ヤマレコ

記録ID: 1268022 全員に公開 ハイキング奥武蔵

日和田山

日程 2017年09月25日(月) [日帰り]
メンバー
天候はれときどきくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日和田山登山口に駐車場あります。普段は300円ですが曼珠沙華祭り期間とのことで500円に値上げ中でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間55分
休憩
25分
合計
2時間20分
S日和田山登山口07:4508:05金刀比羅神社08:1008:15日和田山08:3509:15巾着田09:55あいあい橋10:05日和田山登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
男坂は思ったよりも岩場でした。
その他周辺情報巾着田にて曼珠沙華祭り開催中です。公園の入場には300円かかるようです。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 食器 地図(地形図) ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 タオル カメラ

写真

金刀比羅神社一の鳥居発見。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金刀比羅神社一の鳥居発見。
1
分岐で今日は男坂行ってみよっ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐で今日は男坂行ってみよっ!
滝不動尊がありました。自然の神様☆
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝不動尊がありました。自然の神様☆
男坂は結構ちゃんと岩場です。目印に従い登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂は結構ちゃんと岩場です。目印に従い登ります。
1
ガスってる下界は巾着田です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスってる下界は巾着田です。
金刀比羅神社にお参りしていざ山頂を目指します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金刀比羅神社にお参りしていざ山頂を目指します。
下山道は静かな山道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山道は静かな山道。
コスモスが咲き乱れていました!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コスモスが咲き乱れていました!
1
コスモス畑と日和田山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コスモス畑と日和田山。
1
曼珠沙華と日和田山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曼珠沙華と日和田山。
2
酔芙蓉。大ぶりで華やかなお花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
酔芙蓉。大ぶりで華やかなお花。
1
曼珠沙華の絨毯。光の陰影が織り成す景色。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曼珠沙華の絨毯。光の陰影が織り成す景色。
2

感想/記録

コスモス、曼珠沙華の時期に出掛けたかった日和田山。さくっと登山と巾着田お散歩です。
以前にも駐車した日和田山登山口の駐車場、曼珠沙華の時期に合わせて料金が500円になっていましたが、朝の時点で一番乗り。
駐車場からすぐの登山口を入ると、一の鳥居までいきなりの登りです。
赤土の山で少し滑るようなかんじだったので、慎重に進みます。
今日は山頂でパンとコーヒーのモーニングを食べようと朝食抜きのスタートなので、ちょっと馬力が足りない感じでしたが、なんとか一の鳥居の分岐に到着。以前は女坂を選んだので、今日は男坂へチャレンジです。
すぐに水場が現れ、御手水のある滝不動尊。神聖な雰囲気が漂います。
そしてそこから岩場が始まります。手をしっかり使わないと登れないようなところもあるので、足の踏み場を固めてよじ登ります。
進行方向にはペンキが記されているので、迷うことはありませんでした。
樹林帯の岩場を抜けると、巾着田方面が開けて一気に高度を稼いだことがわかります。
天気は悪くないのですが雲が多く、遠くの景色は視界不良でしたが、巾着田の巾着形はちゃんと見て取れました。
一気に登り第二の鳥居をくぐり、金刀比羅神社へ到着、見晴台になっていて晴天時には富士山も見えるとのこと。今日はあいにく遠くはほとんど霞んで見えませんでした。
一呼吸おいて神社にお参りしてすぐに山頂へ向け出発すると、ものの5分で日和田山山頂です。
北側に眺望が開けていますが、こちらも遠くははっきり見えません。
そして山頂にて待ちに待った太陽の下の朝食タイム!コーヒーをいれて、イチゴジャムサンドイッチを頬張ります。
甘さが体にしみわたり、ブラックコーヒーの苦味と相性抜群でした。
そこからは物見山方面へ下り、分岐で高麗の駅方面へ降りるルートで下ります。
静かな山道で誰ともすれ違わずに一気に下山。
そこからは庭先に咲く花々が優しく見守る山里情緒あふれる小道を抜けて、巾着田まで舗装路を進みます。
巾着田はさすがシーズン中だけあってすごい人でした。
遊歩道が設けられているので、ぐるりと一周。
コスモス畑では色とりどりの花がお出迎え、花越しに日和田山を臨むこともできます。
曼珠沙華は見頃を過ぎてきたといいながらも、赤い絨毯を敷き詰めたような光景が広がり、圧倒されました。
公園は有料ですが、外からみても十分迫力が伝わりました。赤色のインパクトも手伝っているのだと思います。
東側の入場口には1日のうちに白からピンクへ色づくという酔芙蓉が見事に咲き誇り、その存在感を放っていました。
ゆっくり巾着田をまわり最後はあいあい橋をわたり国道へ。
駐車場へと入る車の列ができるほどの混雑を横目に、登山口駐車場まで歩きます。
朝一番のりだった駐車場も、帰りには8割方埋まる盛況ぶり。
この時期の日和田山の人気がよくわかる秋のお散歩コース、わたしのお気に入りになりました!
訪問者数:94人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

ガス 水場 下界 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ