また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1284027 全員に公開 ハイキング妙高・戸隠・雨飾

雨飾山【新潟県側糸魚川ルート】

日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候天気予報は晴れにも関わらず、夜中には小雨が降りました。日が変わったくらいから眩い月が煌めいていました。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
雨飾山荘のすぐ下の駐車場に停めます。
第一駐車場6台、第2駐車場は10台、第3駐車場は6台程度のスペースがあります。

第一駐車場は山荘宿泊者と思われる方の車で満車でしたが、他は余裕です。

糸魚川側は満車での駐車スペースの心配はなさそうです。
下山した13時30分でも車は増えていませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
22分
合計
4時間12分
S雨飾山荘05:4209:14笹平09:1609:34雨飾山G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ドロドロです。雨が降ると、防水無いとキツイかも。また、岩コースも多く、かなり滑ります。
その他周辺情報雨飾山荘でバッジが買えます。
私は、売り切れのため、買えませんでしたが。

写真

前日から車中泊。第1駐車場は満車のため、第2駐車場で一晩過ごしました。一切の街灯は無く、携帯も圏外。恐ろしく心細かったです。渓流のすぐだったこともあり、熊にも脅えてましたw
(目撃したわけではありませんが、渓流に出やすいみたいだし、道中タヌキなど野生動物ばかり見たものでw)
2017年10月09日 05:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日から車中泊。第1駐車場は満車のため、第2駐車場で一晩過ごしました。一切の街灯は無く、携帯も圏外。恐ろしく心細かったです。渓流のすぐだったこともあり、熊にも脅えてましたw
(目撃したわけではありませんが、渓流に出やすいみたいだし、道中タヌキなど野生動物ばかり見たものでw)
1
空が明るくなってきた5時30分、出発します。
天気は良さそうなのですが、昨夜は小雨が降っていたので、道は良くなさそうです。
標識に沿って雨飾山荘に来ます。月がまだ覗いてます。
実は標識があるのに、登山道が見つけられず山荘周りをウロウロしてました。
2017年10月09日 05:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空が明るくなってきた5時30分、出発します。
天気は良さそうなのですが、昨夜は小雨が降っていたので、道は良くなさそうです。
標識に沿って雨飾山荘に来ます。月がまだ覗いてます。
実は標識があるのに、登山道が見つけられず山荘周りをウロウロしてました。
そして、何とか発見して、林道を潜ります。
まるで、自分がモグラみたいw
トトロのメイかw
2017年10月09日 05:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、何とか発見して、林道を潜ります。
まるで、自分がモグラみたいw
トトロのメイかw
1
そこそこ急な登山道を進みます。
大きな石も多く、それでいて急。
下りが大変そうだと、今から心配になります。
お!光が見える!
2017年10月09日 06:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこ急な登山道を進みます。
大きな石も多く、それでいて急。
下りが大変そうだと、今から心配になります。
お!光が見える!
尾根にでます。
月がまだ見えてます。
2017年10月09日 06:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根にでます。
月がまだ見えてます。
秋って空気が澄んでるのかな?この時期って周りの山もよく見えますよね!
2017年10月09日 06:15撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋って空気が澄んでるのかな?この時期って周りの山もよく見えますよね!
1
紅葉の隙間から月を。
いつか雪月花を撮りたいという夢があるけど、
雪と花と月、この3つが一つのフレームってあり得ないですよね。
2017年10月09日 06:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の隙間から月を。
いつか雪月花を撮りたいという夢があるけど、
雪と花と月、この3つが一つのフレームってあり得ないですよね。
1
道中にあった道標。
なんか五竜山荘のTシャツに同じようなのがプリントされたTシャツがあったような。
ヤマレコでも欲しいと言ってる方を多く見かけるます。登山愛好家に人気なんですねー。
2017年10月09日 06:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中にあった道標。
なんか五竜山荘のTシャツに同じようなのがプリントされたTシャツがあったような。
ヤマレコでも欲しいと言ってる方を多く見かけるます。登山愛好家に人気なんですねー。
時折ハシゴなど。
何気に面白い?
でも、私は実は高い所が、苦手なんです。
これって正直、登山には向かないのかもしれません。
片側が切り落ちた尾根なんかは怖くて竦んでしまいます。
2017年10月09日 06:28撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折ハシゴなど。
何気に面白い?
でも、私は実は高い所が、苦手なんです。
これって正直、登山には向かないのかもしれません。
片側が切り落ちた尾根なんかは怖くて竦んでしまいます。
日差しが出てきて周りの山々を照らします。
それでもまだ、月は出ています。
2017年10月09日 07:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しが出てきて周りの山々を照らします。
それでもまだ、月は出ています。
さて、ロープを登って、そのままハシゴも登り
2017年10月09日 07:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ロープを登って、そのままハシゴも登り
登り切ると、いっぷく処なんです。
少し開けています。
そのいっぷく処から山頂まで約2時間。小休止しましょう。
2017年10月09日 07:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切ると、いっぷく処なんです。
少し開けています。
そのいっぷく処から山頂まで約2時間。小休止しましょう。
登山を始めた時、アホみたいに高かった隣の山と、もう同じくらいの高さまできました。
2017年10月09日 08:33撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山を始めた時、アホみたいに高かった隣の山と、もう同じくらいの高さまできました。
そして、笹平まで到着。進んで行くと、下りになりました。あれ?山頂は?と後ろを向くと、何だよ、あそこにアホみたくそびえ立ってる山があんじゃん!
どうやら、道を間違えたようです。
2017年10月09日 09:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、笹平まで到着。進んで行くと、下りになりました。あれ?山頂は?と後ろを向くと、何だよ、あそこにアホみたくそびえ立ってる山があんじゃん!
どうやら、道を間違えたようです。
2
雨飾山はネコミミの形をしており、頂上が二つになってます。谷川岳のオキノ耳、トマの耳と同じです。さらに、谷川岳と標高が同じなんだそうです。
こちらは標識がないので閑散としてます。
2017年10月09日 09:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨飾山はネコミミの形をしており、頂上が二つになってます。谷川岳のオキノ耳、トマの耳と同じです。さらに、谷川岳と標高が同じなんだそうです。
こちらは標識がないので閑散としてます。
一方の方はもう芋洗い状態。正直、行きたくないw
2017年10月09日 09:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一方の方はもう芋洗い状態。正直、行きたくないw
1
狭い山頂にごった返す人々。
所狭しと休んだり、ごはん食べたりしています。

一番笑えたのが、あれが妙高山だ。いや、違うんじゃないか?いや、あれがそうだ。と、静かに小競り合いしてたオッさんw
2017年10月09日 09:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭い山頂にごった返す人々。
所狭しと休んだり、ごはん食べたりしています。

一番笑えたのが、あれが妙高山だ。いや、違うんじゃないか?いや、あれがそうだ。と、静かに小競り合いしてたオッさんw
1
私も、順番待ちをして、この自撮りと、さっきの一枚ですぐ撤収。
すあません、どうぞ。と後ろの方に譲る。

芋洗い状態でしたが、ほとんどが長野県側から来た人です。新潟県側から来た人はほとんどいません。
2017年10月09日 09:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私も、順番待ちをして、この自撮りと、さっきの一枚ですぐ撤収。
すあません、どうぞ。と後ろの方に譲る。

芋洗い状態でしたが、ほとんどが長野県側から来た人です。新潟県側から来た人はほとんどいません。
1
山頂はぎゅうぎゅうなので、休める場所を探します。
お!両耳の間、少し下って登山道の脇のスペースでお昼ごはんです。
ここは、誰の邪魔にもなりません。
眼下には笹平が広がり素晴らしいビューポイントです。
ピントはおにぎりに当て、背景の山をぼかす。
何しに来たんだw
何度も山に登り、山頂でご飯を食べましたが、やっぱりおにぎりが一番のように思えます。
日本昔ばなしに出てくる、おにぎりを包む木を薄くしたやつって売ってるのかな?
2017年10月09日 09:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はぎゅうぎゅうなので、休める場所を探します。
お!両耳の間、少し下って登山道の脇のスペースでお昼ごはんです。
ここは、誰の邪魔にもなりません。
眼下には笹平が広がり素晴らしいビューポイントです。
ピントはおにぎりに当て、背景の山をぼかす。
何しに来たんだw
何度も山に登り、山頂でご飯を食べましたが、やっぱりおにぎりが一番のように思えます。
日本昔ばなしに出てくる、おにぎりを包む木を薄くしたやつって売ってるのかな?
山頂からは糸魚川市街、そして日本海と、そこから延びる谷川山塊の先端を望むことができる。
写真右の山を高いなー!あれくらいまで登るのかな?出来るかな?なんて思いながら麓から登り始めた4時間前が懐かしいw
2017年10月09日 10:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂からは糸魚川市街、そして日本海と、そこから延びる谷川山塊の先端を望むことができる。
写真右の山を高いなー!あれくらいまで登るのかな?出来るかな?なんて思いながら麓から登り始めた4時間前が懐かしいw
1
この笹平の道が女性の横顔に見えるらしい。

うん。無理矢理すぎw
2017年10月09日 09:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この笹平の道が女性の横顔に見えるらしい。

うん。無理矢理すぎw
2
下山道。
登りは暗くてみえなかったけど、紅葉は見事。
あと、糸魚川ルートは、山頂の二つ耳を見る事はできませんでした。(見逃したかな?)
笹平入り口で山頂は笹に隠れ、そのまま山の裏手に行くので、見る事はできませんでした。
2017年10月09日 11:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道。
登りは暗くてみえなかったけど、紅葉は見事。
あと、糸魚川ルートは、山頂の二つ耳を見る事はできませんでした。(見逃したかな?)
笹平入り口で山頂は笹に隠れ、そのまま山の裏手に行くので、見る事はできませんでした。
糸魚川ルートはこのような看板が道案内してくれます。間違うのは笹平のとこが分かりにくいくらいで、迷う事はないと思います。
ヤマレコで400m単位の標識は長野ルートのようです。
2017年10月09日 06:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
糸魚川ルートはこのような看板が道案内してくれます。間違うのは笹平のとこが分かりにくいくらいで、迷う事はないと思います。
ヤマレコで400m単位の標識は長野ルートのようです。
撮影機材:

感想/記録

いつまでも急登が終わりません。
ひたすら登り続けたという印象でした。
記録はスマホのバッテリーから片道のみ。
登山口に『ゆっくり登って4時間』とありましたが、そのとおりでした。写真などけっこう足を止めつつ登ったので、『遅くて4時間』くらいでみていいかと。
しかし、下山に3時間半、ほぼ登りと同じ時間を要しました。私が下り方が下手なのもあるのですが。

8月から苗場山、越後駒ヶ岳、火打山、巻機山と100名山を登り、今日で5座目になったのですが、ここが一番キツかった!
登山客は長野県側からが圧倒的に多いですね。
登る時、こんなに急登ばかりで、降りる時大変だろうという予想は無駄に的中wどんどけ転ぶんだよ!ってくらい転びました。

山バッジは麓の雨飾山荘で売ってますが、三連休最終日の今日は売り切れでした。
マジかよ、凹む。
バッジだけ買いにこんな山奥まで着たくない、、
これで登ってのにゲットできなかったバッジは苗場山と、ここ雨飾山の2つです。

今回も、火打山、巻機山もですが、昨今の登山人気の凄さには驚きました!
訪問者数:321人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ