また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1272250 全員に公開 ハイキング奥武蔵

棒ノ嶺 白谷沢を往復

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白谷沢登山口付近に駐車スペースあり(10台位?)。
さわらびの湯の手前のおみやげ屋さんの前にも大きな駐車場があります。
こちらにはトイレもあります。(登山口まで20分程度?)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間42分
休憩
21分
合計
3時間3分
S白谷沢登山口12:0613:01岩茸石13:14権次入峠13:1913:33棒ノ嶺13:4914:01権次入峠14:15岩茸石15:09白谷沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
白谷沢を過ぎて、林道を横断したあとの岩茸石に向かう登山道が一部崩落気味(
土留が傾いている)です。特に雨後は注意しましょう。
その他周辺情報登山口下のさわらびの湯で温泉に入れます。
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 携帯 時計 ストック カメラ

写真

白谷沢登山口。薄日がさしている。
2017年09月30日 12:05撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白谷沢登山口。薄日がさしている。
1
振り返ると名栗湖。
2017年09月30日 12:05撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると名栗湖。
このコースは前半、滝が多い。
2017年09月30日 12:30撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースは前半、滝が多い。
上から滝を眺める。
2017年09月30日 12:34撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から滝を眺める。
林道を横切ります。たまに車やバイクが通って行く。ここからアクセスすれば、棒ノ嶺へは30分位短縮出来るかもしれないが、気持ちの良い沢歩きや滝を見ることが出来なくなる。
2017年09月30日 12:48撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横切ります。たまに車やバイクが通って行く。ここからアクセスすれば、棒ノ嶺へは30分位短縮出来るかもしれないが、気持ちの良い沢歩きや滝を見ることが出来なくなる。
こんなに整備されているところもある。
2017年09月30日 12:56撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなに整備されているところもある。
岩茸石。登る人もいる。
2017年09月30日 12:59撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石。登る人もいる。
半崩壊の丸太階段。右や左に迂回路、というか多くの人が歩いた登山道が出来ている。
2017年09月30日 13:15撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半崩壊の丸太階段。右や左に迂回路、というか多くの人が歩いた登山道が出来ている。
ゴンジリ峠。権次入峠とも。
2017年09月30日 13:19撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴンジリ峠。権次入峠とも。
数年前から通行止めになっている、山頂直下の責め苦の丸太階段の痕。
登山道は左側に付け替えられている。
2017年09月30日 13:22撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数年前から通行止めになっている、山頂直下の責め苦の丸太階段の痕。
登山道は左側に付け替えられている。
ここを登りきれば棒ノ嶺山頂!
2017年09月30日 13:23撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登りきれば棒ノ嶺山頂!
とーちゃく。まだ、結構人がいる。関東は午後は晴れて良い天気になると聞いていたが、少し残念な結果。
2017年09月30日 13:30撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とーちゃく。まだ、結構人がいる。関東は午後は晴れて良い天気になると聞いていたが、少し残念な結果。
1
遠くの山並みは見えていた。下界の飯能や川越方面も。
2017年09月30日 13:32撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くの山並みは見えていた。下界の飯能や川越方面も。
1
帰路。
2017年09月30日 14:15撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路。
さわらびの湯、というかバス停へは右の尾根コース、左の沢コースどちらでも行けるが、行では余り通らなかったコース(きた道)で帰ってみる。
2017年09月30日 14:15撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわらびの湯、というかバス停へは右の尾根コース、左の沢コースどちらでも行けるが、行では余り通らなかったコース(きた道)で帰ってみる。
林道を横断。
2017年09月30日 14:23撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道を横断。
はい、注意しましょう。
2017年09月30日 14:28撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、注意しましょう。
何箇所か渡渉するところがあるので、GoreTexなどの防水の靴が楽。
2017年09月30日 14:31撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何箇所か渡渉するところがあるので、GoreTexなどの防水の靴が楽。
キノコたち。
2017年09月30日 14:52撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコたち。
着きました!
2017年09月30日 15:09撮影 by GC-XA1, JVC
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました!
撮影機材:

感想/記録

午後天気が良くなるらしいと聞き、少し遅目の出発でトライする。
白谷沢はアクセスが手軽な割に雰囲気の良いルートだと思う。滝あり、ゴルジュあり…。
結局、山頂に着いた時にはまだ雲が切れていなかった。
下りでは、林道を横切るあたりまで降りてきた所で青空が見えてきた。あと30分位、山頂に滞在していたらある程度雲が晴れて青空がうかがえたのだろうか。

今回は下りも白谷沢コースとしたが、滝ノ平尾根を下るより速く下ることが可能なようだ。
日が短い時期は明るめの尾根を下るか、暗めの白谷沢を下るか、悩みどころだ。

今日は、バイクで来たので、温泉には入らずに帰路についた。
訪問者数:117人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 渡渉 崩落 ゴルジュ 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ