また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1265904 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走阿蘇・九重

阿蘇山(高岳、仙酔峡尾根ピストン)

日程 2017年09月21日(木) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
通行止めの看板手前の駐車スペースに駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間51分
休憩
4分
合計
2時間55分
Sスタート地点07:5808:32阿蘇山東駅08:36仙酔峡登山口08:3709:38仙酔尾根分岐09:42阿蘇山09:4509:52仙酔尾根分岐10:35仙酔峡登山口10:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
仏舎利塔手前の道路に崩落箇所あり。その手前では法面の工事中。通過に関しては、全くの自己責任。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

通行止めの看板の手前に駐車。看板を過ぎて、来し方を振り返る。
2017年09月21日 08:08撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通行止めの看板の手前に駐車。看板を過ぎて、来し方を振り返る。
阿蘇山方向。しばらく仙酔峡尾根入り口まで、舗装路を歩く。
2017年09月21日 08:08撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿蘇山方向。しばらく仙酔峡尾根入り口まで、舗装路を歩く。
途中、法面の工事の横を通過させてもらい、仏舎利に近づく。その手前に道路崩壊箇所あり。
2017年09月21日 08:26撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、法面の工事の横を通過させてもらい、仏舎利に近づく。その手前に道路崩壊箇所あり。
仙酔峡尾根。
2017年09月21日 08:36撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙酔峡尾根。
廃墟となったロープウェイと関連施設。
2017年09月21日 08:36撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃墟となったロープウェイと関連施設。
仙酔峡尾根ルート登山口。
2017年09月21日 08:37撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙酔峡尾根ルート登山口。
火口周辺の入山規制の地図あり。中岳山頂は微妙に引っかかっている。なので、やっぱり高岳の往復ルートに決定。
2017年09月21日 08:37撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口周辺の入山規制の地図あり。中岳山頂は微妙に引っかかっている。なので、やっぱり高岳の往復ルートに決定。
橋を渡る。
2017年09月21日 08:38撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡る。
ルートは概ねこんな感じ。噴石は溶岩で固まっており、意外に登りやすい。
2017年09月21日 08:58撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルートは概ねこんな感じ。噴石は溶岩で固まっており、意外に登りやすい。
ようやく尾根に到着。一路頂上を目指す。
2017年09月21日 09:41撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく尾根に到着。一路頂上を目指す。
高岳頂上。道標が割れて、高なんだかよく見ないとわからない。
2017年09月21日 09:46撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高岳頂上。道標が割れて、高なんだかよく見ないとわからない。
1
南東側の火口丘。
2017年09月21日 09:54撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東側の火口丘。
仙酔峡道路に下りてきた。下の方にくると周りには牛が放牧されている。こんな看板初めて見ました。
2017年09月21日 10:41撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙酔峡道路に下りてきた。下の方にくると周りには牛が放牧されている。こんな看板初めて見ました。
駐車場到着。下山時は工事関係の方はもういなかった。
2017年09月21日 10:55撮影 by ILCE-7RM2, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着。下山時は工事関係の方はもういなかった。

感想/記録
by shutan

 九州百名山二座目は阿蘇山。終日高曇りの天気だった。仙酔峡尾根は予想以上にフリクションが効き歩きやすかった。道のマーキングもしっかりしており濃霧でも大丈夫だろう。アプローチまでの車道の崩壊が核心部といえば核心部か。そもそも通行止めのルートであり、工事の中を、道路わきを遠慮がちに通らせてもらったが、本当に通過に関しては自己責任でお願いしたいと思う。
訪問者数:691人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ