ヤマレコ

記録ID: 1281549 全員に公開 ハイキング丹沢

大山から鐘ケ嶽

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れの天気だが遅れた青空でした
アクセス
利用交通機関
電車バス
伊勢原駅から大山ケ-ブル駅行き
7時54分発に乗る、直行便です。37分310円

帰り 広沢寺温泉入口から16時16分発本厚木駅 360円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間3分
休憩
1時間31分
合計
7時間34分
S大山ケーブルバス停08:2509:27阿夫利神社下社09:3110:0616丁目10:0910:2220丁目10:3625丁目10:48大山11:3211:44不動尻分岐12:12矢草ノ頭12:24唐沢峠12:3313:20不動尻14:19鐘ヶ嶽14:4915:45鐘ヶ嶽BS15:4615:59広沢寺温泉入口バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
何時でも行ける山としてるがいざ出かけると混雑覚悟だ、案の定バスは若干空きは有った。ケーブ駅直行便だったので早く着いたようだ。

猫も杓子もでは無いが連休に繰り出した親子連れが多く見られる。正にファミリー登山を楽しんでた。

コマ階段を制し分岐から男坂に上がって行く。昔道なので石の不正な階段を上がり続けなければ下社に着かない。

前日からの体調不良と言うわけでは無いが足運びが辛い、それにしても
大汗が出る始末。階段続きなので気張っての歩きでは無かったようだが
何故か帽子にもしみ込む汗が違ってた。

下社に着いた白い石段に映えるもみじはもう少し先に色づけと見た。ザックを降ろしサプリメントのゼリーを口にする。3600ミリでは足りないか?でもこれしかない。

元気を取り戻そうと吸い込んだ。結果は直ぐには出ないので登りだけは
諦め大山山頂へと列の中に入って上がってました。

26丁目の富士見台には立ち止まったハイカーが休憩中。ヤビツ峠からの
合流地。富士が正面に出れば足休めに好都合なのだが生憎の曇り空で
視界は無い。

ごろ太石を交わしながら上がって行く、金属の鳥居が見えれば山頂にと成る。所狭しとハイカーで一杯です。座る場所が確保できず少し下がった場所に周りベンチに相席させてもらう。

汗でパンツの太ももまで濡らしていた、こんなに濡らす事は今まで経験ない。座ったベンチに尻の濡れた後を付けながらランチタイムでした。

予定より少し遅れたが次の場所まで挽回と計算した。10分遅れでスタート階段を降りてた、上がって来るハイカーに譲りながら不動尻分岐に、
此処から次の目的地鐘ケ嶽へと進む。

賑わいは消えた、混雑も無くひっそりとした歩きが始まる。大山の高さから徐々に下がって行く、細かい階段が飽きれる程付いてた。
時折ソロの登山者と出会う。様子から見ると元気そのもの。

唐沢峠はベンチがあった様だが道標を見ずに通過した。一時間半程度の
歩きでと計算したが初めての場所は兎も角長く感じる。
不動尻らしき場所、植物の手入れなのか作業中の人が一人。足は林道の
舗装道に変わってる。

水の流れから足元にコケも生えていて滑りやすい、落ち葉を踏みながら先へと歩く。GPSで進路を確認すると舗装道がUターンする作りが分かったその辺から鐘ケ嶽へと登れるはずと進む。

名前が分からなかった滝を見る。落差は20m弱だろう、水量は豊富に落としていた。カーブの先へと向かってたが行き成り取りつき口が出た。

予想もしなかった場所、山の神隧道近くからと思い込んでたので早くの現れ、道標に従い登り始める。
山道は歩き安い滑りも無く一気に進んで行けた、小山の上に祠が有るので立ち寄ったら特に変わりは無く一息入れる場所かなと先へ上がって行く。

小山を数か所越えてた、今度は其処かな鐘ケ嶽はと高度計の高さを見てたが余り変わらない山道、向こうに明るさがある其処だと良くも騙される
数か所こんな感じだったが眺望一切ない山頂に石仏が二体立ってた。

隣に道標鐘ケ嶽とある561mのピーク、ベンチが一脚に先客が使ってた、足休めに隣にお邪魔する。コーヒータイムの時間、景色は無く幾分鬱蒼とした場所。

下山時間は1時間20分の案内が出ている。30分の休憩だった、今から降りると14:50分だから15時台のバスは諦め次にと成りそう。
バス時間は結構あるので心配は無い物の暗さに負ける自分、明りが残っているうちに済ませたいと思うのは当然。

広沢寺温泉口まで降りる、手前ではバスの発着は無いので下までとした。
厚木バス千ー行であって駅終点ではない。
センター発着だと数も多いので利用価値はある。

13.3kmと歩いたが前半の足運びが問題を作った、でも後半は
通常の歩きに変わり時間もちゃんと合わせられ無事下山の運びだった。
コース状況/
危険箇所等
問題有りません。
でも注意、何処で取りついたかヤマヒルに足を噛まれてました。
多分鐘ケ嶽での長い休憩時にかと思う。(かゆみで気づく)
その他周辺情報広沢寺温泉、七沢温泉などがある。

写真

7:54分に乗車ノンストップバスで25分。
多くのハイカーの列です。
2017年10月08日 07:55撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:54分に乗車ノンストップバスで25分。
多くのハイカーの列です。
伊勢原駅から大山ケーブル駅行で此処に着きます。
2017年10月08日 08:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢原駅から大山ケーブル駅行で此処に着きます。
歩きのスタートコマ階段へ向かってます。
2017年10月08日 08:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きのスタートコマ階段へ向かってます。
コマ階段の始まり。
2017年10月08日 08:28撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマ階段の始まり。
1
男ならでは男坂に取り付く。
2017年10月08日 08:40撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男ならでは男坂に取り付く。
大山を治めていた場所。
2017年10月08日 09:17撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山を治めていた場所。
下社に着いた、もみじは未だですが。
2017年10月08日 09:23撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社に着いた、もみじは未だですが。
一部色づくものも有ります。
2017年10月08日 09:24撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一部色づくものも有ります。
下社社殿で祈願。
2017年10月08日 09:26撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下社社殿で祈願。
男坂に上がって行くも今日は行き成りの大汗、体調が今一なのか踏ん張りがきかない。
2017年10月08日 09:31撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男坂に上がって行くも今日は行き成りの大汗、体調が今一なのか踏ん張りがきかない。
天狗の一突きだとか。岩の説明は次に。
2017年10月08日 10:08撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の一突きだとか。岩の説明は次に。
1
この様な内容。
2017年10月08日 10:08撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この様な内容。
26丁目富士見台、富士は無し。
2017年10月08日 10:10撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
26丁目富士見台、富士は無し。
休憩に良い場所。
2017年10月08日 10:22撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩に良い場所。
ヤビツ峠から合流する場所、26丁目。
2017年10月08日 10:39撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠から合流する場所、26丁目。
上が近く成ったかな、鳥居が見えた。
2017年10月08日 10:45撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上が近く成ったかな、鳥居が見えた。
鳥居が出れば山頂間じか。
2017年10月08日 10:45撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居が出れば山頂間じか。
1
大勢居ました山頂に到着少し遅れました、11:40
2017年10月08日 10:50撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大勢居ました山頂に到着少し遅れました、11:40
3
混雑の空きを狙って撮影。
2017年10月08日 10:51撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混雑の空きを狙って撮影。
1
大勢でした。
2017年10月08日 10:51撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大勢でした。
混んでますね。
2017年10月08日 10:51撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混んでますね。
ランチ後この方向へ下ります。不動尻に歩くと最初は
狭い階段が伸びてます。
2017年10月08日 11:44撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチ後この方向へ下ります。不動尻に歩くと最初は
狭い階段が伸びてます。
雲が怪しいが雨は無い。
2017年10月08日 11:57撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が怪しいが雨は無い。
細尾根が続きますが場所に拠っては転落防止の柵もあるので安心。
2017年10月08日 12:19撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細尾根が続きますが場所に拠っては転落防止の柵もあるので安心。
1
不動尻に向かう途中林道にある、谷太郎川沿いから先に煤ケ谷がある。
2017年10月08日 13:34撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動尻に向かう途中林道にある、谷太郎川沿いから先に煤ケ谷がある。
チョットした滝が落ちる、名前分からず。
2017年10月08日 13:38撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョットした滝が落ちる、名前分からず。
2
林道に遇った取りつき口。もう少し林道歩きと思ってたが地図からは分からなかった場所。でも上がって行った
2017年10月08日 13:46撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に遇った取りつき口。もう少し林道歩きと思ってたが地図からは分からなかった場所。でも上がって行った
1
トラバース箇所に丸太橋、ロープ補助あり。
2017年10月08日 13:54撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース箇所に丸太橋、ロープ補助あり。
時折では無いが疲れ癒せる場所。
2017年10月08日 13:57撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折では無いが疲れ癒せる場所。
1
だましの山頂だった小さな祠。
2017年10月08日 13:59撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だましの山頂だった小さな祠。
鐘ケ嶽山頂の様子。
2017年10月08日 14:20撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鐘ケ嶽山頂の様子。
3
道標は時間がはっきりしてるが、歩き方に拠ってはこの時間以上掛かるので注意。
2017年10月08日 14:20撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標は時間がはっきりしてるが、歩き方に拠ってはこの時間以上掛かるので注意。
山頂から石段を少し降りた場所、浅間神社が鎮座。
鐘ケ嶽はこのお宮参りに上がる為にある様だ。
眺望良い所です。
2017年10月08日 14:49撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から石段を少し降りた場所、浅間神社が鎮座。
鐘ケ嶽はこのお宮参りに上がる為にある様だ。
眺望良い所です。
下から見れば結構長い石段。
2017年10月08日 14:55撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から見れば結構長い石段。
此処も見晴良い場所。
2017年10月08日 15:05撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処も見晴良い場所。
最後の石段。
2017年10月08日 15:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の石段。
参道降りた場所。丁石があるので数えながら歩けば
目安に成る歩き。28丁の数。
2017年10月08日 15:40撮影 by Canon EOS M2, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
参道降りた場所。丁石があるので数えながら歩けば
目安に成る歩き。28丁の数。
登山口となる表示、せんげん道の始まり。厚木バスセンターからここへ。
2017年10月08日 15:47撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口となる表示、せんげん道の始まり。厚木バスセンターからここへ。
散策コース案内板。
2017年10月08日 15:48撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
散策コース案内板。
左大山から不動尻と歩きピンクに繋がり広沢寺温泉入口までです。
2017年10月08日 15:48撮影 by DMC-FX150, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左大山から不動尻と歩きピンクに繋がり広沢寺温泉入口までです。
訪問者数:62人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

林道 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ