また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1251261 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

香取〜甲川〜甲ヶ山〜大休峠〜香取

日程 2017年09月09日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ後ガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間5分
休憩
1時間23分
合計
8時間28分
S香取登山口07:2008:20甲川甲ヶ山取り付き08:3210:19甲ヶ山の肩10:2010:47甲ヶ山10:5211:49小矢筈12:3313:00矢筈ヶ山13:191300mピーク13:2013:53大休峠14:1315:08香取分れ15:45香取登山口15:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
香取〜甲川〜稜線までは多少の薮漕ぎ。
稜線〜ゴジラの背〜甲ヶ山〜矢筈ヶ山は激薮漕ぎ!
矢筈ヶ山〜大休峠小屋は刈ってあります。ありがとうございます。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

今日も会社のHくんを誘って大好きな甲川コースを案内しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も会社のHくんを誘って大好きな甲川コースを案内しました。
それではレッツラゴーン🎵
p(^-^)q
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それではレッツラゴーン🎵
p(^-^)q
途中、笹の夜露を払いながら甲川の分岐ポールに到着。
途中の植林帯終わりで道を間違えてそのまま甲川に落ちる所でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、笹の夜露を払いながら甲川の分岐ポールに到着。
途中の植林帯終わりで道を間違えてそのまま甲川に落ちる所でした。
水と苔が綺麗です♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水と苔が綺麗です♪
1
対岸を登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
対岸を登っていきます。
せっかく買ったのでヘルメットを着用します。バンダナ巻いてから被ってます。案外蒸れません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかく買ったのでヘルメットを着用します。バンダナ巻いてから被ってます。案外蒸れません。
ブドウみたいな木がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブドウみたいな木がありました。
涸れた沢をしばらく登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸れた沢をしばらく登ります。
沢の水がある箇所を左山側の巻き道に別れてよじ登ります。
沢を登る必要はありません。
新しい虎ロープがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の水がある箇所を左山側の巻き道に別れてよじ登ります。
沢を登る必要はありません。
新しい虎ロープがあります。
しばらく急登を手足を使ってよじ登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく急登を手足を使ってよじ登ります。
ロープを使って小さい涸れ沢を渡ります。ここも足場が悪いので注意です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープを使って小さい涸れ沢を渡ります。ここも足場が悪いので注意です。
左手のロープを掴んで、滑り安い沢を渡ります。
ここが一番危険です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手のロープを掴んで、滑り安い沢を渡ります。
ここが一番危険です。
運を天に任せて覚悟を決めて渡ります。(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
運を天に任せて覚悟を決めて渡ります。(笑)
切れそうな虎ロープに身を任せて登ります。動画あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切れそうな虎ロープに身を任せて登ります。動画あり。
しばらく谷筋を登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく谷筋を登ります。
細い虎ロープが谷筋をふさいでる所が出てきますと分岐点。
左側に道が別れます。
初めて来た時は虎ロープが無くてそのまま谷筋をじかに稜線まで直接登り、えらい目に遭いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
細い虎ロープが谷筋をふさいでる所が出てきますと分岐点。
左側に道が別れます。
初めて来た時は虎ロープが無くてそのまま谷筋をじかに稜線まで直接登り、えらい目に遭いました。
分岐点から稜線への道。
ここも急登でつかれます。
(;>_<;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐点から稜線への道。
ここも急登でつかれます。
(;>_<;)
稜線の分岐ポールに到着。
ここからの稜線道は矢筈ヶ山まで激薮漕ぎでした。
行政か誰か整備してくれないかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の分岐ポールに到着。
ここからの稜線道は矢筈ヶ山まで激薮漕ぎでした。
行政か誰か整備してくれないかな?
可愛らしい赤い実
ミヤマシキミ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
可愛らしい赤い実
ミヤマシキミ?
ゴジラの背に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴジラの背に到着
甲ヶ山山頂に到着。
\(^o^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲ヶ山山頂に到着。
\(^o^)/
2
岩肌を慎重に下りていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩肌を慎重に下りていきます。
赤い丸印がリニューアルされてました。前回は消えて分かりにくかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い丸印がリニューアルされてました。前回は消えて分かりにくかった。
リンドウが咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウが咲いてました。
 
イワショウブ(ユリ科)
寒冷な氷河期に分布していた
氷河時代の遺存植物であるらしい。 この場所が南限のようです。
トラノオじゃなかったみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 
イワショウブ(ユリ科)
寒冷な氷河期に分布していた
氷河時代の遺存植物であるらしい。 この場所が南限のようです。
トラノオじゃなかったみたい。
リンドウのブルーが鮮やかです。
甲ヶ山に沢山咲いてました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウのブルーが鮮やかです。
甲ヶ山に沢山咲いてました。
1
甲ヶ山の終盤です。
ここはいつもどのルートが正解なのか悩みます。
今日は真ん中の方へロープを引っかけて降下しました。
水平方向は岩肌が濡れて滑りそうでした。
向かって右側は上り下りが急すぎますが、赤丸はこちら側にについてたが…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲ヶ山の終盤です。
ここはいつもどのルートが正解なのか悩みます。
今日は真ん中の方へロープを引っかけて降下しました。
水平方向は岩肌が濡れて滑りそうでした。
向かって右側は上り下りが急すぎますが、赤丸はこちら側にについてたが…。
フウリンウメモドキ(モチノキ科)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フウリンウメモドキ(モチノキ科)
甲ヶ山を振り返って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲ヶ山を振り返って
1
小矢筈ヶ山で昼食をとってロープ場を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小矢筈ヶ山で昼食をとってロープ場を下ります。
小矢筈ヶ山を見上げます。
下から見上げるほうが怖く見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小矢筈ヶ山を見上げます。
下から見上げるほうが怖く見えます。
ここから薮が刈ってあります。
大変だったろうに。
業者か誰だか知りませんがありがとうございます。快適に歩けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから薮が刈ってあります。
大変だったろうに。
業者か誰だか知りませんがありがとうございます。快適に歩けます。
香取別れを右に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香取別れを右に。
ブナ林の素敵な道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林の素敵な道。
駐車スペースに到着。
お疲れ様でした。
(´・ω・`)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車スペースに到着。
お疲れ様でした。
(´・ω・`)/

感想/記録
by shunku

山陰では珍しい岩山ルートの甲ヶ山。

大好きなルートを登山を始めたHくんに教えたくて一緒に楽しんできました。

最初は夜露に濡れながら甲川を目指しましたが、途中樹林帯の終わりで分岐を見落として甲川に降りるルートを間違えました。何度か通っているので間違えに気付きましたが初めてなら分かりにくいかも。GPSも役に立ちました。
概ね最初はピンクテープが沢山ありますが甲川以降はルートが分かりにくいです。

初めて、甲川ルートを通った時には間違えて、谷筋を稜線まで木を掴まりながら命からがらで登りました。
今はスマホでGPSが簡単に使えて、道迷いも少なくなり便利な世の中になりました。

また、紅葉のシーズンにのんびり歩きたいです。

甲川から登り


訪問者数:291人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ