でロッジの風呂に入れるという事で、着替えを持って、いざ受付へ。
キャンプ場すぐの白樺食堂は既に閉店。葛城高原ロッジに向かいます。
ちなみに、白樺食堂の外の自販機にはビールはありませんでした。
(白樺食堂閉店後はロッジに行けばビールが手に入ります)
ロッジに行く前に山頂に立ち寄りました。
2017年08月19日 16:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジに行く前に山頂に立ち寄りました。
誰もいない葛城山山頂。
ジョジョ立ちを決めながらモニュメントに向かうH隊長。
2017年08月19日 16:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない葛城山山頂。
ジョジョ立ちを決めながらモニュメントに向かうH隊長。
1
山頂からの眺め。海が見えます。
本日はお天気に恵まれました。
2017年08月19日 16:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からの眺め。海が見えます。
本日はお天気に恵まれました。
3
お約束で三角点(らしきもの)にタッチ。
2017年08月19日 16:56撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お約束で三角点(らしきもの)にタッチ。
1
すぐ隣にあったもう一つの三角点(らしきもの)にもタッチ。
2017年08月19日 16:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ隣にあったもう一つの三角点(らしきもの)にもタッチ。
1
セルフタイマーで3人で記念撮影しました。
逆光で何も見えません。
2017年08月19日 16:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セルフタイマーで3人で記念撮影しました。
逆光で何も見えません。
3
モニュメントを囲むT隊員とH隊長。
2017年08月19日 17:00撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モニュメントを囲むT隊員とH隊長。
2
ひととおり山頂を堪能し、葛城高原ロッジへ。
キャンプ場の受付をし、お風呂に入っている間に、それぞれ持ってきた入れ物に飲料水も入れてもらいました。
9時過ぎまで開いているので、それまではビールが買えます。
(350mlスーパードライ400円で販売してました)
2017年08月19日 17:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひととおり山頂を堪能し、葛城高原ロッジへ。
キャンプ場の受付をし、お風呂に入っている間に、それぞれ持ってきた入れ物に飲料水も入れてもらいました。
9時過ぎまで開いているので、それまではビールが買えます。
(350mlスーパードライ400円で販売してました)
お風呂でさっぱり汗を流して、キャンプ場に戻ります。
2017年08月19日 17:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂でさっぱり汗を流して、キャンプ場に戻ります。
白樺食堂すぐのトイレ。
非常に綺麗です。
2017年08月19日 17:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白樺食堂すぐのトイレ。
非常に綺麗です。
トイレのそばにいた防災リス。
ワタシ:「国営とか書いてますが、ひょっとして公務員さんですか」
防災リス:「ただの防災リスです」
2017年08月19日 17:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレのそばにいた防災リス。
ワタシ:「国営とか書いてますが、ひょっとして公務員さんですか」
防災リス:「ただの防災リスです」
もう一匹リスがいました。
巨大リス:「実は私は公務員なんです」
ワタシ:「へーっ!」
巨大リス:「うそ」
2017年08月19日 17:43撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一匹リスがいました。
巨大リス:「実は私は公務員なんです」
ワタシ:「へーっ!」
巨大リス:「うそ」
H隊長がトイレで軽量化に励む間に白樺食堂の展望テラスへ。
ワタシは葛城山は2度目。
前回は健脚K隊長(現在ヨーロッパに駐在中)とこれまた健脚のtyatakeさん(現在信州に派遣中)と3人で屯鶴峯からダイトレをたどって金剛山まで縦走したのですが、ここでサイダーを飲んで生き返った覚えがあります。
2017年08月19日 17:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
H隊長がトイレで軽量化に励む間に白樺食堂の展望テラスへ。
ワタシは葛城山は2度目。
前回は健脚K隊長(現在ヨーロッパに駐在中)とこれまた健脚のtyatakeさん(現在信州に派遣中)と3人で屯鶴峯からダイトレをたどって金剛山まで縦走したのですが、ここでサイダーを飲んで生き返った覚えがあります。
素晴らしい眺めです。
2017年08月19日 17:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺めです。
1
キャンプ場に戻って、いよいよお待ちかねの夕食タイム。
2017年08月19日 18:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンプ場に戻って、いよいよお待ちかねの夕食タイム。
2
それぞれ持ち寄った食材を囲んで楽しい宴会。(夕食だったんではなかったのか?)
今回は山頂で入手できるのに、ついついアルコール関係を沢山持ってきてしまいました(重荷となった主要因です)。
H隊長がビール6本・コンビニ氷2袋・湿りもの食材多数、ワタシがビール6本・ペットボトルワイン1本、乾きもの、湿りもの少々、yamahikerさんがビール4本・ペットボトルに移し替えたウイスキー1本・氷・湿りものや数日前に釣り上げたイカ等、豪華食材多数。(結局山頂では1本も買い足しませんでした)
いやいや、楽しかった。
2017年08月19日 20:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それぞれ持ち寄った食材を囲んで楽しい宴会。(夕食だったんではなかったのか?)
今回は山頂で入手できるのに、ついついアルコール関係を沢山持ってきてしまいました(重荷となった主要因です)。
H隊長がビール6本・コンビニ氷2袋・湿りもの食材多数、ワタシがビール6本・ペットボトルワイン1本、乾きもの、湿りもの少々、yamahikerさんがビール4本・ペットボトルに移し替えたウイスキー1本・氷・湿りものや数日前に釣り上げたイカ等、豪華食材多数。(結局山頂では1本も買い足しませんでした)
いやいや、楽しかった。
2
せっかくなんでという事で、夜の葛城山頂へも行ってみます。
夜の白樺食堂。
何度も言うようですが、自販機にビールはありませんでした。
2017年08月19日 21:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなんでという事で、夜の葛城山頂へも行ってみます。
夜の白樺食堂。
何度も言うようですが、自販機にビールはありませんでした。
そして葛城山山頂。
2017年08月19日 21:16撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして葛城山山頂。
3
涼しくて夜景が綺麗です。
「おっさん3人で」というところが非常に残念ですが、心行くまで夜の山頂を満喫しました。
2017年08月19日 21:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しくて夜景が綺麗です。
「おっさん3人で」というところが非常に残念ですが、心行くまで夜の山頂を満喫しました。
2
翌朝。トイレに行くついでに山頂を目指します。
日の出は睡眠欲に負けて(飲み過ぎ?)スルーしてしまいました。
2017年08月20日 06:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。トイレに行くついでに山頂を目指します。
日の出は睡眠欲に負けて(飲み過ぎ?)スルーしてしまいました。
2
モニュメント。
ザ・葛城山。
2017年08月20日 06:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モニュメント。
ザ・葛城山。
2
本日も天候は大丈夫そうです。
2017年08月20日 06:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日も天候は大丈夫そうです。
1
いくつかあった今回のテント泊練習地の一つ、金剛山が見えます。
金剛山:「来はります?」
ワタシ:「また今度お邪魔します」
2017年08月20日 06:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いくつかあった今回のテント泊練習地の一つ、金剛山が見えます。
金剛山:「来はります?」
ワタシ:「また今度お邪魔します」
3
朝食はH隊長が持ってきてくれたパンや、yamahikerさんのトッポギ等で腹ごしらえ。H隊長謹製のおいしいコーヒーもいただきました(美味しくて2杯いただいてしまいました)。
ゴミ等、忘れ物ない様にテントを撤収。
2017年08月20日 09:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食はH隊長が持ってきてくれたパンや、yamahikerさんのトッポギ等で腹ごしらえ。H隊長謹製のおいしいコーヒーもいただきました(美味しくて2杯いただいてしまいました)。
ゴミ等、忘れ物ない様にテントを撤収。
1
一晩お世話になったデッキ。
結構傷んでいて、穴が開いてたりしました。
少し危ないので、できれば補修していただければと思いました。
2017年08月20日 09:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一晩お世話になったデッキ。
結構傷んでいて、穴が開いてたりしました。
少し危ないので、できれば補修していただければと思いました。
お世話になったキャンプ場を後にして下山に掛かります。
我々:「グッバイ青春」
キャンプ場:「また会う日まで」
2017年08月20日 09:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になったキャンプ場を後にして下山に掛かります。
我々:「グッバイ青春」
キャンプ場:「また会う日まで」
1
下山は櫛羅の滝コースですが、ぐるっと回ってつつじ園の方から下りることに。
2017年08月20日 09:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山は櫛羅の滝コースですが、ぐるっと回ってつつじ園の方から下りることに。
ダイトレを辿って見晴らしのいいつつじ園へ。
アルコールや食材を消費してザックはずいぶん軽くなりました。
2017年08月20日 09:19撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイトレを辿って見晴らしのいいつつじ園へ。
アルコールや食材を消費してザックはずいぶん軽くなりました。
この道がダイトレである証し。
石碑:「ダイヤモンドトレール」
ワタシ:「ダイヤモンドが取れるだってっ!?」
石碑:「だまれおっさん」
2017年08月20日 09:21撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道がダイトレである証し。
石碑:「ダイヤモンドトレール」
ワタシ:「ダイヤモンドが取れるだってっ!?」
石碑:「だまれおっさん」
つつじの季節には満開のつつじと人でいっぱいになるであろうつつじ園を下っていきます。
2017年08月20日 09:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つつじの季節には満開のつつじと人でいっぱいになるであろうつつじ園を下っていきます。
1
櫛羅の滝に向かう分岐です。
パッと見、全然わかりませんが、携帯GPSと、以前今回のルートを辿っているyamahikerさんの記憶をもとに発見。
(よかった、よかった)
2017年08月20日 09:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛羅の滝に向かう分岐です。
パッと見、全然わかりませんが、携帯GPSと、以前今回のルートを辿っているyamahikerさんの記憶をもとに発見。
(よかった、よかった)
分岐はこの道標の対面にありました。
2017年08月20日 09:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐はこの道標の対面にありました。
1
櫛羅の滝コースを目指して鬱蒼とした枝道に突っ込みます。
2017年08月20日 09:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛羅の滝コースを目指して鬱蒼とした枝道に突っ込みます。
少し進むと道らしくなってきまして、もう少し進むとちょっとええ道に合流しました。
2017年08月20日 09:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し進むと道らしくなってきまして、もう少し進むとちょっとええ道に合流しました。
1
朝の木漏れ日の中を進んでいきます。
2017年08月20日 09:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の木漏れ日の中を進んでいきます。
小さな橋を渡ります。
2017年08月20日 09:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな橋を渡ります。
沢沿いになった道を進んでいきます。
本日もお天気に恵まれました。
2017年08月20日 09:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いになった道を進んでいきます。
本日もお天気に恵まれました。
櫛羅の滝コースに入ってから、いくつか橋がありましたが、どの橋も結構腐食が進んでいて、まだ大丈夫そうではありましたが、足の置き場に気を使いました。
2017年08月20日 09:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛羅の滝コースに入ってから、いくつか橋がありましたが、どの橋も結構腐食が進んでいて、まだ大丈夫そうではありましたが、足の置き場に気を使いました。
1
櫛羅の滝コースには階段が結構ありました。
2017年08月20日 09:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛羅の滝コースには階段が結構ありました。
階段の中には、ステップの木の周りの土がだいぶ流れてしまって、ハードルのようになってしまっているところもありました。
2017年08月20日 09:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段の中には、ステップの木の周りの土がだいぶ流れてしまって、ハードルのようになってしまっているところもありました。
1
ちょっと平らになったところで休憩。
本日分のガッツギアを放り込みます。
2017年08月20日 09:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと平らになったところで休憩。
本日分のガッツギアを放り込みます。
1
どんどん下っていきます。
2017年08月20日 09:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんどん下っていきます。
濡れたら非常に滑りそうな橋もありました。
慎重に通過。
2017年08月20日 09:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
濡れたら非常に滑りそうな橋もありました。
慎重に通過。
崩落した橋の横を通過。
2017年08月20日 10:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落した橋の横を通過。
1
ええ感じの道が続きます。
2017年08月20日 10:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ええ感じの道が続きます。
二の滝分岐ポイントでしばし休憩。
2017年08月20日 10:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の滝分岐ポイントでしばし休憩。
二の滝方面は通行止めになっていました。
2017年08月20日 10:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二の滝方面は通行止めになっていました。
階段をどんどん下りていきます。
結構段差の大きな階段も多く、脚にきます。
2017年08月20日 10:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段をどんどん下りていきます。
結構段差の大きな階段も多く、脚にきます。
櫛羅の滝への分岐までやってきました。
2017年08月20日 10:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛羅の滝への分岐までやってきました。
せっかくなんで、櫛羅の滝を見ていくことに。
石畳の道が濡れていて、非常に滑りそう。慎重に進みます。
2017年08月20日 10:36撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなんで、櫛羅の滝を見ていくことに。
石畳の道が濡れていて、非常に滑りそう。慎重に進みます。
櫛羅の滝は分岐からすぐです。
ここで少し休憩。
前日からの疲れ、本日の疲れ、昨晩の飲み疲れを引きずる皆は櫛羅の滝には眼もくれず、それぞれ虚ろな表情で虚空を睨みます。
(うそです。ちゃんと櫛羅の滝をめでてました)
2017年08月20日 10:37撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛羅の滝は分岐からすぐです。
ここで少し休憩。
前日からの疲れ、本日の疲れ、昨晩の飲み疲れを引きずる皆は櫛羅の滝には眼もくれず、それぞれ虚ろな表情で虚空を睨みます。
(うそです。ちゃんと櫛羅の滝をめでてました)
1
櫛羅の滝:「どうだーっ!」
ワタシ:「涼しいーっ!」
下りでも汗まみれになったタオルをリフレッシュさせてもらいました。
2017年08月20日 10:38撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
櫛羅の滝:「どうだーっ!」
ワタシ:「涼しいーっ!」
下りでも汗まみれになったタオルをリフレッシュさせてもらいました。
3
滝の傍らに白龍大神の石碑がありました。
石碑:「そなた、今そこで汗まみれのタオルを洗いはしなかったか?」
ワタシ:「してません」
(うそです。洗い流しました。ごめんなさい)
2017年08月20日 10:40撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の傍らに白龍大神の石碑がありました。
石碑:「そなた、今そこで汗まみれのタオルを洗いはしなかったか?」
ワタシ:「してません」
(うそです。洗い流しました。ごめんなさい)
分岐に戻ります。
滑ってくれと言わんばかりの石畳道を慎重に戻ります。
2017年08月20日 10:42撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻ります。
滑ってくれと言わんばかりの石畳道を慎重に戻ります。
そしてようやく北尾根分岐まで戻ってきました!
2017年08月20日 10:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてようやく北尾根分岐まで戻ってきました!
北尾根文を見上げて。
思い出すだけでゲー吐きそうです。
北尾根コース:「もう一周する?」
超人のH隊長がもう一周行きそうになりましたが、yamahikerさんとワタシの苦笑いで阻止しました。
2017年08月20日 10:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北尾根文を見上げて。
思い出すだけでゲー吐きそうです。
北尾根コース:「もう一周する?」
超人のH隊長がもう一周行きそうになりましたが、yamahikerさんとワタシの苦笑いで阻止しました。
ロープウェイのロープ、それに、外科医、いや、下界が見えてきました。
ブラックジャック:「ようこそ」
ピノコ:「あっちょんぶりけ」
(うそです。外科医はいませんでした)
2017年08月20日 10:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイのロープ、それに、外科医、いや、下界が見えてきました。
ブラックジャック:「ようこそ」
ピノコ:「あっちょんぶりけ」
(うそです。外科医はいませんでした)
1
獣除けゲートをくぐって脱走。いや、生還。
2017年08月20日 10:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
獣除けゲートをくぐって脱走。いや、生還。
1
ここまで来れば駐車場はすぐですが、ロープウェイ乗り場で休憩。
キリンレモンを一気飲み。(炭酸まいうーっ)
2017年08月20日 10:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来れば駐車場はすぐですが、ロープウェイ乗り場で休憩。
キリンレモンを一気飲み。(炭酸まいうーっ)
1
人心地ついて駐車場を目指します。
下界が見えます。
ブラックジャック:「あっちょんぶりけ」
ピノコ:「ちぇんちぇー、もうええって!」
ワタシ:「あんたら誰?」
2017年08月20日 11:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人心地ついて駐車場を目指します。
下界が見えます。
ブラックジャック:「あっちょんぶりけ」
ピノコ:「ちぇんちぇー、もうええって!」
ワタシ:「あんたら誰?」
無事に駐車場まで帰ってきました。
おつかれさまでした。
2017年08月20日 11:05撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事に駐車場まで帰ってきました。
おつかれさまでした。
1
<おまけ>
葛城山ロープウェイ駐車場から少し走ってお風呂を目指しました。
橿原ボコボコ温泉でフルボッコにされました。
もとい、橿原ぽかぽか温泉で汗を流しました。
お風呂も空いていてゆっくりできました。レストランも広々としていて空いていたので、食事して帰りました。
ゆっくりできてよかったです。
2017年08月20日 12:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
<おまけ>
葛城山ロープウェイ駐車場から少し走ってお風呂を目指しました。
橿原ボコボコ温泉でフルボッコにされました。
もとい、橿原ぽかぽか温泉で汗を流しました。
お風呂も空いていてゆっくりできました。レストランも広々としていて空いていたので、食事して帰りました。
ゆっくりできてよかったです。
2
撮影機材:

感想/記録
by H47A

話せば長くなります。今回のテント泊に至る経緯は後ろに書きます。

日程を8/19〜20に再設定、ようやくお天気に恵まれてテント泊の練習として葛城山に向かいました。

初めてのテント泊という事で、それぞれ憧れの山食を充実したものとすべく持ち物も多くなり、皆20〜22kgほど担ぐことになりました。こんな重量は初めてだったので、登りはいまだかつて味わったことのないほどしんどかったです。
山頂到着後はロッジで入浴、さっぱりしてから、充実した食事で存分に初テント泊を楽しみました。騒いだりはしてませんが、ひょっとしたら他のキャンパーの方の夜タイムにご迷惑だったかもしれません。(ごめんなさい)
翌日は日の出も見ずに爆睡、暑がりのワタシはシュラフ等全くなしで朝まで快眠できました。
明けて翌日。明らかに飲み過ぎてしんどいのですが、撤収して下るだけ。登りに比べて相当重量は減ってかなり楽になりましたが、それでも歩いていると、結構疲労蓄積していて、最初は」「これぐらいならなんとかなる!」と思っていた荷物もどんどん重く感じられ、最後の方は足が痛くなりました。
(このあたりの問題はザックのフィッティングとかでだいぶ変わりそうですが)
なにわともあれ、憧れのテント泊に一歩踏み出せました。
今回の様な事ではテン泊縦走はとても無理なので、今度はもうちょっとビールの本数を減らしたりして持ち荷を調整し、いつかはテン泊縦走にチャレンジしたいと思います。

<<おまけ>>
実録:今回のテント泊に至るまでの経緯

7/末のある木曜日、会社を昼であがって、H隊長、H隊員、yamahikerさん、ワタシの4人で楽しみにしていた南アルプスに向けて出発しました。
高速に乗る前に昼食をという事で立ち寄った王将で危惧していた天候を再確認していると、曇りから雨、雨から雷と、どんどん悪くなってきているという事で、高速に乗る前に急遽キャンセルに(涙)。
「折角だからどこかに登りたい」
「金曜日の有給は取り消したくないっ」
「会社には行きたくない!」
「とにかくもう、学校や家には、帰りたくないぃぃぃ〜」(ん?)
という事で、天気予報とにらめっこし、雨が降らない予報の鈴鹿セブンに急遽行き先変更、宿も急遽抑えて一路四日市へ。
宿は素泊まり、食事と酒を買い込んで「明日は早いからそこそこで」と言いながらもそれなりに宴会して就寝。

さて!という事で翌朝の金曜日。
5時出発を目指して身支度し、準備万端で宿の玄関を開けると、マサカの土砂降り。
(この時点で全員の心がボキッ!と折れました)
「今からやったら会社の始業間に合うで」
「会社には行きたくないっ!」
「とにかくもう、学校や家には、帰りたくないぃぃぃ〜」(ん?)
「ドーハの悲劇っ!」(ん?ん?)
という事で、朝から開いてるオサレ温泉、アクアイグニスにゆっくり浸かって、結局どこにも登らず泣きながら京都に帰りました。

しかしその帰路、車中で「涸沢マッタリ テント泊」の話で盛り上がり、テント泊に行きたいねということになりました。
(南アルプス残酷物語ここまで < 話長過ぎ)

ドーハの悲劇?から1〜2週間、テント泊の盛り上がりは収束を見せず、好日のフェア等で全員テントと寝袋をゲット(ワタシは既に一年程前に激安中華テントをゲット済みでした)、「夏の休暇にテント泊の練習に行こう!」ということになりました。
永年勤続休暇もひっつけて超大型連休となるH隊員はでっかいどう(北海道です)の利尻岳に登頂すべく、テントを持って出かけていきました。
残されたH隊長、yamahikerさん、ワタシの3人は綿密な打ち合わせと称する飲み会であーでもない、こーでもないと悩みに悩んで葛城山キャンプ場にターゲットを設定、8/15〜16の予定で、これまたそれぞれゲットした大型ザックに物を詰めたり出したりを繰り返す日々をウキウキと重ねました。

が!、またまた天候不順で延期となりました。
(葛城山ドーハの悲劇ここまで < 長い、長いっ!)

以上、今回のテント泊に至るまでの経緯でした。
(ちなみにワタシはサッカー全然わかってません)

感想/記録

厳しい登りになりました。テント泊は初めてながらも必要な装備や食料を、それなりに厳選した結果のザック重量はちょうど20圈これまではせいぜい10圓世辰燭隼廚Δ版椶僚杜漫J發と頭でっかちなのか、ちょっとの事でよろけそうな状態。
今回は以前に登ったことのある葛城山なので、季節的に暑さが厳しいだろうが、
まぁ〜ゆっくり上がれば楽勝とか思ってましたが、ザックの重さがこれほど体力を奪っていくとは、想像を超える思いをしました。
北尾根ルートには2か所ほど展望ポイントがあったようですが、休憩時はザックを下して息を整えることに精一杯で、あまり景色を楽しむ余裕もありませんでした。
そんな調子で登りはエライ目にあいましたが、山頂では皆で美味しい食事やお酒を時間をかけて楽しみ、夜景や星空を眺めるナイトハイクなんかに出かけたりして、テント泊ならでは魅力を十分堪能しました。登りの辛さも「喉元過ぎれば・・・」でテント泊はやっぱ楽しいな〜次回に早く行きたいー笑。
訪問者数:185人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/21
投稿数: 5
2017/8/27 22:57
 ご無沙汰してます。
みんなでテント泊楽しそうですね!是非参加したいです。
しかし、20kgって重すぎやしませんか!?(笑)
登録日: 2013/3/5
投稿数: 16
2017/8/27 23:08
 Re: ご無沙汰してます。
テント泊の先輩!コメントありがとうございます(^_^)
夢が膨らみすぎて、テント泊宴会に焦点を当てすぎました。次回はもう少し軽くします。
また、パッキングのコツや持っていくビールの本数とか、いろいろ教えてください(^_^)
目指せ!テント泊縦走!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ