また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1253892 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

やっと晴れた!!ひさびさ山登りは越後駒ヶ岳 駒の小屋へビールとお酒担いで大宴会

日程 2017年09月09日(土) 〜 2017年09月10日(日)
メンバー
天候1日目はれ 2日目はれのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小出ICより行きは峠道、帰りはシルバーライン
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち90%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間45分
休憩
4分
合計
4時間49分
S枝折峠登山口07:1807:52明神峠08:59道行山09:0209:55小倉山09:5610:40百草の池12:07駒の小屋
2日目
山行
2時間56分
休憩
4分
合計
3時間0分
駒の小屋07:3508:19百草の池08:2008:47小倉山08:4809:22道行山09:2310:12明神峠10:31枝折峠登山口10:3210:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
数カ所岩場があり手を使うところがありましたが、危険箇所はありませんでした。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 40Lザック サングラス インナーフリース チェーンスパイク ゲイター ダブルストック 雨具 プラティパス ハイドレーション1.5 昼ご飯 ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ロールペーパー 携帯 ストック ナイフ 一眼レフ 18-55mm ザーマクッション 寝袋(子供キャンプ用) エアマット まくら

写真

枝折峠の滝雲 カメラマン多数いました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
枝折峠の滝雲 カメラマン多数いました
駒の小屋二階に陣取り
この日は20名ほど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒の小屋二階に陣取り
この日は20名ほど
1
朝日があたる八海山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日があたる八海山
1

感想/記録

久しぶりの山登りとなりましたね。7月の早池峰以来という2か月ぶり。夏山のシーズン中なのに考えられんです。この夏の天気は週末になると悪くなるもんだから2か月も開いてしまったではないか。いろいろと計画していましたが週末の2日で車をつかえるという条件で越後駒ヶ岳にしました。もともとこの夏は夏休みで飯豊全山縦走を計画しており、その計画では避難小屋泊のため寝袋持参は避けられないため予行練習として避難小屋1泊でいける山行を計画しておりました。飯豊も悪天候で流れましたがその予行山行のこの越後駒ヶ岳ものびのびとなっていたというわけでございます。やっと週末二日間の天気が上々という予報でしたので気合入れて仕事をこなしつつ体調整え万全の体調と準備で臨んだ次第です。車を自由に使えない身分としましては越後駒は夜行バスと新幹線を利用しての山行も計画しておりましたが、今回は車を使わせていただいたということもあり枝折峠からの1泊ピストンでいってまいりました。今回はむすこ君の寝袋の使用感、モンベルのエアマットと寝袋の使用法と使用感 という目的もありまたこれらの機材をふくめ12〜13kgの重さをしょってどれくらいいけるのかというのも確かめるための山行でもありました。きつかったです。ひさしぶりの山登りと過去最も重い荷物に完全にやられました。コースタイム6時間 まいて5時間を見込んでいましたが時間こそほぼ予定通りでした体がきついのなんのって もうへろへろです。駒の小屋でのビールだけをモチベーションにひたすら高度と距離をかせいでいきました。暑さも厳しかったですがからっとした秋晴れと日陰歩き、時より吹く涼しい風に助けられつつなんとか小屋に到着しました。小屋番さんに宿泊を告げ登山者名簿に記入し、2000円の今日料金は支払います。まずは小屋の2階の一番奥&角へ寝床を確保し今回デビューのエアマットとまくらをふくらませ寝袋をセットいたしました。小屋番さんの話では15時にヘリが来て汚物の回収をするとのことでしたので、バーナーを使った料理はヘリ作業が終わった後にするとして、小屋前の水場で冷やしておいたビールをぐびっといきます。嗚呼感無量なり。持参した冷凍の枝豆でビールをやりつつ切り干し大根とホタテ缶のサラダをつくりさらにもう1本のビールとともにいただきました。結局予定したヘリの作業は気流がよくないとのことで翌朝に延期となり、すぐにメインの豚もつ鍋の作成に取り掛かります。もつは下ゆでしてあるし、野菜もかっとしてきてあり、味付けは鍋キューブで簡単に済ませましたがこれがなんとも絶品の味わいで大変満足でございました。日が暮れて星空もきれいに広がり最高の時間をこれまた持参した日本酒とともに過ごしましたよ。新潟の若者二人と意気投合し楽しく話し9時くらいに就寝となりましたがむすこ君の寝袋は若干さむかったような感じでこれはちょっと考えないとでした。来年は寝袋買わないとだな。翌日は日の出に合わせて4:30に起床し小屋前で日の出を待ちましたが雲が広がり日の出鑑賞とはなりませんでした。そのままの軽装備で山頂までということにし朝食前に朝日がのぼりつつある越後駒ヶ岳の山頂に立つこととなりました。
山頂からは中岳と八海山の越後三山のふた山はもちろんのこと、近くでは燧ケ岳、至仏山の尾瀬ツートップや平ケ岳、会津駒ヶ岳の近隣の山々はもちろん、飯豊山も確認できました。小屋に戻り朝食をすませ下山は毎度の早送りモードで駆け下り11時前には無事下山となりました。帰りはシルバーラインをとおり小出インター近くの道の駅にてきのこそばの昼食をすませ、お土産に新潟産のぶどうを買いまして家路につきました。
久しぶりの山でしたのでいつも以上に山の楽しさに大満足の山旅となりました。
訪問者数:164人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ