ヤマレコ

記録ID: 1282410 全員に公開 ハイキング増毛・樺戸

暑寒別岳

日程 2017年10月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日の雨と落ち葉で石の上は滑ります。

写真

予報通り天気はとても良いです
2017年10月08日 06:12撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予報通り天気はとても良いです
紅葉も見ごろです。
2017年10月08日 06:13撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉も見ごろです。
川沿いの登山道は涼しいです。
2017年10月08日 06:29撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川沿いの登山道は涼しいです。
湿原までもう少し
2017年10月08日 06:49撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原までもう少し
湿原まで登ると、南暑寒、暑寒別岳まで一望できました。
2017年10月08日 06:59撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原まで登ると、南暑寒、暑寒別岳まで一望できました。
1
快晴無風でした。
2017年10月08日 07:06撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴無風でした。
3
湿原内は、途中から木道が狭くなるため一方通行になります。
2017年10月08日 07:13撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原内は、途中から木道が狭くなるため一方通行になります。
1
湿原を超え450mで展望台につきます。
南暑寒岳まではここから2.5勸未里茲Δ任后
2017年10月08日 07:31撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原を超え450mで展望台につきます。
南暑寒岳まではここから2.5勸未里茲Δ任后
1
湿原を抜けて山頂までは、なだらかな登山道が続きます。
2017年10月08日 07:37撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原を抜けて山頂までは、なだらかな登山道が続きます。
南暑寒岳手前の標識!ピークはここから20mくらいです。
2017年10月08日 08:18撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南暑寒岳手前の標識!ピークはここから20mくらいです。
1
暑寒別岳が見えました!でかいです。
2017年10月08日 08:21撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暑寒別岳が見えました!でかいです。
2
山頂には、私も含めて2名でした、
2017年10月08日 08:22撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には、私も含めて2名でした、
4
中央に浜益富士(黄金山)がきれいに見えます。
2017年10月08日 08:22撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央に浜益富士(黄金山)がきれいに見えます。
1
軽く食事をしてから暑寒別岳に向けて出発です。
登山道ははっきり見えてます。
2017年10月08日 08:24撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽く食事をしてから暑寒別岳に向けて出発です。
登山道ははっきり見えてます。
1
上からははっきり見えていた登山道も降りるとこの通り・・・
2017年10月08日 08:39撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上からははっきり見えていた登山道も降りるとこの通り・・・
すこし近づいてきました。
2017年10月08日 08:47撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すこし近づいてきました。
1
かなり近づいて来ました。
南から雲が近づいてきてしまいました。
2017年10月08日 09:13撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり近づいて来ました。
南から雲が近づいてきてしまいました。
1
山頂手前でガスが・・・
2017年10月08日 09:52撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前でガスが・・・
山頂には暑寒コースから4名ほど
2017年10月08日 10:03撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には暑寒コースから4名ほど
4
時々雲が切れます。
2017年10月08日 10:09撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々雲が切れます。
帰り道も長そうです。
2017年10月08日 10:09撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道も長そうです。
下山後振り返ると山頂も晴れてきました。
今日はここまで7名の登山客とスライドしました。
2017年10月08日 10:47撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後振り返ると山頂も晴れてきました。
今日はここまで7名の登山客とスライドしました。
帰りの南暑寒岳までの登り返しがきついです。
2017年10月08日 11:00撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの南暑寒岳までの登り返しがきついです。
ささやぶの中の標識に勇気つけられます。
2017年10月08日 11:02撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ささやぶの中の標識に勇気つけられます。
登るときには目に入らかった紅葉も帰りは良く見えます。
2017年10月08日 13:05撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登るときには目に入らかった紅葉も帰りは良く見えます。
下ばっかり見て歩いたせいか、滝見コースを歩いてました。
2017年10月08日 13:13撮影 by DM-01H, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ばっかり見て歩いたせいか、滝見コースを歩いてました。

感想/記録

先週は雪が積もった暑寒別岳でしたが、調べると雪が融けた様子だったので
紅葉を眺めながら登ることにしました。
暑寒別ゲートパークは今月14日までだったので最後の週末になります。

管理人さんに施設維持費として500円を払い入山届を書きます。
複写用紙の一枚は入山届なので、ゲートの登山口ポストに入れて出発しなくててはいけないようです。
私は、解らなくて下山後にとりあえず入れておきました。(笑)

暑寒別ゲートパークから暑寒別岳までは、片道13卍でかなりのロングコースですが、湿原歩きなども多く大雪山周りよりは脚の負担はないようなので、
往復9時間くらいの行程をイメージし出発しました。

登山口から湿原までは3kmほどです。観光客でも歩くコースなので
甘く見ていましたが、思っていた以上の普通の登山道でした。
南暑寒岳までの道のりではこの区間が一番きついと思います。
また前日の雨の影響と、落ち葉が岩に乗っているのでとても滑りやすいです。

湿原まで登ると、快晴無風初めての湿原でテンションも上がります。
歩くのも楽しくてどんどん進めます。
湿原区間は2kmほどあります。途中で木道が狭くなるため一歩通行に分かれます。
行きは左側のルートになります。湿原は一望できるので先行者もちらほら見えます。

湿原を超えると、3卍で南暑寒岳につきます。
ゆるやかな登りの登山道ですこし飽きるコースですえね!

南暑寒岳に到着すると最終目的地の大きな暑寒別岳が一望できます。
山頂からは登山道もくっきりと見えてました。
最初に急斜面を降りますが、500mの区間は延々とロープが張ってありますので
笹が覆いかぶさった登山道ですが迷うことはないと思います。
晴れていたので暑寒別岳を見ながら登ることができたのでとてもよいコースでした。
ただし笹をかき分けて歩かなくてはならない所も多く、精神的にもタフなコースです。体力に自信のある中級車以上向けのコースだと思います。
当日は、それでも7名の登山客の方とスライドしました。
単独の登山者は私を含めて、男性4名、女性2名、そのほかに1組が登ってました。
思った以上に登る方が多くてびっくりでした。
下山時の湿原はかなりの方が歩いてました。
紅葉シーズン最盛期のこの時期ならではの気持ちのよいコースでした。
訪問者数:154人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/5/7
投稿数: 0
2017/10/9 18:07
 はじめまして
こんにちは、はじめまして
私も同じ日に同じコースで暑寒別岳まで行きました。
コースタイムがとても早くてびっくりしました!
登録日: 2013/9/9
投稿数: 10
2017/10/9 22:27
 Re: はじめまして
こんにちは!
私は、初めてのコースだったのに笹の露びしょ濡れになって、少しビビりながら急いで登ってたんですよね(笑)
多分、暑寒別岳からの降りでスライドした方なのですね!
このコースは、ほとんど登る人なんていないのかなと思っていたので、降りでたくさんの方が登ってこられたので気持ちがずいぶん楽になりました。
今回はとてもよい天気に恵まれてよかったですよね!またどちらかでスライドするかもしれませんが宜しくお願い致します。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 紅葉 テン ロング 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ