また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1238769 全員に公開 沢登り御在所・鎌ヶ岳

鈴鹿 神崎川本流中流部下降周回:大瀞〜ヒロ沢〜白滝谷遡行〜羽鳥峰〜朝明

日程 2017年08月27日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明有料駐車場500円、林道最奥まで車で入れますが、落石、路肩崩落等々の可能性があり自己責任となります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間13分
休憩
1時間26分
合計
6時間39分
S朝明駐車場05:5007:11中峠07:34大瀞08:2008:38お金谷出合08:4108:56ヒロ沢出合08:5809:29天狗滝09:3609:54白滝谷出合10:0411:29白滝谷分岐11:4211:47羽鳥峰11:5011:50ハト峰峠12:24朝明駐車場12:2612:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中峠までの路はかなり台風や大雨の影響か崩落が進んでおり、RFを要求されます。
白滝谷から羽鳥峰までは所々山道が削れており、微妙に修正しながら進みます。
愛知川下降は水量少なく危険地帯は少ない。ライジャケが有ったので心置きなく淵を泳ぎました。
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 基本沢装備(ロープ・登攀具は使用しませんでした)

写真

朝5時30分朝明有料駐車場。500円也。早朝は係員はいないので、帰ってきたら料金を入れるナンバー記録の袋がワイパーに挟まれていますので、500円を入れてポストへ・・
2017年08月27日 05:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝5時30分朝明有料駐車場。500円也。早朝は係員はいないので、帰ってきたら料金を入れるナンバー記録の袋がワイパーに挟まれていますので、500円を入れてポストへ・・
砂防学習?施設。20年前より立派になっていた.
中峠の取付きでルートチョンボし30分以上ロス
2017年08月27日 06:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防学習?施設。20年前より立派になっていた.
中峠の取付きでルートチョンボし30分以上ロス
崩落して所々寸断された中峠への路を詰める。初めてだったのですが結構急登。
2017年08月27日 07:10撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落して所々寸断された中峠への路を詰める。初めてだったのですが結構急登。
中峠は明るい!
2017年08月27日 07:10撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中峠は明るい!
以前は縦走で通過しただけ
2017年08月27日 07:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
以前は縦走で通過しただけ
四日市も綺麗に見渡せる快晴の朝・・
2017年08月27日 07:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四日市も綺麗に見渡せる快晴の朝・・
今度は愛知川に向かって下降すると道標。足回りを沢靴に。ここで緊張のせいか大キジ。モンベル便袋でちゃんとお持ち帰りです。
2017年08月27日 07:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は愛知川に向かって下降すると道標。足回りを沢靴に。ここで緊張のせいか大キジ。モンベル便袋でちゃんとお持ち帰りです。
鉄橋は20年前に見たような気が・・・
2017年08月27日 07:33撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄橋は20年前に見たような気が・・・
これです!危険すぎます
2017年08月27日 07:37撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これです!危険すぎます
1
沢に降りて対岸へ渡渉し、少し上流へ戻り大瀞を歩く。
2017年08月27日 08:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に降りて対岸へ渡渉し、少し上流へ戻り大瀞を歩く。
頭上にやばい鉄橋!
2017年08月27日 08:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上にやばい鉄橋!
大瀞は浅かった・・・
2017年08月27日 08:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大瀞は浅かった・・・
2
日差しが美しさを際立たせる
2017年08月27日 08:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しが美しさを際立たせる
大瀞は腰まで
2017年08月27日 08:16撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大瀞は腰まで
ここのスライダーは滑るしかなかったがやさしい。ただしザックが少し破れたり・・・
2017年08月27日 08:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのスライダーは滑るしかなかったがやさしい。ただしザックが少し破れたり・・・
明るい淵も歩いて行ける
2017年08月27日 08:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るい淵も歩いて行ける
2
ライジャケがあるのでどんどん突っ込む
2017年08月27日 08:31撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライジャケがあるのでどんどん突っ込む
1
ウォーターウォーキング!
2017年08月27日 08:32撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウォーターウォーキング!
1
ここのスライダーは右岸を歩いた。単独では決して遊び心で飛び込むのも怖い
2017年08月27日 09:09撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのスライダーは右岸を歩いた。単独では決して遊び心で飛び込むのも怖い
ここは少し滑り台を行った
2017年08月27日 09:09撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは少し滑り台を行った
1
ほぼすべて水線突破できる水量
2017年08月27日 09:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼすべて水線突破できる水量
綺麗な淵が多いがやや川臭い・・・
2017年08月27日 09:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な淵が多いがやや川臭い・・・
1
天狗滝落ち口左岸よりから飛び込めるが単独では禁忌。
2017年08月27日 09:28撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗滝落ち口左岸よりから飛び込めるが単独では禁忌。
天狗滝巻き道の道標
2017年08月27日 09:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗滝巻き道の道標
天狗滝の巻道。落ち口から見ただけで、間違って大巻してしまった。途中に淵に降りる踏み跡があったが。間違えた!しかし、12時までの下山のタイムリミットがあるので、このまま巻くことにする。
2017年08月27日 09:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗滝の巻道。落ち口から見ただけで、間違って大巻してしまった。途中に淵に降りる踏み跡があったが。間違えた!しかし、12時までの下山のタイムリミットがあるので、このまま巻くことにする。
巻き道にはいにしえの道標多数琵琶湖鈴鹿縦走ライン!とは壮大なスケール
2017年08月27日 09:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き道にはいにしえの道標多数琵琶湖鈴鹿縦走ライン!とは壮大なスケール
もう一度河原に降りるとすぐに白滝谷出合
2017年08月27日 09:53撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度河原に降りるとすぐに白滝谷出合
白滝谷はデート沢
2017年08月27日 10:13撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝谷はデート沢
ここもほぼ水線突破
2017年08月27日 10:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここもほぼ水線突破
1
白滝谷登山道に上がって詰めるだけ。途中に作業小屋廃墟あり。夕方までに伊丹に行かねばならないので急ぐ。
2017年08月27日 10:45撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白滝谷登山道に上がって詰めるだけ。途中に作業小屋廃墟あり。夕方までに伊丹に行かねばならないので急ぐ。
道標も多数
2017年08月27日 11:01撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標も多数
稜線から羽鳥峰へ
2017年08月27日 11:30撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から羽鳥峰へ
羽鳥峰約4年ぶり?
2017年08月27日 11:47撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽鳥峰約4年ぶり?
ここから一気に下る。12時のタイムリミットが迫ってきた
2017年08月27日 11:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから一気に下る。12時のタイムリミットが迫ってきた
1
ひたすら下る
2017年08月27日 12:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら下る
林道分岐。行きにここまで来てしまった・・・
2017年08月27日 12:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道分岐。行きにここまで来てしまった・・・
ここは中峠への分岐…行きに見過ごして30分ロス。まちがわなければ12時前に下山できたのに。家人に連絡する時間を30分オーバー。仕事の電話を片付けつつ、今から伊丹へ向かわねば・・・
2017年08月27日 12:11撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは中峠への分岐…行きに見過ごして30分ロス。まちがわなければ12時前に下山できたのに。家人に連絡する時間を30分オーバー。仕事の電話を片付けつつ、今から伊丹へ向かわねば・・・

感想/記録
by JUNDr

腰痛からの復帰〜リハビリ〜筋力維持戦のため遡行ではなく下降とした。荷物にはなるが登り下りのアプローチには腰・膝の保護のためストックを積極的に使用した。
概ね危険な場面は無いが、水量によってはそれなりのリスクはある。今回は水量はきわめて少な目で危険を感じる場所はありませんでした。滝場・スライダーはパーティーなら滝も飛び込みたいが単独では自重しよう。底でヒットし骨折捻挫はシャレにならない。しかし今回はライフジャケットを持っていたので深い淵もどんどん泳げた。ウォータースライダーは3か所くらいあったが軽めの2か所はドボンしてみた。丁度良い水加減でした。先週が低山ハイキングだったので暑さに参りそうだったが、やはり真夏は沢に限る!
滝谷遡行も水線通りに歩くことが出来ました。最後の羽鳥峰への一般登山道の登りで徐々に腰が重くなり腰痛気味となりスローダウンしましたが、何とか無事に歩き通せました。しかし、この山域は20数年前には何度か来たのですが、ルートが崩落・流失などで以前の印象と大きく変わっていた。それなりに道間違えで鈴鹿マジックに引っかかったりもしました。

訪問者数:178人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/1/12
投稿数: 84
2017/8/28 6:27
 徐々に回復してきているようですね
お疲れ様です。
白滝谷の天狗滝はいかがでしたか?
以前目の当たりにできなかった滝ですよね・・・多分。
今度は先生の体調に合わせてどこかご一緒できることを願います。
登録日: 2014/8/27
投稿数: 65
2017/8/28 6:51
 Re: 徐々に回復してきているようですね
天狗滝は落ち口から見下ろして終わってしまいました。5-6mの直瀑ですが、左岸から飛び込めるようですが、単独で怪我したくありませんので巻きました。巻道から途中下降ルートがあったようですが、そのまま大高巻してしまいました。この巻ルートの方が怖かったりもします。
何とか歩き通せた感じですが、登攀要素の多い沢は厳しいかもです。しゃがみ込みから立ち上がる時が結構腰に来ます。やさしいデート沢ならストックも多用すれば大丈夫です。今週末、やさしめの沢でお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ