また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1291697 全員に公開 ハイキング奥武蔵

小川町駅-仙元山-物見山-史跡巡り

日程 2017年10月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間16分
休憩
48分
合計
4時間4分
S小川町駅10:2010:58仙元山11:0411:18青山城山11:34大日山11:3511:52物見山11:55玉川温泉分岐11:5812:37小倉城跡13:1113:59道の駅おがわまち14:0314:24小川町駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
青山城跡から先、蜘蛛の巣多い

写真

小川町駅スタート、仙元山への道標に従い、駅前通りをまっすぐ進む。旧254号線を渡る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川町駅スタート、仙元山への道標に従い、駅前通りをまっすぐ進む。旧254号線を渡る。
1
槻川を渡ると、まもなくボーリング場が建つ交差点を横断、左手に水色のケーキ屋さん裏手を左に入る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槻川を渡ると、まもなくボーリング場が建つ交差点を横断、左手に水色のケーキ屋さん裏手を左に入る。
八高線の踏切を渡り、まもなく右手に道が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八高線の踏切を渡り、まもなく右手に道が続く。
民家の横を通り、仙元山登山口に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
民家の横を通り、仙元山登山口に到着。
1
途中途中、道標が立つので安心。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中途中、道標が立つので安心。
分岐を右手に曲がると・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐を右手に曲がると・・
庚申塔が建つ広場に出る。江戸時代に建てられたものだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
庚申塔が建つ広場に出る。江戸時代に建てられたものだろうか?
東屋は休憩に最適。この先、分岐を右に仙元山山頂、道なりに青山城山につながる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋は休憩に最適。この先、分岐を右に仙元山山頂、道なりに青山城山につながる。
仙元山到着、帽子とサングラスを装着してみた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元山到着、帽子とサングラスを装着してみた。
小川町の街並みが一望できる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川町の街並みが一望できる。
4
仙元山からここまではなだらかな道。青山城山まではひと頑張り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元山からここまではなだらかな道。青山城山まではひと頑張り。
青山城山到着。戦国時代、青山・腰越両砦は松山城の支城であったとの事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青山城山到着。戦国時代、青山・腰越両砦は松山城の支城であったとの事。
物見山、小倉城跡を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山、小倉城跡を目指す。
このコースはツツジとアジサイの季節が良いようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースはツツジとアジサイの季節が良いようだ。
1
大好きな笠山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな笠山を望む。
1
この先の物見山は名前からイメージすると見晴らしが良いのかなと思っていたら・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先の物見山は名前からイメージすると見晴らしが良いのかなと思っていたら・・
物見山到着・・360度何も見えないっす!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山到着・・360度何も見えないっす!
1
仙元大日神、富士講に縁があるらしい。この周りにも庚申塔が建っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙元大日神、富士講に縁があるらしい。この周りにも庚申塔が建っていた。
物見山辺りから蜘蛛の巣ワールド。落ちていた木の枝を顔の前でビュンビュンしながら進みました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見山辺りから蜘蛛の巣ワールド。落ちていた木の枝を顔の前でビュンビュンしながら進みました。
もう少しで小倉城跡。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで小倉城跡。
小倉城跡入り口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉城跡入り口。
小倉城跡、堀切からここまで味わい深い造り。この山城は攻めづらかったろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小倉城跡、堀切からここまで味わい深い造り。この山城は攻めづらかったろうな。
2
嵐山町方面に眺望が開ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嵐山町方面に眺望が開ける。
それを見ながら昼休憩。FDエビピラフを初めて食べたけど、まあまあの味。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それを見ながら昼休憩。FDエビピラフを初めて食べたけど、まあまあの味。
1
山道ともおさらば。大聖寺へのロード。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山道ともおさらば。大聖寺へのロード。
槻川を渡ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槻川を渡ります。
のどかな里山散策。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のどかな里山散策。
2
大聖寺までアスファルトとおさらば。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺までアスファルトとおさらば。
大聖寺。反対側から越えて来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大聖寺。反対側から越えて来ました。
小川町駅へのロード。左手に仙元山を眺めながら進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川町駅へのロード。左手に仙元山を眺めながら進む。
1
道の駅おがわまちでトイレ休憩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅おがわまちでトイレ休憩。
小川町駅ゴール。娘の幼稚園のお迎えに間に合ったよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川町駅ゴール。娘の幼稚園のお迎えに間に合ったよ。
1
雨続きで久しぶりの晴れ間、のどかな里山ハイクを楽しめました。お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨続きで久しぶりの晴れ間、のどかな里山ハイクを楽しめました。お疲れ様でした。
1

感想/記録

平日のお休み、雨続きで久しぶりの晴れ間、前日は残業でしたが、早起きをして奥武蔵・秩父の登山地図を見ながら、どこの山に出かけようかリビングでレギュラーソリュブルコーヒーを飲みながらワクワクしながら考えていたら、妻から「洗濯日和だから、幼稚園送っていって」との事。登山日和でもあるんだけど・・雨続きの洗濯日和には勝てない。快諾することがコンスタントに山行に行く為の秘訣ですよ。でもこれで時間制限的に行ける山は限られてしまった。自宅から車で30分圏内で登山を開始できる山で候補をあげて、仙元山は登ったことがあるけど、その先の青山城跡、小倉城跡はまだ見たことがないので本山行を計画しました。娘を幼稚園に送り、小川町駅へ向かった。
仙元山付近では2組の登山者に出会ったが、その先は皆無。静かな山行でしたが、蜘蛛の巣を払うのに神経を使いました。個人的には小倉城跡と小川町の里山、咲き誇るコスモスの花が印象に残りました。5月のツツジ、6月のアジサイの時期に来れば、もう少し賑わって蜘蛛の巣に神経使わなくて良いかもしれない。
訪問者数:132人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 東屋 道標 サングラス
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ