ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 南木曽岳避難小屋

南木曽岳避難小屋(なぎそだけひなんごや)

最終更新者 alpsdake
基本情報
標高 1620m
場所 北緯35度35分38秒, 東経137度38分48秒
・蘭(あららぎ、南のキャンプ場方面)と上ノ原からとの登山道との合流点付近
分岐
山小屋 25人・山頂直下の無人の避難小屋
トイレ
水場 小屋の南東の鞍部で、湧水が出ている場合がある
展望ポイント 御嶽山・北アルプス・中央アルプス

南木曽岳避難小屋の日の出・日の入り時刻

05/01(月) 05/02(火) 05/03(水) 05/04(木) 05/05(金) 05/06(土) 05/07(日)
日の出 4時51分 4時50分 4時49分 4時48分 4時47分 4時46分 4時45分
日の入り 18時44分 18時45分 18時45分 18時46分 18時47分 18時48分 18時49分

南木曽岳避難小屋 (標高1620m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
12
平均気温
9.1
最低気温
4
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 6.5 時間/日
降水量 7.1 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

関連する写真リスト

南木曽岳避難小屋
南木曽岳避難小屋
南木曽岳避難小屋
南木曽岳避難小屋
南木曽岳麓避難小屋

山の解説 - [出典:Wikipedia]

南木曽岳(なぎそだけ)は、木曽山脈(中央アルプス)南西部、長野県南木曽町にある標高1,679 m、長野県の「県自然環境保全地域」の指定を受けている山である。
木曽山脈(中央アルプス)の主稜線から西に派生する尾根上にある。御嶽山、木曽駒ヶ岳とともに、木曽の三岳に数えられており、古くから信仰の山として修験者に登られていた。また、木曽地域で登山対象の山として、南木曽岳・風越山・糸瀬山の3山が、木曽三山と言われている。花崗岩質の岩山で、山頂付近では花崗岩の巨石が乱立し、鏡ヶ池と呼ばれる池があるが、樹木に覆われていて展望はない。三角点の北東100 m程の位置に、標高1,679 mの最高地点となる標高点があり、周辺の岩の上からは、御嶽山、北アルプス、中央アルプスなどの視界が良好な箇所かある。
別名が、「泣きびそ岳」、「金時山」、「揚籠山」(あげろやま)であり、『金時の産湯の池』伝説のある池がある。また金時が生まれたと伝えられる『金時の洞窟』がある。

付近の山

この場所を通る登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

「南木曽岳避難小屋」 に関連する記録(最新10件)

東海
  11   7  1 
2017年04月20日(日帰り)
未入力
  
2017年04月15日(日帰り)
中央アルプス
  22    14 
2017年04月14日(日帰り)
中央アルプス
  51    23 
2017年04月02日(日帰り)
中央アルプス
  177    23  2 
Mk87818781, その他1人
2017年03月25日(日帰り)
中央アルプス
  30    14 
2017年03月20日(日帰り)
中央アルプス
  15    14 
kogera, その他2人
2017年03月19日(日帰り)
中央アルプス
  21    30 
2017年03月12日(日帰り)
中央アルプス
  58    29 
2017年02月26日(日帰り)
ページの先頭へ