また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1253030 全員に公開 ハイキング赤目・倶留尊高原

倶留尊山(中太郎生から周回)---ミサイル発射準備完了の『証拠』見つけた!

日程 2017年09月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西浦峠登山口近くの空き地に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間31分
休憩
1時間21分
合計
4時間52分
S駐車地09:3510:29西浦峠10:43三つ岩10:5211:27倶留尊山12:1012:34二本ボソ12:4513:17亀山峠13:3514:27駐車地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は危険箇所特にありませんが、三重県側は切り立った崖になっています。(樹木が生えているので怖くありませんが)
岩場、ロープ場などあり。傾斜もそれなりにきつい所もあります。
亀山峠からの下りで、マムシと遭遇しました。
その他周辺情報日帰り温泉は、道の駅「みつえ」に『姫石の湯』、曽爾高原ファームガーデン『お亀の湯』などがあります
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

9:40 西浦峠への登山口近くの空き地に車を停めて出発です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:40 西浦峠への登山口近くの空き地に車を停めて出発です
駐車地近くでは早速赤のゲンノショウコや
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地近くでは早速赤のゲンノショウコや
1
白のゲンノショウコなどがお出迎えです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白のゲンノショウコなどがお出迎えです
1
これはアズキの花?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはアズキの花?
2
9:49 ここから登山道に入ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:49 ここから登山道に入ります
はじめは綺麗に手入れされた杉の植林帯の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はじめは綺麗に手入れされた杉の植林帯の中
幅の広い作業道を横切って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅の広い作業道を横切って
マムシグサの実、まだ青い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マムシグサの実、まだ青い
ヤマジノホトトギス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマジノホトトギス
2
面白い花!緑色で茎から直接出ているような...何でしょう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面白い花!緑色で茎から直接出ているような...何でしょう?
1
10:42 登山道はここを右ですが、真っ直ぐ三ツ岩に寄ってみます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:42 登山道はここを右ですが、真っ直ぐ三ツ岩に寄ってみます
少し奥に入ると絶壁の上に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し奥に入ると絶壁の上に出ました
大洞山の麓に太郎生の部落が見えてきました。稲刈りを待つ田んぼが金色に輝いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山の麓に太郎生の部落が見えてきました。稲刈りを待つ田んぼが金色に輝いています
1
谷の向こうにこれから登る倶留尊山が聳えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の向こうにこれから登る倶留尊山が聳えています
私は、尼ヶ岳、大洞山を背景に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は、尼ヶ岳、大洞山を背景に
2
伊賀富士、尼ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊賀富士、尼ヶ岳
大洞山、左が雄岳、右が雌岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大洞山、左が雄岳、右が雌岳
1
尖がって見えるのは局ヶ岳でしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖がって見えるのは局ヶ岳でしょう
分岐まで戻り、一旦下って三ツ岩を仰ぎ見ます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐まで戻り、一旦下って三ツ岩を仰ぎ見ます
さあ、倶留尊山へGo!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、倶留尊山へGo!
急登を登りつめていくと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登りつめていくと
入山料徴収の小屋(こちらは休みのようですが)が見えて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入山料徴収の小屋(こちらは休みのようですが)が見えて
更にモノラックレールの線路をたどり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更にモノラックレールの線路をたどり
シコクママコナの群落
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクママコナの群落
1
山頂が見えました〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えました〜
11:28 倶留尊山山頂到着!撮って頂きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:28 倶留尊山山頂到着!撮って頂きました
6
早速ベンチにて昼食。今日は久しぶりにアルコールバーナーでラーメンを中心にしたメニューを考えていましたが...ややっ、なんと燃料のアルコールのボトルを入れ忘れた〜トホホ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早速ベンチにて昼食。今日は久しぶりにアルコールバーナーでラーメンを中心にしたメニューを考えていましたが...ややっ、なんと燃料のアルコールのボトルを入れ忘れた〜トホホ
3
で、ご飯にポットのお湯を入れ卵と野菜もいれ、ラーメンのスープで雑炊風に仕上げました...まぁ、まずまずのお味で...お腹もいっぱいになりましたよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、ご飯にポットのお湯を入れ卵と野菜もいれ、ラーメンのスープで雑炊風に仕上げました...まぁ、まずまずのお味で...お腹もいっぱいになりましたよ
4
デザートはコーヒーと花子さんの大好きな(ドラえもんみたい?)どら焼きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デザートはコーヒーと花子さんの大好きな(ドラえもんみたい?)どら焼きです
3
南西方向に展望が開けています。手前にこれから行く二本ボソ、その奥に後古光山から古光山、 さらにその奥に高見山の姿が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南西方向に展望が開けています。手前にこれから行く二本ボソ、その奥に後古光山から古光山、 さらにその奥に高見山の姿が!
山名板にトンボが停まっていました。秋ですネ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名板にトンボが停まっていました。秋ですネ
12:11 さあ、下山です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:11 さあ、下山です
岩場の急降下!ロープもありますョ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場の急降下!ロープもありますョ
左側はすとんと切れ落ちていますョ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側はすとんと切れ落ちていますョ
再び登りに転じて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び登りに転じて
12:35 二本ボソ到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:35 二本ボソ到着!
2
稜線の先に亀山峠、亀山、後古光山、古光山と続き奥に高見山が聳えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の先に亀山峠、亀山、後古光山、古光山と続き奥に高見山が聳えています
直下の「イワシの口」に下りて、山々にリコーダーを響かせました〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直下の「イワシの口」に下りて、山々にリコーダーを響かせました〜
2
ここから上がってきました。左端に倶留尊山、そして尼ヶ岳、大洞山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから上がってきました。左端に倶留尊山、そして尼ヶ岳、大洞山
モノラック、管理人さんたちはこれで上がってくるのでしょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノラック、管理人さんたちはこれで上がってくるのでしょう
二本ボソ側の管理棟で入山料支払います。1人500円
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本ボソ側の管理棟で入山料支払います。1人500円
こちらも少し岩場があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも少し岩場があります
曽爾高原の良く見える所で記念撮影。「写真撮りましょうか」と声かけて頂きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曽爾高原の良く見える所で記念撮影。「写真撮りましょうか」と声かけて頂きました
2
ススキに揺れる曽爾高原...の筈でしたが、あまりススキが見当たりません。これからなのかなぁ...?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキに揺れる曽爾高原...の筈でしたが、あまりススキが見当たりません。これからなのかなぁ...?
1
ススキを入れて演出してみました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキを入れて演出してみました
2
白花のゲンノショウコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白花のゲンノショウコ
1
赤い屋根の国立曽爾少年自然の家
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い屋根の国立曽爾少年自然の家
真っ赤に熟した野イチゴ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ赤に熟した野イチゴ
1
ツリガネニンジン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン
1
涼しい風が下から上がってきます。ここで小休止
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涼しい風が下から上がってきます。ここで小休止
2
ベニバナゲンノショウコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニバナゲンノショウコ
1
花が終わって雌しべがロケットのように伸びてきているものもありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花が終わって雌しべがロケットのように伸びてきているものもありました
ノコンギクかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギクかな?
亀山峠からは植林帯の中の道、途中、マムシに出会ってしまいましたよ(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
亀山峠からは植林帯の中の道、途中、マムシに出会ってしまいましたよ(汗)
東海自然歩道になっています。石畳ですが、雨の後なのか苔むしていてちょっと滑りやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道になっています。石畳ですが、雨の後なのか苔むしていてちょっと滑りやすい
13:57 林道からの登山口に出ました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:57 林道からの登山口に出ました
そばに「くろそ山荘」があります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そばに「くろそ山荘」があります
道の脇にはゲンノショウコが沢山咲いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の脇にはゲンノショウコが沢山咲いています
今登ってきた倶留尊山から二本ボソ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今登ってきた倶留尊山から二本ボソ
ここにもミサイル発射準備完了の「現の証拠」(ゲンノショウコ)を見つけました!この後、実は熟すにつれ乾燥、タテに咲けると同時にまくれ上がって基部にあった種子を1mも飛ばすらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもミサイル発射準備完了の「現の証拠」(ゲンノショウコ)を見つけました!この後、実は熟すにつれ乾燥、タテに咲けると同時にまくれ上がって基部にあった種子を1mも飛ばすらしい。
1
14:28 駐車地に戻ってきました。お疲れ様!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:28 駐車地に戻ってきました。お疲れ様!
1

感想/記録
by inbsj

 先週、三峰山山頂で出会ったゲンノショウコ、調べてみるとなかなか面白い!下痢や腹痛の民間薬というのは「現の証拠」という名前と共に知っていたが、種の飛ばし方がとてもユニーク。受粉すると、果実がくちばし状に伸びて、下部に5個の種を蓄える。萼片がそのまま残って台座のようになって、雌しべがまっすぐ上に伸びた姿は、まるでロケットのよう。そして、熟するにつれ乾燥して、縦に裂ける、と同時にまくれ上がって基部にあった種子を遠くへ投げ飛ばす。まくれ上がった後の姿は御神輿に似ているので「ミコシグサ」の別名を持つというそうだ。
 今日の倶留尊山周回では、出発から到着まで、いろいろな所でゲンノショウコと出会った。最近はどこかの国のミサイル発射云々が取りざたされているが、私たちも遂に、ミサイルの発射準備完了の模様の「現の証拠」を見つけたという次第です。手で少し触れてみたが、まだ青くもう少し発射には時間がかかるかな?という具合でしたが、来週にでもどうかなと、ワクワクした気持ちです。
 曽爾高原のススキの方は、何か年々ススキが少なくなってきているような感じですが、どうでしょう。人の出も少なかったように思います。でもまあ、三ツ岩、倶留尊山、二本ボソそして曽爾高原の展望広場とそれぞれ良い展望があり、景色も満喫しました。
 その他、いろいろな秋の花や風景にも出会えて、ゆったりした休日を過ごせました。ただ、昼食のために用意したアルコールバーナー、肝心の燃料を忘れてくるとは...大チョンボ!ポット2本にお湯を持って行っていたので何とか温かく食べられましたが、久しぶりだと抜けることも多そうです...ま、でもいい1日でしたよ!!
訪問者数:1026人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/16
投稿数: 3088
2017/9/11 0:08
 いい山に行かれたね。
燃料忘れたって?
「し、しまった!」
「え?しまったんなら、あけたら?次郎ちゃん。ウッフフ
「うまい!花ちゃん。座布団1枚!でも燃料だがや!忘れて来た〜
いいんですよ。
寅だって、ガス切れで、うどんが中途半端な硬さで食べたことあるしね。
お箸忘れは、一度や二度ではにゃーで!
木の枝で代用したね。

ゲンノショウコのお話よかったです。勉強になりました。
まさか 燃料入れ忘れて発射せず!なんて事は・・・
響き渡るリコーダーの音色、最高だがや!
一度聴いてみたいです。
曽爾高原のススキは未だなんだね。
登録日: 2012/5/28
投稿数: 322
2017/9/11 18:46
 Re: いい山に行かれたね。
寅さん、今晩は
コメント有難うございます

そう、この頃何か抜けてんのよ(って前からかも...)
でも、ポットのお湯がこんなに大活躍するとは!大発見でした!
『中途半端な硬さのうどん』、ああ、食べたくないような...微妙な感じですね
ゲンノショウコ、すっかり虜になりましたぁ〜
次はぜひ、ミサイルを発射した後の御神輿を見てみたいな
出来れば、発射の瞬間に立ち会えたら、と思ったら、ワクワクします

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ