また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1291380 全員に公開 ハイキング中国

出雲ファンに贈る◆’湘臚況◆頁尚襦某星れの磐、御陵神社。 西出雲王家、神門家の軌跡を辿る

日程 2016年08月16日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク
同じ趣味の方が外部からアクセスしてくださいましたので他の山行もここに案内します。
その,呂海舛
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1291906.html
そのはこちら
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-1278869.html

概要
紀元前200年頃徐福が出雲にやってきます。
出雲王家第八代政権は東の向家、西の神門家が主王と副王を交代で代わって出雲王国を運営していました。
第八代出雲王権
主王の名は大穴持=大国主=個人名:八千矛:西出雲王家=神門臣家
副王の名はスクナ彦=事代主=個人名:八重波津身:東出雲王家=向家・富家

こちらは神門臣家、西出雲王家をテーマに情報をまとめています。

「出雲大社の真裏の素戔嗚神社」は実は今の宮司家によって書き換えられています。
出雲王家初代、スガノヤツミミを祀る、須賀神社が本来の神社です。
禁則地になっている八雲山の岩盤がこの神社の真裏に突き出ています。何気に重要な神社です。
徐福と天のホヒの手引きによって出雲王家8代の主王、副王は殺害されてしまいます(これが後に古事記で国譲りの話に書き換えられます)が、主王の八千矛の遺体は神隠れの岩屋とも呼ばれる洞窟で発見されます。
古事記に書かれている洞窟の表現が、猪目洞窟だと全く合わないらしく、ここなら情景が合うと言われているのが脳(なずき)の洞窟です。
地元の年輩の方は子供のころから遊んでいた所らしいですね。
遺体は後に発見され、北山山地の竜山に埋葬されたそうです。
その第一の霊廟が「御霊神社」
現在の出雲大社の宮司家が何をするか解ったものではないと、旧王家13家は「宝筋」という集まりを作り千家をけん制しますが、国造職が無くなって失職を恐れた千家が杵築大社造営を持ちかけます。
建物を建てたのが旧西出雲王家の神門家。資金の大半を出したのが旧東出雲王家の向家。建物管理でカギを預かったのが別火家でした。
実は出雲大社は、どさくさに紛れてS家がいつの間にか居座ってしまっていますが、本来は所有権も向家、神門家で、別火家がカギを開けなければ雇われ宮司のS家は神社に入る事も出来ませんでした。

現在の出雲大社の裏の八雲山には、再び八千矛王の遺体が移されたとも言われる第二の霊廟=磐座があるそうです。
無くなった大国主を最初に祀ったのが神門家の三屋神社です。(雲南市三刀屋町)
出雲大社はこの神社から御神霊が遷座されたのが始まりとの事です。

なので神紋が出雲大社と同じになっています。

S家って面白くて、徐福を手引きして「国譲り事件」を起こし、国政の変化で国造職廃止で失職になりそうになったら、何と滅ぼした旧王家に話をかけ、資金と資材を出させて、自ら奸計に陥れて殺害した大国主を祀りたいから神社作りましょうよと声をかけたのです。
これが出雲大社の始まりだったなんて流石に驚きました。
上官職の向家は明治の代の次の口伝伝承者からは嫌気がさして出雲大社から手を引いてしました。
千家は、東出雲王家、向家の直系の子孫である野見の宿祢を、何と自分の家の家系図に組み入れてしまいます。
スクナ彦直系の子孫である野見の宿祢がS家の先祖なら、本殿の近い方に配置しなければ失礼にあたるでしょう。
野見の宿祢神社の前の広場には、上官家の屋敷のあった処です。案内看板に「富家と神門家」が全く抜け落ちています。明治の時まで居た上官家の家を抹消する程に現在でも歴史の改竄には熱心な様子です。(まあ、大家さんが別にいますよだなんて背乗りした側から見ればトップシークレットなんでしょうが)
かつての歴代向家の上官職の苦悩が慮れます。

ーーーーーアクセスーーーー
公共交通機関でも何とか弾丸工程で回れます。

車の場合
ナビで「さぎ浦マリーナ」に直行してください。
住所は「島根県出雲市大社町鷺浦244−1」
漁協の方にきちんと頭を下げて、「出雲ファンなんです、洞窟を見学させて下さい」と駐車の許可を受けて下さい。近くには駐車場はありません。
「私はマジでそう言ってお願いしました。何事も熱意です。」
2015年のお盆には陸路の存在を知らずに出雲市立鵜鷺小を猪目洞窟方面に抜ける途中のトンネルから行こうとして、隣の谷に出てしまい、発見できませんでした。
基本は予約なりをして船をチャーターしていく事を推奨しますが、少人数だと現実的ではないと思われます。あと確実に依頼が通るとも限りません。
大国主の尊が幽閉されたとされる「鵜鷺峠の洞窟」ですが、実際には鵜鷺峠という地名は厳密に言うと存在しません。鵜峠と鷺浦の行政界が鵜鷺と呼ばれる地名の様です。

公共交通機関の場合
出雲大社バス駐車場からコミュニティーバスが、猪目洞窟方面まで出ています。
そこから 銑イ泙任浪鵑譴襪隼廚錣譴泙后

モデルコース
―弍逝膽匯嫁
猪の目洞窟
G湘臚況
に婿鎧鈎蕨爾痢大国主墓所:御霊神社
ド々盪嚇仍魁扮復3時間くらい)一畑電車大社線の高浜駅から北に向かい、矢尾信号を右折。400m進み左ナナメに入ると神門谷。大歳神社を経由して山頂に。

車がある方は追加でここがお勧め
出雲神奈微備神社
Э戚膸
┻彳犹區声
三屋神社(雲南市にあるので一番遠い)
------
*長野県出身者の方は是非、鰐淵寺にも寄られてください。出雲大社より歴史が古く、開祖の智春上人は推古天皇の時代に鰐淵寺を開きました。
鎌倉時代には守護佐々木氏(塩冶氏=神門臣家のひとつ)の保護を得て栄えています。
出雲系唯一の源氏である宇多源治は神門臣系の源氏です。
弁慶も修行したとされるこのお寺は出雲大社と密接な関係にありました。
------
参考書籍
・書籍「謎の出雲帝国」(絶版)昭和55年出版
・書籍「出雲と蘇我王国」(現在も入手可)
→大元出版
http://oomoto.net/

・書籍「私の大国主」(伝説の超ウルトラレア本:自費出版)この本でもうひとつの黄泉の穴とされる場所に慰霊に出かける話が出てきます。
最近、私の初めてのヤマレコのフォローの方にご提供頂きまして入手の大願成就がかないました。この場をお借りしまして熱く御礼申し上げます。有難うございました。

出雲王家本をかなり忠実に現地を回ったHP
とても参考になりますよ。
https://omouhana.com/
「八雲ニ散ル花」

脳島洞窟に関する資料・記事

JTCOホームページ
http://www.jtco.or.jp/column/readings/?act=detail&id=33

PDFファイル
→「島根県出雲市、「神話の国」黄泉の穴、脳島洞窟の形態と猪目洞窟」で検索

黄泉の穴考 たいしゃ情報総合サイト
→「黄泉の穴考」で検索

これだけあればほぼ完ぺき。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間45分
休憩
2時間29分
合計
10時間14分
Sスタート地点06:4607:31脳の洞窟07:5208:52御陵神社09:0015:00鼻高山17:0017:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
元々大国主の別名は大穴持。鉱山に関係があります。銅の露鉱がある地域はシダ類が繁茂すると言われていますが、正にそれです。
脳島洞窟のコースはゲイター必須。足は汚れると思った方が良いです。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ ザック 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

まずは出雲大社。
2018年8月再訪
現在は鳥居が工事中で何もありません
2018年08月15日 15:26撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは出雲大社。
2018年8月再訪
現在は鳥居が工事中で何もありません
野見の宿祢神社
物部氏&豊国連合軍が出雲を滅ぼした時、現在の秋上氏の祖先が出雲の首領に指名されましたが、ホヒ家はこれに反発。
ヤマトに居座った天のヒボコ軍と、邪魔になった豊国の兄弟、二代目卑弥呼兄弟が邪魔になった物部王はホヒ家に軍隊を要求します。
当然に人望が無く、ホヒ家では人が集まらなかったので、裏切った相手の出雲王家の富家に進軍を依頼します。富の名を野見に変えて軍を組織した野見の宿祢がついでに三輪山までも奪還し、大勝利を収めます。
何と、向家の英雄である野見の宿祢を自分の親戚だと嘘をつき、出雲はホヒ家でなければ纏まらないと強く主張。それを大和の物部の王に認めさせます。
ホヒ家の手引きによって連合軍が防御の弱い処を付くことが出来たので発言権があったのでしょうね。家族で大和まで押しかけたそうです。
2018年08月15日 15:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野見の宿祢神社
物部氏&豊国連合軍が出雲を滅ぼした時、現在の秋上氏の祖先が出雲の首領に指名されましたが、ホヒ家はこれに反発。
ヤマトに居座った天のヒボコ軍と、邪魔になった豊国の兄弟、二代目卑弥呼兄弟が邪魔になった物部王はホヒ家に軍隊を要求します。
当然に人望が無く、ホヒ家では人が集まらなかったので、裏切った相手の出雲王家の富家に進軍を依頼します。富の名を野見に変えて軍を組織した野見の宿祢がついでに三輪山までも奪還し、大勝利を収めます。
何と、向家の英雄である野見の宿祢を自分の親戚だと嘘をつき、出雲はホヒ家でなければ纏まらないと強く主張。それを大和の物部の王に認めさせます。
ホヒ家の手引きによって連合軍が防御の弱い処を付くことが出来たので発言権があったのでしょうね。家族で大和まで押しかけたそうです。
出雲大社は、鰐淵寺に遅れる事716年に杵築大社の名前でスタートします。資金の大半を富家、土地材木、人足を神門臣家が負担し、鍵は神門臣家の分家である別火家が所持。
ホヒ家は勝手に大社に入る事すらできませんでした。
写真の上官屋敷跡には、神門臣家と、富家がごっそり抜かれています。
明治まで富家の上官家が勤めていたにも関わらずです。余程邪魔な存在だったのでしょう。当時の明治の富家上官は、西郷隆盛との近いが果たせず客死します。
https://www.yamareco.com/modules/diary/100156-detail-166823
富家の名前を消して、すぐそばに本殿から離れたところに英雄であると主張した野見の宿祢の社があるこの矛盾こそが出雲大社の神髄の一つなのです。
2018年08月15日 15:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出雲大社は、鰐淵寺に遅れる事716年に杵築大社の名前でスタートします。資金の大半を富家、土地材木、人足を神門臣家が負担し、鍵は神門臣家の分家である別火家が所持。
ホヒ家は勝手に大社に入る事すらできませんでした。
写真の上官屋敷跡には、神門臣家と、富家がごっそり抜かれています。
明治まで富家の上官家が勤めていたにも関わらずです。余程邪魔な存在だったのでしょう。当時の明治の富家上官は、西郷隆盛との近いが果たせず客死します。
https://www.yamareco.com/modules/diary/100156-detail-166823
富家の名前を消して、すぐそばに本殿から離れたところに英雄であると主張した野見の宿祢の社があるこの矛盾こそが出雲大社の神髄の一つなのです。
さて本殿に向かう前に銅の鳥居を。
国造職が無くなって失職の恐れがあったホヒ家が出雲王家に神社作って「大国主を祀って共同で運営しよう」と持ちかけたのが出雲大社の前身です。それを神社完成前に素戔嗚を祀ろうとして当時の右大臣に怒られ、渋々大国主が主祭神になったという経過があります。
わざわざミトヤにあった、神門臣家の三屋神社で祀ってた大国主を遷座させたのに馬脚を現すのが早すぎました。
2018年08月15日 15:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて本殿に向かう前に銅の鳥居を。
国造職が無くなって失職の恐れがあったホヒ家が出雲王家に神社作って「大国主を祀って共同で運営しよう」と持ちかけたのが出雲大社の前身です。それを神社完成前に素戔嗚を祀ろうとして当時の右大臣に怒られ、渋々大国主が主祭神になったという経過があります。
わざわざミトヤにあった、神門臣家の三屋神社で祀ってた大国主を遷座させたのに馬脚を現すのが早すぎました。
その後も素戔嗚を神社に祭ろう、中心に置こうとホヒ家は画策します。
その暴挙の物証がこの堂の鳥居。漢文だと現代の人は解らないというか関心を持ちませんよね。
2018年08月15日 15:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も素戔嗚を神社に祭ろう、中心に置こうとホヒ家は画策します。
その暴挙の物証がこの堂の鳥居。漢文だと現代の人は解らないというか関心を持ちませんよね。
この銅の鳥居の意味は皆さんでお調べになられてください。
2018年08月15日 15:10撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この銅の鳥居の意味は皆さんでお調べになられてください。
大社本殿と禁則地、八雲山
2018年08月15日 15:11撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大社本殿と禁則地、八雲山
真後ろの素戔嗚社(元々は須賀神社)
2018年08月15日 15:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真後ろの素戔嗚社(元々は須賀神社)
これが八雲山の磐座とつながる部分。
正に出雲大社の本質と呼べるところ。
2018年08月15日 15:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが八雲山の磐座とつながる部分。
正に出雲大社の本質と呼べるところ。
終わったらバス停から路線バスうさぎ線で猪目洞窟まで。
2018年08月15日 13:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終わったらバス停から路線バスうさぎ線で猪目洞窟まで。
自家用車の場合は
島根県出雲市猪目町1338ナビでゴー
2016年08月16日 16:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自家用車の場合は
島根県出雲市猪目町1338ナビでゴー
説明看板
2016年08月16日 16:09撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
説明看板
1
洞窟全景
2016年08月16日 16:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
洞窟全景
1
2015年にうろついて到着できず、手掛かりは鹿除けのような金網の扉に「黄泉の穴」の木札。どうしても発見できず、ダメ元でこの地形に目を付けました。
さぎ浦マリーナに車を止め、漁協の人に目的を伝え、とりつき部に行ったら・・
2016年08月16日 16:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2015年にうろついて到着できず、手掛かりは鹿除けのような金網の扉に「黄泉の穴」の木札。どうしても発見できず、ダメ元でこの地形に目を付けました。
さぎ浦マリーナに車を止め、漁協の人に目的を伝え、とりつき部に行ったら・・
おおお、写真で見たのと同じ扉が。これが陸路での脳島洞窟への入り口。
2016年08月16日 16:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおお、写真で見たのと同じ扉が。これが陸路での脳島洞窟への入り口。
煤けてしまっていますが黄泉の穴と出ています。
漁協の方にお願いし、山行開始です。
2016年08月16日 16:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煤けてしまっていますが黄泉の穴と出ています。
漁協の方にお願いし、山行開始です。
うっそうとした登山道
2016年08月16日 16:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっそうとした登山道
こんにちわ
2016年08月16日 16:50撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんにちわ
1
道迷いしやすいポイント
漁師小屋が見えて来たら裏手に回って下さい。
2016年08月16日 16:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道迷いしやすいポイント
漁師小屋が見えて来たら裏手に回って下さい。
このリボンを見落としやすいです。
2016年08月16日 16:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このリボンを見落としやすいです。
生活の痕跡。
2016年08月16日 17:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生活の痕跡。
ここを通り過ぎると山の中に入ります。
野バラも生えているのであまり良いズボンは履いて行かない方が良いです。
2016年08月16日 17:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを通り過ぎると山の中に入ります。
野バラも生えているのであまり良いズボンは履いて行かない方が良いです。
シダ・・びしょ濡れになりました。
漁師小屋から山中はちょっと適当に線を引いてますが、目印のテープがあるのでそれを頼りに進んでください。
2016年08月16日 18:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シダ・・びしょ濡れになりました。
漁師小屋から山中はちょっと適当に線を引いてますが、目印のテープがあるのでそれを頼りに進んでください。
海岸に出ます。
2016年08月16日 17:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海岸に出ます。
前回間違えて出てしまった谷
あともう一歩でした。
2016年08月16日 17:30撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回間違えて出てしまった谷
あともう一歩でした。
そろりそろり
2016年08月16日 17:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろりそろり
ついに発見しました。
地元の方の目印テープと看板のおかげで何とか辿り着きました。
2016年08月16日 17:31撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに発見しました。
地元の方の目印テープと看板のおかげで何とか辿り着きました。
ロープまで完備。持ってきたザイルは使わずに済みました。
2016年08月16日 17:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープまで完備。持ってきたザイルは使わずに済みました。
大黒様とお酒。
稀に人が訪れるようですね。
2016年08月16日 17:32撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒様とお酒。
稀に人が訪れるようですね。
ヘッドランプの光量が足りなくてすみません。
蝙蝠がガンガン飛んでます。
2016年08月16日 17:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドランプの光量が足りなくてすみません。
蝙蝠がガンガン飛んでます。
中に入るとまるで2000m級の山の稜線を歩いてるような冷え込み様です
2016年08月16日 17:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中に入るとまるで2000m級の山の稜線を歩いてるような冷え込み様です
余りの温度差に入り口近くで霧が発生するほど。
2016年08月16日 17:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余りの温度差に入り口近くで霧が発生するほど。
お祈りの痕跡
2016年08月16日 17:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お祈りの痕跡
古事記の表現には途中の道程も含め、ぴったりな気がしますね。
2016年08月16日 17:52撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古事記の表現には途中の道程も含め、ぴったりな気がしますね。
前回返り討ちにあった時の写真
2015年08月14日 09:46撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回返り討ちにあった時の写真
本当のルートは線の通り
2015年08月14日 10:00撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当のルートは線の通り
1
ただひとつ、失敗ルートの収穫
2015年08月14日 09:11撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただひとつ、失敗ルートの収穫
行政界の石。
鵜峠(うど)と鷺浦の境を教えてくれます。
2015年08月14日 09:11撮影 by PENTAX Optio WG-1 GPS, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行政界の石。
鵜峠(うど)と鷺浦の境を教えてくれます。
鷺浦マリーナ周辺の住宅街
古い家が並びます。
2018年08月15日 14:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷺浦マリーナ周辺の住宅街
古い家が並びます。
歴史的建造物も
2018年08月15日 14:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歴史的建造物も
家紋が二つに強調
2018年08月15日 14:17撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
家紋が二つに強調
独特の風よけ構造
2018年08月15日 14:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独特の風よけ構造
中身は土壁になっている
2018年08月15日 14:18撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中身は土壁になっている
土蔵の様なつくり
2018年08月15日 14:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土蔵の様なつくり
鷺浦マリーナ。
2018年08月15日 14:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷺浦マリーナ。
脳島洞窟が終わったら御陵神社です。マリーナから徒歩でいく事が出来ます。
2018年08月15日 13:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
脳島洞窟が終わったら御陵神社です。マリーナから徒歩でいく事が出来ます。
巨大な磐座。
2018年08月15日 13:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な磐座。
小さな社殿。
伊那西波伎神社の方々が綺麗にお手入れをされているそうです。
2018年08月15日 13:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな社殿。
伊那西波伎神社の方々が綺麗にお手入れをされているそうです。
バス停鷺浦
伊那西波伎神社の真ん前です。
公衆トイレもあります。
2018年08月15日 13:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停鷺浦
伊那西波伎神社の真ん前です。
公衆トイレもあります。
伊那西波伎神社鳥居
2018年08月15日 13:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那西波伎神社鳥居
綺麗な神社です
千木は出雲の縦削ぎ
2018年08月15日 14:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な神社です
千木は出雲の縦削ぎ
恐らく、神様の書き換えがあって今の伊那西波伎神社の名前になったのでしょうね。
大社が出来たのが720年ですから、その前から大国主:八千矛王を慰めてきていた信仰が存在してたはずですから。
墓守の方々の地域のように思えます。
2018年08月15日 14:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐らく、神様の書き換えがあって今の伊那西波伎神社の名前になったのでしょうね。
大社が出来たのが720年ですから、その前から大国主:八千矛王を慰めてきていた信仰が存在してたはずですから。
墓守の方々の地域のように思えます。
御陵神社終わったら、西出雲王家の聖地、北山山地の一つである、鼻高山に
2018年08月15日 08:13撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御陵神社終わったら、西出雲王家の聖地、北山山地の一つである、鼻高山に
太陽の女神として伊勢に行った、幸姫の坐ます、三瓶山。
鼻高山は、御子神であるサルタヒコ。
幸の神三神を象徴する山の一つがこの鼻高山
2018年08月15日 08:14撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽の女神として伊勢に行った、幸姫の坐ます、三瓶山。
鼻高山は、御子神であるサルタヒコ。
幸の神三神を象徴する山の一つがこの鼻高山
大山津身=クナトの大神の坐ます、大山
2018年08月15日 08:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山津身=クナトの大神の坐ます、大山
出雲神奈備神社
鳥居から鼻高山が見えます。
2018年08月15日 16:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出雲神奈備神社
鳥居から鼻高山が見えます。
現在は神門臣家の手を離れています。
2018年08月15日 16:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現在は神門臣家の手を離れています。
千木は出雲の縦削ぎ
2018年08月15日 16:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千木は出雲の縦削ぎ

感想/記録

諦めないで探し続けて良かったです。
訪問者数:405人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

道迷い サル 山行 ザイル 簡易標識
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ