ヤマレコ

記録ID: 1285759 全員に公開 ハイキング富士・御坂

根場民宿バス停〜王岳〜三方分山〜蛾ヶ岳〜市川本町駅

日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
【往路】
    河口湖駅(07:24発富士急行バス)
07:56 根場民宿バス停

【復路】
    市川本町駅(19:13発身延線)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間28分
休憩
55分
合計
11時間23分
Sスタート地点07:5208:01いやしの里根場登山者用駐車場09:39鍵掛09:4509:55鍵掛峠09:5710:10鍵掛10:1110:44王岳10:4611:15横沢ノ頭11:58五湖山12:0512:28阿難坂12:56三方分山12:5713:46釈迦ヶ岳13:4814:08八坂峠14:0914:50地蔵峠15:05大平山15:51蛾ヶ岳15:5216:33四尾連湖分岐16:37大畠山16:3817:22仏岩(烽火台展望台)17:27カライシ山17:38浅間社入口17:4118:12金毘羅神社分岐18:24碑林公園18:3318:48市川本町19:0719:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

河口湖駅から富士山
2012年01月22日 13:43撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河口湖駅から富士山
鍵掛峠から富士山
2012年01月22日 16:38撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍵掛峠から富士山
2
王岳から富士山
2012年01月22日 17:08撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
王岳から富士山
1
五湖山付近から精進湖
2012年01月22日 18:32撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五湖山付近から精進湖
1
女坂峠付近から振り返って
2012年01月22日 18:43撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女坂峠付近から振り返って
大平山から富士山
2012年01月22日 21:28撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大平山から富士山
1
蛾ヶ岳から富士山
2012年01月22日 22:14撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛾ヶ岳から富士山
1
蛾ヶ岳から甲府方面
2012年01月22日 22:14撮影 by Canon IXY 420F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛾ヶ岳から甲府方面
撮影機材:

感想/記録

 翌朝事前に古い時刻表を見ていたせいで危うくバスに乗り遅れるところだった。根場に移動して朝食後鍵掛峠を目指して出発するが左足の膝が痛い。足をかばいながら進む為ペースがあがらない。十数年前に下山した道だが途中で道を誤ってしまった。ピンクテープも無くなり薄い踏み跡で傾斜も急だが無理して登っていくと、鍵掛峠らしい峠が見えた。

 この時鍵掛に直登する支稜を登っていることに気づいた。高度をどんどん上げ、登山道と合流し鍵掛に到着した。歩きづらく傾斜も急なため、身体的負担になったうえ、鍵掛峠に戻る必要が生じたため時間ロスにもなってしまった。加えてペットボトルを1本紛失した為、残りが500ml1本しか無いことが判明した。

 峠を往復し、先へ進む。逆光の中富士山がよく見えた。王岳直下は道があまり整備されておらず不安になった。その後も笹藪などもあり歩きづらかった。五湖山、女坂峠を経て三方分山に到着。

 食事休憩をしながら計画を再検討する。予定より大幅に遅れ、気温が高い中飲料も残り少なく、左足の状態も悪い為、本栖湖にエスケープすることに決めたが、極力富士急バスを利用したく無いこともあり、当初計画通り市川本町を目指すことに。
釈迦ヶ岳、八坂峠を経て地蔵峠へ進む。大平山に寄り道すると富士山がよく見えた。疲労も出てきたせいか蛾ヶ岳までは遠く感じた。蛾ヶ岳は展望が良く、南面の富士山に加え北面も山々が見えた。四尾連湖へ向かうが稜線からは湖は見えない。

 大畑山に登ると「この先行き止まり」とのこと。引き返すつもりで偵察すると道は整備されている。どんどん先へ進むと、途中で地形図上の1017ピーク手前の鞍部に到着。道は整備されているが、ピークで行き止まりかもしれないとふと思い立った。
戻る体力・気力が無い為、強引に鞍部から下の登山等をめざし、斜面をずるずる下降する。服は汚れたが無事登山道に合流。公園まで残り4kmの看板を見て若干安心する。徐々に暗くなり途中で日没。公園はおろか、夜景の町は遠くに見えた。途中から新品のヘッドライトをつける。かなり明るいが、ナイトハイクは苦手なことに加えバテバテな為ペースはかなり遅い。

 なんとか公園に到着し飲料を2.5リットルほど飲む。かなり脱水していたようだ。市川本町駅へ向かい食事をしようと幾つかチェリオ等幾つか飲食店をめぐるが閉まっていた。仕方なく身延線に乗車し甲府駅へ。駅そばではご飯ものは営業終了しており、駅弁も売り切れていた。仕方なく冷たいコンビニ弁当・おにぎりを買って中央線の車内で食べた。各駅停車を乗り継ぎ帰宅したが、乗り継ぎが上手くいって予定より少し早く帰宅できた。体力不足や怪我等アクシデント続きで反省点の多い山行になってしまった。
訪問者数:47人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鞍部 直登 山行 ナイトハイク 地蔵
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ