また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1288284 全員に公開 ハイキング志賀・草津・四阿山・浅間

岩菅山、裏岩菅山

日程 2017年10月09日(月) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場:
・高天ヶ原、一ノ瀬、一ノ瀬寮前、岩菅山登山口など多数あり:スーキーシーズン以外は満車の心配なし

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

高天ヶ原駐車場7:10―一ノ瀬バス停7:22/7:30―一ノ瀬旅館街終わり7:45―鳥居7:52―小三郎小屋跡8:30―アライタ沢8:55/9:00―中間点9:40―ノッキリ10:15―岩菅山10:50/11:35―裏岩菅山12:20/12:35―岩菅山13:05/13:09―ノッキリ13:45―引き返し地点14:03―ノッキリ14:30―中間点14:55―アライタ沢15:35―小三郎小屋跡16:00―岩菅山登山口16:06―一ノ瀬寮前バス停16:32―一ノ瀬バス停16:44―高天ヶ原駐車場16:55
コース状況/
危険箇所等
危険箇所:
・登山道はなし
・一ノ瀬スキー場手前の一ノ瀬旅館街終了付近は数十匹分ほどのサルの糞が大量に散らばっており踏みつけ注意

不明瞭箇所:
・一ノ瀬旅館街から上条用水路への道は道標なく不明瞭だが、一ノ瀬スキー場横断付後にある鳥居の下まで行けば道標がある

装備

個人装備 軍手 軍足 防寒着 雨具 保温シート コンパス ヘッドランプ 小型ライト 予備電池 GPS 筆記用具 地図(地形図) ガイド地図 ファーストエイドキット 保険証 ラジオ 携帯 時計 サングラス カメラ 大型ビニール袋 ロープ 非常食 熊鈴 呼子
備考 水の消費:
2.0リットル持っていき約1.6リットル消費

写真

昨日は草津温泉に泊まり早朝に高天ヶ原まで移動した。
ここは高天ヶ原バス停付近のホテル街だがこの付近から出発。
2017年10月09日 07:14撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日は草津温泉に泊まり早朝に高天ヶ原まで移動した。
ここは高天ヶ原バス停付近のホテル街だがこの付近から出発。
1
今年の紅葉は黄色が特に綺麗。
2017年10月09日 07:25撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年の紅葉は黄色が特に綺麗。
2
一ノ瀬旅館街の外れ。
2017年10月09日 07:48撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ瀬旅館街の外れ。
一ノ瀬スキー場を横断した付近にある道標。
ここからしばらく上条用水路に沿って歩く。
2017年10月09日 07:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ瀬スキー場を横断した付近にある道標。
ここからしばらく上条用水路に沿って歩く。
1
上条用水路。
2017年10月09日 08:16撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上条用水路。
1
小三郎小屋跡にある分岐。
ここには岩菅山登山口(聖平の上)から上条用水路に登ってきた道があるが持っていた古い地図にこの聖平からの道は書かれてなかった。
2017年10月09日 08:31撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小三郎小屋跡にある分岐。
ここには岩菅山登山口(聖平の上)から上条用水路に登ってきた道があるが持っていた古い地図にこの聖平からの道は書かれてなかった。
ここ底清水だが岩の下から大量の水が湧き出していた。
2017年10月09日 08:33撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここ底清水だが岩の下から大量の水が湧き出していた。
1
アライタ沢。ここから沢筋を離れて急な登りとなる。
2017年10月09日 08:54撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アライタ沢。ここから沢筋を離れて急な登りとなる。
1
その急な登りには階段が付けられている。
2017年10月09日 09:01撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その急な登りには階段が付けられている。
1
長い階段の道。
これが終わると泥濘箇所が多数ある。
2017年10月09日 09:21撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い階段の道。
これが終わると泥濘箇所が多数ある。
中間点だがその意味はアライタ沢とノッキリの中間ということらしい。
2017年10月09日 09:39撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間点だがその意味はアライタ沢とノッキリの中間ということらしい。
2
中間点から15分程でこれから登る岩菅山が見えた。
2017年10月09日 10:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間点から15分程でこれから登る岩菅山が見えた。
2
ノッキリに到着。
ここから眺望の良い道になる。
2017年10月09日 10:14撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノッキリに到着。
ここから眺望の良い道になる。
1
岩菅山への道。
連続写真1/2。
2017年10月09日 10:16撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山への道。
連続写真1/2。
2
連続写真2/2。
2017年10月09日 10:16撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連続写真2/2。
2
岩菅山の東側斜面の崖。
2017年10月09日 10:30撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山の東側斜面の崖。
1
岩菅山への道。
2017年10月09日 10:37撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山への道。
岩菅山山頂はもうすぐ。
2017年10月09日 10:49撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山山頂はもうすぐ。
岩菅山山頂に到着。
2017年10月09日 10:51撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山山頂に到着。
2
岩菅山山頂から南側の眺望。
アンテナのある山も見えたが横手山だろうか?
2017年10月09日 10:51撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山山頂から南側の眺望。
アンテナのある山も見えたが横手山だろうか?
1
岩菅山山頂の祠。
2017年10月09日 10:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山山頂の祠。
岩菅山山頂の避難小屋。内部の写真は後ほど。
2017年10月09日 10:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山山頂の避難小屋。内部の写真は後ほど。
岩菅山山頂。
2017年10月09日 10:52撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山山頂。
岩菅山山頂全景。
ここから引き返すつもりだったが裏岩菅山まで行くことにした。しかし満腹状態だったのでかなり厳しかった。
2017年10月09日 10:53撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山山頂全景。
ここから引き返すつもりだったが裏岩菅山まで行くことにした。しかし満腹状態だったのでかなり厳しかった。
3
岩菅山山頂から裏岩菅山の眺望。
裏岩菅山までの道はアップダウンがあるものの眺望は良い。
2017年10月09日 11:29撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩菅山山頂から裏岩菅山の眺望。
裏岩菅山までの道はアップダウンがあるものの眺望は良い。
3
前方は裏岩菅山。
登山道がよくわかる。
2017年10月09日 11:38撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方は裏岩菅山。
登山道がよくわかる。
2
裏岩菅山へ行く途中から岩菅山を振り返る。
2017年10月09日 11:43撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山へ行く途中から岩菅山を振り返る。
1
これは〜〜道祖神か?
2017年10月09日 11:44撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは〜〜道祖神か?
2
裏岩菅山へ行く途中から西を見れば焼額山が見える。
連続写真1/2。
2017年10月09日 11:44撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山へ行く途中から西を見れば焼額山が見える。
連続写真1/2。
2
焼額山の北側の裾野には奥志賀高原が見える。
連続写真2/2。
2017年10月09日 11:44撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼額山の北側の裾野には奥志賀高原が見える。
連続写真2/2。
2
裏岩菅山はもうすぐ。
2017年10月09日 11:49撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山はもうすぐ。
また振り返れば岩菅山。
2017年10月09日 12:11撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また振り返れば岩菅山。
2
あと100m程で裏岩菅山に到着。
2017年10月09日 12:17撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと100m程で裏岩菅山に到着。
裏岩菅山山頂到着。
2017年10月09日 12:23撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山山頂到着。
2
裏岩菅山から先に行けば秋山郷に行けるようだ。
見る限り登山道は明瞭に感じる。
2017年10月09日 12:22撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山から先に行けば秋山郷に行けるようだ。
見る限り登山道は明瞭に感じる。
裏岩菅山から秋山郷方向一つ先の中ノ岳。
2017年10月09日 12:30撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏岩菅山から秋山郷方向一つ先の中ノ岳。
1
再び岩菅山に戻って山頂の避難小屋。
2017年10月09日 13:09撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び岩菅山に戻って山頂の避難小屋。
1
避難小屋の内部は綺麗。
しかし入口横の外のトイレの匂いがきつい。
2017年10月09日 13:09撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋の内部は綺麗。
しかし入口横の外のトイレの匂いがきつい。
2
13:45 ここはノッキリだが、ここからは来た道ではなく寺子屋峰を経由して高天ヶ原へ行くことにした。
2017年10月09日 13:45撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:45 ここはノッキリだが、ここからは来た道ではなく寺子屋峰を経由して高天ヶ原へ行くことにした。
1
寺子屋峰方向に進み2072mピーク付近から岩菅山を見る。
その後ピークを越えて2008m付近のコルまで来たがこのまま進むと日没までに下山できない可能性があることが分かった。
また持っている地図が古く最後の東館山付近の道が不明瞭だ。
2017年10月09日 13:50撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寺子屋峰方向に進み2072mピーク付近から岩菅山を見る。
その後ピークを越えて2008m付近のコルまで来たがこのまま進むと日没までに下山できない可能性があることが分かった。
また持っている地図が古く最後の東館山付近の道が不明瞭だ。
1
思案の結果安全優先として朝のコースに戻ることにして14:30にノッキリまで戻ってきた。45分の時間ロスとなった。
ノッキリには2台のベンチがある。
2017年10月09日 14:29撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思案の結果安全優先として朝のコースに戻ることにして14:30にノッキリまで戻ってきた。45分の時間ロスとなった。
ノッキリには2台のベンチがある。
1
小三郎小屋跡まで戻ってきてここからは朝歩いていない岩菅山登山口(聖平の上)へ下ることにした。その先は車道なので暗くても歩けるしバスもある。
2017年10月09日 15:59撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小三郎小屋跡まで戻ってきてここからは朝歩いていない岩菅山登山口(聖平の上)へ下ることにした。その先は車道なので暗くても歩けるしバスもある。
分岐から僅か6分で広い車道のある岩菅山登山口(聖平の上)に着いた。
2017年10月09日 16:06撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐から僅か6分で広い車道のある岩菅山登山口(聖平の上)に着いた。
1
黄色い紅葉。
2017年10月09日 16:08撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色い紅葉。
1
一ノ瀬寮前バス停だがバスが来るまで20分ほどあるので先へ進む。
2017年10月09日 16:29撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ瀬寮前バス停だがバスが来るまで20分ほどあるので先へ進む。
1
高天ヶ原スキー場の上の東館山はガスの中。当初はこの上から下る予定だった。
2017年10月09日 16:50撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高天ヶ原スキー場の上の東館山はガスの中。当初はこの上から下る予定だった。
途中の一ノ瀬付近から高天ヶ原へ戻るため湯田中温泉行のバスに乗ることもできたが僅かな距離なので歩くことにした。バスを見ると乗客は誰もいなかった。
2017年10月09日 16:51撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の一ノ瀬付近から高天ヶ原へ戻るため湯田中温泉行のバスに乗ることもできたが僅かな距離なので歩くことにした。バスを見ると乗客は誰もいなかった。
1
16:57 高天ヶ原に到着。
本日も無事登山終了。
2017年10月09日 16:56撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16:57 高天ヶ原に到着。
本日も無事登山終了。
1
その後霧が濃い国道292号の渋峠を越えて草津温泉まで戻り千歳乃湯や喜美乃湯に何度も入浴した。
2017年10月09日 23:15撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後霧が濃い国道292号の渋峠を越えて草津温泉まで戻り千歳乃湯や喜美乃湯に何度も入浴した。
3
ここからは登山翌日のおまけ写真。
今日は共同浴場巡りで草津温泉街を数時間散策した。
早朝からまた千歳乃湯や喜美乃湯入浴。
これは喜美乃湯の外観。
2017年10月10日 06:07撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは登山翌日のおまけ写真。
今日は共同浴場巡りで草津温泉街を数時間散策した。
早朝からまた千歳乃湯や喜美乃湯入浴。
これは喜美乃湯の外観。
1
湯畑に近い関乃湯入浴。
2017年10月10日 09:34撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯畑に近い関乃湯入浴。
3
地蔵の湯入浴。
2017年10月10日 10:04撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の湯入浴。
2
地蔵の湯の源泉。
2017年10月10日 10:15撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の湯の源泉。
2
瑠璃乃湯。
2017年10月10日 10:21撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑠璃乃湯。
2
草津温泉湯畑。
2017年10月10日 10:25撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草津温泉湯畑。
1
千代の湯。
2017年10月10日 10:29撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千代の湯。
1
煮川乃湯。
2017年10月10日 10:34撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煮川乃湯。
1
大滝の湯。
2017年10月10日 10:41撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝の湯。
1
白旗乃湯。
温泉街散策後ひと眠りして午後また千歳乃湯に入浴し草津温泉を後にした。
♨草津よいとこ〜一度はおいで〜〜・・・♪
2017年10月10日 10:51撮影 by DMC-FX35, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白旗乃湯。
温泉街散策後ひと眠りして午後また千歳乃湯に入浴し草津温泉を後にした。
♨草津よいとこ〜一度はおいで〜〜・・・♪
4

感想/記録
by hachi

初めて岩菅山に登ってきました。
今回のコースで展望の良いのはノッキリから裏岩菅山までの間です。ノッキリより下は樹林帯で眺望は良くありません。また泥濘もありますので雨の日は苦労するでしょう。

岩菅山で45分の休憩をして帰る間際に裏岩菅山方面を見たら感じ良さそうな道が続いているので裏岩菅山にも行くことにしました。裏岩菅山の眺望はあまりよくありませんがそこまでの道は展望が良いです。
帰りは金山沢ノ頭、寺小屋峰経由の周回コースを予定していてノッキリから金山沢ノ頭方面へ進みましたが時間を確認すると高天ヶ原に下山できるのが日没後になる可能性があることが分かりました。また持っていた地図が1993年の古いもので登山開始時に入手した地元の観光案内地図とは一部コースが異なっていました。時間的に余裕のない状況で金山沢ノ頭経由で下山するのは良くないと考えノッキリからはほぼ来た道を戻りました。
訪問者数:136人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/23
投稿数: 177
2017/10/22 14:40
 志賀高原+沢山の温泉巡りイイですね!!
ご無沙汰しております!(遅レスですみません )
私も7月に志賀高原に行ってきました ヤマレコにはUPしていませんが
高天原から上条用水路の道→ノッキリへ出て、そこからは右に折れ(南に)
寺子屋峰→東館山を経て、ファミリースキー場を下って戻りました!!

その日は菅平でも30℃の暑い日でしたので上条用水路沿いの道は涼しげで、とても良かったです!
またノッキリからの岩菅山への稜線、展望がとてもきれいで、ふり返って何度も何度も写真を撮ってました
事情があって(決められたコースで...)岩菅山へは向かえませんでしたが

志賀高原は沢山のハイキングコースが有るようで、とても広いフィールド、色々巡ってみたい所ですね!(我が家からは遠すぎますが...)
沢山の 温泉を満喫されて羨ましい!自分で温泉を巡るのを想像しながら拝見させていただきました〜!!
登録日: 2009/8/21
投稿数: 779
2017/10/22 16:25
 Re: 志賀高原+沢山の温泉巡りイイですね!!
tanakatsu さん こんにちは

何だ〜7月に志賀高原へ行ったのですか。高天原から一ノ瀬付近は広々で開けておりのんびりできるところですね。
私はノッキリから寺子屋峰→東館山を経て戻りたかったのですが日没時間を気にして止めました。後で調べたら行っても時間的には問題なかったと思いますが安全優先ですから次回のお楽しみとしました

志賀高原は私も遠いですがtanakatsu さんの場合は遠すぎますね
山登り、池巡り、温泉などいろいろ楽しめそうなのでまた行きたいところですね。
ご存知と思いますが、今回は入浴した草津の温泉は全て共同浴場ですから無料ですね。だから草津好きです

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ