ヤマレコ

記録ID: 1281548 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

坤六峠から西山へヤブ漕ぎピストン&キノコ探索

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
坤六峠に駐車スペースあり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間59分
休憩
54分
合計
6時間53分
Sスタート地点06:2109:06西山10:0013:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
とにかくひたすら笹ヤブの中を歩きます  
基本的には尾根歩きとなるが、尾根が広い場所もあるので下りでは要注意
頻繁に現在地確認が必要

写真

坤六峠から出発
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
坤六峠から出発
1
気象観測用?  
ここから取り付く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気象観測用?  
ここから取り付く
2
小屋の裏からいきなり猛烈なササの海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の裏からいきなり猛烈なササの海
6
こうした開けた場所はわずか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうした開けた場所はわずか
6
朝日が出てきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が出てきた
2
ブナハリタケ発見  
帰りに採ろう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナハリタケ発見  
帰りに採ろう
3
行けども風景変わらず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行けども風景変わらず
5
1779mピークに着いた  
ここで尾根は直角に曲がる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1779mピークに着いた  
ここで尾根は直角に曲がる
3
しばらく下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく下り
4
ネズコの大木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネズコの大木
3
下る途中からこれから行く西山がよく見えた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下る途中からこれから行く西山がよく見えた
11
西山が近くなってきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西山が近くなってきた
2
最低鞍部  
相変わらずヤブの中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低鞍部  
相変わらずヤブの中
7
登りに転じた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りに転じた
2
凄い笹ヤブ  
急登で前が見えない・・・  
ササの抵抗がすごくて疲れる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凄い笹ヤブ  
急登で前が見えない・・・  
ササの抵抗がすごくて疲れる
7
標高が上がり針葉樹の森となった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高が上がり針葉樹の森となった
3
こんな落ち着いた場所もある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな落ち着いた場所もある
2
が、ほとんどはササの海
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
が、ほとんどはササの海
1
この先が西山山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先が西山山頂
2
山頂もこんな感じ  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂もこんな感じ  
3
新しい山名板を取り付けました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい山名板を取り付けました
8
山頂から武尊山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から武尊山
5
遠くに赤城山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに赤城山
4
下界も紅葉が始まっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界も紅葉が始まっている
5
カップラで腹ごしらえ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カップラで腹ごしらえ
4
ん? 何だこれ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん? 何だこれ
2
おお!  古い山名板が落ちてた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお!  古い山名板が落ちてた
7
これも取り付けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも取り付けます
4
そして下山  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして下山  
2
踏み跡か?  
あるのはシカの足跡 ケモノ道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡か?  
あるのはシカの足跡 ケモノ道です
2
石碑のような巨石
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石碑のような巨石
3
最低鞍部への下り 
ヤブに隠れている倒木にずいぶん足を取られた 
コケること数回(ToT)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低鞍部への下り 
ヤブに隠れている倒木にずいぶん足を取られた 
コケること数回(ToT)
3
ブナ林に戻った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ林に戻った
3
最低鞍部からの登り返しはきつい  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低鞍部からの登り返しはきつい  
2
ヌメリスギタケとブナハリタケ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヌメリスギタケとブナハリタケ
3
1779mピーク  
ここからずっと下り
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1779mピーク  
ここからずっと下り
4
至仏山がデカい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山がデカい
9
紅葉の中を下る  
下りの笹ヤブはいくらか楽  
と思ったらこの後ルートミスして片品側に下っていることに気づいたので修正 
早めに気づいてよかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の中を下る  
下りの笹ヤブはいくらか楽  
と思ったらこの後ルートミスして片品側に下っていることに気づいたので修正 
早めに気づいてよかった
12
ナメコ発見(^O^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメコ発見(^O^)
5
珍しいサンゴハリタケを発見(^O^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しいサンゴハリタケを発見(^O^)/
4
ナメコ群生  
だが、半腐れで食不適だった 残念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナメコ群生  
だが、半腐れで食不適だった 残念
4
ムキタケは先週八ヶ岳で採ったのでパス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ムキタケは先週八ヶ岳で採ったのでパス
4
おっ あの小屋は・・💡  
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ あの小屋は・・💡  
4
小屋の下をくぐると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の下をくぐると
2
戻ってきました 坤六峠  
もう、疲労困憊(;^ω^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻ってきました 坤六峠  
もう、疲労困憊(;^ω^)
2
いや〜 よく歩いてきました  
ヤブ漕ぎ三昧だった 
改めて見ると紅葉きれいです🍁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや〜 よく歩いてきました  
ヤブ漕ぎ三昧だった 
改めて見ると紅葉きれいです🍁
6

感想/記録

昨年の春、群馬自然の森から夫婦で西山に登った。
かなりのヤブ漕ぎを強いられ大変な思いをしたので、もうこの山はこりごり・・・と一瞬思ったが、また行ってみたくなってしまった('◇')ゞ
ただし相方は「西山だったらもう行かないよ」とそっけないので、単独登山となった。
前回と同じコースじゃつまらないので、坤六峠から尾根通して登ってみる。片品村とみなかみ町の境界を辿るルート。

坤六峠に車を置いて登山開始。
少し入ったところに気象観測小屋があり、その裏に出るといきなり笹ヤブとなった。このあたりの尾根はだだっ広くはっきりしないが、とにかく上を目指して登る。はじめ何カ所か下草のない場所があったが、登るにつれササは濃くなるばかり。体力を消耗する。色づいたブナやダケカンバが綺麗だが楽しんでいる余裕はない。
登り切って1779mピーク。ここで尾根は直角に右に曲がり、急降下する。
最低鞍部から西山本峰へ登り返すが、いよいよ密ヤブとなってきた。
傾斜も急になり、下向きに生えるネマガリタケを押し返して登るのでキツイ。
樹相がシラビソに変わり、亜高山の雰囲気になると傾斜も緩んできた。
小さなアップダウン繰り返しながら高度を上げていき、見覚えのある山頂に着いた。
滅多に来ないところなので、今日は山名板を作って持ってきた。去年見た古い山名板は落ちてしまったのか見当たらなかった。代わりと言っては何だが、シラビソの幹に取り付ける。
そして、運動量が凄いせいか腹が減ったのでカップラを作って食べる。
1時間近く休んで帰ろうとしたら、笹ヤブの中に板っぽいものを見つけ、手に取ってみると、古い山名板だったので、それも取り付けて下山にかかる。
あとは来たルートを戻るだけだから楽勝・・・と思ったのが大間違い。
下りで勢いが付くんだが、ササの中に隠れた倒木があったりして、ヒザはぶつけるし足を取られて転ぶし、散々な下りだった。そして最低鞍部からの登りは体力の落ちた体には堪えた。
何とか頑張って1779mピークに登り上げ、一呼吸おいてゆっくり下る。
尾根が広いので慎重に下って行ったが、いつの間にか正面に見えるはずの笠ヶ岳が左手、至仏山が正面になっている。そう、向かって右方向、つまり片品側にずれて下っていた。「遭難」の2文字が頭をかすめる。早めに気づいたのでトラバース気味に修正したが、やっぱり下りは難しい。
この辺から倒木を見て歩く。せっかくなので、キノコを探す。
ブナハリタケや珍しいサンゴハリタケをゲット。天然ナメコも見つけた。
気象観測小屋が見え、ほっとする。
坤六峠は紅葉狩りの車が何台も止まっていて、そのうちの一人に声をかけられ「どこに行かれてたんですか?」 「西山です」 「どこですか」 「ここをずっと行った所です」 「登山道はどこですか」  「ありません」 「え?」  「登山道のない山です」 「??」 と最後まで理解してもらえなかった。
自分的には達成感でいっぱい。
チョー疲れたけど満足です。
訪問者数:204人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/8
投稿数: 9
2017/10/21 21:52
 また西山に行かれたのですね!
kotakkyさんこんばんは。
今度はお一人で西山に行かれたのですね。それにしてもすごい笹薮で無事に戻られて何よりです。山名板の取り付けもお疲れさまでした。
片品から坤六を越えて藤原に抜けるルートは紅葉時期は最高ですよね!
雨の予報ですが明日出かけてきます
登録日: 2012/8/5
投稿数: 23
2017/10/22 6:57
 Re: また西山に行かれたのですね!
aznolさん おはようございます。

また行ってしまいました

あの辺の地形図を見ていたら坤六峠からも行けそうな気がして・・、またあの静かな山頂を見たくなって・・、んじゃ今度は紅葉の時期に・・、という訳です。さすがに相方には前回のが堪えたらしく拒否されました(^^;
今回のコースの方がヤブが濃く、登り返しがある分きつかったです。帰路の下りでは笠ヶ岳を目印にしてたんですが、見通せる所が少なくヤブ漕ぎに必死になってていつの間にか片品側に吸い込まれていました。ちょっとヤバかったです。まだルーファイ未熟です

aznolさんは今日いずれかにお出かけとのことですが、お天気悪いですのでお気を付けて行ってきて下さい。

ではまた。
登録日: 2014/5/8
投稿数: 9
2017/10/22 23:48
 Re[2]: また西山に行かれたのですね!
今日、坤六峠にドライブして来ました。紅葉が綺麗でしたが、雨の峠に着いてみて、この笹藪から西山に入ったとは、改めて頭が下がります。私事ですが脚を傷めてドクターストップがかかり、登山は出来ない状況ですが、kottakyさんのログを見て来年への夢を膨らませています。また片品方面のログをお待ちしています😊
登録日: 2012/8/5
投稿数: 23
2017/10/23 8:02
 Re[3]: また西山に行かれたのですね!
そうですか・・・ 足を傷めて・・・。

aznolさんの山行レコ、次は来年になってしまうようですが、またお待ちしておりますので、じっくり治療に専念して下さい。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ