また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1254227 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

土樽ー茂倉岳ー一ノ倉岳ー谷川岳ー天神平

日程 2017年09月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れー曇りー晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き
新幹線で越後湯沢
8:13発 上越線水上行き 土樽下車
帰り
バス 16:10発 谷川岳ロープウェイ駅ー水上駅
水上駅 16:47発高崎行き
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間25分
休憩
34分
合計
6時間59分
S土樽駅08:3508:51水場/高波吾策像08:5209:00茂倉新道登山口10:49矢場ノ頭10:5712:05茂倉岳避難小屋12:0812:22茂倉岳12:2312:39一ノ倉岳12:5213:16ノゾキ13:1713:58谷川岳14:10谷川岳(トマノ耳)14:1114:15谷川岳・肩の小屋14:2014:28天神ザンゲ岩14:2914:42天狗の留まり場15:05熊穴沢避難小屋15:21天神平・天神峠分岐点15:28天神尾根・田尻尾根分岐点15:33天神平15:34ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは土樽駅前にあります。
トイレは茂倉岳避難小屋と谷川岳肩の小屋にあります。どちらもチップ制です。
茂倉新道 樹林帯下部は岩の多い難路。標高1200mより上部は矢場ノ頭手前まで木の根を越える悪路。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

土樽駅から歩いて行くと正面にこれから登る茂倉岳が見えました。
2017年09月10日 08:53撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土樽駅から歩いて行くと正面にこれから登る茂倉岳が見えました。
2
難路を登り切って矢場ノ頭。茂倉岳山頂は雲の中。
2017年09月10日 10:53撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
難路を登り切って矢場ノ頭。茂倉岳山頂は雲の中。
1
山裾を縫って走る高速道が見えました。
2017年09月10日 10:55撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山裾を縫って走る高速道が見えました。
1
茂倉岳への登山道でたくさん咲いていた白い花。梅鉢草かな。
2017年09月10日 11:17撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳への登山道でたくさん咲いていた白い花。梅鉢草かな。
1
茂倉岳山頂。
2017年09月10日 12:25撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茂倉岳山頂。
1
続いて一ノ倉岳山頂。
2017年09月10日 12:42撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて一ノ倉岳山頂。
1
谷川岳東面。
2017年09月10日 13:07撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳東面。
1
西風で新潟側からガスが流れていました。
2017年09月10日 13:33撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西風で新潟側からガスが流れていました。
1
白毛門方面。
2017年09月10日 13:40撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白毛門方面。
1
スッパと切れ落ちた断崖。
2017年09月10日 13:46撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スッパと切れ落ちた断崖。
3
オキの耳到着。
2017年09月10日 14:02撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキの耳到着。
3
トマの耳到着。
2017年09月10日 14:13撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トマの耳到着。
2

感想/記録

週末は天気が良さそうなので日曜日に谷川岳に行くことにしました。
一ノ倉岳、茂倉岳も回りたいので、土合口から上がるか土樽を出発点とするか検討した結果、帰りの交通手段を考えて土樽から茂倉新道で上がることにしました。

新幹線で越後湯沢へ。上越線に乗り換えて土樽で下車。
登山客風の皆さんは土合まで行くようでした。
土樽駅から歩き始めました。
途中、万太郎山、茂倉岳を眺めることができました。この時点では山頂に雲はかかっていませんでした。

道標に従って分岐点で橋を渡りしばらく行くと駐車場があり、この辺りから登山道になりました。
樹林帯の登山道です。
登り始めは傾斜の急な岩の多い道です。
標高900mくらいから傾斜がやや緩くなり歩き易くなりました。
標高1200mを過ぎると今度は木の根を何度も跨いで超える悪路になり、矢場ノ頭直前まで続きました。

矢場ノ頭で小休止。登山口からここまで約1時間50分。
南側には谷川岳主脈の山々が見えるのですが、山頂は雲の中。これから向かう茂倉岳山頂方面も雲に覆われていました。

矢場ノ頭以降は森林限界を超えているので本来なら360度見渡せるのですが登るにつれてガスが濃くなり真っ白な中を歩きました。

茂倉岳避難小屋で小休止。トイレを借りました。
避難小屋から山頂までは13分程で到着。土樽駅出発から約3時間50分で到着しました。
ガスで眺望はありませんでした。
続いて一ノ倉岳。15分程で到着しました。
この頃から時折雲が切れて日が差すようになりました。
山頂付近で昼食休憩。
一ノ倉岳側から谷川岳東面を撮影しようと待ち構えますがガスが切れそうに無くやむなく出発。
以降、ガスが切れるたびにカメラを出して撮影しながら進みました。

オキの耳には一ノ倉岳出発から60分で到着。
オキの耳からトマの耳にかけては多くの登山者が休憩していました。

肩の小屋前で最後の小休止。
計画ではロープウェイ駅15:50のバスに乗る予定でした。
肩の小屋出発が計画よりやや遅れ目だったので少し早めに歩きたかったのですが下りの渋滞に3度程はまりペースを上げられず15時33分に天神平に到着。
15:50分のバスはロープウェイの渡り廊下から見送りました。

今回の山行の感想。
秋になり歩き易い気候で、然も日帰り登山の装備ということで快調に歩けました。
ただ、人気の山に日曜日に入るのはやはり考え物かと自省しています。
訪問者数:221人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ