また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1241285 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鳳凰三山

日程 2017年08月29日(火) 〜 2017年08月30日(水)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
韮崎ICから国道20号線
青木鉱泉に駐車 (1泊2日料金1,500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間55分
休憩
13分
合計
7時間8分
S青木鉱泉07:0707:53中道ルート登山口07:5708:53林道出合08:5511:57御座石12:0413:47薬師岳14:15薬師岳小屋
2日目
山行
7時間21分
休憩
1時間22分
合計
8時間43分
薬師岳小屋04:1704:30薬師岳05:3305:58鳳凰山06:0706:27鳳凰小屋分岐07:12アカヌケ沢の頭07:1908:32鳳凰小屋09:37白糸の滝09:4013:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありません。
中道からの登りは展望なく急登が連続します。
中道から縦走する場合、登山口から鳳凰小屋まで水場ありません。青木鉱泉で十分給水する必要があります。
その他周辺情報青木鉱泉日帰り入浴1,000円
過去天気図(気象庁) 2017年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 無線機

写真

登山計画書の提出ポストと水場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山計画書の提出ポストと水場です。
薬師岳山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂です。
5
薬師岳小屋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋です。
2
薬師岳から富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳から富士山
2
薬師岳から夕焼けの北岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳から夕焼けの北岳
1
薬師岳小屋のお弁当です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋のお弁当です。
2

感想/記録
by keiji_

 今回は鳳凰三山を中道から登りリニューアルされた薬師岳小屋に宿泊し、観音岳、地蔵岳を縦走しました。
 青木鉱泉に車を駐車し、登山計画書を提出、水場で給水します。薬師岳小屋に電話予約したときに、「中道コースは水場がないので翌日の分も持ってきてください」と言われたので3L持っていきました。
 中道コースは車で来た道を中道方向に戻ります。
 暫く歩くと、廃屋のある登山口に差しかかります。ここからは本格的な登山道となり急登が連続します。
 登れど登れど展望はなく、登山する人、下山する人もまばらで、自分の熊鈴だけが森に響きます。
 森を抜けて岩場を乗り越えるとすぐに薬師岳山頂になります。
 薬師岳からは北岳、農鳥岳が手が届くほど近くに見えて感動します。
 鳳凰三山と北岳の間のV字の深い谷から北岳がそそり立つ姿は圧巻です。目を凝らすと広河原のインフォメーションセンターらしいものや白根御池小屋も見えます。
 山頂直下には8/26にリニューアルされたばかりの薬師岳小屋があり、ここに宿泊しました。小屋はさすが新築だけあってとてもきれいです。
 翌朝は暗いうちにヘッドランプで薬師岳に登りご来光を拝みます。雲海の向こうに朝日が昇り、八ヶ岳や富士山が赤く染まって見えます。日が昇ると今度は北岳がモルゲンロートに染まります。
 朝焼けを見終わってから、観音岳に向かうと、こちらの方が景色が良く、富士山も八ヶ岳も北岳も一度に見ることができます。(薬師岳からは岩が邪魔で一度に見ることはでず、場所を移る必要があります)
 朝焼けの時に感動して、写真を撮りまくったせいでい、地蔵岳に着くころには、カメラがバッテリー切れになってしまい、スマホもバッテリーが少なくGPSロガーを動かしていたので、写真は地蔵岳以降はありません。滝の写真も撮っていません。
 南精進ヶ滝から先はスマホもバッテリー切れのため手動で軌跡を書きました。
 
 コース全般によく整備されています。
 が、ドンドコ沢コースを下山する際、矢印が反対方向に向いていたり、工事関係者向けのピンクテープがありました。
 また、私は熊に出会いませんでしたが、大きな糞がコースのあちらこちらに落ちていたので、熊鈴は必携です。
訪問者数:602人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ