また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1272345 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走志賀・草津・四阿山・浅間

黒斑山周回コース(車坂峠〜賽の河原分岐〜Jバンド〜黒斑山)

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴(駐車場気温6:30 8℃、12:00 18℃)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高峰高原ビジターセンター駐車場
売店、カフェ、公衆トイレあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間35分
休憩
55分
合計
4時間30分
S車坂峠07:0807:18車坂山07:33開けたガレ場07:57槍ヶ鞘08:0108:06トーミの頭08:1808:40湯ノ平分岐08:52賽の河原分岐08:5509:19Jバンド09:4609:56虎ノ尾10:0110:12仙人岳10:1610:36蛇骨岳10:52黒斑山11:02トーミの頭11:37車坂峠11:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年09月の天気図 [pdf]

写真

車坂峠から登山開始。
2017年09月30日 07:07撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車坂峠から登山開始。
雲海が綺麗。
2017年09月30日 07:41撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が綺麗。
3
これが噂のシェルターか。
2017年09月30日 07:56撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが噂のシェルターか。
槍ヶ鞘。ここからの浅間山の眺めは素晴らしい。
2017年09月30日 07:59撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ鞘。ここからの浅間山の眺めは素晴らしい。
2
登りは表コースから
2017年09月30日 08:02撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは表コースから
振り返る度に感動。
2017年09月30日 08:05撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る度に感動。
2
緑も美しいが、紅葉が進むともっと綺麗なのだろう。
2017年09月30日 08:08撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑も美しいが、紅葉が進むともっと綺麗なのだろう。
2
トーミの頭。向こう側に行かないように注意。
2017年09月30日 08:09撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トーミの頭。向こう側に行かないように注意。
3
草すべりへ。人一人通るのがやっとの細い道の急坂を下る。
2017年09月30日 08:12撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草すべりへ。人一人通るのがやっとの細い道の急坂を下る。
恒例のパノラマ写真。
2017年09月30日 08:15撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恒例のパノラマ写真。
1
これからあの稜線を歩けると思うとワクワク。
2017年09月30日 08:15撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからあの稜線を歩けると思うとワクワク。
2
浅間山、偉大ですね。
2017年09月30日 08:16撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山、偉大ですね。
4
湯の平分岐。ここで火山館方面へ行くとトイレがある模様。
2017年09月30日 08:39撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯の平分岐。ここで火山館方面へ行くとトイレがある模様。
賽の河分岐。ここで小休止。
2017年09月30日 08:51撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河分岐。ここで小休止。
規制レベル2のため、前掛山へはいけません。
2017年09月30日 08:51撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
規制レベル2のため、前掛山へはいけません。
青と黄緑のコントラストが美しい。
2017年09月30日 09:00撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青と黄緑のコントラストが美しい。
7
パノラマ写真。第二弾
2017年09月30日 09:01撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真。第二弾
1
土の色が赤や白や様々あるみたい。
2017年09月30日 09:07撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土の色が赤や白や様々あるみたい。
4
歩いてきた道を見返す。異星感がある。
2017年09月30日 09:21撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた道を見返す。異星感がある。
2
Jバンド。この登りは中々堪える。
2017年09月30日 09:25撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Jバンド。この登りは中々堪える。
1
楽しい稜線歩き。
2017年09月30日 09:54撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しい稜線歩き。
3
天候に恵まれた。
2017年09月30日 09:57撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天候に恵まれた。
仙人岳。
2017年09月30日 10:14撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人岳。
1
思い出すだけで幸せ。
2017年09月30日 10:14撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思い出すだけで幸せ。
蛇骨岳。
2017年09月30日 10:29撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇骨岳。
浅間山、噴煙?
2017年09月30日 10:34撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山、噴煙?
2
黒斑山。ここで食事を取っていた人がいたが、狭そうだった。
2017年09月30日 10:50撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒斑山。ここで食事を取っていた人がいたが、狭そうだった。
まもなくお別れの時。
2017年09月30日 10:56撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まもなくお別れの時。
1
帰りは中コースにて。
2017年09月30日 11:04撮影 by HUAWEI CAN-L12, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは中コースにて。

感想/記録
by u-rama

絶賛火山活動中の浅間山へ。天気も良く、気持ちの良い日だった。

朝4時前に自宅を出発し、駐車場に6:30に到着。トイレに行ったり、パンを食べてり、準備をしているうちに出発は7:00に。本日は心配な股関節への負担を減らすため荷物を極力軽くして歩いた。

車坂峠から槍ヶ鞘まで表コースはきつい傾斜もなく、展望もよく気持ちよく歩ける。そしてトーミの頭、浅間山やその他外輪山が良く見え、気分爽快。草すべりの下りは道が狭く、かなりの傾斜があり思うようにスピードが出せなかった。ここの登りは相当体力を使いそうだ。湯ノ平、賽の河原あたりの樹林帯は非常に静か。賽の河原分岐からJバンドへの道では、途中から木がなくなり、大きな噴石もあり、異星に来たかのような感覚になった。Jバンドからの稜線は心地よい風もあり、景色が素晴らしく、全く疲れを感じさせない。蛇骨岳から黒斑山では泥濘多めなので注意。帰りは中コースでサクッと下山。

ビジターセンターにて浅間山の登山バッチを購入し、終了。この周回コースはバラエティに富んでおり、何度でも楽しめそう。
訪問者数:260人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ