また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1292074 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢の秘境ともいえる東沢乗越

日程 2017年10月18日(水) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
新松田駅前から西丹沢自然教室行バスで玄倉下車。
帰りは往路の逆。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間36分
休憩
36分
合計
7時間12分
Sスタート地点(玄倉バス停)09:2609:56小川谷出合(白井平)09:5910:00立間大橋10:36穴ノ平橋10:51仲ノ沢経路入口11:0512:17東沢出合13:29モチコシノ頭13:44東沢乗越(東沢打越)13:5714:37東沢出合15:30仲ノ沢経路入口15:3615:41穴ノ平橋16:09小川谷出合(白井平)16:25大野山沢合流点16:38ゴール地点(玄倉バス停留所)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■立間大橋から穴ノ平橋までの区間は山側からの落石に要用心。

■仲ノ沢経路は崩落地はないが、ところどころ谷側が大きく切れ落ちているので滑落しないよう慎重を要する。

■東沢の遡行はいたるところで沢分岐がありルーファイが難しい。リボン等はたまに見る程度。GPSがあると安心。(それでも1,2か所でルートミスした。)

■このところの雨模様日が続いているため水量は多い方かもしれなかったが、靴を脱がずに歩き通せた。ただ、岩が滑りやすいところもあり、ルートミスで気落ちしたせいか転んで脚を打撲した。

■東沢乗越への源頭部詰めを間違えて、東沢乗越とモチコシノ頭との中間地点の尾根に出たが、かなり険しくヤバイ急斜面をよじ登る形だった。尾根に乗った後、南の裸山丸へのルートも険しい感じが漂う。
正規の東沢乗越の詰めは急ではあるが、危険は感じない。

■東沢の下りではルート分岐がないので何ら心配はなく、殆ど沢筋を歩いた。その方が歩き易かった。

写真

スタートとゴールとなった玄倉バス停。
2017年10月18日 09:26撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートとゴールとなった玄倉バス停。
玄倉林道は車両通行止め。
2017年10月18日 09:31撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉林道は車両通行止め。
玄倉林道。こんな大きな水溜り。夕方もこのままだった。昨日までの雨によるものだろう。
2017年10月18日 09:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玄倉林道。こんな大きな水溜り。夕方もこのままだった。昨日までの雨によるものだろう。
2
小川谷出合付近の林道から眺める前方の山々。石棚山方面と思われるが・・・山座同定が難しい。
2017年10月18日 09:55撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川谷出合付近の林道から眺める前方の山々。石棚山方面と思われるが・・・山座同定が難しい。
2
右はユーシンへ、左は西丹沢県民の森へ。
2017年10月18日 09:56撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右はユーシンへ、左は西丹沢県民の森へ。
穴ノ平橋
2017年10月18日 10:35撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴ノ平橋
1
石棚山への登山口
2017年10月18日 10:38撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石棚山への登山口
保安林管理用道路のゲート。
2017年10月18日 10:40撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保安林管理用道路のゲート。
2
ゲートを抜けると林道はしばらく続くが草ぼうぼう。
2017年10月18日 10:44撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを抜けると林道はしばらく続くが草ぼうぼう。
1
ゲートから5,6分で林道は行き止まり。
2017年10月18日 10:48撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートから5,6分で林道は行き止まり。
1
僅かに戻って、右下の道、仲ノ沢経路へ入る。
2017年10月18日 10:51撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僅かに戻って、右下の道、仲ノ沢経路へ入る。
1
渡っても大丈夫
2017年10月18日 11:09撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡っても大丈夫
「この径路は山林管理道です 立入禁止」の立て看板。歩かせてください・・・・・
2017年10月18日 11:11撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「この径路は山林管理道です 立入禁止」の立て看板。歩かせてください・・・・・
1
進路はどっちかな・・・・? 前方下右に白い案内板みたいなもの
2017年10月18日 11:15撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進路はどっちかな・・・・? 前方下右に白い案内板みたいなもの
1
迂回路を示す案内板だった。
2017年10月18日 11:17撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路を示す案内板だった。
1
東沢へ降りる直前付近。赤いリボンあり。
2017年10月18日 12:05撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢へ降りる直前付近。赤いリボンあり。
1
小川谷をひとまず渡渉。ストックを使って靴を濡らさず石伝いに渡渉。
2017年10月18日 12:12撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川谷をひとまず渡渉。ストックを使って靴を濡らさず石伝いに渡渉。
1
間違って入り込んだ沢。水流はもはや殆どない。
2017年10月18日 12:54撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間違って入り込んだ沢。水流はもはや殆どない。
東沢乗越はすぐ目の前。正規は左側の急斜面を登り詰める。
2017年10月18日 13:43撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越はすぐ目の前。正規は左側の急斜面を登り詰める。
東沢乗越。警告文には、小川谷のルートは危険、大石山
へ下山しましょう。まつだけいさつ。と書かれている。
2017年10月18日 13:45撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢乗越。警告文には、小川谷のルートは危険、大石山
へ下山しましょう。まつだけいさつ。と書かれている。
2
行くときは気付かなかったが小さい滝が見えた。
2017年10月18日 14:22撮影 by Canon IXY 630, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行くときは気付かなかったが小さい滝が見えた。
3
撮影機材:

感想/記録

■このところ雨ばかりが続く。今日は貴重な晴れ日。明日からまた雨模様が続く。今日という機会を逃すことはできないと思い決行。目的山は予てから温まていた西丹沢の東沢乗越・遺言棚で松浦隆康著「バリエーションハイキングに掲載のルートで難易度は星3個。心してかかった。

■東沢乗越もまもなくと思われる頃、沢を間違って入り込み、気付いての引き返し途中でストックが滑ったものか前のめりに岩場に転んだ。恐る恐る異常がないかを確かめるようにして立ち上がったが何とか無事。

■東沢乗越から遺言棚へも足を伸ばす予定だったが往復すれば3,40分ほどかかるので割愛した。バス時刻、帰宅時間等考えるとタイトになってきたのと、先ほど転んだことで気力が萎えもしていた。

■帰り、林道に出てほっとして休憩。汗を拭くとき外したメガネだが、いざ出発しようと歩きかけたところ、かけてないことに気づき探したがなかなか見つからない。誤ってメガネを踏まないように、またよく見えないため這いずりながら辺りを探した。数分かけてやっと見つけて安堵したが、こんなこともあるのかと我ながら失笑した。
訪問者数:291人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ