ヤマレコ

記録ID: 1232423 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

下界は夕方豪雨、鷹ノ巣山は?(鷹ノ巣山−石尾根−奥多摩駅)

日程 2017年08月19日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時雨時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
稲村岩尾根:JR青梅線奥多摩下車西東京バス東日原行終点下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間31分
休憩
22分
合計
6時間53分
S東日原バス停07:5508:50稲村岩分岐08:5110:36ヒルメシクイノタワ10:4111:08鷹ノ巣山11:1511:36水根山(金佐ノ頭)11:3711:53城山(奥多摩町)11:5411:58カラ沢ノ頭11:5912:38六ツ石山分岐12:3913:02三ノ木戸山分岐13:0313:17十二天山13:41越路ノ森(峰畑峠)13:4214:11石尾根縦走路・六ツ石山登山口14:1414:48奥多摩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所:特になし(三ノ木戸山ー奥多摩駅間の杉林の溝道など一部足場悪い)
その他周辺情報奥多摩駅:もえぎの湯

写真

萬寿の水 稲村岩尾根登山口近くにあり
2017年08月19日 08:02撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
萬寿の水 稲村岩尾根登山口近くにあり
稲村岩と稲村岩尾根
2017年08月19日 08:03撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村岩と稲村岩尾根
稲村岩取付前、さわやかな渓流
2017年08月19日 08:27撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稲村岩取付前、さわやかな渓流
赤や黄色のキノコがニョキニョキ(赤キノコは木の右側) 
2017年08月19日 09:08撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤や黄色のキノコがニョキニョキ(赤キノコは木の右側) 
幽玄なブナの森
2017年08月19日 09:48撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幽玄なブナの森
明るいブナの森
2017年08月19日 10:22撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るいブナの森
1
ヒルメシクイノタワで昼食
2017年08月19日 10:38撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒルメシクイノタワで昼食
鷹ノ巣山山頂
2017年08月19日 11:10撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山山頂
石尾根防火帯
2017年08月19日 11:23撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根防火帯
お先真っ白
2017年08月19日 12:46撮影 by PENTAX K-1 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お先真っ白

感想/記録

○ ブナ林を登る稲村岩尾根は好きなルートである。ブナだけでなく、巨木が多い。
○ 稲村岩取付までの沢の景色は美しい。
○ 雨は降ったが樹林帯にいたこともあり、雨具に着替えるほど降られなかった。ガスが濃く、殆ど視界が利かない時間もあった。
○ 大雨予報のせいか、登山者は少なかった。川苔山の川苔谷登山道は崩壊したとのことで通行止。ウスバ林道方面に向かう登山者が川乗橋で降りていった。
○ 大雨の予報だったので冷や冷やしたが、登山中は事なきを得た。帰りに乗った西武線は大雨に降られた。西武立川から風雨が強まり、小平・田無は前が見えないぐらい降った。山であれば登山道は沢になり、黄土が滑りやすく、沢は渡れず危険だっただろう。
訪問者数:118人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 林道 ブナ タワ 防火帯 渓流 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ