また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1247784 全員に公開 ハイキング比良山系

<旅先の山> Vol.5 : 武奈ヶ岳 (比良山系横断)

日程 2017年09月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 : 堅田駅から江若交通バス約40分、坊村バス停下車。
帰路 : 「天然温泉比良とぴあ」から無料送迎バス約5分で比良駅。
…この日は登山客が多かった為か、往路は臨時の直行便が出てくれました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
43分
合計
5時間14分
S坊村09:3110:54御殿山10:5911:26武奈ヶ岳11:5712:38八雲ヶ原12:4414:21イン谷口14:2214:45天然温泉比良とぴあG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
急坂が多いですが、とくに危険箇所はありません。ルートが幾つかあるので、分岐箇所では道標と地図を確認したほうがいいです。
その他周辺情報イン谷口の登山口から30分程歩いたところに、温浴施設の「天然温泉比良とぴあ」があります。入浴料610円。比良駅へは無料の送迎バスが出ています。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 サブザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ストック
備考 登り途中に小さな虫が多くて閉口しました。虫除けスプレーを持ってくるんだったと後悔しました。

写真

名古屋から3時間、大垣、米原、山科と乗り継いでやってきたのは堅田駅。きょうは少し遠出、東海脱出です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名古屋から3時間、大垣、米原、山科と乗り継いでやってきたのは堅田駅。きょうは少し遠出、東海脱出です。
駅前から臨時のバスに乗車します。関西屈指の名山とのことで、大勢の登山客で賑わっています。「…せやねん」、「…せやせや」、「…せやさかい」…、周囲は関西弁の洪水です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前から臨時のバスに乗車します。関西屈指の名山とのことで、大勢の登山客で賑わっています。「…せやねん」、「…せやせや」、「…せやさかい」…、周囲は関西弁の洪水です。
40分程乗車して、終点の坊村バス停で下車します。山間の小さな集落ですが、ここも大津市なんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
40分程乗車して、終点の坊村バス停で下車します。山間の小さな集落ですが、ここも大津市なんですね。
青空が拡がっています。さて、行きますか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空が拡がっています。さて、行きますか。
バス停から少し歩くと明王院という古刹があって、ここの裏手から登山道になります。公共交通機関一辺倒の私にとって、このようにアクセスの良い山は有難いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停から少し歩くと明王院という古刹があって、ここの裏手から登山道になります。公共交通機関一辺倒の私にとって、このようにアクセスの良い山は有難いです。
山名は「ブナ」ですが、しばらくはスギの植林帯が続きます。植林といえば、場所によっては放置されて荒れているところも多いですが、ここはきれいに枝打ちされた美林です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名は「ブナ」ですが、しばらくはスギの植林帯が続きます。植林といえば、場所によっては放置されて荒れているところも多いですが、ここはきれいに枝打ちされた美林です。
いつの間にか植林帯を抜けて天然林になります。なかなかの急坂、鈴鹿に似ているなと思います。
このあたりから、小バエのような虫がやたらと多くなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にか植林帯を抜けて天然林になります。なかなかの急坂、鈴鹿に似ているなと思います。
このあたりから、小バエのような虫がやたらと多くなります。
急坂を登っていくと、「積雪期ルート」と「無雪期ルート」の分岐があります。どう違うのか分かりませんが、ここは素直に「無雪期」へ進みます。
相変わらず虫が多く、うっとうしいのなんの…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登っていくと、「積雪期ルート」と「無雪期ルート」の分岐があります。どう違うのか分かりませんが、ここは素直に「無雪期」へ進みます。
相変わらず虫が多く、うっとうしいのなんの…。
虫を追い払いながら、御殿山に辿り着きました。本日一つ目のピークです。数名の方が休憩されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
虫を追い払いながら、御殿山に辿り着きました。本日一つ目のピークです。数名の方が休憩されています。
本日の目的地、武奈ヶ岳を眺めます。まだしばらく歩かされそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の目的地、武奈ヶ岳を眺めます。まだしばらく歩かされそうです。
御殿山からは、いったん下りになります。急登で稼いだ高度が勿体ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿山からは、いったん下りになります。急登で稼いだ高度が勿体ないです。
下りきった鞍部が「ワサビ峠」、こんなところでワサビが採れるとは思えませんが、どのような言われがあるんでしょうかね?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りきった鞍部が「ワサビ峠」、こんなところでワサビが採れるとは思えませんが、どのような言われがあるんでしょうかね?
ワサビ峠から登り返すと、樹林帯を抜けて展望が開けます。山頂に着くのも嬉しいですが、こういう時もまた嬉しいものです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ峠から登り返すと、樹林帯を抜けて展望が開けます。山頂に着くのも嬉しいですが、こういう時もまた嬉しいものです。
青空の下の快適な散歩道です。既視感のある風景…四国の剣山や、鈴鹿の竜ヶ岳を思い出します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下の快適な散歩道です。既視感のある風景…四国の剣山や、鈴鹿の竜ヶ岳を思い出します。
1
はぁ〜、山はいいなぁ…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はぁ〜、山はいいなぁ…。
ふぅ〜、あと一息…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふぅ〜、あと一息…。
山頂が近付いてきたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近付いてきたようです。
山頂に着きました。比良山系最高峰、老若男女、ざっと30名くらいの方が休憩されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に着きました。比良山系最高峰、老若男女、ざっと30名くらいの方が休憩されています。
1
山頂から東側の展望です。手前の山並みを隔てて、琵琶湖が拡がっています。遠景に見えているのは沖島あたりでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から東側の展望です。手前の山並みを隔てて、琵琶湖が拡がっています。遠景に見えているのは沖島あたりでしょうか。
1
目を転じて北側の展望。こちらも琵琶湖が茫洋と拡がっています。竹生島がぽつんと浮かんでいて、写真では判り難いですが、薄い雲のなかに伊吹山が霞んでいます。
それにしても、この広さ、「湖」の概念を大きく超えています。瀬戸内海よりも雄大な感じ…琵琶湖は広いな大きいな♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目を転じて北側の展望。こちらも琵琶湖が茫洋と拡がっています。竹生島がぽつんと浮かんでいて、写真では判り難いですが、薄い雲のなかに伊吹山が霞んでいます。
それにしても、この広さ、「湖」の概念を大きく超えています。瀬戸内海よりも雄大な感じ…琵琶湖は広いな大きいな♪
さて、ここで昼食にしましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここで昼食にしましょう。
まず、麺を茹でます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず、麺を茹でます。
つぎに、カレーを温めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つぎに、カレーを温めます。
麺の横にカレーをいれて…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
麺の横にカレーをいれて…
…チーズを載せて、適当カレーパスタのできあがり。
味はそこそこだったけど、チーズのとろみで、あんかけスパのようになってしまいました。まぁいいけど。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…チーズを載せて、適当カレーパスタのできあがり。
味はそこそこだったけど、チーズのとろみで、あんかけスパのようになってしまいました。まぁいいけど。
1
さて、下山にかかりますか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山にかかりますか。
往路は右手から登ってきましたが、帰路は左手に道を取ります。きょうは比良山系をひとまたぎです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
往路は右手から登ってきましたが、帰路は左手に道を取ります。きょうは比良山系をひとまたぎです。
天然林のなかを、坦々と下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然林のなかを、坦々と下ります。
しばらく下ると、少し開けた草原に出ます。閉鎖されて久しいスキー場の跡とのことで、かつては賑わったであろうゲレンデも、もとの自然に還りつつあります。つわものどもが夢のあと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく下ると、少し開けた草原に出ます。閉鎖されて久しいスキー場の跡とのことで、かつては賑わったであろうゲレンデも、もとの自然に還りつつあります。つわものどもが夢のあと。
近くに、八雲ヶ原という小さな湿原があります。尾瀬をミニチュアにしたようで、ちゃんと木道も整備されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
近くに、八雲ヶ原という小さな湿原があります。尾瀬をミニチュアにしたようで、ちゃんと木道も整備されています。
八雲ヶ原からは少し登り返しとなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八雲ヶ原からは少し登り返しとなります。
登り詰めたところが北比良峠、ここも開けた草原です。本日最後のピークです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り詰めたところが北比良峠、ここも開けた草原です。本日最後のピークです。
ここからも琵琶湖の展望が拡がっています。標高は低くなりましたが、そのぶん、湖面との距離が近付いてきました。…でも、どうみても「湖」じゃなくて「海」だよなぁ…。滋賀県の旧国名が「おうみ」なのが頷けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも琵琶湖の展望が拡がっています。標高は低くなりましたが、そのぶん、湖面との距離が近付いてきました。…でも、どうみても「湖」じゃなくて「海」だよなぁ…。滋賀県の旧国名が「おうみ」なのが頷けます。
北比良峠からしばらく下ると小さな沢を渡ります。この沢も琵琶湖に流れ込むのでしょうか。ここからは沢沿いの緩やかな道になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠からしばらく下ると小さな沢を渡ります。この沢も琵琶湖に流れ込むのでしょうか。ここからは沢沿いの緩やかな道になります。
イン谷口まで下りてきました。ここにはバス停があるのですが、本数はひじょうに少なく、そのまま歩くことにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イン谷口まで下りてきました。ここにはバス停があるのですが、本数はひじょうに少なく、そのまま歩くことにします。
眼前に琵琶湖を眺めつつ、しばらく一般道をとぼとぼ歩きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼前に琵琶湖を眺めつつ、しばらく一般道をとぼとぼ歩きます。
そして、きょうのゴール「天然温泉比良とぴあ」に辿り着きました。ふぅ、きょうも無事終了。一浴してさっぱり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、きょうのゴール「天然温泉比良とぴあ」に辿り着きました。ふぅ、きょうも無事終了。一浴してさっぱり。
ここからは送迎バスで比良駅まで送って頂きます。有難いことです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは送迎バスで比良駅まで送って頂きます。有難いことです。
比良駅から、きょう横断してきた比良山系を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良駅から、きょう横断してきた比良山系を振り返ります。
さて、帰りましょう。
帰路は山科経由ではなく、湖西線を北上して、近江塩津から米原に出ました。きょうは琵琶湖を一周したことになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、帰りましょう。
帰路は山科経由ではなく、湖西線を北上して、近江塩津から米原に出ました。きょうは琵琶湖を一周したことになりました。

感想/記録

山歩きのルートといえば「ピストン」か「縦走」が多いですが、きょうは「横断」という一風変わった行程でした。急坂を登り詰めたあとの草原帯と、琵琶湖の大展望が印象的でした。
訪問者数:287人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/4/22
投稿数: 644
2017/9/10 23:00
 関西方面進出?
スムーズなアプローチに感心します。
公共機関でいくと時間かかるけど、縦走や横断が出来るのがメリットですね。
比良系は未踏なので気になるところ。。。
コバエのような虫も非常に気になり躊躇しますな〜^^;
登録日: 2013/6/15
投稿数: 206
2017/9/11 7:22
 Re: 関西方面進出?
比叡山は行ったことあるけど、比良山系は初めてでした。虫が多いのは御殿山までで、あとは快適でしたよ。関西にもいい山がありそうなので、たまに出掛けてみようと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ