また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1273844 全員に公開 ハイキング札幌近郊

藻岩山

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
澄川駅 〜 藻岩山 〜 啓明バスターミナル 循環65(13:00発)〜 中島公園駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間3分
休憩
18分
合計
3時間21分
S澄川駅09:5410:52藻岩山スキー場ルート登山口11:35ロープウェー中腹駅11:3611:40藻岩山11:5412:15馬の背12:1812:36日本初のスキーリフト跡地12:46慈啓会病院登山口13:15中島公園駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 3週間振りの山行。もう、寒いので沢は止めにして、登山靴の足慣らしにと藻岩山に行くことに。

 自宅から徒歩と地下鉄で澄川駅に行き、駅前のセブンで昼ご飯を買って、藻岩山に向かって歩き始めると、ミュンヘン大橋付近で警備の方々が居て、なんだろう?と思っていると札幌マラソンのサインが至る所に立っていた。気にしないと目に全く入って来ないものだと改めて実感した。車で来なくて正解だったと思いながら、ミュンヘン大橋を渡って、藻岩山スキー場の登山口へ。

 今日は、まっとうに雪友荘から正規のルートで行くつもりだったが、見上げた送電線の下には、右手に延びる明瞭な踏み跡があり、思わず右手に折れて送電線点検路を登ることに。

 少し登って鉄塔に出会い、奥に延びる明瞭な踏み跡を進むと程なく雪友荘からの正規ルートと合流し、多くの登山者とスライドしながら登る。兎平は、ススキに覆われ秋の景色。中腹駅は少し工事が入っていて、登山道も変更予定のようで、仮設の階段もあった。

 山頂は、登山者、観光客でえらく賑わっていた。お腹も減らずで屋上の展望台を一回りして下りは慈啓会か旭山かを悩みながら降りて行くが、スキー場コースより更に多くの登山者とスライド。この人数が登れば登山道も踏み固められ、北面コースが故に足元が湿っているとよく滑る。案の定、慈啓会への分岐手前で、スライドする際、スリップ転倒をしてしまう。まあ、ザックを背負っており、クッションの役目をしてくれ、全く痛くは無かったが、人が余りに多いのも…。と思ってしまった。

 久々の登山靴歩きで、疲れもあり慈啓会側に下りてバスで地下鉄駅へと、慈啓会入口バス停に行くもタッチの差で乗り遅れ、少し下がって丁度、啓明バスターミナルに止まっていた中島公園駅経由のバスに乗り、地下鉄南北線に乗るが、札幌マラソンを走ったと思われる大勢の方々で超満員にガッカリ…。行きで車で来ず正解と思ったが、しっかりとハマってしまった。でも、汗をかいて少々匂う自分らを打ち消してくれ、大変助かった。

 そう言えば、藻岩山にはトレランの方が殆ど居なく不思議に感じたが、皆、マラソンに出ていたのだろうか?
その他周辺情報 昼ご飯を食べそびれ、そのまま帰宅。自宅でセブンのおむすびで昼ご飯。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

地下鉄澄川駅前のセブンでご飯を買ってスタート。
2017年10月01日 09:55撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地下鉄澄川駅前のセブンでご飯を買ってスタート。
1
所々に「札幌マラソン」の案内があって、警備さん等々が大勢警戒中だった。
2017年10月01日 10:08撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に「札幌マラソン」の案内があって、警備さん等々が大勢警戒中だった。
藻岩山を見ながらミュンヘン大橋を渡って、
2017年10月01日 10:09撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藻岩山を見ながらミュンヘン大橋を渡って、
いつかは寄ってみようと思っている「寿湯」を横目に、
2017年10月01日 10:21撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつかは寄ってみようと思っている「寿湯」を横目に、
2
北電施設を過ぎ、
2017年10月01日 10:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北電施設を過ぎ、
山鼻川緑地に沿って進み、
2017年10月01日 10:27撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山鼻川緑地に沿って進み、
緑地終点の調整池へ。
2017年10月01日 10:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑地終点の調整池へ。
1
マガモを見ながら、ここで靴紐を締め山モードにスイッチ。
2017年10月01日 10:36撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マガモを見ながら、ここで靴紐を締め山モードにスイッチ。
1
色づき始めた樹々や、
2017年10月01日 10:42撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色づき始めた樹々や、
まだまだ緑の中を登山口の「雪友荘」に向かうが、
2017年10月01日 10:44撮影 by RICOH WG-5 GPS, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ緑の中を登山口の「雪友荘」に向かうが、
登山口から少し手前(以前に下りて来たことのある)から右手に入って、
2017年10月01日 10:52撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口から少し手前(以前に下りて来たことのある)から右手に入って、
1
送電線点検路を登って行き、
2017年10月01日 10:52撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線点検路を登って行き、
鉄塔下に。
2017年10月01日 10:55撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔下に。
その先も明瞭な道があり進むと
2017年10月01日 10:57撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その先も明瞭な道があり進むと
本道に出会う。流石、枝道とは道幅が違う。
2017年10月01日 11:00撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本道に出会う。流石、枝道とは道幅が違う。
登ったり、平坦地、微妙な
2017年10月01日 11:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ったり、平坦地、微妙な
登り、若干の下りを繰り返し、
2017年10月01日 11:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り、若干の下りを繰り返し、
ウサギ平に出ると、ススキで秋色に。
2017年10月01日 11:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギ平に出ると、ススキで秋色に。
2
ススキ越に恵庭岳方向。
2017年10月01日 11:26撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ススキ越に恵庭岳方向。
3
一部で工事中のため、藻岩中腹駅のテラスに上がり
2017年10月01日 11:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一部で工事中のため、藻岩中腹駅のテラスに上がり
もーりすカーの乗り場脇を過ぎ、
2017年10月01日 11:36撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もーりすカーの乗り場脇を過ぎ、
仮設階段を登って
2017年10月01日 11:37撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仮設階段を登って
1
本来の登山道へ。
2017年10月01日 11:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来の登山道へ。
観光客が多いのか、もーりすカーの運行頻度も高いよう。
2017年10月01日 11:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光客が多いのか、もーりすカーの運行頻度も高いよう。
山頂施設が見えて、
2017年10月01日 11:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂施設が見えて、
裏手の三角点を確認し、
2017年10月01日 11:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏手の三角点を確認し、
2
外階段を登って
2017年10月01日 11:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外階段を登って
1
屋上の展望台へ。
2017年10月01日 11:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋上の展望台へ。
2
登山の方々も多かったが、観光客も結構な数。
2017年10月01日 11:51撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山の方々も多かったが、観光客も結構な数。
屋上を一周して、札幌の街や、支笏湖外輪山を眺め
2017年10月01日 11:53撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋上を一周して、札幌の街や、支笏湖外輪山を眺め
1
観音寺奥ノ院で挨拶をし、
2017年10月01日 11:54撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音寺奥ノ院で挨拶をし、
下りは慈啓会方向へ。
2017年10月01日 12:02撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りは慈啓会方向へ。
何の葉っぱか分からないが、ドス赤く色付いていた。
2017年10月01日 12:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何の葉っぱか分からないが、ドス赤く色付いていた。
1
階段はプラ製で、結構滑る…。と言うか滑って転倒1回…。
2017年10月01日 12:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段はプラ製で、結構滑る…。と言うか滑って転倒1回…。
もう、ひっきりなしにすれ違う。人が多すぎてカメラを向けると人が入り、写真を撮りづらい…。
2017年10月01日 12:24撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう、ひっきりなしにすれ違う。人が多すぎてカメラを向けると人が入り、写真を撮りづらい…。
やはり、土日の藻岩山は人が多すぎる。特に慈啓会ルートは踏み固められている上、北面のため湿っていて、良く滑る…。リフト跡地を過ぎて、
2017年10月01日 12:32撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり、土日の藻岩山は人が多すぎる。特に慈啓会ルートは踏み固められている上、北面のため湿っていて、良く滑る…。リフト跡地を過ぎて、
旭丘高校の野球部らしき音を聞きながら下って行き、人目も気にせずクルミにかぶりつくエゾリス。なかなか逃げない。
2017年10月01日 12:44撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭丘高校の野球部らしき音を聞きながら下って行き、人目も気にせずクルミにかぶりつくエゾリス。なかなか逃げない。
4
慈啓会登山口に着くも、まだ上がってくる車が。藻岩山は大人気。慈啓会前のバスにタッチの差で乗り遅れ、仕方なく少し下がって啓明ターミナルからJRバスで中島公園駅へ。
2017年10月01日 12:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慈啓会登山口に着くも、まだ上がってくる車が。藻岩山は大人気。慈啓会前のバスにタッチの差で乗り遅れ、仕方なく少し下がって啓明ターミナルからJRバスで中島公園駅へ。
撮影機材:
訪問者数:273人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ