ヤマレコ

記録ID: 1277049 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

前道志/矢平山

日程 2017年09月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
神奈川県藤野町から山梨県秋山村に入る。秋山川沿いの県道35号線を西に進み、下尾崎集落で右折して林道富士東部(北)線に入る。4.4km先の大地峠トンネル入口でゲートが閉じられている。その手前の空地に駐車可。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

出発8:20−支尾根取付き8:45〜9:15−507m地点9:25−上部林道9:30−主稜線710m圏コブ10:15〜10:45−舟山11:10−寺下峠11:30−矢平山南西鞍部11:50−矢平山頂上12:20〜13:30−旧大地峠上コブ13:50−新大地峠14:05−大丸山頂14:10〜14:30−林道14:35−ゴール14:55
コース状況/
危険箇所等
秋山川北側の前道志の主稜線を、727m峰から舟山、寺下峠、矢平山、大地峠、大丸まで縦走し、この南側に伸びる林道を使って周回ルートとした。
林道から主稜線に乗るために、727m峰西隣の710m圏コブから南東に伸び、林道入口近くに落ちる支尾根を登った。取付き直後は軽い藪漕ぎを強いられたが、直ぐに地図に載っていない林道に出る。これを右寄りに横切ると、一般登山道並みの明瞭な踏跡が尾根に続いていて、楽々、主稜線に立てた。道標は無い。テープ類は主稜線の出口にあっただけで、途中には無い。
主稜線には良く踏まれた縦走路が通っている。旧大地峠、新大地峠辺りが複雑で分かりにくいが、道標が完備している。
大丸から林道に降り、林道を歩いて大地峠トンネル西側入口に停めた車に戻った。なお、朝、トンネルから支尾根の取付きまで、MTB(自転車)を使って林道を降りた。

写真

下尾崎集落から林道に入るが、一般車は大地峠トンネル入口まで。林道延長工事関係車両はゲートを開けて入って行く
2017年09月30日 08:21撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下尾崎集落から林道に入るが、一般車は大地峠トンネル入口まで。林道延長工事関係車両はゲートを開けて入って行く
MTBで林道を約4km下り、林道入口近くの支尾根に取付く。法面に作業道が付いている。反対側のガードレールにMTBをデポ
2017年09月30日 09:14撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
MTBで林道を約4km下り、林道入口近くの支尾根に取付く。法面に作業道が付いている。反対側のガードレールにMTBをデポ
取付き直後、踏跡はあるが藪が茂っているので払いながら進む
2017年09月30日 09:18撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付き直後、踏跡はあるが藪が茂っているので払いながら進む
支尾根に乗ると藪は無くなり、取付きから10分足らずで507m地点に着く
2017年09月30日 09:27撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
支尾根に乗ると藪は無くなり、取付きから10分足らずで507m地点に着く
ここから5分程で、地図に載っていない林道に出る。右に回り込むと、明瞭な踏跡が尾根へ登っている
2017年09月30日 09:31撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから5分程で、地図に載っていない林道に出る。右に回り込むと、明瞭な踏跡が尾根へ登っている
一般登山道並みの立派な踏跡が尾根上に通っている
2017年09月30日 09:59撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般登山道並みの立派な踏跡が尾根上に通っている
尾根は概してなだらかだ。たまに倒れた灌木が邪魔をするが、大した障害ではない
2017年09月30日 10:14撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根は概してなだらかだ。たまに倒れた灌木が邪魔をするが、大した障害ではない
いつのまにか踏跡は消えたが、どこでも歩ける。急登が続くと、そろそろ主稜線が近い
2017年09月30日 10:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつのまにか踏跡は消えたが、どこでも歩ける。急登が続くと、そろそろ主稜線が近い
727m峰西隣の710m圏コブに出る。良く踏まれた縦走路が通っている
2017年09月30日 10:17撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
727m峰西隣の710m圏コブに出る。良く踏まれた縦走路が通っている
登って来た支尾根を見下ろす。出口の立木に白テープが巻いてあるだけで、何の標識も無い。支尾根の上部は踏跡も不明瞭だった
2017年09月30日 10:46撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登って来た支尾根を見下ろす。出口の立木に白テープが巻いてあるだけで、何の標識も無い。支尾根の上部は踏跡も不明瞭だった
縦走路を東に進む。710m圏コブから少し降り、登り返すと727m峰
2017年09月30日 10:48撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路を東に進む。710m圏コブから少し降り、登り返すと727m峰
今度は舟山へ高度差100m程の急登となる。木の根が階段状だ
2017年09月30日 11:01撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は舟山へ高度差100m程の急登となる。木の根が階段状だ
傾斜が緩まると舟山の頂上。この先はしばらく平坦で、数十m先にまた舟山の山名板が括りつけられていた。どっちが頂上なの?
2017年09月30日 11:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩まると舟山の頂上。この先はしばらく平坦で、数十m先にまた舟山の山名板が括りつけられていた。どっちが頂上なの?
1
のどかな雰囲気の道を寺下峠へ下る
2017年09月30日 11:13撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
のどかな雰囲気の道を寺下峠へ下る
尾根上を通っていた登山道が、横たえられた木々で突然遮られた
2017年09月30日 11:15撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上を通っていた登山道が、横たえられた木々で突然遮られた
ここで、道は左(北)側の窪地に降りている。要注意地点だが、木に赤テープが巻かれ、文字のかすれた案内板が置いてある
2017年09月30日 11:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、道は左(北)側の窪地に降りている。要注意地点だが、木に赤テープが巻かれ、文字のかすれた案内板が置いてある
東に伸びる尾根に乗り移って急下降すると、寺下峠に出た。ここから下尾崎への案内で下ると、今朝登った支尾根の取付き近くに降り立つはず
2017年09月30日 11:30撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に伸びる尾根に乗り移って急下降すると、寺下峠に出た。ここから下尾崎への案内で下ると、今朝登った支尾根の取付き近くに降り立つはず
一コブ越えてから丸ツヅク山への急登となる。この縦走路は上野原トレイルレースのコースになるらしい
2017年09月30日 11:39撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一コブ越えてから丸ツヅク山への急登となる。この縦走路は上野原トレイルレースのコースになるらしい
道は丸ツヅク山の頂上まで上らず、3, 40m下の北側山腹を巻く
2017年09月30日 11:49撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は丸ツヅク山の頂上まで上らず、3, 40m下の北側山腹を巻く
いよいよ矢平山へ高度差130mの急登。続けて岩場が現れるが、階段状なので問題はない
2017年09月30日 12:00撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ矢平山へ高度差130mの急登。続けて岩場が現れるが、階段状なので問題はない
両脇にロープが張り巡らされている。これに頼って登る、というより、コースから外れないように道案内か。奥の露岩は左を巻く
2017年09月30日 12:08撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
両脇にロープが張り巡らされている。これに頼って登る、というより、コースから外れないように道案内か。奥の露岩は左を巻く
急登が終わって台地状になると矢平山の頂上。樹々に囲まれ、眺望は利かない
2017年09月30日 12:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が終わって台地状になると矢平山の頂上。樹々に囲まれ、眺望は利かない
2
標高860.2mの三角点
2017年09月30日 12:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高860.2mの三角点
頂上にのんびりと1時間以上も長居した。さあ、大地峠へ降りよう
2017年09月30日 13:32撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上にのんびりと1時間以上も長居した。さあ、大地峠へ降りよう
トリカブトの花がきれいだ。根に毒があるとは思えない程だ
2017年09月30日 13:44撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブトの花がきれいだ。根に毒があるとは思えない程だ
2
旧大地峠の上のコブに着いた。この辺りは複雑で分かりにくい。右に明瞭な道が続いているが、これを下りれば旧大地峠のはず
2017年09月30日 13:52撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧大地峠の上のコブに着いた。この辺りは複雑で分かりにくい。右に明瞭な道が続いているが、これを下りれば旧大地峠のはず
新大地峠まで行く予定なので、このコブから左側の踏跡程度の道を降りる
2017年09月30日 13:54撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大地峠まで行く予定なので、このコブから左側の踏跡程度の道を降りる
旧大地峠から東山腹を巻いた道が降りてきて合流する。結局、先ほどのコブからショートカットした事になる
2017年09月30日 13:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧大地峠から東山腹を巻いた道が降りてきて合流する。結局、先ほどのコブからショートカットした事になる
尾根の上に良く踏まれた道が続く
2017年09月30日 13:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上に良く踏まれた道が続く
新大地峠に着いた。この辺りも複雑だ。高柄山の案内に従って緩く登る
2017年09月30日 14:05撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大地峠に着いた。この辺りも複雑だ。高柄山の案内に従って緩く登る
峠から5分程で大丸の山頂に着いた。本日最後の頂
2017年09月30日 14:11撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
峠から5分程で大丸の山頂に着いた。本日最後の頂
1
木の間越しに高柄山が見える。右は縦走路途中の710m圏コブ
2017年09月30日 14:25撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間越しに高柄山が見える。右は縦走路途中の710m圏コブ
1
高柄山の案内に従って東に下る。尾根は林道で寸断されるので、その迂回路を指示する案内板が壊れかかっている
2017年09月30日 14:31撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高柄山の案内に従って東に下る。尾根は林道で寸断されるので、その迂回路を指示する案内板が壊れかかっている
林道に降り立った。あとはゴールまで20分程の林道歩き
2017年09月30日 14:34撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に降り立った。あとはゴールまで20分程の林道歩き
排水溝を通すために開かれた谷間越しに、秋山川の南に連なる道志山塊の山並みが望める。右奥は長尾山、左は入道丸辺りか
2017年09月30日 14:48撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
排水溝を通すために開かれた谷間越しに、秋山川の南に連なる道志山塊の山並みが望める。右奥は長尾山、左は入道丸辺りか
大地峠トンネルの東側入口。200m程先が西側出口でその脇に愛車が待っている
2017年09月30日 14:51撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大地峠トンネルの東側入口。200m程先が西側出口でその脇に愛車が待っている
帰路、下尾崎集落で県道を横切って南側の林道に入ると、集落の上から矢平山(奥の平坦部)が望めた。左側手前に重なっている峰は山頂を巻いた丸ツヅク山
2017年09月30日 16:20撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰路、下尾崎集落で県道を横切って南側の林道に入ると、集落の上から矢平山(奥の平坦部)が望めた。左側手前に重なっている峰は山頂を巻いた丸ツヅク山
撮影機材:

感想/記録

秋山川の北側に連なっている前道志は標高千mにも満たない手軽な山々である。倉岳山や高柄山は比較的有名だが、この中間にある矢平山は、地形図にその山名すら記載されていないので、知らない人が多いだろう。数年前に北側から登ったが、今回は南側に走っている林道を利用し、コース状況の項に記載したルートで周回した。

林道から主稜線に乗るために登った支尾根は、どこにも案内は見当たらないが、地形図を読んで、ここなら通れると判断したルートである。なだらかで尾根筋も単純だから、多分、踏跡はあるだろう、と踏んだ。
取付き直後こそ軽い藪漕ぎを強いられたが、地形図に載っていない林道を過ぎると、案の定、踏跡が現れた。しかも予想以上に立派な踏跡で、一般登山道並みだ。おかげでこの先は楽に登れて、取付きから僅か1時間で主稜線に立てた。

先週は、南大菩薩の大蔵高丸・ハマイバ丸に登った。距離が長かった上、厳しい笹藪漕ぎを強いられ、際どい急下降やトラバースに緊張した。
それだけに、今回はのんびりしたかった。
選んだルートは距離も標高差も少ない。さらに、林道をMTBで下る、と言った軟弱な手段を選び、4km程をMTBに乗って楽した。
おかげで、歩行時間は僅か3時間40分なのに、休憩は2時間半。のんびり山を楽しめました。
訪問者数:64人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ