また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1291380 全員に公開 ハイキング中国

出雲ファンに贈る◆’湘臚況◆頁尚襦某星れの磐 (一部で真黄泉の穴と噂されてます)

日程 2016年08月16日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
同じ趣味の方が外部からアクセスしてくださいましたので他の山行もここに案内します。
その,呂海舛
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1291906.html
そのはこちら
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1278869.html

概要
紀元前200年頃徐福が出雲にやってきます。
出雲王家第八代政権は東の向家、西の神門家が主王と副王を交代で代わって出雲王国を運営していました。
主王の名は大穴持=大国主=個人名:八千矛
副王の名はスクナ彦=事代主=個人名:八重波津身

こちらは神門臣家、西出雲王家をテーマに情報をまとめていく予定です。
鼻高山はまだ登っていません。後日情報を統合していきます。

「出雲大社の真裏の素戔嗚神社」は実は今の宮司家によって書き換えられています。
出雲王家初代、スガノヤツミミを祀る、須賀神社が本来の神社です。
禁則地になっている八雲山の岩盤がこの神社の真裏に突き出ています。何気に重要な神社です。
徐福によって出雲王家8代の主王、副王は殺害されてしまいます(これが後に古事記で国譲りの話に書き換えられます)が、主王の八千矛の遺体は神隠れの岩屋とも呼ばれる洞窟で発見されます。
古事記に書かれている洞窟の表現が、猪目洞窟だと全く合わないらしく、ここなら情景が合うと言われているのが脳(なずき)の洞窟です。
地元の年輩の方は子供のころから遊んでいた所らしいですね。
遺体は後に発見され、北山山地の竜山に埋葬されたそうです。
その第一の霊廟が「御霊神社」
現在の出雲大社の宮司家が何をするか解ったものではないと、旧王家13家は「宝筋」という集まりを作り千家をけん制しますが、国造職が無くなって失職を恐れた千家が杵築大社造営を持ちかけます。
建物を建てたのが旧西出雲王家の神門家。資金の大半を出したのが旧東出雲王家の向家。建物管理でカギを預かったのが別火家でした。
実は出雲大社は、どさくさに紛れて千家がいつの間にか居座ってしまっていますが、本来は所有権も向家、神門家で、別火家がカギを開けなければ千家は神社に入る事も出来ませんでした。

現在の出雲大社の裏の八雲山には、再び八千矛王の遺体が移されたとも言われる第二の霊廟=磐座があるようです。
無くなった大国主を最初に祀ったのが神門家の三屋神社です(雲南市三刀屋町)。
出雲大社はこの神社から御神霊が遷座されたのが始まりとの事です。

神門が出雲大社と同じになっています。

千家って面白くて、徐福を手引きして「国譲り事件」を起こし、国政の変化で国造職廃止で失職になりそうになったら、何と滅ぼした旧王家に話をかけ、資金と資材を出させて、自ら奸計に陥れて殺害した大国主を祀りたいから神社作りましょうよと声をかけたのです。
これが出雲大社の始まりだったなんて流石に驚きました。
上官職の向家は嫌気がさして出雲大社から手を引いてしました。
千家は、東出雲王家、向家の直系の子孫である野見の宿祢を、何と自分の家の家系図に組み入れてしまいます。
かつての歴代向家の上官職の苦悩が慮れます。

ーーーーーアクセスーーーー
ナビで「さぎ浦マリーナ」に直行してください。
住所は「島根県出雲市大社町鷺浦244−1」
漁協の方にきちんと頭を下げて、「出雲ファンなんです、洞窟を見学させて下さい」と駐車の許可を受けて下さい。近くには駐車場はありません。
「私はマジでそう言ってお願いしました。何事も熱意です。」
2015年のお盆には陸路の存在を知らずに出雲市立鵜鷺小を猪目洞窟方面に抜ける途中のトンネルから行こうとして、隣の谷に出てしまい、発見できませんでした。
基本は予約なりをして船をチャーターしていく事を推奨しますが、少人数だと現実的ではないと思われます。あと確実に依頼が通るとも限りません。

大国主の尊が幽閉されたとされる「鵜鷺峠の洞窟」ですが、実際には鵜鷺峠という地名は厳密に言うと存在しません。鵜峠と鷺浦の行政界が鵜鷺と呼ばれる地名の様です。

モデルコース
―弍逝膽匯嫁
∨婿鎧鈎蕨爾痢大国主墓所:御霊神社(未掲載)
Cの目洞窟
で湘臚況
ド々盪嚇仍魁塀珍)(未掲載)
三屋神社参拝(未掲載)

参考書籍
・書籍「謎の出雲帝国」(絶版)昭和55年出版
・書籍「出雲と蘇我王国」(現在も入手可)
→大元出版
http://oomoto.net/

・書籍「私の大国主」(伝説の超ウルトラレア本:自費出版)この本でもうひとつの黄泉の穴とされる場所に慰霊に出かける話が出てきます。
私は所持しておりません。どなたかお持ちの方、売っ貸して下さい(笑)

出雲王家本をかなり忠実に現地を回ったHP
とても参考になりますよ。
https://omouhana.com/
「八雲ニ散ル花」 今度御陵神社に参拝して△謀合UPします。

脳島洞窟に関する資料・記事

JTCOホームページ
http://www.jtco.or.jp/column/readings/?act=detail&id=33

PDFファイル
→「島根県出雲市、「神話の国」黄泉の穴、脳島洞窟の形態と猪目洞窟」で検索

黄泉の穴考 たいしゃ情報総合サイト
→「黄泉の穴考」で検索

これだけあればほぼ完ぺき。

2018年1月10日追記
今年は、神戸臣家の拠点である、鼻高山、そして北山山地の竜山、大国主が葬られたとする御霊神社を訪問し、お国主プランとしてレコを最終仕上げをする予定です。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
元々大国主の別名は大穴持。鉱山に関係があります。銅の露鉱がある地域はシダ類が繁茂すると言われていますが、正にそれです。
ゲイター必須。足は汚れると思った方が良いです。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ ザック 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

まずは観光地である猪目洞窟に
島根県出雲市猪目町1338ナビでゴー
2016年08月16日 16:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは観光地である猪目洞窟に
島根県出雲市猪目町1338ナビでゴー
説明看板
2016年08月16日 16:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
説明看板
1
洞窟全景
2016年08月16日 16:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟全景
1
2015年にうろついて到着できず、手掛かりは鹿除けのような金網の扉に「黄泉の穴」の木札。どうしても発見できず、ダメ元でこの地形に目を付けました。
さぎ浦マリーナに車を止め、漁協の人に目的を伝え、とりつき部に行ったら・・
2016年08月16日 16:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2015年にうろついて到着できず、手掛かりは鹿除けのような金網の扉に「黄泉の穴」の木札。どうしても発見できず、ダメ元でこの地形に目を付けました。
さぎ浦マリーナに車を止め、漁協の人に目的を伝え、とりつき部に行ったら・・
おおお、写真で見たのと同じ扉が。
2016年08月16日 16:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおお、写真で見たのと同じ扉が。
煤けてしまっていますが黄泉の穴と出ています。
漁協の方にお願いし、山行開始です。
2016年08月16日 16:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煤けてしまっていますが黄泉の穴と出ています。
漁協の方にお願いし、山行開始です。
うっそうとした登山道
2016年08月16日 16:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっそうとした登山道
こんにちわ
2016年08月16日 16:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんにちわ
1
道迷いしやすいポイント
漁師小屋が見えて来たら裏手に回って下さい。
2016年08月16日 16:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道迷いしやすいポイント
漁師小屋が見えて来たら裏手に回って下さい。
このリボンを見落としやすいです。
2016年08月16日 16:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このリボンを見落としやすいです。
生活の痕跡。
2016年08月16日 17:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生活の痕跡。
ここを通り過ぎると山の中に入ります。
野バラも生えているのであまり良いズボンは履いて行かない方が良いです。
2016年08月16日 17:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを通り過ぎると山の中に入ります。
野バラも生えているのであまり良いズボンは履いて行かない方が良いです。
シダ・・びしょ濡れになりました。
漁師小屋から山中はちょっと適当に線を引いてますが、目印のテープがあるのでそれを頼りに進んでください。
2016年08月16日 18:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダ・・びしょ濡れになりました。
漁師小屋から山中はちょっと適当に線を引いてますが、目印のテープがあるのでそれを頼りに進んでください。
海岸に出ます。
2016年08月16日 17:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海岸に出ます。
前回間違えて出てしまった谷
あともう一歩でした。
2016年08月16日 17:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回間違えて出てしまった谷
あともう一歩でした。
そろりそろり
2016年08月16日 17:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろりそろり
ついに発見しました。
地元の方の目印テープと看板のおかげで何とか辿り着きました。
2016年08月16日 17:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに発見しました。
地元の方の目印テープと看板のおかげで何とか辿り着きました。
ロープまで完備。持ってきたザイルは使わずに済みました。
2016年08月16日 17:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープまで完備。持ってきたザイルは使わずに済みました。
大黒様とお酒。
稀に人が訪れるようですね。
2016年08月16日 17:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒様とお酒。
稀に人が訪れるようですね。
ヘッドランプの光量が足りなくてすみません。
蝙蝠がガンガン飛んでます。
2016年08月16日 17:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドランプの光量が足りなくてすみません。
蝙蝠がガンガン飛んでます。
中に入るとまるで2000m級の山の稜線を歩いてるような冷え込み様です
2016年08月16日 17:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中に入るとまるで2000m級の山の稜線を歩いてるような冷え込み様です
余りの温度差に入り口近くで霧が発生するほど。
2016年08月16日 17:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余りの温度差に入り口近くで霧が発生するほど。
お祈りの痕跡
2016年08月16日 17:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お祈りの痕跡
古事記の表現には途中の道程も含め、ぴったりな気がしますね。
2016年08月16日 17:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古事記の表現には途中の道程も含め、ぴったりな気がしますね。
前回返り討ちにあった時の写真
2015年08月14日 09:46撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回返り討ちにあった時の写真
本当のルートは線の通り
2015年08月14日 10:00撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当のルートは線の通り
1
ただひとつ、失敗ルートの収穫
2015年08月14日 09:11撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただひとつ、失敗ルートの収穫
行政界の石。
鵜峠(うど)と鷺浦の境を教えてくれます。
2015年08月14日 09:11撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行政界の石。
鵜峠(うど)と鷺浦の境を教えてくれます。

感想/記録

諦めないで探し続けて良かったです。
訪問者数:258人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

道迷い 山行 ザイル 目印
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ