ヤマレコ

記録ID: 1234531 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

船形山〜蛇ヶ岳2017

日程 2017年08月23日(水) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大滝キャンプ場・駐車場
登山より登山口までが難儀。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間1分
休憩
1時間6分
合計
6時間7分
S大滝キャンプ場09:4910:50小野田(夕日沢)コース分岐10:5212:02船形山12:3912:43升沢・観音寺コース分岐12:5213:02千畳敷分岐13:0713:54蛇ヶ岳13:5514:00蛇ヶ岳分岐14:36瓶石沢分岐14:44不動石14:4515:06三光の宮分岐15:0815:09三光の宮15:1315:15三光の宮分岐15:51大滝キャンプ場15:5615:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
船形山→蛇ヶ岳の間の登山道は荒れている。藪漕ぎあり。
蛇ヶ岳草原の池塘の木道も荒れている。踏み外すとズッポリ足首までハマる。注意。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

大滝キャンプ場の駐車場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大滝キャンプ場の駐車場。
有名な霊水があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な霊水があります。
この水でハイドレーション、スポドリを作る。贅沢だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この水でハイドレーション、スポドリを作る。贅沢だ。
小野田コース分岐。まっすぐ(右)行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野田コース分岐。まっすぐ(右)行きます。
湯谷地。一度も確認したことがないな。次回。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯谷地。一度も確認したことがないな。次回。
曇だが気持ちよく歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇だが気持ちよく歩く。
オオカメノキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
ここから雨。レインを着て一旦カメラもしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから雨。レインを着て一旦カメラもしまいます。
雨足が収まりこの辺りでまたレインを脱ぐ。急登なので出来るだけ着たくない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨足が収まりこの辺りでまたレインを脱ぐ。急登なので出来るだけ着たくない。
この辺も我慢の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺も我慢の登り。
はい。稜線に出ましたよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい。稜線に出ましたよ。
山頂まで300mでこの感じ。青空は諦める。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで300mでこの感じ。青空は諦める。
ウスユキソウ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ
山頂避難小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋。
1
船形山の山頂です。標高1500m。数字のキリがいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船形山の山頂です。標高1500m。数字のキリがいい。
1
小屋の中でランチを。他にハイカーが2名いらっしゃいました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の中でランチを。他にハイカーが2名いらっしゃいました。
いつ来ても整理整頓されて綺麗なんですよね。
30分ほど大休憩をとって再出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつ来ても整理整頓されて綺麗なんですよね。
30分ほど大休憩をとって再出発。
升沢・観音寺コース分岐で左ですね。
この直後雨が降り始め、しばらくカメラをしまいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
升沢・観音寺コース分岐で左ですね。
この直後雨が降り始め、しばらくカメラをしまいます。
オオカメノキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオカメノキ
深い藪漕ぎもありつつ、蛇が岳山頂。標高1400m。
ここも数字のキリがいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い藪漕ぎもありつつ、蛇が岳山頂。標高1400m。
ここも数字のキリがいい。
記念撮影だけで先へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
記念撮影だけで先へ進みます。
蛇ヶ岳分岐ですね。ここで草原方面へ曲がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛇ヶ岳分岐ですね。ここで草原方面へ曲がります。
池塘です。
木道が荒れていますが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
池塘です。
木道が荒れていますが。
それっぽくないですが木道を踏み外すと、ズッポリ足がぬかるみに。それは池塘じゃないようで池塘だからです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それっぽくないですが木道を踏み外すと、ズッポリ足がぬかるみに。それは池塘じゃないようで池塘だからです。
やっとガスが晴れて来ました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとガスが晴れて来ました。
この辺りが草原ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りが草原ですね。
秋になれば草紅葉が楽しめそうですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋になれば草紅葉が楽しめそうですね。
雲も晴れて来て遠く町も見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲も晴れて来て遠く町も見えます。
1
正面の山は前船形山です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面の山は前船形山です。
泥濘に気をつけながら足を運び、瓶石沢分岐に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泥濘に気をつけながら足を運び、瓶石沢分岐に到着。
ここ滑るんで怖い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ滑るんで怖い。
不動石。何がどうだか未だ分からず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動石。何がどうだか未だ分からず。
もはや木洩れ陽も。もうちょっと早ければなー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もはや木洩れ陽も。もうちょっと早ければなー。
三光の宮分岐。ここは右へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三光の宮分岐。ここは右へ。
分岐から1分ほどで三光の宮の入り口。右へ曲がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から1分ほどで三光の宮の入り口。右へ曲がります。
展望もよし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望もよし。
1
さ。分岐まで戻りますよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さ。分岐まで戻りますよ。
渡渉ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉ですね。
木の上で渡らないほうがいい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の上で渡らないほうがいい。
温泉臭に気づきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
温泉臭に気づきます。
川を渡った後10m先に湯の花があります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を渡った後10m先に湯の花があります。
こんこんと温泉が湧いているようですが、残念ながら冷たいのです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんこんと温泉が湧いているようですが、残念ながら冷たいのです。
小野田コース分岐です。もう終わりも近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野田コース分岐です。もう終わりも近い。
はい登山口です。お疲れ様でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はい登山口です。お疲れ様でした。
せっかくなので霊水は持って帰りましょう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
せっかくなので霊水は持って帰りましょう!

感想/記録

記録的長雨のこの夏、仕事の休みと天気予報の「曇りのち晴れ」が重なり
いても立ってもいられずいざ船形山へ。
14日ぶりの山です。

仙台から向かうにあたり雲がかかっていましたがガス登山上等。奇跡にかけよう。
県道147号ルートで大滝キャンプ場へ向かいます。
悪名高き荒れた林道を8kmほど車で進みますが、ここが本日のクライマックスですからね(笑)帰りもね。
わたし的には八ヶ岳、皇海山の林道よりひどいです。車のコンディションは事前に確認を。

今回の山行では、ほか3名のハイカーに遭遇。
皆、天気予報をみて同じ期待感で来たんでしょうな。

そして登山ですが、3回目の船形山で初めて蛇が岳まで足を伸ばそうと思いました。
すっかり雨にも降られ足跡だけつけるような山行でしたが、今後のためのロケハンとしては意味がありました。楽しいコースです。
花も綺麗でしたし、キノコ、カエル、ナメクジ、イモリと生き生きとしています。
長雨の中の自然を堪能したということで満足ですね。

山小屋であったハイカーの方から聞いた話で「別のハイカーが今日升沢コースで熊にあったらしい。」と又聞き情報を。そりゃそうだろうなと思いました。熊の住処で有名な山ですから。皆さんも熊対策をしっかり準備しましょうね。

というわけで楽しいロケハンができましたので、次回以降、晴れた日を狙い朝早く出発して後白髪山、三峰山まで足を伸ばしてみたいと思いました。

以上!


訪問者数:212人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ