また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1279520 全員に公開 ハイキング甲信越

南木曽岳のリンドウ

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候朝だけ快晴、山頂はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
あららぎキャンプ場奥、登山口駐車場、3ヶ所で30台程度。
・一番上の駐車場にトイレ・登山ポストあり
・朝の8時で一番上の駐車場は満車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間30分
休憩
46分
合計
5時間16分
S南木曽岳登山口(蘭)08:1008:44下山道分岐10:18南木曽岳10:2310:33南木曽岳避難小屋11:0511:29摩利支天11:3812:54下山道分岐13:26南木曽岳登山口(蘭)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
蘭(あららぎ)ルートは、登り・下り、時計回りの周回コースになっている。
・急傾斜で梯子や階段が多いが、桟道・鎖などとても良く整備されている
・下山道の方が、より急傾斜で梯子が多い
・登山口に、環境整備協力金(1人200円)投入箱あり
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

蘭ルート登山口。
環境整備協力金投入箱。登山道や山頂避難小屋・トイレなど、協力金以上の素晴らしい整備状況でした。
2017年10月08日 08:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蘭ルート登山口。
環境整備協力金投入箱。登山道や山頂避難小屋・トイレなど、協力金以上の素晴らしい整備状況でした。
8
青空の南木曽岳。これが最後の青空の山頂になるとは、この時は思ってもいませんでした。
2017年10月08日 08:30撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の南木曽岳。これが最後の青空の山頂になるとは、この時は思ってもいませんでした。
20
下山道分岐。狭く急峻な登山道のためか、時計回りの周回ルートになっています。
2017年10月08日 08:43撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道分岐。狭く急峻な登山道のためか、時計回りの周回ルートになっています。
2
木曾五木が立ち並び、かつての山岳修験場の歴史を感じる登山道。五木はコウヤマキの他は、ヒノキ・アスナロ・ネズコ・サワラ。
2017年10月08日 09:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曾五木が立ち並び、かつての山岳修験場の歴史を感じる登山道。五木はコウヤマキの他は、ヒノキ・アスナロ・ネズコ・サワラ。
3
鎖場。展望が開けます。
2017年10月08日 09:27撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場。展望が開けます。
6
青空なんですが、山の上は雲。遠望がきかないのが残念。
2017年10月08日 09:32撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空なんですが、山の上は雲。遠望がきかないのが残念。
13
いよいよリンドウ(竜胆)街道の始まり!
2017年10月08日 09:37撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよリンドウ(竜胆)街道の始まり!
39
登山道脇はリンドウの乱舞がずっと続きます。
赤紫色のリンドウ。
2017年10月08日 09:40撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇はリンドウの乱舞がずっと続きます。
赤紫色のリンドウ。
24
薄青色のリンドウ。
相方は急傾斜の登りに疲れ気味ですが、リンドウに元気をもらいます。
2017年10月08日 10:01撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄青色のリンドウ。
相方は急傾斜の登りに疲れ気味ですが、リンドウに元気をもらいます。
37
南木曽岳山頂。ここは展望はありません。
二等三角点、点名「南木曾」、標高1677.29m。
2017年10月08日 10:14撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南木曽岳山頂。ここは展望はありません。
二等三角点、点名「南木曾」、標高1677.29m。
15
御嶽・乗鞍見晴台。やっぱり遠くは雲の中。
2017年10月08日 10:16撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽・乗鞍見晴台。やっぱり遠くは雲の中。
8
山頂避難小屋と、その奥は中央アルプス見晴台。
2017年10月08日 10:29撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂避難小屋と、その奥は中央アルプス見晴台。
10
上の原ルート分岐。個人的には上の原ルートが好きですが、相方と一緒なので、本日は距離の短い蘭ルートで登りました。
2017年10月08日 10:37撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の原ルート分岐。個人的には上の原ルートが好きですが、相方と一緒なので、本日は距離の短い蘭ルートで登りました。
2
中央アルプス展望台。
木曽路はすべて雲の中である…!朝は快晴だったので、期待していただけに残念です。
2017年10月08日 10:39撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス展望台。
木曽路はすべて雲の中である…!朝は快晴だったので、期待していただけに残念です。
11
景色は見えませんが、山頂に咲き乱れているリンドウに癒されます。
2017年10月08日 11:06撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
景色は見えませんが、山頂に咲き乱れているリンドウに癒されます。
32
紅葉が始まっています。
2017年10月08日 11:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が始まっています。
16
山頂方面はガス。
2017年10月08日 11:09撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面はガス。
17
まさにリンドウ街道。ずっと続いています。
2017年10月08日 11:12撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさにリンドウ街道。ずっと続いています。
20
山頂一帯のリンドウは終盤です。盛りの頃は、さぞかし素敵な眺めだったことでしょう。
2017年10月08日 11:13撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂一帯のリンドウは終盤です。盛りの頃は、さぞかし素敵な眺めだったことでしょう。
18
鮮やかなドウダンツツジの紅葉。
2017年10月08日 11:16撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鮮やかなドウダンツツジの紅葉。
28
摩利支天展望台。
恵那山、見えません。
2017年10月08日 11:26撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天展望台。
恵那山、見えません。
6
朝から、ヘリが登山道のない稜線の上をずっと飛んでいました。遭難者捜索じゃなければ良いのですが!
2017年10月08日 11:29撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝から、ヘリが登山道のない稜線の上をずっと飛んでいました。遭難者捜索じゃなければ良いのですが!
6
下の見晴台は雲の下です。近くは良く見えます。
2017年10月08日 11:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の見晴台は雲の下です。近くは良く見えます。
11
山頂方面を見上げます。かつての山岳修験道の山だけあって、急峻で岩峰がそそり立っています。
2017年10月08日 11:45撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面を見上げます。かつての山岳修験道の山だけあって、急峻で岩峰がそそり立っています。
6
ひたすら梯子を下ります。
2017年10月08日 12:19撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら梯子を下ります。
5
林道の竜胆は太陽を浴びて、元気に開いています。
2017年10月08日 13:07撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道の竜胆は太陽を浴びて、元気に開いています。
17
上から下まで、こんなに多くのリンドウに出会ったのは初めてです。
2017年10月08日 13:08撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上から下まで、こんなに多くのリンドウに出会ったのは初めてです。
25
最後に男滝・女滝に立ち寄ってみました。
真っ赤な虫、ハンミョウかな?
2017年10月08日 13:25撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に男滝・女滝に立ち寄ってみました。
真っ赤な虫、ハンミョウかな?
9
ツルリンドウの実の赤は、秋の実の中でも一番だと思います。
2017年10月08日 13:29撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツルリンドウの実の赤は、秋の実の中でも一番だと思います。
14
男滝。
周りには実になったアケボノソウがたくさんありました。
2017年10月08日 13:31撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男滝。
周りには実になったアケボノソウがたくさんありました。
12
女滝。
この周りには、花の終わったツリガネニンジンがありました。
2017年10月08日 13:38撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女滝。
この周りには、花の終わったツリガネニンジンがありました。
23
最後までリンドウ!元気に反り返って咲いています。本当にたくさんのリンドウに出会えて嬉しかったです。
2017年10月08日 13:42撮影 by TG-870 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後までリンドウ!元気に反り返って咲いています。本当にたくさんのリンドウに出会えて嬉しかったです。
20

感想/記録
by totok

大鹿村へ向かう途中に、リンドウとアルプスを眺めに南木曽岳に登ってきました。険しい登山道でしたが、中腹からは、まさにリンドウ街道!朝の快晴が嘘のように山頂展望台は雲の中でしたが、多くのリンドウに出会うことができて良かったです。

南木曽岳は、こちらから登る蘭(あららぎ)ルートと南木曽駅近くから登る上の原ルートがあります。蘭ルートは距離が短いため急傾斜が多くアスレチック的に楽しめますが、個人的には、距離もあり深い森の中をのんびり歩くことのできる上の原ルートが好みです。
訪問者数:631人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ