ヤマレコ

記録ID: 1282375 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走谷川・武尊

㊶武尊山(裏見ノ滝 林道から周回)

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 時々 曇り
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
(往路)東京駅 6:08発 とき301号 ー6:58着 高崎駅 7:12発ー 8:17着 水上駅 8:24発ー8:29着 湯檜曽駅 ー(タクシー約40分)−9:10着 裏見ノ滝 林道終点

(復路)16:00発 裏見ノ滝 林道終点ー(タクシー約40分)−16:40着 湯檜曽温泉 紫明館日帰入浴 ー 18:23発 湯檜曽駅ー 18:28着 水上駅 18:44発 −19:48着 高崎駅 19:59発 あさま628号−20:52着 東京駅

タクシー 関越交通 水上営業所 0278-72-3131 
湯檜曾駅〜裏見ノ滝林道終点 片道7660円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間42分
休憩
55分
合計
6時間37分
S武尊沢林道終点駐車場09:2209:35須原尾根分岐10:26武尊神社下降点10:3410:42手小屋沢避難小屋分岐10:5212:31武尊山12:5213:46剣ヶ峰山14:0215:48武尊沢15:59武尊沢林道終点駐車場15:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
手小屋沢避難小屋〜武尊山山頂 山頂付近の”行者ころげ”の岩場(写真参照)は難所。
剣ヶ峰山〜林道終点 沢沿いのため、雨の後は泥濘が酷い。下山時は転倒注意。
その他周辺情報湯檜曽温泉 紫明館 日帰入浴 500円 https://www.shimeikan.jp
宝台樹キャンプ場 売店 武尊山バッチ 510円

写真

裏見ノ滝入口の上 林道終点の駐車場でタクシーを降りる。上の駐車場は下より空きがある。
2017年10月08日 09:19撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏見ノ滝入口の上 林道終点の駐車場でタクシーを降りる。上の駐車場は下より空きがある。
手小屋沢避難小屋の分岐まで登って来た
2017年10月08日 10:36撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手小屋沢避難小屋の分岐まで登って来た
これは、獅子ヶ鼻山が見えてるのかな?
2017年10月08日 10:39撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは、獅子ヶ鼻山が見えてるのかな?
下に見える詳細不明の手小屋沢避難小屋
2017年10月08日 10:42撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に見える詳細不明の手小屋沢避難小屋
行者ころげの岩場 その1 一年ぶりに一緒のhappy7さん。岩場をガンガン登る。
2017年10月08日 11:42撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者ころげの岩場 その1 一年ぶりに一緒のhappy7さん。岩場をガンガン登る。
行者ころげの岩場 その2 
2017年10月08日 11:51撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者ころげの岩場 その2 
行者ころげの岩場 その3
2017年10月08日 11:58撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者ころげの岩場 その3
行者ころげの岩場 その4
2017年10月08日 11:59撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者ころげの岩場 その4
ここでの赤の主役はドウダンツツジ
2017年10月08日 12:09撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでの赤の主役はドウダンツツジ
2
武尊山山頂に到着
2017年10月08日 12:28撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山山頂に到着
1
山頂の小さな祠はザックのそばに埋もれていた
2017年10月08日 12:34撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の小さな祠はザックのそばに埋もれていた
1
山頂からの剣ヶ峰山と玉原ダム湖
2017年10月08日 12:55撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの剣ヶ峰山と玉原ダム湖
1
山頂からの中ノ岳と川場谷
2017年10月08日 12:55撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの中ノ岳と川場谷
次は剣ヶ峰山へと向かう
2017年10月08日 12:55撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は剣ヶ峰山へと向かう
1
川場谷への沢周辺が紅葉している
2017年10月08日 13:03撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川場谷への沢周辺が紅葉している
1
剣ヶ峰山への尾根の道 アップダウンしながら進む。
2017年10月08日 13:10撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山への尾根の道 アップダウンしながら進む。
足元にも小さな紅葉
2017年10月08日 13:30撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元にも小さな紅葉
ゴゼンタチバナも赤い実を付けて紅葉している
2017年10月08日 13:33撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナも赤い実を付けて紅葉している
剣ヶ峰山山頂に到着
2017年10月08日 13:48撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰山山頂に到着
1
武尊山山頂を振り返る
2017年10月08日 14:00撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武尊山山頂を振り返る
2
獅子ヶ鼻山と谷川岳
2017年10月08日 14:10撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
獅子ヶ鼻山と谷川岳
1
ちょっと下って剣ヶ峰山を振り返る
2017年10月08日 14:09撮影 by E-PL8 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと下って剣ヶ峰山を振り返る
2

感想/記録

 一年ぶりにhappy7さんと一緒に約束していた武尊山へ。せっかくタクシ−で行くのだから武尊牧場から登って裏見ノ滝側へ下ろうと計画した。ところが片品エリアのタクシーを予約しようとしたら、この連休は全て鳩待峠へ出払ってしまうという。恐るべし、尾瀬人気。まずい!水上エリアのタクシーも人気の谷川岳と競合するのではないか?と思ったがこちらはあっさり予約が取れた。ということで、裏見ノ滝の林道終点から剣ヶ峰山経由の周回にルートを変更。
 手小屋沢避難小屋を経由するコースには”行者ころげ”と言われる岩場が連続する箇所があり、思っていた以上に登り甲斐があった。着いた時にはガスがかかっていた山頂も出発するころには晴れ、良い眺めだった。剣ヶ峰山へ向かう尾根からは沢の紅葉を一望することが出来て気持が良かった。大変だったのは剣ヶ峰山からの下山ルートの泥濘でヌルヌルと滑る。ちょっと油断すると大転倒するので、雨の後にはこのコースはお勧めできない。それでも、タクシーとの待ち合わせ時間の4時には予定どおり下山することができた。
 お約束の山バッチも途中の宝台樹キャンプ場で購入。湯檜曽駅に近い紫明館という温泉施設で日帰り入浴した。ここで靴やザックの泥を落として、何とか帰りの新幹線に乗れる状態になり、百名山41座目の武尊山のミッションも無事に終了した。
訪問者数:102人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ