また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1285010 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 志賀・草津・四阿山・浅間

草津白根山〜芳ヶ平〜渋峠周回 翡翠の湯釜と琥珀の紅葉

情報量の目安: S
-拍手
日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ 
アクセス
利用交通機関
車・バイク
RW山麓駅駐車無料。
下山のみRWに乗車した、片道900円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
shilokoさんのペースに合わせゆっくりです。季節外れの暑さ。
コース状況/
危険箇所等
気象庁指定の監視活火山、噴火警戒レベル1、活火山であることに留意。
ただし火口湯釜付近と自治体指定区域は立入禁止。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

写真

ガスが漂うRW山麓駅を出発するshilokoさん。気温10℃。秋冬物のパンツを履いてきており、この後暑さで散々な目に合う。
2017年10月09日 05:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが漂うRW山麓駅を出発するshilokoさん。気温10℃。秋冬物のパンツを履いてきており、この後暑さで散々な目に合う。
3
殺生河原。ガスだか噴煙だか分からない。ただ硫黄の強烈なにおいが漂う。硫化水素発生中、足早に。
2017年10月09日 06:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殺生河原。ガスだか噴煙だか分からない。ただ硫黄の強烈なにおいが漂う。硫化水素発生中、足早に。
1
早朝、ガスに包まれる紅葉。
2017年10月09日 06:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝、ガスに包まれる紅葉。
3
登山道を彩る紅葉。
2017年10月09日 06:10撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道を彩る紅葉。
5
やや欠けている月。クレーターは見えるが、ウサギは餅つきをサボっている。
2017年10月09日 06:12撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やや欠けている月。クレーターは見えるが、ウサギは餅つきをサボっている。
8
ホツツジと紅葉。
2017年10月09日 06:15撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホツツジと紅葉。
5
紅葉にモルゲンロート。
2017年10月09日 06:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉にモルゲンロート。
4
ガスと紅葉と岩稜の神秘的な光景。撮影に余念がないshilokoさん。
2017年10月09日 06:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスと紅葉と岩稜の神秘的な光景。撮影に余念がないshilokoさん。
4
紅葉に朝日が当たり光輝く。
2017年10月09日 06:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉に朝日が当たり光輝く。
7
ガスの影響で黄金色が弱いが、美しく輝く紅葉。
2017年10月09日 06:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの影響で黄金色が弱いが、美しく輝く紅葉。
4
東方面はガスが流れ漂う。
2017年10月09日 06:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方面はガスが流れ漂う。
3
紅葉に彩られる早朝の富貴原ノ池。
2017年10月09日 06:52撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉に彩られる早朝の富貴原ノ池。
4
見上げる本白根山方面。
2017年10月09日 06:58撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げる本白根山方面。
9
燃え上がるような紅葉。
2017年10月09日 07:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燃え上がるような紅葉。
9
急登から振り返る。雲海と富貴原ノ池。
2017年10月09日 07:05撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登から振り返る。雲海と富貴原ノ池。
1
南東には紅葉が映える尾根と下界を覆う雲海、青空。
2017年10月09日 07:08撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東には紅葉が映える尾根と下界を覆う雲海、青空。
1
紅に可愛らしく色付いた葉。ゴヨウツツジだろうか?
2017年10月09日 07:12撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅に可愛らしく色付いた葉。ゴヨウツツジだろうか?
4
鏡池手前の木階段から、草津町を覆う雲海。左奥は武尊山。
2017年10月09日 07:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡池手前の木階段から、草津町を覆う雲海。左奥は武尊山。
1
鏡池。池底の亀甲模様がはっきりと。
2017年10月09日 07:59撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡池。池底の亀甲模様がはっきりと。
2
樹林帯、ハイマツ帯を抜けると草津本白根山、展望所、青空。
2017年10月09日 08:14撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯、ハイマツ帯を抜けると草津本白根山、展望所、青空。
3
色付く紅葉に見送られながらピークへ向かうshilokoさん。
2017年10月09日 08:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
色付く紅葉に見送られながらピークへ向かうshilokoさん。
3
中央火口跡、白根火山湯釜、横手山、岩菅山、烏帽子岳。
2017年10月09日 08:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央火口跡、白根火山湯釜、横手山、岩菅山、烏帽子岳。
1
浅間山。火口が見える。
2017年10月09日 08:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間山。火口が見える。
1
北アルプス。鹿島槍ヶ岳〜針ノ木岳、後ろに剱岳、立山。
2017年10月09日 08:20撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス。鹿島槍ヶ岳〜針ノ木岳、後ろに剱岳、立山。
3
草津本白根山展望所。軽やかに脚が上がるshilokoさんと、うだつが上がらない万年金欠の愚か者。
2017年10月09日 08:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津本白根山展望所。軽やかに脚が上がるshilokoさんと、うだつが上がらない万年金欠の愚か者。
16
遊歩道最高地点方面。コマクサが彩った夏から、今紅葉が彩る秋に。
2017年10月09日 08:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊歩道最高地点方面。コマクサが彩った夏から、今紅葉が彩る秋に。
6
中央火口跡を通り逢ノ峰、湯釜方面へ向かう。
2017年10月09日 08:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央火口跡を通り逢ノ峰、湯釜方面へ向かう。
1
クマ避けを鳴らすshilokoさん。

鐘の形が面白かったです。ボンベの再利用かな?有効活用ですネ♪(し)。
2017年10月09日 09:00撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマ避けを鳴らすshilokoさん。

鐘の形が面白かったです。ボンベの再利用かな?有効活用ですネ♪(し)。
6
逢ノ峰の急木階段。本白根ゲレンデ、コマクサリフト。
2017年10月09日 09:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逢ノ峰の急木階段。本白根ゲレンデ、コマクサリフト。
下界から押し寄せるガス。国道はすでに渋滞が始まっている。
2017年10月09日 09:15撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界から押し寄せるガス。国道はすでに渋滞が始まっている。
1
弓池、白根山、湯釜、駐車場は満車。
2017年10月09日 09:22撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓池、白根山、湯釜、駐車場は満車。
4
振り返ると逢ノ峰も色とりどりの紅葉。
2017年10月09日 09:24撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると逢ノ峰も色とりどりの紅葉。
3
湯釜へ向かう。遅い観光客をごぼう抜きして10分かからず展望台へ。

おカマに何度も間違えられているわたし、
ここはシッカリ釜詣でいたしましょう(し)。
2017年10月09日 09:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯釜へ向かう。遅い観光客をごぼう抜きして10分かからず展望台へ。

おカマに何度も間違えられているわたし、
ここはシッカリ釜詣でいたしましょう(し)。
5
草津白根山湯釜。手前は涸釜。
2017年10月09日 09:44撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津白根山湯釜。手前は涸釜。
6
美しい翡翠色の湖水。しかし水温18℃、PH1の強酸性水、全てのものを溶かす。

手前のところに小島がありますね、とく溶けないなぁ〜不思議(し)。
2017年10月09日 09:44撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい翡翠色の湖水。しかし水温18℃、PH1の強酸性水、全てのものを溶かす。

手前のところに小島がありますね、とく溶けないなぁ〜不思議(し)。
15
記念に。輝くshilokoさんと、九寨溝の火花海の水を、絵の具で色付けした水でごまかし観光客を呼び戻したい、もぐりの現地ガイド。
2017年10月09日 09:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念に。輝くshilokoさんと、九寨溝の火花海の水を、絵の具で色付けした水でごまかし観光客を呼び戻したい、もぐりの現地ガイド。
10
万座方面。御飯岳、後方に北アルプス。
2017年10月09日 09:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万座方面。御飯岳、後方に北アルプス。
3
白馬三山、不帰嶮、唐松岳、五竜岳。ガスで断片的だが・・・
2017年10月09日 09:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山、不帰嶮、唐松岳、五竜岳。ガスで断片的だが・・・
2
穂高岳、槍ヶ岳。
2017年10月09日 09:55撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高岳、槍ヶ岳。
4
美しい山稜と景色を背景に。微笑むshilokoさん。
2017年10月09日 09:57撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい山稜と景色を背景に。微笑むshilokoさん。
6
芳ヶ平へ向かう。かっ飛ばせ!shilko、クマを倒せ!嗚於!

メジャーへ行ってもお世話になった日本の方々ことは忘れずに、二刀流を貫き活躍したいと思います(し)。
2017年10月09日 10:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芳ヶ平へ向かう。かっ飛ばせ!shilko、クマを倒せ!嗚於!

メジャーへ行ってもお世話になった日本の方々ことは忘れずに、二刀流を貫き活躍したいと思います(し)。
9
紅葉とそそり立つ雲。暑い!気温20℃。
2017年10月09日 10:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉とそそり立つ雲。暑い!気温20℃。
1
殺伐とした湯釜の脇にも紅葉。立入禁止沿いを歩いていく。
2017年10月09日 10:18撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殺伐とした湯釜の脇にも紅葉。立入禁止沿いを歩いていく。
4
湯釜とその展望台。
2017年10月09日 10:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯釜とその展望台。
3
展望台に殺到する人々。混雑を見ていると気持ち悪くなりそうだ。
2017年10月09日 10:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台に殺到する人々。混雑を見ていると気持ち悪くなりそうだ。
1
日本とは思えない風景。
2017年10月09日 10:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本とは思えない風景。
1
湯釜を東側から見る。
2017年10月09日 10:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯釜を東側から見る。
1
東の小ピークに鳥居と祠がある。白根神社奥宮だろう。参拝する。

お友達の家族とうちの父が元気になるようにお祈りしました(し)。
2017年10月09日 10:31撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の小ピークに鳥居と祠がある。白根神社奥宮だろう。参拝する。

お友達の家族とうちの父が元気になるようにお祈りしました(し)。
3
参拝後、絶対的帰依を体で表現するshilokoさん。
2017年10月09日 10:35撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参拝後、絶対的帰依を体で表現するshilokoさん。
7
東側はガスで視界不良。志賀草津道路の九十九折。
2017年10月09日 10:34撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側はガスで視界不良。志賀草津道路の九十九折。
1
青空の下、芳ヶ平へ向かう。
2017年10月09日 10:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青空の下、芳ヶ平へ向かう。
3
紅葉が見ごろ。
2017年10月09日 10:52撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が見ごろ。
7
水釜があるピークと紅葉。
2017年10月09日 10:54撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水釜があるピークと紅葉。
4
紅葉とススキの道を歩んでいくshilokoさん。
2017年10月09日 10:56撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉とススキの道を歩んでいくshilokoさん。
芳ヶ平ヒュッテが見えてきた。
2017年10月09日 11:02撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芳ヶ平ヒュッテが見えてきた。
1
カラマツの黄金色の紅葉が美しい。草津白根山と共に
2017年10月09日 11:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの黄金色の紅葉が美しい。草津白根山と共に
8
渋峠方面、カラマツの紅葉、笹の緑、青い空。
2017年10月09日 11:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋峠方面、カラマツの紅葉、笹の緑、青い空。
6
カラマツの紅葉に迎えられてヒュッテに。
2017年10月09日 11:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラマツの紅葉に迎えられてヒュッテに。
4
芳ヶ平ヒュッテ。
2017年10月09日 11:20撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芳ヶ平ヒュッテ。
1
芳ヶ平湿地群。池塘と紅葉。青空が映り込む。
2017年10月09日 11:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芳ヶ平湿地群。池塘と紅葉。青空が映り込む。
8
美しい景色の木道を歩んでいく。
2017年10月09日 11:29撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい景色の木道を歩んでいく。
2
北欧、カナディアンのような景色。
2017年10月09日 11:30撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北欧、カナディアンのような景色。
4
木道にあるベンチから。草紅葉、カラマツ、草津白根山。黄金色の絨毯と素晴らしい景色。ため息が出るほど美しい。
2017年10月09日 11:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道にあるベンチから。草紅葉、カラマツ、草津白根山。黄金色の絨毯と素晴らしい景色。ため息が出るほど美しい。
4
黄金色に輝くカラマツ付近に寄ってみる。美しい紅葉の湿原。さすがラムサール条約登録の芳ヶ平湿地群。
2017年10月09日 11:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金色に輝くカラマツ付近に寄ってみる。美しい紅葉の湿原。さすがラムサール条約登録の芳ヶ平湿地群。
4
渋峠、横手山。美しい景色。
2017年10月09日 11:33撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋峠、横手山。美しい景色。
2
芳ヶ平湿地群を眼下に、渋峠へ登っていく。登る者は私たちだけ、渋峠から下る人ばかり。
2017年10月09日 11:47撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芳ヶ平湿地群を眼下に、渋峠へ登っていく。登る者は私たちだけ、渋峠から下る人ばかり。
2
登り返しと暑さでバテバテのshilokoさん。気温20℃。ダマシ平まであと少し。
2017年10月09日 12:03撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り返しと暑さでバテバテのshilokoさん。気温20℃。ダマシ平まであと少し。
昼食は暑いが、秋らしくキノコたっぷりの肉うどん。

にくにく〜♪(し)。
2017年10月09日 12:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼食は暑いが、秋らしくキノコたっぷりの肉うどん。

にくにく〜♪(し)。
7
登山道工事用資材に寄りかかり、豪快にうどんを食らうshilokoさん。私は3.5ℓ+ペプシ、shilokoさんは2ℓ水を持ってきたが、暑さで残り少ない。
2017年10月09日 12:38撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道工事用資材に寄りかかり、豪快にうどんを食らうshilokoさん。私は3.5ℓ+ペプシ、shilokoさんは2ℓ水を持ってきたが、暑さで残り少ない。
3
シラタマノキの白い実。
2017年10月09日 13:41撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラタマノキの白い実。
5
山行史上最高のバテバテになったshilokoさん。やっと渋峠に到着。谷川主脈縦走で燃え尽きてしまったのか?
2017年10月09日 14:04撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行史上最高のバテバテになったshilokoさん。やっと渋峠に到着。谷川主脈縦走で燃え尽きてしまったのか?
7
水が無くなり、渋峠ホテルへ水を買いに向かうshilokoさん。

いろはず555ml200円でした。
おWCはチップ制、金額は任意のようです(し)。
2017年10月09日 14:06撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が無くなり、渋峠ホテルへ水を買いに向かうshilokoさん。

いろはず555ml200円でした。
おWCはチップ制、金額は任意のようです(し)。
2
県境のフロント。固定資産税がややこしい。どうでもいいが・・・。

面積により按分してるんだと思いますがドッチが評価したのか気になります(し)。
2017年10月09日 14:11撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境のフロント。固定資産税がややこしい。どうでもいいが・・・。

面積により按分してるんだと思いますがドッチが評価したのか気になります(し)。
渋峠。群馬長野県境。横手山はガスに覆われておりパス。
2017年10月09日 14:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋峠。群馬長野県境。横手山はガスに覆われておりパス。
4
渋峠ホテル、県境犬インディー。shilokoさんの帽子を取ろうとじゃれる。

遊んでいるように見えますが帽子を取られまいと必死の攻防w(し)。

2017年10月09日 14:16撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渋峠ホテル、県境犬インディー。shilokoさんの帽子を取ろうとじゃれる。

遊んでいるように見えますが帽子を取られまいと必死の攻防w(し)。

9
その子、マーカスは気持ちよさそうに座る。瞑想中。

3歳なのにオッサン座り(汗)。CLもびっくりのこの貫禄!(し)。
2017年10月09日 14:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その子、マーカスは気持ちよさそうに座る。瞑想中。

3歳なのにオッサン座り(汗)。CLもびっくりのこの貫禄!(し)。
6
ホテルで休んで軽やかに脚を上げるshilkoさん。約6.5kmに及ぶ国道の徒歩下りが待っている。
2017年10月09日 14:21撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホテルで休んで軽やかに脚を上げるshilkoさん。約6.5kmに及ぶ国道の徒歩下りが待っている。
3
国道292号、志賀草津道路。RW山頂駅まで約6.5kmを歩いていく。この高地で気温16℃。暑いわけだ。
2017年10月09日 14:23撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道292号、志賀草津道路。RW山頂駅まで約6.5kmを歩いていく。この高地で気温16℃。暑いわけだ。
1
日本国道最高地点。すらりとしたshilokoさんと、サングラスを無くしたので顔に黒塗りを入れると、より一層怪しく人相が悪くどう見ても只者ではない愚か者。
2017年10月09日 14:36撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本国道最高地点。すらりとしたshilokoさんと、サングラスを無くしたので顔に黒塗りを入れると、より一層怪しく人相が悪くどう見ても只者ではない愚か者。
7
国道最高地点から、歩んできた芳ヶ平湿地群と尾根。
2017年10月09日 14:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道最高地点から、歩んできた芳ヶ平湿地群と尾根。
2
芳ヶ平湿地群。草紅葉、カラマツ、池塘が美しい。
2017年10月09日 14:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
芳ヶ平湿地群。草紅葉、カラマツ、池塘が美しい。
2
白根火山湯釜。荒々しく噴煙を上げ、今も生きている活火山。
2017年10月09日 14:32撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根火山湯釜。荒々しく噴煙を上げ、今も生きている活火山。
2
いつもは膝から可愛らしく曲げるのでは?
脚が疲れて単なる体操ポーズになっているshilokoさん。体力の限界か・・・
2017年10月09日 14:37撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもは膝から可愛らしく曲げるのでは?
脚が疲れて単なる体操ポーズになっているshilokoさん。体力の限界か・・・
4
白根山北斜面から芳ヶ平へと続いていく尾根。カラマツの紅葉が美しい。
2017年10月09日 14:43撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根山北斜面から芳ヶ平へと続いていく尾根。カラマツの紅葉が美しい。
1
山田峠と沢には美しい紅葉。
2017年10月09日 14:43撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山田峠と沢には美しい紅葉。
1
山田峠、中央分水峰。上の小さいピークにも登れるが、ガスが多くて今回はパス。ガスがなければ北アルプスが良く見える。
2017年10月09日 15:01撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山田峠、中央分水峰。上の小さいピークにも登れるが、ガスが多くて今回はパス。ガスがなければ北アルプスが良く見える。
3
横手山、池ノ塔山、山田峠。美しい景色を見ながら国道歩き。
2017年10月09日 15:07撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手山、池ノ塔山、山田峠。美しい景色を見ながら国道歩き。
1
噴火の如く赤く燃え上がる紅葉。
2017年10月09日 15:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
噴火の如く赤く燃え上がる紅葉。
4
白根山斜面に美しい紅葉。
2017年10月09日 15:09撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白根山斜面に美しい紅葉。
4
草津本白根山。万座へと続く道。
2017年10月09日 15:19撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津本白根山。万座へと続く道。
1
弓池に戻ってきた。午後三時を過ぎて斜陽し、ひと気も少なく黄昏前の弓池。
2017年10月09日 15:46撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弓池に戻ってきた。午後三時を過ぎて斜陽し、ひと気も少なく黄昏前の弓池。
3
最終16時20分のRWに何とか間に合った。私は歩いて帰っても良かったが、疲労困憊のshilokoさんが限界に近い。
2017年10月09日 16:12撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終16時20分のRWに何とか間に合った。私は歩いて帰っても良かったが、疲労困憊のshilokoさんが限界に近い。
3
フリコ沢の美しい紅葉を見ながら下る。2時間半かけて登った道をRWなら10分。
2017年10月09日 16:17撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フリコ沢の美しい紅葉を見ながら下る。2時間半かけて登った道をRWなら10分。
1
RW山麓駅到着。いつまでも乙女心を忘れないshilokoさん。

もふもふが恋しい季節なのでついつい(し)。
2017年10月09日 16:26撮影 by NIKON D700, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
RW山麓駅到着。いつまでも乙女心を忘れないshilokoさん。

もふもふが恋しい季節なのでついつい(し)。
6

感想/記録

 紅葉が見ごろの草津白根山へ。
規制時を除き、紅葉も美しい芳ヶ平湿地群は度々訪れている。
今回はshilokoさんと同行することとなったので、予定していたチャツボミゴケ公園からの縦走、自転車デポ周回は取りやめ。その代わり渋峠からRW山頂駅まで約6.5kmを歩いてもらう。

 自動車道路など舗装路歩きは嫌いではない。普段見過ごしている、小さな発見があるからだ。車に乗っては感じることができない、ゆったりとした空間移動。単なるぶらぶら歩きと言ってしまえば、それまでなのだが・・・

 ガスに包まれたRW山頂駅に5時45分着。既に5台程度駐車しているが、登山者は私たちだけだった。薄暗い日の出と共に出立。気温10℃でやや肌寒いが、予報通りなら18℃まで気温が上がる。shilokoさんは秋冬用のマムートのパンツを履いてきたが、このあと季節外れの暑さで散々な目に会う。

ガスに包まれる殺生河原は不気味な雰囲気。視界不良でも硫黄臭く、硫化水素は発生しているので注意。樹林帯内を歩いていくと、紅葉がうっすらと見えてきた。月も良く見える。ガスから陽光が差しモルゲンロート。尾根が黄金色に輝く。

 鏡のような水面の富貴原ノ池を過ぎ、急登を上がっていくと、雲海を眼下にして素晴らしい紅葉の景色。本白根山展望所まで5名程度すれ違ったが、皆さん湯釜脇の有料駐車場から来て下る方のみ。RWで戻られるのだろう。鏡池の亀甲模様を見物し樹林帯を抜けると一気に視界が開ける。

 夏季にはコマクサが彩る砂礫地には、秋にはツツジ系の紅葉が見られる。元白根山展望所からは南から東はガスガスだが、北から西は素晴らしい眺望。北アルプスも見られた。中央火口跡を観賞し逢ノ峰、湯釜方面へ向かう。

 紅葉する逢ノ峰からは弓池、湯釜の素晴らしい景色が見られた。また朝の9時だというのに有料駐車場が既に満車、第二、第三駐車場への駐車待ちができており、国道が渋滞していた。

 湯釜の展望台への道も観光客で混んでおり、ごぼう抜きして行く。
10分掛からずに展望台へ着く。湯釜の美しい湖水は翡翠の様だ。
shilokoさんも数十年ぶりに見たそうだ。私と同様に、幼少時に火口縁まで遊歩道を歩いて見物したことも覚えてらっしゃった。年齢が分かるな。

 混み合う展望台を後にして芳ヶ平へ向かう。湯釜の立入規制沿いを歩いていく。
途中小ピークに白根神社奥社と思われる祠と鳥居が見える。寄り道して参拝する。
この辺りの殺伐とした景色が私のお気に入り。中間地点辺り、水釜のピーク辺りから美しい紅葉が見られる。カメラマンの方が多い。

 ガレた道を下っていくと、赤い屋根の芳ヶ平ヒュッテが見えてくる。
その周りには美しいカラマツの黄金色の紅葉。芳ヶ平の草紅葉も見える。
ヒュッテには寄らず、湿地群の周回木道へ。

 夏季にはワタスゲが揺れた湿地、池塘には草紅葉と色とりどりの紅葉。
快晴の空の下、ラムサール条約登録地に相応しい美しい自然の中を歩いていく。
見上げると渋峠への尾根と池ノ塔山、目前にはカラマツの紅葉と草紅葉が一面の黄金色の絨毯を形成している。美しい湿地群の背景には荒々しい白根山。

 芳ヶ平を後にして渋峠へ向かう。ここの登山道でも下る人としかすれ違わなかった。登るのは私達だけだった。樹林帯ではあるが日差しが強く暑い。気温20℃。
shilokoさんはパンツの裾をまくり上げたが、季節外れの暑さに滝のような汗。
しかも水の消費が早く、既に終わりそうだった。この辺りは観光地なので水補給はいくらでもできるから安心。

 バテバテになりながらもダマシ平に到着。ここでちょうど正午、昼食に。
今日は秋らしくキノコたっぷりの肉うどん。暑いがshilokoさんはたくさん召し上がっていた。暑さもあり1時間以上休憩した。

 渋峠への登り返しでshilokoさんは、今までの山行で史上最高のバテバテ。
全く後ろから付いて来られない。先週の谷川主脈縦走で燃え尽きてしまったのだろうか?と、思わせるほどの体力のなさ、歩みの遅さ。私は午前中食べた羊羹の行動食が効いてきてパワーセーブできるほどの余裕。途中でshilokoさん待ちして何度も声がけした。しかもshilokoさんは水切れ、私の水を飲ませてあげた。

 車の喧騒が聞こえると渋峠。渋峠ホテルへshilokoは水を買いに行く。
横手山はガスに覆われ眺望が望めないので今回はパスする。パンも売り切れだろう。
渋峠ホテルのアイドル犬インディーとじゃれ合い、shilokoさんは帽子を取られそうになった。帽子や手袋を齧り取りたがるそうなので要注意。

 気温16℃の渋峠からRW山頂駅までの国道292号、志賀草津道路約6.5kmを徒歩で下っていく。日本国道最高地点で記念撮影し、眼下の芳ヶ平湿地群を眺める。上から見ても美しい。草津白根山から尾根が緩やかに芳ヶ平に続いていく。
その斜面には活火山らしく噴煙が上がり、紅葉が点在する。

 交通量が多い道路だがヒルクライムのローディーが多数いる。やはり関東の自転車乗りは一度はここを目指す。私も二度前橋から自転車で来たことがある。過酷だ。
やはり徒歩で歩く人は私達だけ。邪魔にならないように端を歩くが、歩道がないので仕方ない。

 池ノ塔山、山田峠を過ぎると目前に草津白根山。荒々しい火口と紅葉が美しい。
登り返して万座須坂方面との丁字路を過ぎると弓池。火口、湯釜を一周してきた。
午後3時を過ぎても湯釜展望台には大勢の観光客。対照的にひと気のない弓池はひっそりとしていた。

 私は歩いて下っても良かったのだが、疲労困憊のshilokoさんのため、RWで下山することにした。逢ノ峰を時計回りで迂回し最終16時20分までに何とか間に合った。
フリコ沢の美しい紅葉を眼下に見ながら楽々下山。草津本白根山へ2時間半かけて登り、10分で降りてきた。空しい。山麓駅に着くと駐車場には私の車だけだった。

感想/記録

10/4に雪が降ったというし、9月の苗場行きの時に激寒い経験をしたので、
あったかい恰好ででかけましたが・・・結果あったかすぎて滝汗、けっこうバテてしまいました。ホント服装って難しいです。
しかも暑くて水が終わってしまって焦りました。補充できてよかったです(汗)。

鏡池や芳ヶ平の池塘の水は少な目でしたが、水面に紅葉を映していてさわやかでした。芳ヶ平は想像よりも人が少なくて、静かに湿原をながめることができてよかったですw

20年ぶりくらいに見た湯釜、綺麗でした。紅葉とのコントラストが良さそうとコース設定してくださったgrowさんさすがです。
ナナカマドの赤とカラマツも黄金色に変わってきていて雰囲気あって錦秋を満喫できました。
帰りの国道歩きですが、飽きるかと思いきや、車やバイクでは立ち止まれないところを歩きながら眺められたのでこちらも楽しめまして、
秋の草津白根のアホみたいに長いハイキング、また来年も行きたいナと思いました^^。


最後に、登山口まで遠かったのにgrowさん車の運転ありがとうございました。
といいますかいつも面倒をみてくださってありがとうございます。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1029人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/18
投稿数: 2828
2017/10/11 7:32
 季節外れの暑さ
お二人さん おはようございます
夜が明けだした時間帯より日が落ちる時間帯まで
熱さとの戦いご苦労様でした
今年の陽気は、少し変ですね、10月で夏日を記録するのですから
山の様子はすっかり秋なのに、気温だけが置いていかれてまだ夏?
それにしてもタフ人間ですね、(へバッタshilokoさんも入れてお二人さん)
growmonoさんの(写真内)自分を表現する言葉いつも面白いネタが入ってますネ
次回も楽しみにしています。
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1605
2017/10/11 10:15
 燃料は羊羹
 おはようございます、yasioさん。

「女心と秋の空」と異なり、まさしく季節という川が逆流した天気でした。
2000m以上の高地ですが、気温差が10℃の無風で日差しが強かったです。
shilokoさんは今までで最高にバテてました。

 夜明け日暮れ行動は、人間?離れした野生の宿命ですかね。
ただ火を見ても興奮しないのは、いつも客観視する合理主義者だからです。
洗練された田舎者です。

 戦闘機は空中給油して航続距離を伸ばします。
私も同じく行動食を食べて航続距離を伸ばしているだけです。
急登などパワーがいる時間帯が分っているので、消化吸収時間を逆算して食べてます。
体が重いので速くは歩けませんが、放っておけばずっと歩いていると思います。

 ロードバイクも乗っているので、長距離なら約300kmになります。
利根川江戸川からのTDLや金精峠越えからの日光周回、今回の志賀草津道路はよく行きます。過酷な条件でも自分の足で帰ってこなければなりません。それが山行にも生かされていると思います。暑さ寒さなど気にしません。風が一番嫌いですが・・・

 写真の自虐ネタですが、グーグルアースや世界遺産の写真などを見るのが好きなので、
ひとひねりして文章を考えています。これからも山に登りますが、くだらない記録ですので、shilokoさん共々よろしくお願い致します。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2017/10/11 13:54
 Re: 季節外れの暑さ
yasioさんこんにちは、コメントありがとうございます♪
今日も今日とてお暑うございます。

朝はちょと寒い位でちょうどよかったのですが、20℃越えで無風、
夏のようでした(*´Д`)。

日の出とともに活動を始めて・・・動物本来のあるべき姿に気づき、
自然を存分に楽しみたい体質になってきているようでございます^^。

どこをとっても今年の紅葉はすばらしいですネ。
さて、へんてこな気候続きですが、冬はどうなっちゃうんだろうと心配です。
雪が少なかったらちょっと悲しいですね・・・
登録日: 2013/6/10
投稿数: 958
2017/10/12 5:11
 growmonoさん、shilokoさん、おはようございます。
 山トレは十分にできたので、スキートレばかりになっていたところ、お二人のレコからまだまだ紅葉が楽しめる場所があり、もう少し山トレをしてもいいかなと思うようになりました。

 それにしても渋峠や芳ヶ平の写真を見ていて、たおやかな斜面がどこまでも続いているので、積雪期には鱗板で好きなように移動しても楽しいかなと思いました。

 相変わらず、growギャグは健在ですね。

九寨溝の火花海の水を、絵の具で色付けした水でごまかし観光客を呼び戻したい、もぐりの現地ガイド

のところで、笑えた、と同時に、よくそんなことを思いつくものだな〜と感心してしまいました!
また、次回のレコ楽しみにしていますね。

hareharawaiより
登録日: 2013/11/18
投稿数: 1605
2017/10/12 10:30
 頭の中で世界旅行
こんにちは、hareharawaiさん。

サマゲレも飽きてきたと思います。
あと2ヶ月もしないで、滑れるようになりますよ。

草津白根山は冬季閉鎖開けの5月に行くと、北斜面やダマシ平などシュプールを見かけます。おっしゃる通り芳ヶ平までの緩い斜面が良いようです。

県内の紅葉はまだまだ見られますよ。赤城山や榛名山、浅間山など見頃を迎えます。妙義山は11月ですかね。赤城山周回する予定です。

自虐ネタですが、グーグルアースや世界遺産の写真など見たり、読書するのが好きです。山頂の自己紹介は全く役に立たない知識をフル動員して考えてます。

今回は湯釜、翡翠色の湖でしたので、広東省地震で素晴らしい湖の水が、消失してしまった事への思いにしました。クスッと笑っていただけるとありがたいです。
登録日: 2016/3/2
投稿数: 743
2017/10/12 22:03
 Re: growmonoさん、shilokoさん、おはようございます。
はれはらさんこんばんは、コメントありがとうございます♪

以前は紅葉なんて枯っ葉じゃーんと思っていましたが、
木々が春から栄養を溜め込んで、
秋に鮮やかに色づく様子を見て印象が変わりましたよぅ

山で見る秋は二回目なので、すべてが新鮮です(o^・^o)

でもまた雪が降りそうですね、
滑走するはれはらさん、かっこいいんだろなー⛄⛄⛄
登録日: 2013/6/10
投稿数: 958
2017/10/13 13:13
 Re[2]: growmonoさん、shilokoさん、おはようございます。
shilokoさんに自分が滑走する姿まで妄想して頂き、光栄です。格好良いかどうかはさておき、BCは自分にとって一番苦手な山の下りがスキー滑走に代わるので、片足を休ませながら山を下ることができて、かなりstrong pointとなります。

確かgrowmonoさんと初めて会ったのも天神尾根でその時にもシール登行、または、スキーを担いで歩いていたと思います。初めてお会いした際に、growさんは親切にも谷川岳の写真入りの名刺をくださいました。同じ前橋在住なのも不思議な縁かも知れませんね。お二人のコミカルな山行にバッタリしたいものですね。

hareharawaiより

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ