また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1290268 全員に公開 ハイキング八幡平・岩手山・秋田駒

高下岳・根菅岳:和賀山塊、紅葉の中腹と展望の稜線

日程 2017年10月15日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇時々晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
和賀岳高下岳登山口駐車場10台程度、15日は6時半で3台目だった。帰り13時半4台。県道1号線から登山口標柱で左折、高下林道は舗装4km、ダート4km。普通乗用車で行ったが、段差や水たまりに注意。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間52分
休憩
53分
合計
6時間45分
S和賀岳・高下岳登山口06:4007:10赤沢分岐07:38高下分岐07:4509:15高下岳(南峰)09:3209:45高下岳(北峰)10:28根菅岳(ねすがだけ)10:4511:21高下岳(北峰)11:2311:37高下岳(南峰)11:4012:40高下分岐12:4713:04赤沢分岐13:25和賀岳・高下岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険な個所は全くない。高下岳手前から稜線上、場所によっては道に笹など生えたり、被ったりしている。

和賀山塊や真昼山地の登山には、西和賀町の登山ガイドが便利である。
http://www.town.nishiwaga.lg.jp/index.cfm/13,0,116,html
アプローチの林道の最新情報なども載っている。

写真

ご存知、和賀岳・高下岳登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご存知、和賀岳・高下岳登山口。
4
最初は植林の杉林の中を急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は植林の杉林の中を急登。
1
すぐに、紅葉が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに、紅葉が。
12
樹林帯だが、少し下が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯だが、少し下が見える。
4
赤沢分岐、ここまでが急登。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢分岐、ここまでが急登。
2
尾根に乗ると登りは緩やかになり、カエデの紅葉がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に乗ると登りは緩やかになり、カエデの紅葉がきれい。
15
でも、主役はやはりブナの黄葉。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、主役はやはりブナの黄葉。
7
高下分岐、和賀岳は左トラバース、高下岳は直上。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下分岐、和賀岳は左トラバース、高下岳は直上。
1
最初の急な登りはすぐに終わり、紅葉の稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の急な登りはすぐに終わり、紅葉の稜線。
12
稜線の右は西和賀町の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の右は西和賀町の山々。
4
稜線の左には樹林越しに和賀岳が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の左には樹林越しに和賀岳が見える。
2
特徴的な樹(大ダケカンバ)、この上は徐々に木が低くなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な樹(大ダケカンバ)、この上は徐々に木が低くなる。
5
かなり木が低くなったが、まだ展望は開けない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり木が低くなったが、まだ展望は開けない。
2
所々、笹などが伸びている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々、笹などが伸びている。
展望が開けて、和賀岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が開けて、和賀岳。
8
コケ平辺りも見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コケ平辺りも見える。
1
高下岳山頂方面、左が高下岳南峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳山頂方面、左が高下岳南峰。
2
高下岳南峰から和賀岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳南峰から和賀岳。
6
和賀岳中腹も紅葉がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和賀岳中腹も紅葉がきれい。
15
高下岳南峰から和賀岳北方稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳南峰から和賀岳北方稜線。
1
高下岳南峰から根菅岳、その左に羽後朝日岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳南峰から根菅岳、その左に羽後朝日岳。
高下岳南峰から高下岳北峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳南峰から高下岳北峰。
高下岳南峰にあった目立たない標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳南峰にあった目立たない標識。
薬師岳方面、遠くの後方左、雲が架かっているのは真昼岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳方面、遠くの後方左、雲が架かっているのは真昼岳。
3
高下岳南峰北峰の間にある高畑登山口への分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳南峰北峰の間にある高畑登山口への分岐。
高下岳北峰の新しい山頂標識と和賀岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳北峰の新しい山頂標識と和賀岳。
11
高下岳北峰から高下岳南峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳北峰から高下岳南峰。
1
高下岳北峰から根管岳(正面)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳北峰から根管岳(正面)
5
稜線上を行くと根菅岳が近づいてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上を行くと根菅岳が近づいてくる。
1
稜線上から右、大荒沢岳。左、羽後朝日岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上から右、大荒沢岳。左、羽後朝日岳。
2
根管岳の新しい山頂標識と和賀岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根管岳の新しい山頂標識と和賀岳。
8
根管岳山頂から大荒沢岳への稜線と羽後朝日岳。その後ろはモッコ岳か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根管岳山頂から大荒沢岳への稜線と羽後朝日岳。その後ろはモッコ岳か。
羽後朝日岳がきれいに見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽後朝日岳がきれいに見えた。
6
この山はどこかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山はどこかな。
稜線上もこういう所もある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上もこういう所もある。
高下岳北峰から高下岳南峰と和賀岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳北峰から高下岳南峰と和賀岳
高下岳北峰にあった古い標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳北峰にあった古い標識。
2
岩手山も見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩手山も見えてきた。
6
稜線上の紅葉は終わって縞模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上の紅葉は終わって縞模様。
2
高下岳から西和賀町。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高下岳から西和賀町。
和賀岳中腹の紅葉に陽があたる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和賀岳中腹の紅葉に陽があたる。
5
また樹林に入って下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また樹林に入って下る。
11
もうすぐ登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ登山口。
3

感想/記録
by kyen

昨年の10月15日は和賀岳に行って、ちょうど稜線上の紅葉がきれいだった。今度は高下岳の稜線から和賀岳を眺めようと計画していた。15日の東北は南部を除くと概ね曇りの予報だが、所々で雨が降る可能性もあるが、どうだろうか。暗いうちに出たのだが、明るくなってくると空は全面曇りのようで、秋田自動車道に入ると若干雨がパラついていた。曇りでも雲が高くて、山に雲が架かっていないと良いのだが。

湯田ICで降りて、県道1号線を進み登山口標柱で左折、高下林道は舗装4km、ダート4km。林道は普通乗用車でも可能だが、大きめの石や凹凸があったり、水たまり、段差などかなり気を遣う。駐車場は登山口の100m奥、今日は6時半で3台目だった。

登山口から入ると、植林の杉林の中、短い急登となるが、直ぐにブナを中心とした広葉樹林帯となり、緩急繰り返す急登となる。赤沢分岐からはブナの林の中を真っすぐ一定の傾斜で登っていき、最後にやや急になって、皺縞岐の標識に到着する。高下岳は真っすぐ上に登る急登であるが、これは短く、直ぐに平坦な尾根上に出る。この辺りはブナを中心とする黄葉がきれいである。樹林の中を緩い登りと平坦な部分の繰り返しで登っていく。所々、樹間から和賀岳が見える。一時間近く樹林の道が続くが、徐々に木が低くなってくる。潅木帯になると眺望が広がる。先ず目に付くのはやはり和賀岳である。上空は曇りだが、和賀岳には雲は架かっておらず、高下岳の南峰も見えてきた。所々急な登りになるが、周りの山を眺めながら高下岳南峰に到着する。高下岳南峰からは高下岳北峰やそこから北へ続く稜線や、和賀岳から北へ続く稜線もきれいに見える。稜線上は西風が強くけっこう寒い。多分5℃位だろうか。歩くのには適温なのだが、手がかじかんできたので手袋をした。

高下岳南峰からは少し平坦な道を行き、鞍部へ50m程下る。ここに高畑登山口からの道が合流し、道は高下岳北峰へ登り返す。高下岳北峰からは根菅岳への稜線やその左には秘峰:羽後朝日岳も見える。昨年は和賀岳から雲で見えなかったので、これは嬉しい。高下岳北峰からは稜線上を辿っていくが、道は背の高い潅木帯になったりして、常に展望がよいわけではない。稜線は途中で左に曲がり、根菅岳への最後の登りとなる。遠くから黄色っぽく見えていたのは、黄色くなった草付きだった。この草の下は雪解け直後のような茶色の草で覆われている。ここは雪田が残る場所のようだ。根菅岳まで来ると和賀岳の眺めも大分変る。また、羽後朝日岳も大きく見えてきた。大荒沢岳から沼尻岳の稜線もよさそうな所だ。

根菅岳までで今日は戻ることにする。帰りは往路をそのまま戻る。今日は稜線上の紅葉は終わってしまっていたが、曇りにも関わらず、雲が高くて、一日中和賀岳を見ながら歩くことができてよかった。今日高下の稜線で出会った方は2名のみだった。他に和賀岳に行ってきた方1名に出会った。静かな山だったようだ。

訪問者数:253人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ