また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1234060 全員に公開 ハイキング鳥海山

鳥海山(山形・秋田県境)鉾立から往復

日程 2017年08月18日(金) [日帰り]
メンバー
天候くもり、下りの途中で少しだけ雨、場所によって風強かった。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鉾立の駐車場まで、マイカーで行きました。
鉾立山荘の脇にトイレがありましたが、登山者は山荘から少し離れたところに駐車するよう、案内板がありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間23分
休憩
18分
合計
7時間41分
S鉾立05:1006:05賽の河原06:30御浜小屋06:3506:47御田ヶ原07:12七五三掛08:18御室08:37鳥海山09:02御室09:21七高山09:2410:15文珠岳10:42七五三掛11:12御田ヶ原11:26御浜小屋11:48賽の河原11:5812:51鉾立12:51ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全体的には、よく整備され、特に危険箇所はないと思います。
鉾立から御浜までは、ほとんどが石畳状態に整備された道でした。
千蛇谷コースは、途中2箇所雪の上を歩きましたが、傾斜が緩いので問題ありませんでした。
新山へ登るコースは、白いペンキのマークに従って、大き目の岩を縫うように、手も使いながら進みました。
千蛇谷コースや外輪コースの途中では、草木が登山道に覆いかぶさるようなっているところもありました。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

鉾立からの登山口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉾立からの登山口です。
1
しばらくは、石畳状に整備された道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは、石畳状に整備された道が続きます。
賽の河原付近です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原付近です。
登山道からは離れた斜面にチングルマの花が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道からは離れた斜面にチングルマの花が見えました。
1
賽の河原の標柱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原の標柱。
登山道脇のチングルマは花が散っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇のチングルマは花が散っていました。
御浜まできました。大平からのコースと合流します。御浜小屋も見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御浜まできました。大平からのコースと合流します。御浜小屋も見えています。
山頂とありますが、ピークという感じはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂とありますが、ピークという感じはありません。
石畳の道を一旦下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳の道を一旦下ります。
アザミの仲間がたくさん咲いてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミの仲間がたくさん咲いてます。
オクキタアザミ?とチョウカイアザミ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オクキタアザミ?とチョウカイアザミ?
散りかけのチングルマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
散りかけのチングルマ。
七五三掛まで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七五三掛まで来ました。
山頂方面が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面が見えました。
千蛇谷コースと外輪コースの分岐点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千蛇谷コースと外輪コースの分岐点。
千蛇谷には残雪がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千蛇谷には残雪がありました。
結構急斜面を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構急斜面を下ります。
1
雪渓を渡っている人が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓を渡っている人が見えました。
1
千蛇谷の斜面はお花畑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千蛇谷の斜面はお花畑。
1
二つ目の雪の上を歩く箇所。ここの方が雪が締まっていて滑りやすかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二つ目の雪の上を歩く箇所。ここの方が雪が締まっていて滑りやすかった。
ホソバイワベンケイの雌株?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバイワベンケイの雌株?
ハクサンシャジン?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャジン?
ホソバイワベンケイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバイワベンケイ
1
ミヤマアキノキリンソウとシラネニンジンでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウとシラネニンジンでしょうか?
御室小屋付近まで来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御室小屋付近まで来ました。
チョウカイフスマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チョウカイフスマ
新山山頂へ向かいましたが、この頃は霧が濃くてルートが分かりにくかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新山山頂へ向かいましたが、この頃は霧が濃くてルートが分かりにくかったです。
山頂です。ガスでまったく展望がありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂です。ガスでまったく展望がありませんでした。
1
時計回りで下って行くと、こんな岩の間をくぐるところも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時計回りで下って行くと、こんな岩の間をくぐるところも。
新山から降りると、ガスが取れて見晴らしが良くなっていました。見えているのは、七高山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新山から降りると、ガスが取れて見晴らしが良くなっていました。見えているのは、七高山。
1
一旦、小屋付近まで行って、神社にも寄りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、小屋付近まで行って、神社にも寄りました。
1
外輪コースへ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪コースへ向かいます。
ミヤマキンバイ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ?
ホソバイワベンケイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバイワベンケイ
3
七高山山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山山頂です。
1
七高山から見た新山山頂方面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七高山から見た新山山頂方面。
1
イワブクロとイワベンケイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワブクロとイワベンケイ
シャクナゲが咲き残っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲが咲き残っていました。
色づき始めたナナカマドの実。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色づき始めたナナカマドの実。
ヒナザクラ。賽の河原付近にて。登山道からは少し離れていたので、ズームアップし、トリミングしてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒナザクラ。賽の河原付近にて。登山道からは少し離れていたので、ズームアップし、トリミングしてます。
ミヤマダイモンジソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイモンジソウ
1
鉾立山荘などが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉾立山荘などが見えました。

感想/記録

山形遠征2日目は、鳥海山を、鉾立から往復しました。

前日までの天気予報では、たぶん雨になるということで、登山口まで行ってみて、悪天候なら止めようとも思っていたのですが、登山口に着いたときは雨は降っておらず、山頂方面は雲がかかっていましたが、風もそれほど吹いていなかったので、歩き始めました。

時間が早かったせいもあるのでしょうが、初めは他に誰も歩いてなくて、ちょっと心細い感じもしました。

御浜小屋を過ぎたら、地形のせいもあるのでしょうが、急に山形県側から吹き付ける風が強くて寒く感じたので、ここで上下カッパを着ました。その先でこの日初めて降りてくる人ひとりとすれ違い、千蛇谷まで行くと、ようやく先行していた数人の姿がありました。

新山の山頂に向かっている間は、濃い霧でほとんど視界が利かないような状態だったのは残念でしたが、その前後では、見晴らしの利く時間帯もあり、天気予報には良い方向で裏切られたという感じでした。

風が強かったら、千蛇谷コース往復も考えていましたが、山頂付近ではそれほどでも無かったので、予定通り下りは外輪コースで歩きました。

花に関しては、登山道脇のチングルマがほとんど終わっていたのは残念でしたが、色々な花がたくさん咲いており、チョウカイフスマなど初めて見る花もあり、良かったです。

2日間の山形遠征は、不順な天気の中、それほど雨に降られることもなく、たくさんの花を見て、無事に行ってくることができてラッキーでした。
訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ