また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1237722 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走北陸

白木峰・小白木峰 〜パノラマ最高、でも花は過ぎて…〜

日程 2017年08月27日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
飛騨市宮川町万波高原の登山口まで車
宮川町打保でR360から分かれて約14劼播仍蓋
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間24分
休憩
41分
合計
5時間5分
Sスタート地点08:2109:15小白木峰09:1710:20白木峰10:42浮島11:1311:37白木峰11:4412:41小白木峰12:4213:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

写真

高山市方面からR360を北上し、飛騨市宮川町打保のJA兼「打保ストア」の向こうを左折して林道に入ります。
分かりづらいので要注意!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山市方面からR360を北上し、飛騨市宮川町打保のJA兼「打保ストア」の向こうを左折して林道に入ります。
分かりづらいので要注意!
1
万波高原に出てしばらく行き、堆肥舎の横を直進
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万波高原に出てしばらく行き、堆肥舎の横を直進
1
堆肥舎を過ぎたところが三叉路になっています。
看板は直進の砂利道を指していますが、左折します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堆肥舎を過ぎたところが三叉路になっています。
看板は直進の砂利道を指していますが、左折します。
1
左折し、30mほど先を右折してしばらく行くと、さっきの砂利道と合流します。
こちらの方が舗装してあってGoodです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左折し、30mほど先を右折してしばらく行くと、さっきの砂利道と合流します。
こちらの方が舗装してあってGoodです。
1
登山口までの林道脇に咲いていました。
ソバナ?
キキョウみたいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口までの林道脇に咲いていました。
ソバナ?
キキョウみたいです
2
登山口
ここまで約20分
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口
ここまで約20分
大きなキノコが結構さくさんありました。
種類はよくわかりません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなキノコが結構さくさんありました。
種類はよくわかりません。
ヤマアジサイの終わりかけ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマアジサイの終わりかけ?
R471富山県の大長谷川第四発電所からの登山道との合流
右へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
R471富山県の大長谷川第四発電所からの登山道との合流
右へ
見晴らしがよくなりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしがよくなりました
100mほどで小白木峰山頂
ここは展望なし
右の展望台へ行ってみます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100mほどで小白木峰山頂
ここは展望なし
右の展望台へ行ってみます。
少し霞んでいますが、真ん中に乗鞍連峰
この写真の更に左側には、穂高から槍まで遠望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し霞んでいますが、真ん中に乗鞍連峰
この写真の更に左側には、穂高から槍まで遠望
1
小白木峰山頂から少し先に結構大きな池塘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小白木峰山頂から少し先に結構大きな池塘
1
白木峰山頂ロックオン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白木峰山頂ロックオン
ブナの大木
立派!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの大木
立派!
残り1.5
登りは数字を小さく見せる工夫か???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残り1.5
登りは数字を小さく見せる工夫か???
ミヤマアキノキリンソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
太子堂
聖徳太子の像がまつられています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太子堂
聖徳太子の像がまつられています
1
頂上の標識が見えました
なだらかな木道が続いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の標識が見えました
なだらかな木道が続いています
富山県の21世紀の森側の登山口からの合流点です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山県の21世紀の森側の登山口からの合流点です
白木峰山頂です
360度パノラマで、天気はいいのだが霞んでいてはっきり見えないのが残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白木峰山頂です
360度パノラマで、天気はいいのだが霞んでいてはっきり見えないのが残念
高山植物の案内標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物の案内標識
登ってきた小白木峰方面
左側に太子堂、中央奥は白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた小白木峰方面
左側に太子堂、中央奥は白山
霞に浮かぶ乗鞍岳と御嶽山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞に浮かぶ乗鞍岳と御嶽山
穂高から槍、双六、黒部五郎の左奥に鷲羽
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高から槍、双六、黒部五郎の左奥に鷲羽
2
左側に薬師岳と北薬師岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に薬師岳と北薬師岳
立山三山から別山、剣岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山三山から別山、剣岳
浮島の池へ向かいます
左奥の方へ木道を進みます
(初め勘違いして右側へ行ってしまい戻ってきました)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮島の池へ向かいます
左奥の方へ木道を進みます
(初め勘違いして右側へ行ってしまい戻ってきました)
下に三段の池が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に三段の池が見えてきました
この先に見えてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先に見えてきます
浮島の池が見えました。
はるか向こうには、穂高から剣岳までの大パノラマ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮島の池が見えました。
はるか向こうには、穂高から剣岳までの大パノラマ
奥穂高岳、槍ヶ岳、双六岳、真ん中に黒部五郎岳、隣奥に鷲羽岳、ず〜っときて薬師岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳、槍ヶ岳、双六岳、真ん中に黒部五郎岳、隣奥に鷲羽岳、ず〜っときて薬師岳
浮島の池
本当に「浮島」になっている所があります
正面には剣岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮島の池
本当に「浮島」になっている所があります
正面には剣岳
1
槍ヶ岳から黒部五郎岳ズーム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳から黒部五郎岳ズーム
なんとオタマジャクシが!
蛙になるんだろうか???
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとオタマジャクシが!
蛙になるんだろうか???
修復予定の木道
ありがたいことです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修復予定の木道
ありがたいことです。
1
白木山荘と山荘方面からの木道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白木山荘と山荘方面からの木道
山並みがヒダのように見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山並みがヒダのように見えます
富山の街も見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富山の街も見えます
山頂に戻ってきました
反時計回りに山頂からの展望:白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に戻ってきました
反時計回りに山頂からの展望:白山
霞に隠れそうな焼岳、穂高、槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞に隠れそうな焼岳、穂高、槍
1
黒部五郎岳、薬師岳
中央奥に水晶岳?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳、薬師岳
中央奥に水晶岳?
木漏れ日の中ですが、下は結構ぐちゃぐちゃな所が多いです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日の中ですが、下は結構ぐちゃぐちゃな所が多いです
ブナの木が多いです
白木峰の名前の由来はシロキ(ブナ)が多いことからきているとか…

池塘、ブナ、キノコ、豊かな植生、ぐちゃぐちゃな登山道…何となく水持ちの良い地質なんだろうなあと想像します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの木が多いです
白木峰の名前の由来はシロキ(ブナ)が多いことからきているとか…

池塘、ブナ、キノコ、豊かな植生、ぐちゃぐちゃな登山道…何となく水持ちの良い地質なんだろうなあと想像します。

感想/記録

晴れ予報だったので、大昔に一度行ったことのある白木峰へ行ってきました。

ニッコウキスゲの時期は過ぎてしまっているので少し寂しいですが、欲張って小白木峰経由で。(前は20年以上前に富山県側から登りました)


万波高原の登山口に車を止め、作業林道を20分ほど上がります。
いよいよ山道のスタート。 で、いきなり高度をかせぎます。

道の所々に黄土(泥土)が固まったような部分があり、雨や雨上がりは辛いだろうなあと思います。
全体に柔らかい地質の山なんでしょうね。ブナの木やキノコ類が多いので水の多い山のような気がします。

小白木峰に到着しましたが、山頂は展望がききません。すぐ横の展望台からは乗鞍や穂高、槍などが見えます。


ここからは気分よく尾根歩き…かと思いきや、いきなり結構下ります。その後も結構アップダウンがあり眺望もあまり無く、思いとは裏腹。
悔いても仕方がないので、せっせと進みます。

太子堂を過ぎて木道が見えると、ようやく楽しい湿原歩き。
ほどなく白木峰山頂到着。
少し霞みがかっていますが、すばらしいパノラマです。
楽しみは後にして、先に浮島の池へ向かいます。
同じルートで登ってきたお兄さんと同行しますが、少し行って二人して道を間違えたことに気づき引き返します。

浮島の池の景色も良かったです。ここで北アルプスの山々を眺めながら至福の時間をまったり。
ところで、池にオタマジャクシがいたのですが、もうすぐ9月ですがこれから蛙になるんでしょうか???

山頂まで戻って大パノラマを堪能し、来た道を戻ります。

と、太子堂で10年以上ご無沙汰の知人とバッタリ。最初誰だかわからず…。(ごめんさない)そういえば山登りもしていらしたなあと思いだし、これも何かのご縁と、連絡先を交換。



小白木峰と白木峰の間は標高差160mほどなんですが、アップダウンが多いのか行きも帰りも時間があまり変わりませんでした。

今度は花の多い時期に来てみたいです。
訪問者数:350人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ