また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1255883 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

八ヶ岳縦走(御小屋山〜阿弥陀岳〜赤岳)

日程 2017年09月09日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 まい旅バス 竹橋〜美濃戸登山口
    
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間10分
休憩
0分
合計
8時間10分
S美濃戸登山口05:3013:40赤岳展望荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目 美濃戸登山口〜阿弥陀岳〜赤岳縦走 8時間10分
美濃戸登山口5:30〜7:15御小屋山〜8:00不動の清水〜8:40不動の峰〜9:50阿弥陀岳10:15〜10:30行者小屋分岐10:40〜11:00中岳11:20〜12:20赤岳山頂13:10〜13:40赤岳展望荘
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸登山口 八ヶ岳山荘 出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸登山口 八ヶ岳山荘 出発
1
美濃戸 別荘地へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸 別荘地へ
不動の清水 分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動の清水 分岐
急登り 御小屋山 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登り 御小屋山 
不動の峰? 山越え 阿弥陀山頂全景が見えた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動の峰? 山越え 阿弥陀山頂全景が見えた
1
森林限界 九十九折
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界 九十九折
南は権現岳 編笠山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南は権現岳 編笠山
1
最後の登り 山頂へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り 山頂へ
阿弥陀岳 山頂到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳 山頂到着
3
東・西天狗岳 全景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東・西天狗岳 全景
1
中岳・赤岳 全景
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳・赤岳 全景
3
阿弥陀岳 下山 梯子
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳 下山 梯子
1
中岳 山頂 阿弥陀岳展望
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳 山頂 阿弥陀岳展望
1
中岳 トレランのGループと遭遇 周回日帰りだそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳 トレランのGループと遭遇 周回日帰りだそうです。
赤岳 全景 快晴です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳 全景 快晴です。
1
振り返ると 中岳 ミニ富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると 中岳 ミニ富士山
1
阿弥陀岳 全景 この絵がいいね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳 全景 この絵がいいね。
1
文三郎尾根 分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根 分岐
1
お馴染み 新調されていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お馴染み 新調されていました。
5
名所 山梨百名山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名所 山梨百名山
1
諏訪湖とコラボの阿弥陀岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖とコラボの阿弥陀岳
2
ヘリが食料運搬 超ズーム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリが食料運搬 超ズーム
山頂より山頂小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より山頂小屋
展望荘と横岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望荘と横岳方面
2
ガレで滑りやすい要注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレで滑りやすい要注意
1
県界尾根 分岐 小屋側
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県界尾根 分岐 小屋側
ガスの横岳 方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの横岳 方面
1
夏空の雲海 富士山展望なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏空の雲海 富士山展望なし
1

感想/記録
by asayu

みなさんおはようございます。今年の夏は猛暑の連続で耐えがたい日々でした。約二カ月の山休みを経て、天候と異常気象を外してようやく1泊登山で、人気の八ヶ岳縦走登山を楽しんできました。今回は、メインコースを外して未踏の登山道を歩こうと計画を立ててみました。その一つは御小屋山へ美濃戸登山口から阿弥陀岳の御小屋山経由の直登コースと北八ヶ岳の苔生すシラビソの樹林帯を黒百合ヒュッテから渋の湯コースを歩いて見ました。久し振りに大自然の風景と森林浴を満喫できました。

一日目 阿弥陀岳直登コースは、美濃戸より別荘エリアを抜けて、樹林帯へ道はしっかりわかりやすい始めの急登です。御小屋の山頂は展望なく通過点でした。暖機運転のような足慣らしで身体も慣れてきた。山頂からは、不動の清水までは、アップダウンなく平坦な登山道で快適に歩けますが、通過後は本格的な急登で300m程大きな山越え、だれもが山頂かと思う期待を裏切り不動の峰に到着、一気に視界が開けて展望が良くなり仰げば、あっあれこそが間違いなく山頂と二度目の期待を又裏切られるも景色は最高です。疲れも吹っ飛んできました。最後のピークを越えて岩場の尾根を100m歩く先が山頂でした。

お疲れ様でした。目標の山頂には6名ほどの登山者が寛いでいます。10分ほどの休憩です。途中で御一緒した登山者と山談義を楽しみながら下山へ分岐点まで案内、南沢から美濃戸へ日帰されました。この先は、中岳を越えて赤岳へ久しぶりの岩山です。慎重に確実に足を進めて山頂へ到着です。一気に登山者も増えて活気があり賑やかです。ちょうど12時半近くです。あとは山小屋までです。景色と風と匂いを感じて1時間ほどゆっくりと楽しみました。今日は晴れ時々雲り気温20度前後の良い登山でした。宿泊は赤岳展望荘。お馴染みのバイキングの夕食でお腹を満腹に満たして就寝した。噂の五右衛門風呂は、浸かるだけですがシャワーもありさっぱりできるそうです。寝具は寝袋仕様。
訪問者数:161人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ