また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1276909 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

戸隠山〜鎖とリンドウの連続〜プラス飯縄山

日程 2017年10月01日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴:雨だったら、絶対に行かない。
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
7:36 長野着
8:00 Jネットレンタカー \4,780
長野駅から徒歩5分。高妻山に続いて2回目の利用です。
8:40 戸隠神社奥社の真ん前の駐車場 \600
少し離れた所に、\400の駐車場がありました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<戸隠山>
水場:一不動と戸隠牧場の間に一つありました。
危険:多し。ヘルメット必須です。
西窟〜蟻の塔渡りまでの、クサリ場も高度感があって危険。
言わずもながですが。蟻の塔渡り。
一不動から戸隠牧場の下りは、土砂崩れがあり登山道が1kmにわたって崩壊。
<飯縄山>
水場:なし
危険:なし
その他周辺情報神の子温泉 \600
〃そばや メニューには無いけどノンアルコールビールを頼めます。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 予備電池 日焼け止め 携帯 時計 タオル ヘルメット

写真

戸隠神社奥社からスタート。ここには、2回目の訪問です。
2017年10月01日 08:52撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠神社奥社からスタート。ここには、2回目の訪問です。
随神門
2017年10月01日 09:03撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随神門
1
戸隠らしい杉の大木の参道。
2017年10月01日 09:03撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠らしい杉の大木の参道。
戸隠神社奥社。安全祈願をして本格的な登山開始です。
2017年10月01日 09:18撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠神社奥社。安全祈願をして本格的な登山開始です。
1
九頭竜神社。
2017年10月01日 09:20撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九頭竜神社。
2
戸隠山を見上げる。こっちは九頭竜山かな?
2017年10月01日 09:36撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠山を見上げる。こっちは九頭竜山かな?
登山道は紅葉が始まってました。
2017年10月01日 09:42撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道は紅葉が始まってました。
2
五十間長屋。
2017年10月01日 09:47撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五十間長屋。
百間長屋。
2017年10月01日 09:50撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百間長屋。
1
黒姫山もくっきり(^^)/。今日来てよかった。
2017年10月01日 09:50撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒姫山もくっきり(^^)/。今日来てよかった。
1
○○アザミだと思う。
2017年10月01日 09:53撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
○○アザミだと思う。
西窟。
2017年10月01日 09:56撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西窟。
西窟を過ぎると本格的な鎖場です。これが本日5本目のクサリ。この頂上で木が出ているので、ザックを引っ掛けないようにしましょう。
2017年10月01日 09:57撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西窟を過ぎると本格的な鎖場です。これが本日5本目のクサリ。この頂上で木が出ているので、ザックを引っ掛けないようにしましょう。
ここも危険。縦に登って、横に移動。ずーっと、クサリを離せません。
2017年10月01日 10:00撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも危険。縦に登って、横に移動。ずーっと、クサリを離せません。
このクサリも長いです。15mくらい垂直に上るので、腕力を十分鍛えて行きましょう。
2017年10月01日 10:08撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このクサリも長いです。15mくらい垂直に上るので、腕力を十分鍛えて行きましょう。
出ました。ラスボス! 蟻の塔渡り。心を決めて歩きます。
2017年10月01日 10:13撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました。ラスボス! 蟻の塔渡り。心を決めて歩きます。
5
ふー。乗り越えました。結局歩くというよりか、お尻を付きながら渡った感じです。この上に立つ人は凄いです。晴れの日に来てよかったー。
2017年10月01日 10:19撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふー。乗り越えました。結局歩くというよりか、お尻を付きながら渡った感じです。この上に立つ人は凄いです。晴れの日に来てよかったー。
4
目指す戸隠山。難所を乗り越えたので、本日の登山は粗達成の感じです。
2017年10月01日 10:19撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す戸隠山。難所を乗り越えたので、本日の登山は粗達成の感じです。
上からの蟻の塔渡り。絶対、下りません。怖いので。
2017年10月01日 10:26撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上からの蟻の塔渡り。絶対、下りません。怖いので。
1
八方覗から西岳。
2017年10月01日 10:28撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方覗から西岳。
高妻山の雄姿。前回来たときは曇りだったので、これだけ立派とは思いませんでした。
2017年10月01日 10:28撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高妻山の雄姿。前回来たときは曇りだったので、これだけ立派とは思いませんでした。
3
リンドウ。戸隠山はリンドウの宝庫。登山道に沢山咲いてました。
2017年10月01日 10:32撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウ。戸隠山はリンドウの宝庫。登山道に沢山咲いてました。
1
戸隠山の山頂。山頂は狭いです。
2017年10月01日 10:37撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠山の山頂。山頂は狭いです。
リンドウその2。少し枯れかかってる。
2017年10月01日 10:41撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウその2。少し枯れかかってる。
登山道の右側が切れ立っているのですが、蟻の塔渡りを経験すると怖くないです。奥に見えるのは黒姫山。本当の計画は黒姫山へ行く予定でした。
2017年10月01日 10:42撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道の右側が切れ立っているのですが、蟻の塔渡りを経験すると怖くないです。奥に見えるのは黒姫山。本当の計画は黒姫山へ行く予定でした。
こっちのリンドウは新しめ。
2017年10月01日 10:45撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちのリンドウは新しめ。
1
谷は深い!
2017年10月01日 10:56撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷は深い!
少し花が咲いている。
2017年10月01日 11:01撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し花が咲いている。
九頭竜山の手前で咲いてました。ここだけで咲いてました。
2017年10月01日 11:04撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九頭竜山の手前で咲いてました。ここだけで咲いてました。
九頭竜山。
2017年10月01日 11:05撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九頭竜山。
一不動。ここで一服して戸隠牧場へ下ります。
2017年10月01日 11:37撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一不動。ここで一服して戸隠牧場へ下ります。
一杯清水を過ぎた後の滝。
2017年10月01日 11:54撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一杯清水を過ぎた後の滝。
登山道崩壊! ピンク帯も無いので足跡を見ながら下って行かねばなりません。蟻の塔渡りを過ぎたので、油断していたらこんな大敵が待ってました。
2017年10月01日 12:07撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道崩壊! ピンク帯も無いので足跡を見ながら下って行かねばなりません。蟻の塔渡りを過ぎたので、油断していたらこんな大敵が待ってました。
1
なんとかトラノオだと思う。
2017年10月01日 12:20撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとかトラノオだと思う。
戸隠牧場に降りてきました。まだ、12時30分。速すぎた(-_-;)
2017年10月01日 12:30撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戸隠牧場に降りてきました。まだ、12時30分。速すぎた(-_-;)
牧場からの遊歩道をロストしたので、一般道を歩いて帰ります。
2017年10月01日 12:49撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牧場からの遊歩道をロストしたので、一般道を歩いて帰ります。
で、ここは、飯縄山西登山口。あまりに早く終わったので、本日2山目へ挑みます。
2017年10月01日 13:24撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、ここは、飯縄山西登山口。あまりに早く終わったので、本日2山目へ挑みます。
1
。。。。。携帯のバッテリが切れたので、途中から写真つきです。ちゃんと、山頂まで登りました。急な登りは無いので、トレランにはもってこいかもしれません。
2017年10月01日 15:30撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
。。。。。携帯のバッテリが切れたので、途中から写真つきです。ちゃんと、山頂まで登りました。急な登りは無いので、トレランにはもってこいかもしれません。
一日二山制覇のご褒美、神の子温泉で買ったお酒で晩酌(^^)/
思い返すと、戸隠山はきつかった。。。
2017年10月01日 18:32撮影 by SO-01G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一日二山制覇のご褒美、神の子温泉で買ったお酒で晩酌(^^)/
思い返すと、戸隠山はきつかった。。。
1

感想/記録

レンタカーを借りて黒姫山を計画。でも、長野駅について計画変更!
こんないい天気に黒姫山はもったいなく、かつ、今年は剱、奥穂高と鎖続きなので、危険な戸隠山へチャレンジに変更です。

◆戸隠山
 結果、戸隠は危険でした。剱(早月尾根)、奥穂高(重太郎尾根)とは比べ物にならないくらい、高度感とクサリが長かった(T_T)。蟻の塔渡りでは上を歩く事は断念し、お尻をつきながらの移動となりましたが、命あっての登山と割り切ったら恥ずかしくもありません。渡り切って蟻の塔渡りを見かえると、良く渡ったなという感じです。因みに、横にエスケープルートがあるのは初めて知りました。
 で、次に注意しなければならないのは、一不動から戸隠牧場への下りです。ここは、土砂崩れがあり登山道が崩壊しています。道が無く、沢を下る感じになります。今日は、晴れていたので良かったのですが、雨が降った日はこのルートは止めた方が良いです。ルート不明ですし、浮石も多く転倒の恐れありです。
危険個所はありますが、距離は短いので12時30分には駐車場に戻ってきました。暇なので、、、もう一山。

◆飯縄山(飯綱山)
 丁度、長野への帰り道なので飯縄山へ登る事にしました。標準では、4時越えですが、トレラン風に急ぎ足で登ります。
悪い事に、携帯のバッテリーが切れてしまい、写真なしとなりました。この山は、ハイキングで使われているように、道が広く登りやすい山です。かつ、1,800mを過ぎると樹林帯を抜けるので、周囲の山々、長野市を見渡せる事ができます。
一つ気になるのは、飯綱神社がニセピークのように見えてしまう点です。標識が無いと、通り過ぎてしまう所でした。ですが、飯綱山の最高到達点は、10分程でいけるので、ご安心ください。目で見るより歩くと近いです。

◆最後に
戸隠山は本当に怖かったけど、この時期に登れて最高でした。加えて、飯綱山も制覇でき、充実の長野旅となりました。残るは黒姫山と斑尾山で北信五山踏破。来年かな。
訪問者数:299人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ