また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1265486 全員に公開 ハイキング白神山地・岩木山

岩木山

日程 2017年09月17日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ 山頂は 雲の中
アクセス
利用交通機関
車・バイク
嶽温泉登山者駐車場に駐車


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間16分
休憩
26分
合計
5時間42分
Sスタート地点08:5309:01岩木山神社09:48カラスの休場10:05姥石11:02焼止り避難小屋11:1011:46錫杖清水11:4812:06種蒔苗代12:18鳳鳴ヒュッテ12:2512:47岩木山13:07鳳鳴ヒュッテ13:22岩木山八合目駐車場13:3114:35嶽コース登山口14:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
活動距離 12.1km
高低差 1,444m
累積標高 上り 1,537m
     下り 1,329m
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所はありません。
ただし 粘土層の 良く滑る 登山道です。
その他周辺情報バス停にトイレあり 温泉街のため 入浴施設 売店多数あり
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ 予備電池 地形図 コンパス 筆記具 保険証 飲料 トイレットペーパー バンドエイド タオル 携帯電話 計画書 雨具 ストック 飲料水 時計 非常食2食 食事1食 シリアルバー他 医薬品 カメラ ツエルト

写真

岩木神社にお参りしてスタート 左手に 登山道があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩木神社にお参りしてスタート 左手に 登山道があります。
公園になっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園になっている
今日は トレランか何かの大会があるみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は トレランか何かの大会があるみたいです。
救援依頼が多いのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
救援依頼が多いのかな?
こんな感じの登山道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの登山道です。
少し開けたので 取ってみた 視界はあまりよくない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し開けたので 取ってみた 視界はあまりよくない。
ナナカマドは色好き始めている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドは色好き始めている。
こんな感じの天気です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの天気です。
避難小屋 頭上注意と 書いてありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋 頭上注意と 書いてありました。
台風の影響が 多少出てきている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の影響が 多少出てきている。
冷たくて おいしい水でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷たくて おいしい水でした。
景色は こんな感じです。
ここはまだ景色が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色は こんな感じです。
ここはまだ景色が見えました。
1
山頂到着 視界は ありません。
山頂に避難小屋 トイレ 社 三角点ありました。
下界から見た 傘雲の中にいるからだと 思います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着 視界は ありません。
山頂に避難小屋 トイレ 社 三角点ありました。
下界から見た 傘雲の中にいるからだと 思います。
1
台風の影響が出る前にと思い ほぼ休憩なしで 下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の影響が出る前にと思い ほぼ休憩なしで 下山

感想/記録

東北遠征 3見目
岩木山

岩木山に向かう途中 山には 傘雲が 掛かっていた。
嶽温泉駐車場に車を止めて バス停横のトイレで 用を済ませバスを待つ
まもなくバス到着 岩木神社に向かう
岩木神社までは 意外と長い また 都会と違い 意外と値段も高い。
仕方のないことだが。

ここにストレッチを済ませて まずは 参拝
登山の無事をお願いしてから
山門脇からスタート

今日は トレランか何かの 大会があるのかな 
途中 白線の矢印が 多々引いてあった。

スキー場の施設を過ぎて やっと 本格的な登山道。
やはり 足元は 滑る
ペースが劣る パートナーと 避難小屋待ち合わせで
自分のペースで 登る

合流して 少し休憩 
沢沿いを 登る 今度は 自分のほうが ペースが上がる 
石といっていいのか 岩といっていいのか
なぜか いつも ペースが上がる

途中 風のないところで パートナーを 待つ
池の脇をおとり 山頂直下の避難小屋に駆け込む
風が強い 山頂を前にして 燃料補給
体を温める 休憩後 一気に山頂へ向かう

案の定 視界はない 三角点タッチして
休憩後 下山開始 ほぼ 休憩なしで 登山口に到着
良く滑る グリップの利かない 登山道であった

ケガもなく 無事 3日間が 終わった。
良い山行になりました。

余談ですが 4日は 帰るだけが目的でしたが ひどい一日でした。
台風の影響で 電車は 車より 遅く どんどん抜かされる
おかげで パートナーは 予約していた新幹線には
間に合わなかった。
自分は 少し遅い 時間帯の はやてを 予約していたので
無事乗れました。昼食とそてかった駅弁は 最後の1個でした。
訪問者数:34人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ