また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1247237 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走蔵王・面白山・船形山

南蔵王縦走路(エコーラインから不忘山)

日程 2017年09月04日(月) [日帰り]
メンバー
天候曇り/晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■エコーライン路肩の駐車スペースを利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
1時間5分
合計
6時間30分
S刈田峠路側帯駐車場09:1509:20刈田峠登山口09:43前山10:02杉ヶ峰10:18芝草平10:2510:56屏風岳11:33南屏風岳12:02不忘山12:5013:20南屏風岳13:57屏風岳14:25芝草平14:3515:11前山15:40刈田峠登山口15:45刈田峠路側帯駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■南屏風〜不忘山は急なザレと岩場あり。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

いきなり前山への登りの写真。カメラが不調でこの前の写真は黒つぶれ状態。露出がおかしいようで、修理に出さねば・・・と言うことでシャッタースピードと絞りをマニュアルで合わせての撮影。
2017年09月04日 09:29撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり前山への登りの写真。カメラが不調でこの前の写真は黒つぶれ状態。露出がおかしいようで、修理に出さねば・・・と言うことでシャッタースピードと絞りをマニュアルで合わせての撮影。
1
前山の登りから振り返って赤い屋根は避難小屋。出だしは雲が多い空だった。
2017年09月04日 09:31撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山の登りから振り返って赤い屋根は避難小屋。出だしは雲が多い空だった。
前山から刈田岳。ガスに隠れている。
2017年09月04日 09:43撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山から刈田岳。ガスに隠れている。
杉ヶ峰への登り。
2017年09月04日 09:46撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉ヶ峰への登り。
振り返って刈田、前山。
2017年09月04日 10:00撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って刈田、前山。
1
杉ヶ峰頂上。
2017年09月04日 10:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉ヶ峰頂上。
1
これから向かう南屏風。
2017年09月04日 10:06撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう南屏風。
1
杉ヶ峰と屏風の鞍部にある芝草平。ここは休憩適地。
2017年09月04日 10:18撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉ヶ峰と屏風の鞍部にある芝草平。ここは休憩適地。
芝草平から屏風に登る。こっちからみると屏風と言うよりなだらかな丘陵地。
2017年09月04日 10:22撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝草平から屏風に登る。こっちからみると屏風と言うよりなだらかな丘陵地。
アザミにタテハチョウが止まっていた。
2017年09月04日 10:49撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミにタテハチョウが止まっていた。
屏風岳山頂。
2017年09月04日 10:56撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岳山頂。
屏風の稜線。この左側は切れ落ちていて眺望が良い。
2017年09月04日 11:04撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風の稜線。この左側は切れ落ちていて眺望が良い。
南屏風へ向かい一旦下り。
2017年09月04日 11:10撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南屏風へ向かい一旦下り。
1
振り返って刈田。上空はだいぶ雲が取れてきた。
2017年09月04日 11:23撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って刈田。上空はだいぶ雲が取れてきた。
南屏風山頂。
2017年09月04日 11:33撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南屏風山頂。
一気に不忘山を目指す。
2017年09月04日 11:35撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に不忘山を目指す。
1
急なザレ場。
2017年09月04日 11:41撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急なザレ場。
不忘山へ急斜面を下って登り返し。稜線とガスのせめぎあい。
2017年09月04日 11:46撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不忘山へ急斜面を下って登り返し。稜線とガスのせめぎあい。
1
不忘山山頂。
2017年09月04日 12:02撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不忘山山頂。
2
白石方面。右に長老湖、左に川原子ダムが見える。
2017年09月04日 12:03撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白石方面。右に長老湖、左に川原子ダムが見える。
川原子ダムの噴水が見えた。
2017年09月04日 12:20撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川原子ダムの噴水が見えた。
1
南屏風から屏風の稜線。
2017年09月04日 12:05撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南屏風から屏風の稜線。
さて戻ります。
2017年09月04日 12:44撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて戻ります。
5
ハクサンフウロ。ずいぶん背が高いフウロだ。
2017年09月04日 12:47撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ。ずいぶん背が高いフウロだ。
1
この花は?宿題が残った。
2017年09月04日 12:49撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花は?宿題が残った。
ヤマハハコ
2017年09月04日 12:51撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ
振り返って不忘山。南屏風までとは一線を画する険しい稜線だった。
2017年09月04日 12:51撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って不忘山。南屏風までとは一線を画する険しい稜線だった。
6
イブキジャコウソウ
2017年09月04日 13:00撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ
1
太平洋が見える。
2017年09月04日 13:03撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太平洋が見える。
1
ミヤマシャジン
2017年09月04日 13:07撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシャジン
エゾシオガマ
2017年09月04日 13:11撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エゾシオガマ
1
ウスユキソウ
2017年09月04日 13:12撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ
ウメバチソウは今が見頃。
2017年09月04日 13:17撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウメバチソウは今が見頃。
ミヤマアキノキリンソウ
2017年09月04日 13:19撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアキノキリンソウ
誰もいない南屏風から刈田岳。
2017年09月04日 13:20撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰もいない南屏風から刈田岳。
2
屏風へなだらかに登山道を辿る。
2017年09月04日 13:26撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風へなだらかに登山道を辿る。
オヤマリンドウを上から覗いて見た。
2017年09月04日 13:27撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウを上から覗いて見た。
4
刈田岳。
2017年09月04日 13:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刈田岳。
1
芝草平。
2017年09月04日 13:32撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝草平。
1
振り返って不忘山〜南屏風。
2017年09月04日 13:45撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って不忘山〜南屏風。
馬ノ神岳〜水引入道。
2017年09月04日 13:48撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬ノ神岳〜水引入道。
1
後烏帽子〜前烏帽子。
2017年09月04日 13:49撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後烏帽子〜前烏帽子。
仙台神室と大東岳。後ろに面白山。背後に並ぶのは船形山塊。
2017年09月04日 13:52撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙台神室と大東岳。後ろに面白山。背後に並ぶのは船形山塊。
2
気の早いナナカマド。
2017年09月04日 13:53撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気の早いナナカマド。
屏風の山頂を通過。
2017年09月04日 13:57撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風の山頂を通過。
芝草平で一休み。
2017年09月04日 14:23撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芝草平で一休み。
2
杉ヶ峰の下りから前山と刈田。午後になるにつれて天気は良くなった。
2017年09月04日 14:57撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉ヶ峰の下りから前山と刈田。午後になるにつれて天気は良くなった。
1
前山通過。
2017年09月04日 15:11撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山通過。
1
登山口に戻ってきた。
2017年09月04日 15:40撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に戻ってきた。
この日歩いた前山〜杉ヶ峰〜屏風。
2017年09月04日 15:44撮影 by PENTAX K-30 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日歩いた前山〜杉ヶ峰〜屏風。
2

感想/記録
by TONO

 土曜の午後、姫は「槍に行ってくる」と言ってザックを担いで出て行った。先週のデジャブの様だったが、今週は槍沢経由で槍が岳に登るらしい。TONOも日月と2連休だったので「一緒に行く?」と誘われたが、1泊2日じゃあね・・・で今回も別行動。日曜日はやることがあったので、月曜日に南蔵王へ出かけてみた。
 予定より出発が2時間も遅れたがさすがは平日。刈田の路肩の駐車スペースにはまだ空きがあった。準備をしてGPSの電源を入れて歩き出す。次にGPSを見たのは下山してからなのだが、バッテリーがなくなり登山口に着くまえにダウンしており、ログは取れなかった。平日だしそんなに歩いている人はいないんだろうな・・・と思いつつ先に進むとそこそこ登山者はいて、皆さん熊鈴を鳴らして歩いている。これなら熊とバッタリすることはなさそうだと一安心。南面白山で熊にあってからどうも熊が気になった仕方がないのだ。
 前山〜杉ヶ峰〜芝草平と一気に歩く。芝草平のベンチでザックを下してしばし休憩。屏風岳〜南屏風岳は気持ちの良い稜線歩き。木々が切れると屏風の東側は切れ落ちて眺望が良い。南屏風でザックを下して休憩しようかとも思ったが、ここで休むと前回(2年前だったか・・・)同様に先に行けなくなると思い、一気に不忘山を目指す。ガスが切れると不忘山への稜線はこれまでの道とは打って変わって結構険しい。急なザレを下り登り返す。着いた不忘山の山頂には誰もいなかった。ガスも完全に切れて眺望が素晴らしい。ここでザックを下して大休止。お湯を沸かしてカップラーメンとおにぎりでお昼にする。山でカップ麺を食べるのは久しぶりだ。スープも飲み干し地図を見ながらしばし眺望を楽しむ。スマホをひらくと姫からラインで上高地に着いたと連絡があったようだ。肩の小屋を6時に出て11時に上高地って・・・相変わらずの健脚だ。
 さてあまり遅くなる前に戻らなければ。白石方面へ下りれば楽に下山できるが、車を回収できなくなるし、来た道を引き返す。アップダウンがあるので疲れた脚にはこたえる。誰もいない南屏風の山頂を通過し、屏風に向かう。屏風の稜線から神室、大東岳が確認できた。ここは冬晴れの日に来たら気持ちイイだろうな。いつか後烏帽子、馬の神岳方面にも足を延ばしてみたいところだ。
 芝草平で休憩してあとは一気に下山。最後はフラフラになって車に戻った。そんなに標高差はないはずだが、体力の衰えを痛感した山行だった。秋には姫と槍穂の予定だがこんなことでは一緒のペースでは歩けそうにないなぁ・・・(TONO)

訪問者数:294人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ